still recall

still recall
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

31

レビュー数
3
得点
55
評価数
11件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
大洋図書
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

『エス』完結記念小冊子
単行本購入応募者全員プレゼント商品。

表題作still recall

貿易会社社長 宗近圭吾
警視庁刑事 椎葉雅紀

その他の収録作品

  • sleeping beast
  • I missed you 椎葉 
  • No hesitasion 宗近
  • Distant Past 篠塚
  • Keep promise 鹿目
  • unforgettable 椎葉
  • New Year’s Kiss 午前零時の訪問者

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ファンが買い評価する

これは「エス」ファンのための1冊。シリーズ4作で完結ですが、SSをまとめた1冊です。奈良さんのショートコミックも。

エスのファンにはたまらない、神にするしかない1冊。二人のあまあまも、完全無欠の鹿目ストーリーも、お義兄さん(萌!)のショートストーリーもあります。

あまりにも嵌まり、SS集の今作を含め、ここまで怒濤の駆け足で読んできました。エス4作の心残りを全部埋められるわけではありませんが、これで心穏やかに終えられました。

0

まぎぃ

stella さま、情報ありがとうございます。
篠塚さん続編入手しました!
SSの方もこれから登録しようかと思っています。すごく参考になりました。感謝^2です!!

stella☆

まぎぃさま
エス4のほうにもコメントさせていただきましたstella☆です。
もうひとつ情報を、、(でももうご存じでしたらすみません)
英田サキさんのメルマガ『人工楽園』に登録すると『人工楽園・書庫』でエスのSSが読めます。
登録は英田さんのブログのカテゴリーに「メルマガ案内」がありますのでそちらから。
登録すると書庫のパスワードを教えてもらえます。
エスのSSだけでも10作品、他の商業作品のSSやオリジナルなども多数読めますのでぜひどうぞ!
 何度も失礼しました~stella☆

幸せになれる一冊

一冊・・・と言っても、他と比べると頁数は少ない作品ではありますが、
読み終わった後は、幸せ気分になれる作品でした。

宗近と椎葉の2人の再会で終わった「エス」ですが、
その後の、きっと幸せであろう2人を見たい!・・・と
思っていたそのが願望がかなえられる内容でした。

宗近にはなくてはならなかった存在の鹿目さんも出てきます。
そして、その2人(+椎葉)のその後の関係も。

義兄と宗近の会話や、他にも過去のお話・・・
それに描き下ろし漫画も!!!
色々と詰まった、短くても読み応えある内容でした♪

1

エスの再会直後の二人が読めます

07年「エス」完結記念の小冊子は、自分が欲しいと思った時にはオークションで高値売買されている入手困難な冊子でした。
手に入れた時の喜びといったら、もう言い表せないほどの喜びを感じたものです。

『Sleeping beast』は、【咬痕】の後のお話。
風呂で寝てしまった椎葉の髪を洗いながら、覚悟が揺れ動いた時の自分の仕打ちと、椎葉の気持ちを想い、宗近が一人モノ思いにふける。
想像される後日談ではあるが、宗近のはっきりした椎葉への気持ち、深い想いと、共にある決意を知ることができ、話が終わってなお一層宗近が好きになりました。

『I missed you』以降4編は、【残光】で椎葉と宗近が再会した直後の夜の話を、椎葉・宗近・篠塚・鹿目 の目線でそれぞれの気持ちが綴られている。
松倉の家を出て、貿易会社を興した宗近は以前の高層マンションから銀座に近い、以前よりは狭いところに暮らしている。
食事はスムーズに会話ができたのに、部屋で二人きりになって居心地が悪そうな椎葉がかわいい!
宗近の巧みな誘導で、ポロリと弱音を吐く椎葉、でもツンデレでやりすごそうとするけれど、「長いこと待続きたせたな、辛かっただろう」と何と優しい言葉が宗近から発せられることか!!思わず泣く椎葉(泣き虫なんだからww)
そう、これが見たかったんです、残光のラストはこれが・・・小冊子になってしまいましたが、このシーンが見られて本当に幸せでした。
そして、その後のシャワーシーンが、何と奈良さんのマンガで13Pも♪しかも濡れ場でエロエロ宗近です♪♪宗近のお尻が生々しい♪♪♪眼福です。
その後部屋に戻った宗近が、東明の母・綾乃を想い、鹿目に椎葉に逢うよう背中を押された事を想い、鹿目に電話すると、椎葉は篠塚にメールを打って言いて、と、鹿目・篠塚のその夜の想いへと続いていくのです。
リレー方式で、彼らの想いが皆それぞれにつながって、宗近と椎葉を思っているという、彼らにもまた新たな一段落がついたという展開は、中々粋なものでした。

『Unforgettable』は亡くなった、二人を結びつけた安東の墓参りと彼への想い。
『New Years Kiss』は再会後の年末~新年を一緒に迎える甘甘ラブ話です。

こうして何度再読しても、本編の二人の苦難の道のりを思うとこの結末がとても幸せで、嬉しくて、また読み返してしまうという無限ループ?
宝物の一冊です。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ