白の輪舞曲 上巻

白の輪舞曲 上巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
タナトス文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784812441442

あらすじ

鋭利な美貌で人を虜にする男、キース・エイル・ブライアン伯爵。彼の正体は人間界を統べる神々の世界、天地上界からやってきた天使(輝神)である。キースはペアを組む悪魔(鬼神)のイリヤとともに、掟をやぶって悪事を働く同族たちを粛清し、犠牲となった人間たちの魂を救済する任務をおっている。

18世紀、キースはレイテナという一人の少年と出会う。レイテナは遥か昔の前世に大罪を犯し、魂に贖罪の印をつけられた者だった。生まれ変わるたびに過酷な生を送る宿命を背負わされた少年に、キースは情けをかける。だが10年後、彼はキースと関わったことで魔獣に襲われ命を落としてしまう。それから100年、19世紀ヴィクトリア朝文化華やかなりし頃、キースはふたたびレイテナの生まれ変わりと出逢う。場末の男娼として地獄のような生を生きる彼に……。

その愛は憐れみか、恋情か?

めぐる時代の中で狂い咲く、熱く切ない恋の華!!!

表題作白の輪舞曲 上巻

天地上界の輝神 伯爵キース
輪廻転生を繰り返す レイテナ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

発売日に買いに行きました!!!

発売日に買いに行くほど好きな作品です。
この作品は好きな人、嫌いな人、真っ2つに別れると思います。
この本は上下巻同時発売だったのですが、レジに並んでいる時、
思わずニタニタしてしまいました(汗)
まぁ、某アニメ専門店で買ったので、店員さんも気持ちは分かってくれていたと思いますが……。
「白の輪舞曲」には「闇に小夜曲」のカップル、
『イリヤ×アーシェ』も出演されています。
そしてアーシェが結構活躍しちゃうんです。

0

好みは別れるかも

私は大変好みでしたが、友人はまったく好みではなかった様子・・・。
確かに、設定につっこみたくはなります。
・・・が、面白かったです。

娼館で働く受けのレイテナがけなげでけなげで・・・!
もう、そこまでするかってほど耐えるんですよ。。
そこが、私は好きだったのですが・・・嫌いという人もいるようですね。。

BLはファンタジーだ!
と考えて、読めばはまるひとはすごくはまると思います。

0

ゴスエロのエロエロです♪

昨年発刊になった新レーベル・タナトス文庫の第一弾小説『闇に小夜曲』のスピンオフ。
『闇~』で主人公だったイリヤと対で地上の活動をしている輝神のキースと、その話の中では悪神に殺されてしまったレイテナのその運命を綴るお話になっております。
ゴスエロがテーマだけに、再びエロエロに、喘ぎがものすごい登場しております!
ってか、喘ぎはイリヤの恋人アーシェが頑張っている気も・・・(汗、)

19世紀の架空の国で、人間の魂を導く輝神のキースがレイテナの魂を持って転生した男娼となっているレイテナを発見し、訪れるところから始まります。
レイテナは、1千年昔、恋人を失った憎しみから1国を民もろとも皆殺しにした罪から、その贖罪の為に悲惨な運命を背負う輪廻転生を繰り返させられているのです。
キースはレイテナに初めてであった時、やはり不幸な生い立ちから身体を売る仕事をしており、それから目が離せずにその魂をずっと追い続けていたのでした。
今回は、『闇に~』のその後のストーリーから始まるので、イリヤとその眷属になったアーシェも盛んに登場します。
まだキースはレイテナを好きだという自覚はありません。続き
アーシェはそれは愛ではないかと疑問におもっているのですが。
キースとレイテナの話として進めるには天地上界の天使の存在や、その時代に流行り出したカルト集団の制裁の話などが絡んでいるので、まだそちらの方へ話の比重がかかっております。
レイテナの余りに悲惨な状況、キースが客としてくることでどんなにレイテナの救いになったのか。
素直に口にすることが出来ずにすれ違うことになる二人の運命。
色々な事柄が、同時に進行していて下巻に続きます。
前作に比べ、登場人物もたくさん出てきて、またまたそれぞれが気になるキャラクター♪

イリヤとアーシェのラブラブエチシーンはこの本に必要?
とも思えるのですが、そこは作者さんのサービスでしょう。
大げさなドラマティックも、ファンタジーなゴスエロ部分でそれはとてもこの作品に似合っています。
プリン&梅こんぶさんの絵も前回より素敵になって、読み応えのあるお話に仕上がっています。
下巻、必見!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ