- fragment - 「sweet pool original soundtrack」

- fragment - 「sweet pool original soundtrack」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
¥3,675(税込)
付いてきた作品(特典の場合)

商品説明

----------------------------------
《CD》
【発売日】2009年01月30日
【価格】¥3675(税込)
----------------------------------
【トラックリスト】
▼DISC1
01:I'm in blue(唄:Pale Green) 
02:scene01
03:scene02
04:chills01
05:chills02
06:strain01
07:strain02
08:calm01
09:calm02
10:fade
11:simple
12:sorrow
13:forever
14:scene [warp 01]
15:scene [warp 02]
16:instinct
17:lust

▼DISC2
01:VLG(歌:ワタナベカズヒロ)  
02:The Hunger(歌:Ken1)
03:diving deep(歌:Pale Green)
04:the red road(歌:Pale Green)
05:Miracles may(歌:いとうかなこ)
06:Miracles may (Violin Ver./演奏:テイセナ)
----------------------------------------
ニトロプラス キラル ブランドの放つ作品第三弾『sweet pool』。
その際立った世界観とテーマをいろどるサウンドを集めたオリジナルサウンドトラックがついに発売!

「- fragment -」と名付けられたアルバムは、ゲーム中に使用された全15曲のBGMを収録。
「chills」「strain」「calm」等と名付けられたノイジーな曲たちは、シーンの背景にある感情をクリアーに切り出します。
また、謎のアーティストとして今作に意欲的に関わる“Pale Green”によるOP「I'm in blue」に加え、EDで用いられた5曲のボーカル曲をすべて収録。おなじみ“いとうかなこ”“ワタナベカズヒロ”他、ここでも“Pale Green”や“Ken1”といった実力派
アーティストが多数参加。
さらに、ZIZZ STUDIOのテイセナによるED曲「Miracles may」バイオリンバージョンを加え、ゲームサントラの枠を超える充実したラインアップが揃いました。(公式HPより転載)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

歌詞の意味までゲームの一部

BLゲーム「sweet pool」のサントラです。
ゲーム内ではごくささやかに流れていた印象ですが、
改めて聞くと隔絶された空間を彷彿とさせます。
メロディがはっきりある訳ではなく、
ループのように時にノイズのように漂う曲が多いですね。

ブックレットにはゲームや楽曲に携わったシスタッフのコメントがあり、
各人のコメントが興味深いです。
キラルはゲーム(シナリオ)と音楽との間で、
概念の共有がしっかりしていると感じます。
各EDでのボーカル曲は、シナリオとリンクしているのが
対訳を読んで初めて分かりました。
バイオリンverが素敵です。

どれをとっても手放しで喜べるEDは無いけれど、
そっと掬いあげるように添えられる音楽です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ