キスができない、恋をしたい

キスができない、恋をしたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×24
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
80
評価数
23件
平均
3.7 / 5
神率
34.8%
著者
イラスト
作品演出・監督
演出・プロデュース→阿部信行
脚本
周防司
原画・イラスト
街子マドカ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典フリトCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

ライブハウスで働く天野脩の六歳年上の恋人・岩佐憲之は、フリーのSEで超多忙。わかってはいるけれど最近話さえしていないのはさすがに切ない。駄目な恋ばかりしていた脩を叱ってくれ、ちゃんとセックスしてくれた憲之―― それから付き合い始めた二人は、好きあって始まった関係ではない。でも今は憲之のことが大好きなのに……落ち込む脩に憲之は――!?

表題作 キスができない、恋をしたい

岩佐憲之 → 近藤隆

天野脩 → 武内健

その他キャラ
皆川春海[森川智之]/ 安芸遼一[鈴木千尋]/ 友人[岩崎了]/ 脩の母[足立友]/ ナンパ男、男[田丸裕臣]/ 余呉清順、マスター[高橋英則]/ 皆川准、岡田[平田真菜]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

マスターが最高♪

『恋愛証明書』のスピンオフ作品です。
あちらは森川帝王×鈴木千尋さんのシリアスエロですが。
こちらは近藤隆さん×武内健さんのコミカルエロ?

大人で誠実だけど照れ屋で言葉が足りなすぎる岩佐憲之を、近藤さんが超シブイ声で演じています!
この近藤さん、すんごくいいです。
おバカで流されやすくてワガママで甘えたな天野脩を、武内健さん。
子供のように「~だもん」の連発ですが、違和感無いというか、憎めない可愛さで演じてくれています。

2丁目のバーからはじまる話で、前作の遼一(鈴木千尋さん)もお客&脩の友人として出てきます。
脩は遼一の勤めるカフェの常連客でもあるみたいで、カフェでは春海(森川帝王)や少し成長した准くんも出てきます。
成長した准くんのセリフが時の流れを感じさせて楽しい♪
二作の繋がりを感じるシーンです。

しかしこのお話の私の一番のお気に入りは、2丁目バー「止まり木」のマスターのセリフの数々!
脩が失恋して皆の前で愚痴るのですが。
憲之に叱られ、遼一に慰められ、マスターには妙な提案をされます。
その提案の前にマスターが言うセリフたち。
「あら、続き大事なことよ」からのセリフは最高です!
ようは、脩と元カレ達とのエッチの相性話なんですが。
マスターの言い方が楽しかったです♪

主役の二人の話では、とにかく脩の辛抱強さに乾杯。
憲之の計画性に脱帽です。
あまりにも上から目線の憲之と、あまりにもおバカな脩の不思議なCP。
好き嫌いわかれる話かもしれませんが、私は好きでした。
こちらも『恋愛証明書』と同様に原作を買いまして、これから読むところです。
最近CD聞いて原作を読む、というパターンにハマってきました。
他にも原作買って読む予定のものがいくつか。
こういう読み方も楽しいです♪

3

好みが分かれる…。

どうしようもないアホの子を、攻の方がひたすら甲斐甲斐しく面倒を見る話。

声目当てで聞いた人が聞いたら、多分↑な感想を抱く。

受け役の武内健が好きな人は大丈夫だが、特別興味がない人は注意する必要がある。
理由は、この受けは「知能が足りないんじゃないの?」と思わせるようなアホの子で、人によっては声を聞いているとイライラしてくるから。
特に、攻めの近藤さんが超格好良い低音だから、余計そう感じてくる。

武内さんの演技が悪いのではない。というか、この人以外考えられないと思えるくらい、ある意味上手い。
が、しかし、ウザい。

一方、声の好みも勿論があるが、それ抜きで考えても、この作品の一番の魅力は、近藤さんの低音攻めだろう。

超っっっっっ格好良い!!!!!

おそらく近藤さんのBLCDの中で一番低音で、一番男前で、一番格好良い攻め。

個人的に別のCDでこの声を聴きたかった…。

受けがダメそうと思う方には買う事をお勧めしないが、でも近藤さんの攻め声は聴く価値がある。

1

「…だもん」のすさまじい破壊力

皆さんのレビューを「うん、そうそう!」と頷きながら読ませて頂きました♪

まずは「…だもん」by武内さんの壮絶な破壊力。
なんだこれ!Σ(゜д゜lll)
可愛い!可愛すぎる!
ちょ、ちょっと、今のところもう一回聞こう、と慌ててリピ聞きしましたが、「もん」は何回も出て来ますのでご安心下さい(笑)

脩(受け)のキャラについて、常々思うのですが、こういう無条件に可愛がられてしまう天然の子って、自然に演じるのはすごく難しいと思うんですよね…☆
特にこの作品は甘えた(狙った)台詞が多いので、あざとい子に見えてしまいやすいと思います。

だけど、武内さんが演じると、これが地の可愛さに見えて、狙った感が全然ありません。
こういうキャラを演じさせると武内さんは随一というか、もう真骨頂の域。
文章では絶対伝わらないであろう、このニュアンスとトーンが完璧に再現されていて、本当にお見事でした。

そして、原作に忠実なシナリオですが、特に可愛い台詞を拾って台本にしているあたり、分かっていらっしゃる!(笑)
制作側さんと、固い握手を交わしたい心境になりました。

そして武内さ続きんと同じくらいに素晴らしかったのが憲之(攻め)役の近藤さん。
Hを心から堪能しているような攻め声と、甘いため息が色っぽいー!!
序盤はSっぽいのですが、後半は脩のことが可愛くて仕方ないのが伝わってくるような、声からにじみ出る優しさがありましたね。
メソメソ泣く脩に対する「お前ほんっとうぜぇ」という台詞には、思わず笑ってしまうくらいの愛情がこもっていて、とっても暖かい気持ちになりました。

近藤さんの攻めはこのCDで初めて聴いたのですが、…近藤さんって、あの近藤さんだよね?
律クンでバルドで、しかも「嘘と誤解~」でベソかいていた結哉クンだよね?
思わず自分の中で何度も確認してしまう程、受けの時とは全く違う魅力にあふれていて、近藤さんの引き出しの多さをしみじみ実感しました。

その他、バーのオカマのマスターがグッジョブ!でした。
BL的に、こういう役柄って需要があると思うので、このマスターの声をまたどこかで聞きたいなと思いました。

チラリとですが、春海と遼一とのやりとりも聴けて嬉しかったです。
春海@森川さんは鷹揚で頼りがいのある大人の男性を好演、遼一@鈴木千尋さんは、はかなげで優しくて、性格の良い美人さんのイメージそのままのお声です。

自分的にほとんど言うことなしのCDでした。
文句なしの”神”を付けさせて頂きます。


*****巻末フリト*****

鈴木さん、近藤さん、武内さんの3人。
最初の自己紹介時、近藤さんが役柄を思い出せず、鈴木さんに「あともうちょっとだからね」と励まされているのが面白かったです。
森川さんが別取りで、それが分からないように編集されているのですが、逆に違和感?があるので、最初から別取りと言ってしまった方が良いような…。


*****特典フリト*****

序盤から、近藤さんが役柄についてとても熱く語っていて、すごく深く考えて演じられているのだなぁと嬉しかったです。
対する武内さんは「楽しいのが一番です(*^-^)ニコ」と、これはこれで可愛い(笑)
他にも、武内さんは印象に残ったシーンが思い出せずグダグダで、「早いとこ探して下さい」と近藤さんに突っ込まれる始末。
さらに質問が変わってもまだ考えている雰囲気が伝わって来て、武内さん…面白すぎる☆
その他、びっくりしたのが近藤さんが車を購入したもののペーパードライバーだという話に「枯れ葉マークですね(*^-^)ニコ」という武内さんの返し(笑)
近藤さんが「え!?ちょっと待って」とあせっていましたが、笑えました。
他にも、武内さんはちょっと天然っぽい返答が多いのですが、その後の展開もすごく面白くて、お二人とも楽しそうで、とても良い雰囲気でした。

3

可愛くて甘いお話。

とても楽しかったです。可愛くて甘いお話。
BGMが、TVドラマで流れているような、ポップな音楽で、お洒落でした。
顔は良いけど、おバカで恋人との交際が長く続かない受けと、
バカな人間に、呆れている仕事のできる攻めのカップルなですけど。
見てきた作品のなかでは、けっこう珍しい組み合わせのカップルで新鮮。

憲之役の近藤さんは、低めの声でこういう演じ方の役を
聴いたのは初めてでしたが、良かった。

脩役の竹内さんの声は、凄い事になっていてびっくりしましたが、
ま、まあ、いいのかもしれない。と、だんだん思えてきた。

1

もんっ 

バカっ子脩の「~もんっ」と、憲之の気持ちよさげな攻め声を楽しむCD.

うーん、、
原作既読だったけど、この主役の二人って、、、

いろいろお話を切りつめて、過不足なく充分に、一枚のCDに上手いことまとめたんだろうけど、、、
上手いこと纏まっちゃてるからこそよけいに、
おいおいおいおい、な感じの終わり方で、、、

憲之の仕打ちって、人としてどうよ

とりあえず、ラブラブでハッピーエンドの体だけど、
本人同士は十分納得していたみたいだけど、
ホントにこいつと添い遂げちゃっていいのか?

と、本気で心配したくなる位、近藤さんの憲之はS度高いし、武内さんの脩はアホエロい。
ちょっとやり過ぎかも。

0

キスができない、恋をしたい

原作既読。
『恋愛証明書』とのリンク作品ですが、もりもりとちーちゃんの出番はかなり少ないので、それ目当ての方はご注意を。


原作も好きな方でしたが、CDはそれ以上に満足しました。
何が良いって…
バカっ子健ちゃんの可愛いことww
健ちゃんがバカなんじゃなく、武内健さん演じる脩がおバカさんなんですがねww
もう、ピッタリww
健ちゃんのバカっ子は本当に可愛い過ぎ!

「もん」
の言い方に禿げ萌えvv

「バカじゃないもんっ」
「好きじゃないもんっ」

ぐわぁ~っ!
バカっぽいけど、めちゃ可愛いっww

これはもう、健ちゃんだからこそ可愛いんだと思います←


そんな可愛い健ちゃんのお相手は低音クールボイスの近藤隆さん。

何に驚くって、近藤さんの声幅の広さ。
KEEPOUTでは美人ボイス+甘えにゃんこを披露してくれましたが、こちらでは同一人物と思えないほどの低音クールボイス!

すげー!
と驚かずにはいられませんでした。

しかし、そんな低音クール声は憲之のイメージにすごく合っていて違和感もないし、めちゃ男前v

キャスティングが発表された際には、
『憲之に近藤さん?』
と首を傾げまし続きたがなんのこっちゃない!
ナイスキャスティングじゃないか!w


脇キャストで光っていたのは
余呉さん(マスター)役の高橋英則。
マスター(オネエキャラ)が何とも素敵w

そこら辺の軟弱野郎よりよっぽど男らしいし、可愛さもあるw
こんなオネエと友達になりたいぜ!

ちーちゃんやもりもりの出番はホント少ないです。
無理にリンクする必要はないんじゃないかと思うくらいに。

SEも程よい感じだし、BGMも作品に合ってる。
ライトな作りなので耳が疲れないしリピするには丁度良い。


個人的にはかなり満足♪

ただ、残念だったことが2つ。

・脩の家族との和解シーンは個人的に好きだから削らないで欲しかった。
特に妹と憲之の初対面の所w

・ラストの絡みはもうちょっと長い方がもっと良いかなぁ…
せっかくラブ度が上がるシーンだから丁寧にして欲しかった。


とはいえ、小説原作を
一枚に上手く纏めてあると思います^ ^



3

もん萌え?ってジャンルありましたっけ?

前作の「恋愛証明書」とは異なり
原作はあまり好きではありませんでしたが
音声になったら「別物」になった感じです
すべては武内さんの「もん」で出来ているといっても
決して過言ではないはず?
ただ、どうしても近藤さんの声がアニメチックというか
奥行きが無いというか、判り安すぎるというか
いや、決して批判ではなく、多分他の作品ならば
良い意味になるはずですが、この作品に関しては
自分にとってはマイナスに作用してしまったのかもしれません

0

この作品で近藤くんに堕ちたといっても過言ではない!!

ヤバイ、この近藤くんかなり好きですvv
っていうか今まで聞いた近藤作品(そんなに多くないけど)の中で一番好きです。

原作は既読なのですが、その時点では自分の中では評価はそう高くなくて。
ただ印象に残る内容だったのでCD情報見た時にどの作品かはパッと思い出せて。
キャスト見て買おうとは思ったもののその時点では武内くん狙い。
武内くんもよかったんだけど今回は近藤くんに完全にヤられました。

脩はちょっと頭のユルい?バカっ子。
ナンパされては相手の部屋に転がりこんで甘やかしてもらって。
同じような理由で振られては行きつけのバーで愚痴る日々。
そんなバーで知り合い、毎回のように脩を叱りつけるのが憲之。
ひょんなことから脩の真実を知ることとなった憲之は実地でレクチャーすることとなり…。

とりあえず武内くんの脩はバカっ子らしいかわいさでした。
ブリブリなブリっ子てわけじゃなくて。
口調とかが幼いせいもあるのかな。
始終かわいいです。

一方の近藤くんの憲之。
憲之は一見苦言を呈したりぶっきらぼうな物言いだったり少しも優しくないしキツかったりもするのですが続き
時にそこに滲む甘さというか本来の優しさみたいなものも垣間見えて。
そのトーンの絶妙さがたまりませんでした。
はっきりとした言葉は脩にせがまれても言うことはありませんでしたが、それを匂わせるような遠回しな言い方だったり微妙な声色の甘さだったり、脩をかわいく思っていることは確かで。
それが聞いててすごくステキでした。
とにかく始終、「近藤くんかっこえー!!」と呟きながら聞いてた気がします(ちょっとアヤシイね!)

あとは最後のえちシーンでしょうか。
最初の淡々としたレクチャーとは比べものにならないほどの切羽詰まった感というかがっつき感。
お互いの気持ちの変化もあっての燃え上がりっぷりがステキでした。
個人的にはその前段階にあたる「風呂入って、きれいにして、ベッドに来い」という憲之のセリフにズキュン☆
やられました。
小説で文字列として見てはいたけども、まさかこんなに色気を含んだトーンだったとは…。
ズキュン。
どんな命令であっても従いたくなるような色を含んでました。

フリトはちーちゃん、武内くん、近藤くんと森川さん(別録り)の通常版と、武内くんと近藤くん2人だけの通販版。
通常版ではおそくらは先に3人で録ったのであろう話題に合わせたのだろうな。
森川さんの着眼点が面白かったです。
そして、通販版は近藤くんの長い反抗期の話や枯葉マークのお話。

全体的にポップでオシャレでBGMもトレンディドラマみたいで素敵でした。
買って良かった!って思える作品。
個人的にはホント近藤くんにやられっぱなしで。
近藤くんのかっこいー攻が好きなんだと発覚した作品でした。

2

\ 今年の近藤隆はオトナ攻め! /

鼻血でるかと思ったねv
あぁ・・・いい仕事してた近藤隆。最高v

『恋愛証明書』のスピンオフらしいのですが
まったくの別物。
ぜんぜんシナリオの雰囲気も違いました。

脩(武内)は、おばか受け。
ろくでもない男ばかりとつきあって捨てられての繰り返し。
そんな脩(武内)の身の上をゲイバーのママと
常連のフリーランスのSE岩佐憲之(近藤)がよくよく聞いてみると
どうやら、恵まれたセックスをしてないようで
憲之(近藤)が、お試しに丁寧なセックスを脩(武内)にすることに!?

と、いうきっかけでふたりはつきあうのです。
きっかけは身体からですが、きっちりプラトニックでまとめてるんですよ。
BGMが、ちょっとしたトレンディドラマのようで小粋でかわいいです。
これがBLCDということを忘れて恋愛ドラマとして楽しめましたv

つか冒頭にも書きましたが、近藤隆ですよ!近藤隆!!!
攻めも受けも両方こなされる器用な声優さんですが
今回は、かっちり眼鏡の理系オトナ攻め。
低音で余裕たっぷりで、真面目に口説いてくれるんですよ。
なんだ!この包容力は!!!
で、続きもともと近藤さんの声の柔らかさがちょびっと覗くんですよv
あま~いっvやっべvvv鼻血・・・トントン。

武内さんの舌ったらずなおばか受けは、ほかの崎谷作品でも
聞いていたので新鮮味はなかったですが
危惧したほどばかすぎずまとまっててよかったですvちょうどよい。

『恋愛証明書』とのつなぎのために登場する
遼一(千尋)は、面倒見のよいお姉さん的な存在。
春海(森川)も、ちらっとでてきますが・・・・これは森川詐欺といっても
過言じゃないくらいのほんのちょびっと出演でしたwww
春海(森川)の子供・准が『恋愛証明書』では6歳くらいだったのに
9歳になってました!かなりの成長っぷりでしたw

しっかし、まんまと憲之(近藤)の手中にハマってしまったのは
脩(武内)だけではなかったですよv
焦れたーっvきゅんvきゅんv

めちゃくちゃ甘くてハッピーな気持ちになれる1枚でした。
満足v

------------------------------------------------
巻末フリト 約5分 (近藤、武内、千尋)(森川)
------------------------------------------------
千尋さん進行で、森川さんは別録り。


------------------------------------------------
通販特典フリト 約16分 (近藤、武内)
------------------------------------------------
お題【気分転換、ストレス発散方法は?】
お題【ケンカしたときの仲直り方法は?】
お題【今、ハマっているモノ、コトは?】
お題【感想】

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ