SWEET TALE

sweet tale

SWEET TALE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
17
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199604348

あらすじ

「ずっとアンタのこと見てたの気づいてた?」職もなく家もない貴史が勢いで抱いた和也。正体不明で掴みどころもないーそんな男と奇妙なワンルーム同棲が始まって!?
ある日道で拾った謎の美系リーマン、帰らぬ恋人を部屋で待ち続ける少年・・・甘酸っぱく時に切なく、同居の数だけ恋がある、男子二人暮らし物語v

表題作SWEET TALE

無職 貴史 
フリーター 和也 

同時収録作品ワン・ハート

森本 彰 アルバイト
西野広行 34歳 運送会社社長

同時収録作品おとしもの

橋本 バイト
タカナシ 会社員

同時収録作品ロングウェイ・ホーム

加藤 28歳 無職
泉 21歳

その他の収録作品

  • BOY NEXT DOOR
  • 番外編 scene:5.5

評価・レビューする

レビュー投稿数5

穏やかに読める一冊

なんとなく、肌寒くなってきたころに読みたくなるお話ばかりなんです。
一言でいうなら、それぞれが自分たちの「家」を見つけるまでの物語。居候中だったり、失業中だったり、どこかで過去にとらわれていたり…。何事にも執着しないくせに自分が思う"かわいい"ものだけには執着したり。すでに同居しているふたりもいれば、これから一緒に住むんだろうというふたりも。こんな男がどこかにいてほしいよ...という和ませキャラが、ふたりのうちのどちらかというパターンが多いかな。4カップルです。

理由はないけど心の波長が合いそうだと感じた瞬間。ひとりじゃ選べなかった道も、もし手を引っ張ってもらえたらどうだろう。なんとなくあきらめてしまった日々が、君に出会った日から少しずつ輝き始めるような感覚。おおげさじゃなく、ほんのり、少しずつ。ちょっといい話、素敵な話、そんな感じのタイトルでしょうか。全部いいんだよなぁ。お気に入りの一冊です。

関連作欄に『ナイト・ウォーク』があります。そちらのキャラの一人(唯)が本作にも登場しますが、未読でも問題ありません。

2

しんどいときに読んだらよいかも

同棲をテーマに描いた短編集。様々なカップルが様々な理由で同棲するか、それに近い生活をしています。
どのお話もよかったけど、やはり表題作のスウィートテイルが一番インパクトがあって飛んでいて(?)好きでした。

二人ともまともな生活をしていないというか、これでいいのかな?いや、駄目だろ!とツッコミを入れたくなる、そのくらい駄目駄目です。
けどかわいい。ほんとに現実にこんな人がいたらろくでもないし、駄目人間なんだけど、お話としてみた時はやはり面白いのです。

学校を出てから男の愛人をしたり、その愛人の金をとって逃げたり水商売でバイトをしたりお金が入ったら働くのを辞めて、無くなればまた男を引っ掛けて…とろくな暮らしをしていない和也。
住むところも職もない貴史を好きになり同棲を始めます。二人ともけっこうな駄目人間感を漂わせているのですが、でも何とか生きています。

生きるのが辛い、苦しいという感じでなくてもう本当に基盤が緩んでるという感じです。明日のことも考えてないような、そんなに長く生きるつもりないし、という和也は、人生を悲観していることは全くないのです。

やりたくない続きことはやらない、他人にほとんど興味がない、死にたいとか苦しいとか、思ったこともない、でもいつ死んでもいいか、みたいな気でいる。
彼は苦しいことに耐性が持てず、自分の好きなことだけを選んで生きて来たらこうなっていたんじゃないでしょうか。
でもほんとに悲壮感のようなものは全くないんです。
逆にこっちがつらいときとかしんどいときに読んだら肩の力が抜けていいんじゃないでしょうか。

カップリングとしての萌えとはまた違うかな?
でもこれ以上ないくらいお似合いなカップルだと思います。
この生活と性格が許せるかどうかで好みが別れそうな気もしますが、気の張ったとき、ゆるゆるとしたお話を読みたいときはオススメしたいと思います。

2

【ワン・ハート】があるので、かろうじて萌

帯のアオリで「男同士の“ふたり暮らし”、はじめませんか?」と言っているように、ふたり暮らしの4カップルのお話が入っています。

【BOY NEXT DOOR】
「夢はペット可物件!?フリーター同士の甘い同棲ライフ」と帯にありますが、その前に「ビッチとノンケ」と入れたほうがいい気がします。
なんだか地に足が着かない二人のとっても不安な同棲生活のお話です。
本編は成り行き任せな感じが溢れているので、どうにも私の好みに合わないのですが、描き下ろしを読んで変に納得しちゃいました。
相変わらずつかみどころは無いものの、お似合いのカップルなんだねと思えました。

【ワン・ハート】
潰れそうな運送会社の社長とアルバイト君のお話。
帯には「ワンコ系バイト×ヘタレ青年社長の節約同居」とあります。
ヘタレというより苦労性の社長と、コワモテだけど結構頼れるバイト君。
こっちのお話は結構好きな展開でした。
“ふたりでがんばろう”って感じがいいですよね。

【おとしもの】
これは、同居未満です。
帯には「謎の美形リーマンの押しかけ同居!?」とあります。
家に帰りたくない魔性の続きゲイを拾っちゃったおにいさんのお話。
超短編なので、ただそれだけです。
いつも思うんですが、魔性のゲイってホントにいるのかなぁ。

【ロングウェイ・ホーム】
帰らぬ恋人を待つ為に、頑なに部屋から退去しようとしない少年と、事情により彼を退去させなくてはならない無職の男のお話です。
ほだされラブといったところでしょうか?

しかし、身体を売って食いつなぐというシチュエーションはあんまり好きじゃないなぁって思いました。

2

一緒に暮らそう

拾ったのか、拾われたのか?
いつの間にやら一緒に暮らして。
単なる身体目当てなのか、金目当てなのか?
そこに恋や、愛はあるのだろうか?

「同居の数だけ恋がある」っていう、帯の文句のように、多分「恋があるから同居する」。
でも、それは、灼熱の燃え上がる恋じゃなくって、出るに出られない冷めかけのお風呂みたいな、グズグズの「多分、恋」
そんな、ふわふわした、同居に至る物語を集めたこの本。
宮本作品には、こんな浮遊感のある子が登場することが多い。

それにしても、見事に初出の出版社がバッラバラ。
Chara誌に掲載されたのは、「ロングウェイ・ホーム」のみで、
表題作の「SWEET TALE]まで、自社掲載作じゃないなんてね。

1

同居って魂の寄り添い合いなのかな?

今回コミックタイトルは「スィート・テイル」と銘打っているが、その中のメインを占めるのは無職の男と売りをしている男との同居生活を描いた「BOY NEXT DOOR」だ。
テーマが男同士の二人暮らしだそうなので、他の作品も行きつく先が同居という部分でテーマに沿った構成になっていると思う。

『BOY NEXT DOOR』
ゲイバーでバイトをしながら売りもして、セフレのような男の元に身を寄せては金品を盗んで乗り換えて、、ないい加減な生活をしている和也。
新しく引っかけた男の家にいくと、無職で居候している貴史と出逢い気になる存在になる。
和也は”かわいいもの好き”しかしそれは~汚れた窓ガラスの陰影~だったり~朝のゴミ捨て場~とか・・・??
貴史を気に入ったのもその表情がかわいかったからなのだが、”かわいい”の基準がアレな和也だから、それは純粋に可愛いではなく、寂しそう、というのが正しいのではないんだろうか?
だらしない和也にあきれながらも一緒に生活する貴史。
拾われたのは貴史なのに、いつの間にか捨て猫のようなのは和也に見えて頬っておけなくなったのかな?
そんないつの間にか・続き・・という間柄で、ここにも「好き」とか「愛してる」とか具体的な言葉はないのですが、愛おしい・かわいい・見捨てておけない、という基準でいいのだと、ゆるい関係にもどかしさより安心を感じるのです。

『ロングウェイ・ホーム』
過去作品「ナイトウォーク」に登場したオカマヤクザの唯が絡んで出てくるお話です。
唯の会社に借金をした加藤が、借金を待つ交換条件に出されたのはアパートに居座っている男を追い出す仕事。
居座っている男は、その部屋で売りをしている小野泉。
同居人が帰ってくるのをまっているという泉に憐れを感じて何かと面倒を見だす加藤。
結局彼らは二人孤独だったんですね。
ヤクザの唯さんも、まるで見越していたようなキューピッドだったのかも?
彼らの同居は二人の居場所を見つけた、その形がとても解りやすくて、最後気持ちが寄り添うシーンには心が温かくなりました。

他に、経営が行き詰った会社の社長とそのバイト、ある夜声をかけた男に誘われて寝ると、その男は実は以前から好きだったという確信犯的な話。
どれも、少しはずせば暗くなってしまいそうな要素を持ちながらも軽妙に逃れている作風はいつもの宮本さんだなと思います。

最後の書き下ろしで『BOY NEXT~』の後日談がついていますが、「汚い」の意味を取り違える和也に吹き出してしまった!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ