独占欲を覚えたら、もうダメですよね?

WORK in 通常版

WORK in 通常版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌21
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
108
評価数
33件
平均
3.3 / 5
神率
12.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862527738

あらすじ

年下の上司・高瀬と飲みに行ったゲイの飯塚。二人の距離が縮まる中、飯塚は高瀬に好意を抱き始めていた。けれど、二人で飲みに行った晩の記憶がないと高瀬に伝えた途端、飯塚は距離を置かれてしまう。何をしたのか思い悩んでいた飯塚だったが、高瀬に突然キスをされ...!?
(出版社より)

表題作WORK in 通常版

年下の上司 高瀬 / 舞台の大道具さん コージ
ゲイの部下 飯塚 / タバコ屋のおとーさん 史郎

その他の収録作品

  • おまけまんがガリ勉くん

評価・レビューする

レビュー投稿数11

大道具×タバコ屋

たまたまヒョイと CDを聞きまして 大道具さんの声が子宮に響いて 私妊娠するかと思ったわ。あの声は クルわよお。ものすごい低音セクシー声だったわ。
と言う訳で ツタ作品読みました。

2組目に出てくる「大道具×タバコ屋」。
受けには 可愛くてしっかり者の娘ちゃんが居るが その子が侮れない。
グイグイ押してくる積極的女子よ!
そりゃ ゲイからしたら未知の物体よ。
押しの強さに負けちゃって 結局面倒を見る。
宿題教える所が 実に好い場面だった。お父さんっぽい。
私 おっさんにしか反応しなくなったら どうしよう・・ 

0

脳内ぐるぐるが楽しい

脳内でぐるぐるしたあとに繰り出される一手が面白い。
ちょ、間違ってるー!
そこは引くべきところだよ!そこは押すべきところだよ!って。
こんなふうに登場人物の言動にハラハラさせられるの、楽しいです。
で、下手さに感情移入させられ、応援したくなり、気づくと登場人物を大好きになってしまってる、という。
つまり鈴木ツタさんの手の上でコロコロ転がされてるということですな。
あと、恋愛のみっともなさも。
テンパッてアタフタしてみっともない言動してしまう場面って、なんでこんなに萌えるんだろ?
あちゃー…と思いつつもキュンキュンする。

高瀬×飯塚
こわいこわい。
お酒で記憶なくして何を口走ったか忘れてしまってるって、これほどの恐怖はないぞ。
感情の見えない爽やか笑顔の真面目な上司攻めは、天然のSって感じがする。

湯原×秋月
なんというもどかしい二人。でも、それがイイ。
普段は脳内で屁理屈コネコネしてるくせに、いざとなるとそんなの全部ふっとんじゃう攻めがやたらめんこかったです。
二人の初エッチは、ドラマCDで聴きました。やっぱ萌えました。

1

不器用な男のオフィスラブ

表題作。
年下の上司×部下。
昔男に捨てられたせいで心に傷を持つ主人公が、新しくやってきた好みのタイプの上司にばれる前にとゲイをカミングアウトした。
その後なんだかんだ両思いになるのはいいけど、上司側の心境があんまり描き込まれてないのでちょっと不完全燃焼気味。

むしろアテウマだった大道具さん×煙草屋店主の話の方が好きだった。
店主あのギャップは犯罪だー。
どうせならこの二人のエロも見たかったな。

0

いい仕事しているスポンジケーキ!!!(※お菓子屋が舞台の話ではない)

 やった!やったよ!!エロ成分が少なくても物足りなさが無いよー!!前までは(っても鈴木ツタさんの作品て『あかないとびら』の後は未読なんですが ←どうかと)それだけが不満だったから嬉しいった ら も  う  !  !  !

 大きく分けて2つの作品が入ってます。片方は同じ会社の年下上司(ノンケ)×年上部下(ゲイ)、もう片方は劇団の大道具さん(ガテン系)×タバコ屋のオヤジ(実は美形)。

 どちらのカプも過去の失敗を抱えていて怖くてなかなか次のステップを踏み出す事が出来ない人が居るんです。わりと有りがちなストーリーの流れと思われるかも知れませんが、何故か有りがちにはなっていない不思議。
 かと言って、奇をてらった展開になっているわけでも無く。こう…胸のうちをえぐって見せるのが上手ですよね。キャラが感情的になる場面ってともすれば嘘臭くなりがちなんですが、本音をごく自然に紡いでいる感じがして。
 丁寧な流れが美しい。ジワッと来るいい仕事をしてると思います。

 心理描写がさらに肌理細かくなったのかな。以前からキャラの気持ちの持って行きかたが独特で面白いと思ってたんですけども、続きますます解像度が上がったというか…取りこぼしがずいぶん減り焦点がググッと合って来た気がします。

 ケーキの基本はスポンジ生地で、まずはそれをきちんと作れるようになる事が第一歩だと聞いた事がありますが、この本は良質のスポンジケーキを味わっている感覚に近いような。そして、土台が出来たならば次はデコレーション(=エロv)ですよね!わくわく!!

 …いや、ぶっちゃけエロ無くても良いぐらいに思うけど、そこはやっぱり脳ミソ融けるような萌えを期待しちゃうワケですよ!今回は薄ーくデコってありましたが、それだけでも満足なくらい楽しめたんですもんvvv今後の作品が本当に楽しみです!!

 とりあえずタバコ屋のおとーさん達の続きを早くラストまで観たい…vvvvv

3

魔性のヤモメおやじにメロメロ

リーマンカプのほうは、攻がツタさんの攻だなぁ!という攻でしたね。
天然でド真面目で、そんな攻に振り回されちゃう受。
受もうじうじしててツタさんっぽかったです(笑)
そんなにキャラ萌えはないのに、この二人がBLしてくれるとなんとも萌えるのだか不思議。
過去に男に騙されてそれ以来恋をするのに臆病で、泣き虫で、ウジウジで。
そんな受イライラするに決まってるんですが、それを王子のような素敵な攻様が愛でるんだもの。
萌えてしまうよ!!
優しくて真面目で王子様のような攻も、実は大胆で強引で、むっつりで(笑)
書き下ろしではちゃーんとwork inできて(笑)、ソッチの勉強もバッチリですwってところが可愛くてたまりませんでした。
泣きながらねだる受にも…wツタさんの受はなんだか嗜虐心を煽りますねハァハァ

ガテン×ヤモメ男
魔性のヤモメ男の魅力が全開でした。
リーマンカプの当て馬的なポジションで出てきた攻。
その攻のお相手として出てきたのがヤモメ男。通称「おとーさん」です!
キレイな容貌は風呂上がりだけで、それ以外はヒゲメガネという汚い容貌のおとーさん。w
でもたとえ続きヒゲメガネでも、おとーさんの魅力は健在!
泣いちゃったり真っ赤になったり、娘バカだったり。
そんな百面相なおとーさんは可愛い!
そのうえ、えっと…誘い受??
攻を狙ってるとしか思えないおとーさん。
ムラムラします・・・!
そして攻も、リーマンカプのほうでは悪い男っぽかったのに
実は純情で、この汚いおとーさんに利用されてもいいとさえ思っている熱い男で
一気に株が上がりました。かっこいいです!

絡みはたばこ屋で。
この狭い空間ってのがなんとも萌えですね。
そしてプラトニックな二人の関係にも萌え萌えです。
おとーさんの話は続きがあるそうなので…楽しみに待ってます。
だって絶対おとーさんは淫乱受…ブツブツ…

ツタさんといえばお楽しみはカバー裏。
今回ネタ的なものはあまりまりませんでしたが、work inというタイトルの本髄をみました。
な、なるほど…!!
次はおとーさんのwork inを拝めることを楽しみにしています♪

3

エロさを増していくツタさんの絵にドキドキ(//▽//)

始めに目を惹いたのはやっぱり表紙とカラーページの彩色の美しさ……きれーい
おもわず表紙でによによ……この方の絵ってすごく惹かれてしまうんですよね、めちゃくちゃ好みの絵柄! って訳ではないのに……

1作目はリーマン物、ゲイとノンケ
ツタさん独特の遠回しな台詞にキュンときました、萌える(∩д`*)
好きって言いながら泣いちゃう飯塚とか可愛すぎです、それに焦る高瀬もw
Hシーンの前の遠慮しないでよかったんだ、で笑っちゃいました。猫が居たのを気にして手出さなかったんですねww
Hの時も特別エロい事はしてない筈なのにこんなキュンキュンするのは何でだろう……赤面してる飯塚が可愛すぎて可愛すぎて
最後のページでの馬鹿っぷるな感じもよかったです、勝手にラブラブしとけ!!(笑)
おまけページにも激萌え、やばぁい(´д`)
もっあの赤面顔でご飯10杯はいけますよ、先生!(爆)

2作目は少し1作目とリンクしてるのかな?
1作目での当て馬っぽかった大道具さんと子持ちお父さん
個人的には萎え……なキャラに思えたのですが思いの外萌えた!
なんといってもお父さんの豹変振りに(笑)
続き
ヒゲ、メガネ有る無しでこんなギャップが……これぞ新しいギャップ萌えか!??(違)
あと基本的に子持ちってあんまり好きなシチュじゃないんですが、そのみちるちゃんがまた良い味出してたと(´∇`)
なんといってもフラグですからね! こういう風に女の子を絡ませる事も出来るのか……
無邪気なみちるちゃんに振り回される大人2人が微笑ましくもありほのぼのでよかったです
エロがなくてもこんなに満足できるのはやはりなんと言っても作者さんの絵のせいだと……キュンキュンが止まらないッ!

続きのお話も有る的な感じだったので楽しみです、次の巻では是非ともworkinしてください!(カバー裏より

3

社会人萌え

働いている大人(先生談、あまり働いてませんがw)、二組の話です。

一組目は、年下の上司でノンケの高瀬×ゲイで年上の飯塚の話。
飯塚が、非常に不器用で堪りません!!
飯塚は、以前付き合っていた相手に会社でゲイだとばらされ、傷付き、臆病になっています。
もしかしたら、明るく誤魔化す、またはカミングアウトすることも出来たと思うんですけれど、性格のためか社内で浮く存在に…。
そんな飯塚を気遣ってか、飲みに誘う年下の上司高瀬。
高瀬は、飯塚がゲイだと知りませんでしたが、この飲みの時に、飯塚が伝えます。
それでも、変わらない態度で接してくる高瀬。
これは仕方ない、惚れるだろう…と思いました。
元々の好意もありましたし、引かないでいてくれたのは、非常にポイント高いですよ。
高瀬は真面目で、気遣い上手な優しい感じです。
でも、真面目な分、本気になったら一直線だし正直です。
ノンケが本気になると、大変ですね。おまけで分かりましたww
本編の「お手上げです」「降参しなくちゃ」の所が、個人的にとてもときめきでした!!
あと、飯塚の酔っぱらった時の本音。
今まで傷付いてきたか続きら怖いし、でも期待はしてしまうし…、切ないですね…。
最後のも好きですけど、あれは、若干セクハラでは…w
飯塚曰く、自分は地味顔とのことですが、そんなことはない!!と力いっぱい否定させていただきます。
かなり色気があるよ、飯塚!
ええ大変、飯塚萌えでございました。

二組目は、一組目であて馬だった大道具のコージ(w)×子持ちのタバコ屋のお父さんの話。
遅くに出歩いている子供を心配して、ついでにタバコを買うため、送っていくことにするコージ。
見た目に反して(失礼)良い奴です。
そこで運命の出会いが…ですが、お父さん変わり過ぎ!!
通常はヒゲのやぼったいオッサンなのに(失礼)、お風呂後が若々しく綺麗でびっくりですよ!
お父さんもコージも、二人とも器用貧乏な感じがします。
コージは、終わる恋だからと割り切って、自分で試して傷つけてくれとか言ってしまうし、お父さんは素直になれないし勇気が出ない。
その二人の仲を進めてくれるのが、お父さんの娘のみちるちゃんです。
子供特有の無邪気で残酷な部分もありますが、みちるちゃんあっての二人だと思いますw
しかし、お父さんが色んな意味でいい性格をしていそうなので、簡単にはいかなそうですね…。
こちらのお話は続くみたいですが、是非とも高瀬×飯塚も続いて欲しいです!

エチーシーンはあまり無いですが、大人の色気はたくさんあります。
ツタ先生の絵は、一つ一つの表情に魅せられますね。
とか言いつつ、もうちょっとエチーシーンが欲しいな…とかも思ったりです…w

3

ゲイとノンケ

ある朝、目覚めると酷い二日酔いの飯塚。
一ヶ月前に栄転してきた優秀な年下の上司、高瀬と飲みに行き、自分がゲイだと告白したまでは覚えている。しかし途中からの記憶がほとんどなかったのだ。
次の日その事を高瀬に伝えるとなぜか様子が変わり…

鈴木ツタさんの過去作品含めてノンケとゲイに焦点を当てた物が多いですよね。
ゲイがグルグル悩んでいるときに踏み込んでくるノンケって何かよい。
都合がいいと言ってしまえばそれまでだけど、その都合がいい感じが好きですね。
ノンケの嫉妬は萌える。

描き下ろしでは、優秀でガリ勉な高瀬がソッチの方もメキメキ優秀になり飯塚の方がタジタジになっておりますw


次にシングルファーザーと愛に飢えるゲイのお話。
誰かを愛したいゲイのコージだが、ナンパにも失敗。むしゃくしゃして歩いていた夜道でばったり女の子、(みちる)とぶつかる。こんな夜に出歩くなんてと説教し、あげく家まで送ることにしたコージ。送り届けたたばこ屋さんで出会ったみちるの父親。その顔があまりにタイプで…

初めは子持ち相手だし、たばこ買いに行くとき見れればいいやくらいの気持ちだったコージですが、みちるがすごく懐続きいたためにお父さんと接近していきます。

コージ、最初のお話に脇でちらりと出た時はろくでもないっぽかったがいい奴じゃないですか。子供に優しい男に弱いのです。しかし、相手のお父さんが風呂上がりは美形なのに実は普段はボサッとして髭もはやした冴えないおっさんなのです。
単なる良きパパかと思いきや、デキ婚したけど女を愛せないんだろうと妻に指摘され別れた過去があります。つまりお父さんもそっちかもしれないと知り、確かめることにしたまではよかったが、最後まで行かなかったのが残念でならないなぁ。
続編描かれるっぽいので、ぜひ最後まで!

特に高ぶるようなシーンはないのですが全体的に好きなトーンのお話でした。
ただ若干の物足りなさが残るかな。

3

恋は奇跡

ツタさんの絵、顔アップが一段と大きくなってません?
色っぽくて、ドキドキしちゃうなぁ。

お話は微妙にリンクした2カップル。
どちらも、愛されたいと願いながら、自分を愛してくれる人など現れないと臆病になってしまっているゲイが、好きだなぁと思いつつ、あきらめて眺めていたノンケの相手に、うっかり好きだとばれてしまったら、その相手がノンケゆえの大胆さで逆に求愛してきてくれてしまって、パニック。
っていう、お話。

なんだかみんな、心の中の恋する乙女を大解放。
エチい事はほとんどしていないし、服すらほとんど脱いでない。
でも、すごく恥ずかしいくらい、萌。

一応、オマケではちゃんとエチしていますが、ノンケの探求心は限度を知らなくて、困っちゃうっていうお話です。

3

スウェットってすごくエロイ…

ツタ先生の絵は、コミクスのたびにどんどん瑞々しくなっていっていると思います。一つひとつの表情が、すごく爽やかだったり妖艶だったり、涙目にも 「あっ」 となるほどの色気があると思うんです…。
だからコミクスを拝読しているうち、どうしようもなく 「うわぁっ」 って思う瞬間が幾度もありました。

一つ目は、同じ職場の上司と部下 (年下と年上) のお話です。上司の高瀬は赴任してきたばかり、部下の飯塚は職場で浮いている。そういう二人が近づいていく…というお話なわけですが…………どうして王道は、つまりありふれているモノなのにキュンとしてしまうんだろう…!
飯塚が二人で飲みに行った際、いろいろとぶっちゃけた挙句それを翌朝には忘れてしまうんですけれど、そんなのBLにはもう有りすぎて、逆にそんなの書いたこと無い先生の方が少ないと思う、でもやっぱりこの展開に胸がドキドキしてしまうのはどうしてなんでしょう…っ
飯塚がね…、すっごく可愛いのだ…。
高瀬のこと 「可愛い」 て思うシーンがあったけれど、まぁどの面下げて言っているのか! ←
あなたが一番可愛いです、だって何回赤面しているの…っ
飯塚続きはすごく損なタイプの人なんですよね。仕事先で元カレにゲイだとばらされてしまうし、それを笑い話にできなくて社内で浮いちゃうし、たぶん怒らせてしまった相手にもうまくフォローができなくて、嘘がつけなくて、意識している相手に安心させるフォローもできない。「好きだ」 ってたくさん言ってもらっても、不安でしょうがない。なんて…なんて可愛いんだ…ッ

最初はお花畑かなぁなんて思っちゃったんですけれど、「それは無い!」 と、お話が進むにつれてつよく思いました。飯塚みたいな人に攻めはムリ。 そしてそんなキャラの彼を巧くリードできるのも、高瀬みたいな人じゃないと。
高瀬の飯塚を見る眼がすっごく好きです。
バーに迎えに来たあたりから、もうずっと 「好きだ」 って言っている眼をしていると思うんです。もう…、はやく抱いてください…。 (え
でも未エチだったので、残念だなぁ…と思っていたら!
最後の描き下ろしで噴きました!鼻血!
涙目の飯塚がすーっごく可愛くて、そりゃあ高瀬もたまらんでしょう…。ツタ先生はカバー捲ったところのあとがきで、ちょっと消化不良気味なことをおっしゃっていましたが、私はこのおまけで充分デス…!否、むしろ感無量です…っ

続いてのお話は、劇団の大道具さん?と煙草屋のお父さんのお話でした。煙草屋のお父さん (お風呂に入る前) …すっごいタイプです!(待
お父さんの娘のみちるちゃんが、すっごく良い仕事していました。ツタ先生作品でここまで女子が出てくるのは、初めて拝読した気がします。みちるちゃん可愛かった…、そして同じくらい残酷な面も持っていました。彼女の無邪気や爆弾発言でもって、このお話は回っていたのだと思います。
大人二人は振り回されているだけだった。でも振り回されているなりに色んな思いや言葉で近づいていって、それがすごく切なくて、なんだろー…、うまく言えないんですけれど、とにかく、とにかくですよ、とにかく、お父さんが可愛いんだ…。 (着地失敗

どうやらお話は続くそうで、またコージ×お父さんが続くそうなので楽しみです。ってゆか!どちらのお話も続いて欲しいです!だってどちらも、まだ二人は始まったばかりなんですよー。恋人の醍醐味はむしろここからですから、是非是非!続くことを願っております!

4

おまけまんがが・・・

act.1と2で一組
act.3~5で一組
で何気にチコッとリンクしてます。

最初の一組目は、これはもぅミラクルが重なりすぎみたぃな~w
まぁ 両者の「お手上げ」「もう降参」が良かったです。
それと猫がなにげにかわぇぇ(*´ェ`*)ポッ
名前はつぃてなぃのかしら・・・

二組目の方がちとやっかいなお話でしたね。
まぁ娘がフラグらしぃ・・・プププッ(´,_>` )ノ彡☆バンバンッ!!
こっちの話のほうがツタ様節がでてたよぅな気がイタシマシタ \( ̄^ ̄)゛ハイ!!
個人的にもこちらのオトーサマに(ノ´▽`)ノ萌ぇッ♪

どちらもクッツクまでのお話でした。

そしておまけまんがが一番濃厚でした。(#´ー´)旦 フウゥゥゥ・・・
と結局これが書きたかったwヾ(´ー`)ノ
役に立たないレビューでスミマセヌ(w_-; ウゥ・・

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ