俺のこと、見てたでしょ?

その手を取れば

sonote wo toreba

その手を取れば
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
90
評価数
28件
平均
3.3 / 5
神率
7.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101698

あらすじ

セクシュアリティに悩む高校生とゲイのサラリーマンを描いた表題作ほか
上司×部下のオフィスラブ、禁断の兄弟愛なども収録した最新刊コミックス☆

友達も進路も恋愛も、高校生の陽向にとって全てが先の見えない不確かなものだった。そんな陽向の前に現れたサラリーマンの笠原。
寄せてくる好意に戸惑いつつも、拒みきれない本当の自分。
そして突きつけられるセクシュアリティ。
認めるのが怖い。でも、それを認めたらどうなるんだろう…。
思春期から青年へ、恋を通して成長していくセンシティブラブストーリー。

表題作その手を取れば

笠原(32)。早大卒のエリートリーマン。ゲイ。
林陽向。クールな高校2年生。

その他の収録作品

  • この手の中に
  • この手をつないで
  • 逡巡する春
  • 夏に途惑う
  • 坂下と課長のかきおろし
  • 君しか見えない
  • 真夜中を過ぎた頃
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

怖い、ばっかじゃ動けない

「オレが歩くこの先には道なんかないんじゃないかって思う」

高校2年生の陽向(ひなた)。特技もなくて、特に秀才でもない。やりたい事も見つからない。他の友達と違って、女の子に興味がない……
自分が友達と違う事を怖いと思っている。自分が魅せられている世界、そこに行きたくない。「それを認めたらオレは これからどうなってしまうんだろう」
その恐怖感、孤独感をしつこく自分に言い寄ってくる笠原を拒み続ける描写で、外側から表現していると思う。「その手を取れば」世界が変わってしまう…
まだはっきりと誰かに恋してる訳でもなくて、でもみんなとは違っていて。将来・進路の不安と自分は一体誰なのか、という不安。
怖くて怖くて、逃げて。一度離れてみて笠原に惹かれている自分を思い知る。一度認めると今度はとことん一途な可愛い陽向です。

「逡巡する春」「夏に途惑う」
部下から告白されて、迷ったり逃げたりしながらも向き合っていく課長さんの話。この若い男はどうしてこんなに直球なんだ?

「君しか見えない」
大学生?カップルの痴話喧嘩。二人ともちゃんと言いたいことを口に出して言えて、甘く仲直りH。
続き

「真夜中を過ぎた頃」
こういうガチ兄弟ものは初めて読みました。近親地雷の人も、兄弟モノ大好き派も「これは面白い」って思うんじゃないかな。美人お兄さんの襲い受けで、ガタイのいい弟はギリギリの理性で最後の一線を踏みとどまってる?深刻じゃなくて萌えますよ。

3

曖昧な学生時代

千葉リョウコさんの短編集。表題作のみ中篇です。
一度読んだ時はサラっと流しちゃったんですが、改めて読むと結構奥が深い…ような。

社会人×高校生という、歳の差設定。
主人公の陽向は、進路も不確かで自分の性癖についても受け入れられずふわふわと曖昧な毎日を送っている。笠原は自分のセクシャリティを既に認めた立派な大人ですが、そんな笠原の手を陽向はなかなか取れない…。
ずっと優しい態度の笠原が「自分だけがこんな性癖で悩んでると思ったら大間違いだ、馬鹿にすんな」と怒るシーンが印象的でした。

結局、会えなくなってやっと自分の気持ちに素直になった陽向が笠原に告白する…という結末ですが、陽向がもうちょっと芯がしっかりしたキャラクターだったら良かったかな、と思います。

それでも評価を高くしたいのは、最後の「真夜中を過ぎた頃」という短編が非常ーに好みだったから。兄弟モノで設定・展開的にありえない話なんですが、その訳分からなさを省いても何故か萌えた。ここで終わらないで続きが見たいです!

2

手を取る覚悟

ぼんやりと違和感を噛み殺す事に麻痺してしまっている陽向。
馴れ馴れしいサラリーマンの笠原に対する好意と反する気持ちが社会の秩序の中に上手く収めきれなくなっていきます。

一度は拒絶して逃げても折り合いのつかない感情。
失ってようやく知るそのセクシャリティ。
不安定な10代らしいその先を知る怖さと社会のルールからはみ出てしまう恐怖。
心の葛藤はそれ程多く語られていませんが丁寧に描かれていて、陽向の不安に大丈夫大丈夫とその強情さをほぐしてあげたくなります。
付き合い初めてからの純粋な気持ちに感化されて、笠原までセンチメンタルな大人になってしまってもどかしく進んでいく2人が、最後別人に見えてしまったのが残念。でもそういうのが初めての恋らしい気もして悩みどころです。

「逡巡する春」「夏に戸惑う」
部下の告白にときめきよりもお付き合いの面倒さが先によぎってしまう、それなりに大人な上月課長の葛藤。
のらりくらりと躱しているつもりがだんだん手放せなくなっていくドツボな感じが面白いのですが、上月がノンケなのか元からゲイなのか分からず。
どの程度の重さがあるのか測りきれずもやっ続きとしました。

他「君しか見えない」「真夜中を過ぎた頃」
短編ですが、バカップルと弟とどうにかなりたい兄のお話しです。
それまでが淡々と進んでいく体温の低いイメージなら、この2作品は熱にうかされている状態かもしれません。
単純で動きがある分心残りの無い読み切りとなりました。

1

そして少年は大人になる。

ホントの気持ちをなかなか伝えられないCP4組の短編集。

表題作はクセの少ない綺麗な絵が自分のセクシャリティに戸惑う高校生の繊細な心理描写を助けている作品でした。

進路・恋愛を含めた世界に広がりを感じ始めた高校生の陽向(受)は同時にその世界と自分にズレを感じて戸惑っています。
ルールの外側に存在している(と思っている)男同士の恋愛。
その外側に出たらどうなるのか、という不安感とあからさまな好意を示す笠原(攻)に対しての気持ちに揺れる陽向がリアルでした。

耐えきれず自分の気持ちとから逃げようとする頑なな陽向に大人だって怖い、対等に向き合いたいという本音をぶつける笠原が良い!

それまでチャラめの態度だった笠原が『認めること=悪いことではない』と諭し、怒っている姿を見せるにはそれなりの過去と真実があるわけです。

決別の時間が躊躇わず描かれているから冷却期間をおいて流れ出した陽向の気持ちも自然でした。

笠原視点の続編ではツンデレだった陽向のガードがふっ飛んでデレむき出しで可愛くなってます(笑)
大人だって戸惑いもするし臆病な部分もあるんだよ、と手の内を明かすことで陽向も気持ちが楽にな続きることでしょう。
扉絵が続きになっているのも好きです。

◆2作目は部下が上司に熱烈アタックする年の差物語。
粘り強い部下に振り回されて、ゆっくり思い出した『恋』という熱にほぐされていく課長がカッコ悪さも含めて可愛く描かれています。
攻受が逆だと思っていました…あれだけ攻めて攻めて受けかいっっ(笑)

◆3作目は唯一、出来上がってるCPの足りない言葉からのスレ違い。
短いのにテンポよく纏まっています。

◆4作目は夢遊病と偽って弟の寝床に入り込む兄にウッカリ手を出しかけては理性を総動員させトイレに駆け込む弟。

無理な嘘でとぼける兄と寸止めを繰り返す弟がすっごくコミカルで可愛い!
服だって脱いじゃってるんだから存分におやりなさいよ!と言いたい。うずうず。
合体していないのにエロくてこの話が一番ツボww

カバー下に描かれている3作目のCPとコラボしている番外編を読んで「是非とも続編を!」と叫びました~。


1

青春だっ!悩める青少年だっ!

[その手を取れば]
リーマン・笠原×高校生・林陽向です。
今作で一番好きな話ですね。やっぱりBLは、こういう「同性が好き」という悩みを入れないと!って思います((´∀`*))
陽向くんのグルグル悩むのがいいですね!悩める青少年大好きです( *´艸`)この話の続きがマジで読みたいです!!

[逡巡する春]
上司・上月×部下・坂下のリーマンものです。
これは・・・坂下の誘い受け?になるんですかね?読んだ時は、年下攻めのオヤジ受けと思ったんですけど、全然違いました(^^ゞ
だって~坂下が上月を押し倒してるんですもん(笑)

[君しか見えない]
芳也×明里の大学生ものです。
たしかに、マンネリ化したとはいえ、「疲れた」はないだろwwって思いましたね(^^ゞ
なんだかんだで、仲良しなんですけどね~。

[真夜中を過ぎた頃]
弟・宗二郎×兄・利一の兄弟ものです。義兄弟じゃなくて実の兄弟です。
親の転勤で兄の家で同居することになった宗二郎の話なんですが、利一が宗二郎の事が好きで夢遊病と言うことにして、弟の布団に潜り込むという、ちょっとびっくりな話でしたが、この作品は続き普通に続きが気になります!どーなるの??!!って思います!
カバー下では「君しか見えない」の芳也と明里と宗二郎が友達だったんですが、
利一と今後どうなるのやら・・・

最初の「その手を取れば」と「逡巡する春」は長めで、あとは短編だったんですけど、やはり短編はレビューするのは難しいですね(o´Д`)=з

0

悩む青年

小分けですが、全部で4つのお話。
後ろの2話は結構短く、前の2話が長めです。

表題作はリーマンとコンビニバイトの高校生。
一見遊び人風かと思っていたリーマンが
以外に真面目でちょっと以外でした。
このリーマンも言い寄られてる高校生も
真面目に一生懸命恋愛していて悩んでいて
とっても好感もてる作品でした^^
普通そうだよな、悩むよな・・・って
うんうん、と頷けてちょっと切なくなる感じです。

次が同じ会社の課長と部下

そして短編なのが、大学の同級生カップル
と、一緒に暮らし始めた兄弟のお話。
兄弟のお話は、
「いやいやいやいや寝てて気づかんって有りえんだろう!」
ってところが、楽しく笑えますww

1

最後の短編がヤバいです!!

けっこう真面目な人たちの恋愛です。実はそんなに期待してなかったですが、想像以上に楽しめました!どのキャラもちゃんと悩んで恋愛してるな~~って感じが出ててよかったです。安易に付き合うこともなければ、どうして好き合ってるのか謎なカップルもいないです。
ちなみに、最後の短編だけは『神』評価したくなるほどヒットでした!笑
これだけでも読む価値ある。ってか、読んでほしい…!めっちゃ萌ました*(´艸`*)♪

■その手を取れば
表題作。自分がゲイだということを受け入れられない高校生の苦悩を描いてる話。題材もいいし、落とし所も無難。クールで無愛想な高校生がいい大人をあしらう姿などよかったです。ただ、なぜかそんなにキュンとはしなかった…。描き方が淡白なのかそこんとこ謎ですが…なんかちょっと惜しかった記憶があります。

■この手の中に
『その手を取れば』の続き。はれて両思いになってから、初エッチまでの話。いざ付き合ってみると高校生になかなか手を出せない攻めがいい感じ。でも、クールだった高校生がすっかり雰囲気柔らかくなっちゃって、飼猫みたいに大人しくなってしまったのが残念でした。個人的には続き付き合ってからもクールに、かつ、怖気付いてる大人を誘い受けるくらいの男らしさを見せて欲しかったかも。

■この手をつないで
その後の描きおろし。

■逡巡する春
ノンケ上司×ガンガン攻める(コクる)部下。無愛想で恋愛に保守的な上司が部下に告白されて、彼を意識し、それでも「ないな…」と思いつつ、勢いに負けるように恋愛の対象として認識していく話。ノンケのオッサン攻めが好きな私ですが、この上司はなんかちょっとツボと違いました…。大人しすぎるというか…部下に惹かれる動機が薄いというか…なんだろう…?笑

■夏に途惑う
『逡巡する春』の続き。恋愛対象に入った部下との距離を縮め、付き合うまでの話。健気で押し付けがましくない部下のアプローチの仕方がかわいい。

■坂下と課長のかきおろし
『逡巡する春』の二人の描きおろし。付き合ってから初めての旅行が出張だったんだけど、それでも喜ぶ部下がかわいい。この描きおろしを読んでからこのカップルが「イイ!!」と思ったという…描きおろしの最後のコマが一番キュンとした…笑

■君しか見えない
付き合って1年のカップルが倦怠期(?)を乗り越える話。やってる間に「疲れた…」と言われた受けがマジギレします。そりゃそーだわな…(=ω=) 短いけど嫌いじゃない二人。喧嘩しながら末永く付き合っていけばいいよ♪

■真夜中を過ぎた頃
これ、いっちゃん好きだった!!大学生の弟と社会人の兄のガチ兄弟モノでっせ!!笑
両親の転勤で同居することになった兄弟の話。元から弟を狙っていて、夢遊病といつわって毎晩弟のベッドへ夜這いしにいく兄と、そんな兄が割とキレイ目なのでなんだか無駄に欲情してしまった弟が、もんもんとしながら夜を過ごすのがめっちゃツボでした!でも、必ず弟が最後の理性でもって自分を抑制してトイレに駆けこむので、ラストまではできないでいる二人…。も~~え~~~!!!(´ε`●)*。.・
イイ!!この寸止め感…!!かなりツボでした…!この短編だけでいえば『神』です!!この話で1冊出してもらえたら幸せ…(=ω=*)♪

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

1

平凡な高校生、一見

帯『俺のこと、見てたでしょ?』

千葉さんの話はどれも平均して地味だけれど丁寧な作風に好感が持てます。
今回の作品集もそうで、表題作を始めどれも丁寧に描かれてますね。
この方は連作で前後や何話かをかけてゆっくり描いた方が味が生きると思う。

表題作は一見すると平凡な高校生で、学校では悪友が居て友達が彼女とやったのやらないのといった実に学生らしい話で盛り上がり、コンビニでバイトをするごく普通の高校生。
その彼の生活でただ一つ異質なのが、彼を口説いてくるコンビニの客、笠原。
その異質な存在な筈の笠原を、高校生が次第に認める様になってきてそして受け入れる。
一見平凡な高校生の中に実はもうそこにあった同性愛者としての目覚め。
そこでタイトルにテーマがさり気なく結び付いてくる。
この辺りは地味だけど好き。

0

見つけちゃいました

最近嵌まった千葉リョウコ先生。

□その手を取れば□シリーズ

すごく可愛いお話でした。グルグルしちゃってる陽向くんが愛おしいです。あまりに引き込まれて読んでると、あれれ?笹原さん?
間違い見つけちゃいました。かきおろしの『この手をつないで』で笠原さんが、笹原さんになっちゃってました。こんなこと発表するのは無粋ですけど、なんか見つけちゃった^^;スミマセンm(__)m

0

恋をして人は臆病になる。

なんというかどの作品も恋愛にぐるぐるしててもどかしかったです!(笑)

「その手を取れば」シリーズ。
なんだかとってもピュアだ!
忘れかけてた何かを感じさせるというか。
簡単に恋愛に発展せずにその前の段階で思い悩んで。
悩んで悩んで自分の感情も受け入れきれずに拒絶して。
けれど、最後に残るのはやっぱり本当の気持ちで。
自分が手離したはずのものに最後には手を伸ばす。
最初は周りの目とかいろいろなものを気にするし気になる。
けれど、やっぱりもっと大切な気持ちがあって。
あと、サブCP?の子たちが気になりました。
この子たちの話はないのか!?

「逡巡する春」シリーズ。
最後の最後に至るまで、一体どっちが受なんだろう?とちょっとドキドキしながら読んでしまいました。
いや、だって、ほらああいうオヤジ受もあるかと…。
ずっとわりと受の方が押せ押せな感じだったので。
そんなにかわいいかわいい感じでもなかったし全然攻めれそうだったし。
でも、オヤジが攻めるくだりの話ではもうかなり受はかわいかったりもしたのですが。
久々の恋愛にタイトルどおりに逡巡するオヤジが情続きけなくもありステキだ。
最後にはちゃんと自分の気持ちと向き合って踏み出すオヤジ。
その踏み出す力をくれるのもまた、それだけ想いが募っている証拠なんだろうな。

「真夜中を過ぎた頃」
兄弟モノですね。
弟×兄。
この後の展開がすごく気になるのですが…。
兄のやりようがなんか好きかも。
素直に気持ちを伝えられない結果、こんな展開に。
ある意味、襲い受ですよね?
でも、この先へ進むには兄が踏み出すしかないのですね。
頑張れ、兄!!

どの作品も年齢とか関係なく恋愛にぐるぐると想い悩み臆病になってる姿が描かれていてなんだかキュンとしました。

1

帯やあらすじは、できれば読まないでください!!

できればネタバレ満載な帯は見ないで読んだほうが楽しめるかと思います。
そしてその帯並みにネタバレありのレビューですのでお気をつけて。

『その手を取れば』
アンニュイで気だるげ~な雰囲気な高校生・陽向。
そしてそんな彼に言い寄るリーマン・笠原。
二人の距離感が絶妙です。
終始笠原に対して冷たい態度をとり続ける陽向ですが、その理由は自分のセクシュアリティを認めたくないから。
この事実が物語中盤で明らかになるんですが、帯で思いっきり「セクシュアリティに悩む高校生」とネタバレしてあるんですよね…
この事実は知らずに読んだ方が、陽向の今までの態度も納得がいって、グっとくるものがあると思います。
将来に対しても、恋愛に対しても未来が見えない陽向。
しかしどれもこれも、自分のセクシュアリティに関する悩みが元だと思います。
認めたくないけれど、笠原と一緒にいると大きくなる想い。
認めたら、自分が自分でなくなる。
私は同性愛者でもない普通の女だから経験したことない気持ちなのでわかりませんが、
この陽向の複雑な想いは、ゲイなら誰もが経験することだと思いました。
その微妙で続き複雑な感情を、すごく切なく繊細に表現されているな~という印象です。
あの作品やこの作品のキャラ達も、一度はこういう想いを抱えて悩んで
それでも恋をしているんだなーと思うと感慨深いですね。
そして悩む陽向に、まっすぐにぶつかってくる笠原。
自分のセクシュアリティを曝け出されたような気がして恥ずかしくなる陽向ですが、
どんどん笠原は陽向に侵入してきます。
最初見ていたのは陽向の方なのに…
悩みながらも笠原のおかげでゆっくりと前に進みだす陽向は見物です。
切なくて、でも心がほっこりするようなお話でした。

『この手の中に』
笠原視点でその後の二人。
本当にゆっくりだけど、二人は進んでいるようですね。
笠原が本当に陽向のことを大事にしているのがよくわかるし、
陽向の想いも大きくなっていることが感じられます。
自分の感情を上手に伝えられない陽向ですが、笠原に必死に伝えた想いがもう、可愛いというか、いじらしいというか!!!
可愛いです!!萌えです!!!デレ全開~!!

『この手をつないで』
すっかりできあがった二人。ラブラブです。
陽向の表情も以前よりもずっと柔らかくなったようで嬉しい!
期になるのは脇キャラカプ。
この二人の話もいつか読んでみたいなーなんて。


『逡巡する春』『夏に途惑う』
課長・上月×部下・坂下
課長、ほだされ系です(笑)
坂下に熱い想いを告白されて以来、坂下は自分の中では「可愛い」存在であったけれど、恋愛対象としては受け入れられない。
そんな部長が坂下をちょっとずつちょっとずる受け入れていくお話。
最後部長に受け入れられた坂下が可愛い可愛い!!
他のレビュアーさんもおっしゃってますが、私もリバ期待!!
部長の受も見てみたいけれど、私は坂下の攻め喘ぎが見たいです!!

『君しか見えない』
不器用な攻めにストレートな告白にドキっとしました!!
いいですね~不器用攻、大好きです!!
メガネカタログに収録されただけあって、いい眼鏡ですよ♪

『真夜中を過ぎた頃』
大好きです。
ガチ兄弟モノなんですが、両片想い。
弟のベッドに度々侵入する兄は、自分は夢遊病だとウソをつきます。
そして夢遊病の兄(だと弟は信じているw)に毎晩いやらしいコトをする弟。
無意識状態の兄にこんなことはしてはいけない!!と思いつつも、兄に対するこの気持ちは止められません。
お互いいやらしいことをしたいのに、一歩が踏み出せない二人。
めっちゃこれ続き見たいんですけどーーーー!!!!ww
二人の正気のエッチが見たいです!!


表題作は切なく、その他収録作品は楽しく読めます!
千葉リョウコさんも絵柄もキレイで話もステキだから大好きです~^^

1

恋と向き合うのは誰だって怖い

自分の性癖に悩む高校生や部下から好意を寄せられて戸惑う上司など4つのお話が収録された作品集です。
千葉さんはネーム買いの作家様ですが今回も充分楽しませてもらいました^^

□その手を取ればシリーズ
マイノリティな恋愛に葛藤する高校生とその頑な心をこじ開けようと頑張るリーマンのお話です。割とあっさりカップルになりがちな昨今、今回のお話は久々にBLの原点をつく新鮮なテーマでした。
薄々気付いてる自分の性癖から目を背けたいのに笠原の好意も強くは拒めない陽向。しかし中途半端な気持ちのまま押し倒された陽向は覚悟してなかった男同士という罪悪感に直面させられ笠原の気持ちを踏みにじる形で逃げ出してしまう。
笠原には気の毒だけど、でもまぁこれは陽向にとって自分の気持ちと向き合う為の必要なプロセスだったんじゃないかなって気がします。流されるように曖昧な関係を続けたところでいずれ破綻しちゃうのは目に見えてますから。
なのでそんな苦難を乗り越えた2人の恋人タイムは君ら中学生?!て言いたくなる位の初々しさでした。特に笠原が(笑
描き下ろしに至ってはもはやバカップル丸出し^^必見ですよ

□逡巡する春・夏に途惑う続き
会社の上司×部下
一回り以上も若い部下から告白され振り回されるオッサンのお話。
これはホント個人的な感想なんですが、このカプ攻受逆なら更に萌えたかも。ぶっちゃけ課長って私的にはモロ受タイプなんですよ。いつか逆転されるのを密かに希望…

□君しか見えない
眼鏡がテーマの同級生カプのお話です。
こちらに出てくる攻の原田はなんてゆうか…天然?いや無神経なのか?…とにかく笑っちゃうほどマイペースな男です。Hの後に疲れたと言って明里(受)を怒らせたり、壊された眼鏡で普通に登校してきたりと本人無自覚で周りを振り回しちゃうタイプ。でもその分、自分に正直だから「疲れるけど(悦い事=H)したい」のストレートな一言はエラい殺し文句でした(笑
そして何よりHの時にも眼鏡を外さないってのがもう激萌え!!眼鏡好きにはGJ!

□真夜中を過ぎた頃
弟×兄の兄弟モノ
有り得ないほど強引なストーリー展開に思わず笑っちゃいます^^弟のベッドにもぐり込む言い訳を夢遊病だと言う兄も、それを信じこんで色々イタズラしちゃう弟も。似た者同士の天然アホ兄弟です(笑

因みに下二組のカプはカバー下でリンクしてる話も載ってるんで是非カバーも捲ってチェックチェック!!ですよ^^

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ