甘い水苦い水

甘い水苦い水
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワニブックス
シリーズ
Kirara novels(キララノベルズ小説・ワニブックス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784847032929

表題作甘い水苦い水

“あいつ”にそっくりな2つ年上の同級生・喜多川智明
大阪を離れ、東京の大学に進学した高田知章

評価・レビューする

レビュー投稿数1

痛いけれどゆったりでも展開が早い……

 大阪を離れ、東京の大学に進学した高田知章には“あいつ”との忘れられない過去があった。
 けれど、記憶の中の“あいつ”とそっくりな喜多川智明と出会う。
 知章の方から声をかけ、なんとか友達になったけれど、次第に知章の想いは恋心へと変化して行く……というような話でした。

 そんな感じで、かなり痛くて重い話でした。
 そらね……最初がそんな始まりだったら、男も女も関係なく、傷付くよな……と、しみじみしたくなるような相当痛い話でした。

 けど、知章自身の性格なのか、周りの人間との巡り合わせがよかったのか、そんなに落ち込むことなく、最後まで読めました。
 どっちかっていうと、会話のテンポとか、二人の醸し出す空気はゆっくりなイメージが何となくあるんですが、やや話としては場面があっちこっち飛んだり、一気に季節が進んでたり……とかするので、ちょっと唐突なイメージもあるような気もします。
 まぁ、時間軸を飛ばすのは小説の常套手段だと思うので、それ自体が悪いとは思わないんですが、その飛ばし方が若干、唐突なイメージを抱かせるので、それはどうなのかな……? と、思うくらいですかね。
続き 後は、特に気になる事はありませんでした。
 でも、もうちょっと愛が育って行く過程だとか、そういうのを書いて欲しかった様な気もします。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ