きみのハートに効くサプリ

kimi no heart ni kiku sapli

きみのハートに効くサプリ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
87
評価数
27件
平均
3.3 / 5
神率
7.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784829624760

あらすじ

サプリ商品の開発に悩む製薬会社の研究員・透は、移動販売車のカレーが気になり通い詰める。他人を心に踏み込ませまいとする自分が、店主との「また明日」という“約束”につい微笑んでしまうことに驚きながらも。だが偶然町中で件の店主・芹沢と会い、酔った透は悪癖のまま彼を押し倒し、無理に関係を持ってしまう。あげく過去のトラウマから泣き出したところを慰めてもらい……。
(出版社より)

表題作きみのハートに効くサプリ

カレー店店主 芹沢匠 27歳
カリノ製薬研究開発部 加島透 31歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

サプリメントのような1冊

カレー屋×サプリメントの研究員という珍しい設定の本作。
椹野先生の素敵な料理描写と実際の医療現場に身を置いていた経験からくる詳しい医薬品知識が相まって、一粒で二度美味しい作品に仕上がっています。BLとしても楽しめますし、スパイスの勉強にもなりました。

加島透はカリノ製薬に勤める会社員。サプリメントの研究開発を仕事とする彼に上司が与えた課題は「身体を中から温めるアイテム」でした。身体を温める…といえば生姜が思いつきますが、すでに他社が生姜関連商品でヒットを飛ばしているので生姜は使えません。なかなか良い成分が思いつきませんでしたが、何となくランチに購入した移動販売車のカレーをきっかけに、スパイスに興味を持ち始めます。加島はスパイスの勉強を兼ね、その移動販売車に通い詰めるようになりました。
加島が毎日カレー屋に通うようになって二週間後あまり。土曜日の夜、加島は街中で偶然件のカレー屋と出会います。店主の名前は芹沢匠。二人は夕食を一緒に摂って、お互いの仕事の話や料理の話で大盛り上がりします。ところが酔っぱらった加島は芹沢を押し倒し、無理やりに関係を持ってしまいました。

クールで他続き者を寄せ付けない印象の加島は実は襲い受けだったのです。けれど中身は真面目な人なので、罪を償おう、責任を取ろうと必死に行動を言葉を重ねて謝罪します。しかし芹沢は加島を罵倒するどころか、気遣いを見せ優しい言葉を懸けてくる。そして芹沢は加島の元から姿を消してしまいます。
ここから二人のすれ違いが生じるのですが、その理由がそれぞれがお互いのことを思っているがゆえというところが好感を持てました。二人ともとっても良い人なんですよね。また、攻め受けともに過去の恋愛で痛手を負っていて、特に加島は恋愛の失敗が原因で人と関わらないようにしているのですが、新しい恋がそんな心の傷を癒していくという流れが上手くまとまっていました。

物語は二人を中心に動き、第三者は加島の同僚・梅枝を除いてほぼ絡んできません。それだけ丁寧に二人の心理描写にページが割かれています。サプリやスパイスの知識も盛りだくさんで、読めばちょっと得した気分になれました。

1冊でコンパクトにまとまっていて、後腐れはない作品。
サプリメント感覚で1冊読んでみれば、読後は癒されること間違いなしです。

1

すごくカレーが食べたくなる、しっかりお仕事BL

カレー屋×研究員という、なかなかないカップリングの今作w

スパイスの研究のため、おいしいカレーを作るカレー屋芹沢の移動販売車に平日毎日通うサプリメント研究員の加島。
お仕事描写もしっかりあって、お仕事BL好きとしては楽しめました!
そして、芹沢の作るカレーがほんとおいしそう。
めっちゃカレーが食べたくなる小説ですw
あとがきでもおすすめされている【カレーに大根+豚肉】は次カレー作るときぜひとも試してみますw

以前の恋の痛手からちょっと頑なになってしまってる、普段マジメな加島さんですが酔うとまさかの手首縛って襲い受…!
その後の思いつめた上でのちょっとズレた言動がまたかわいく、芹沢の健気わんこっぷりにも微笑ましい気持ちになりました。

BLにはありがちですが、おせっかいな友人の梅枝が大活躍。個人的にはもうちょっと周囲のおせっかいは控えめなほうが好きかな。
椹野さん作品はこれが初読みだったのですが、視点が固定ではなく、
芹沢視点だったり加島視点だったり時には梅枝視点だったりする、いわゆる神視点?なので、やや混乱する場面もありましたが、すぐ慣れましたw

続きもあれ、切なさもありつつ、ほんわか癒しの雰囲気漂う作品でした。

0

違うパターンも希望です・・・

椹野さんは、良くも悪くも『パターン』が決まった作品が多いと思っています。私の場合、その『パターン』が自分の好みに合っているかどうかで、かなり評価が分かれるんですよね。ものすごく好きで堪らないシリーズもありますし。

これは、正直『私の好みじゃないパターン』の作品でした。『年下攻』に『年上のめんどくさいツンツン受(オプションに眼鏡)』。

年下攻自体が苦手要素なのもありますが、何よりツンツンし過ぎな受がもともとの好みでもない上に、とりわけ椹野さんの『ツンツン受』がかなりダメなんです。

でも、これが今の椹野さんのお気に入りなんでしょうかねぇ。何か究めようとしてるのか?と思うくらい、最近のシリーズ(特に『メス花』から派生したというのか、K医科大に関わるプラチナ文庫とシャレード文庫のシリーズ)はどれも同じように感じます。
逆に、このパターン(類型)がお好きな方にはピッタリなんでしょうが。

ただ、その中ではこの作品はいい方です。キャラクターに意外性・独自性があるので。襲い受・・・ここまでハッキリした『襲い受』も珍しいんじゃ、と思いました。少なくとも、私は他に思い浮かびません続き。特に好みではないので、選んでは読みませんから。

あとがきで作家さんが『スパイスの勉強をした』ように書かれてましたが、確かに詳しかったです。正直、ちょっとしつこいくらいでした。『お仕事BL』でお仕事描写多過ぎ!ラブはどこ!?と思うのと同じような感じでしたね。

その分、やっぱりラブ関係が駆け足気味に感じました。淡々とした日常そのものは大好きなんですが、これは正直ちょっと物足りなかったです。

決して悪くはないんですが、それでも私はこのCPの続編は別にいらないかな。それならまだ梅枝×子猫ちゃんのスピンオフの方がいい、と思ってしまいました。本来、脇キャラクターのスピンオフはあまり興味ないんですけどね。

0

カレーを食べよう

真面目サラリーマン(受)と移動販売カレー屋さん(攻)のお話

仕事のためでもありますが、
毎日昼ごはんに、カレー屋さんに通いつめる受。
そんな2人が、偶然休日に会うことから、展開していきます。

真面目な受が、酔うとああなってしまうのが、なんともかわいい。
そして、恋愛に臆病な受を大切にしようとする攻もステキでした。

ただ、う~ん。
面白かったのは、面白かったのですが、
展開が速かったせいか、サラっとしてしまった感が否めません。

0

今までの料理が覆されるお話

まずはじめに、BLという概念を抜いて思った感想が一つだけ。
このお話を読んだあと、今まで作ってきた自分の料理(主にカレー)がどれだけずぼらだったかがわかって、一週間ほど頭の中を悩ませました。もうそれは本当に「オーガニック」やら「ナチュナル」やらにとらわれて感想を書き込めないほどでした(笑
それぐらい、バックグラウンドがしっかりと調べ上げられていて、まさに「専門家」が会話しているような…そんなお話でした。今までレトルトやらに頼ってきた身からすると、なんだかいたたまれない気持ちになったのも本当です^^; これからは健康に気をつけたいと思います。

本編のBLとしての感想は、前にレビューされた方々のように、ほのぼのとした和やかなお話という印象を受けました。

もう紹介されてると思いますが、このお話は、少しだけ頭が固いけれど人一倍傷つきやすく、酔っ払うと人を襲ってしまう(性的な意味で)透さん(受)と楽天家で包み込むような優しさとあどけなさを持ったカレー屋の芹沢くん(攻)のお話です。

展開としては大波乱があるわけでも、かといって平坦なわけでもなく、まるで氷が溶けていくような暖か続きなスピードで展開を広げていました。
その中でも個人的な見所としては、恋愛に恐怖を抱いて臆病になっている透さんがどんどん芹沢くんの手によって暖かな気持ちになったり、穏やかになっていく姿がとても可愛らしく描写されていたところがとても素敵だったと思います。

イラストの草間さかえさんの絵も素敵で、相変わらず頑ななメガネサラリーマンを素敵に描くなあときゅんきゅんしてしまいました。
本編の中で上質のモノを(無意識に)選んでいる透さんがちゃんと具現化されていて、小物でさえも手が混んでいて思わずニヤニヤしてしまいました。

最後に、このお話を読んだあとに、とても芹沢くんの作ったカレーが食べたくなってしまうので、カレーを用意しておくことをおすすめします(笑


0

ほのぼのまったり。

 製薬会社の研究員である透は、過去の経験から人を遠ざけるようにしながら日々生活していた。
 そんな透の目下の研究開発のテーマは、「身体を温めるサプリを作ること」。
 どうすればいいのか悩む透の目に入ってきたのは、カレーの移動販売車。
 店主が作るカレーは独特で、透は気に入り毎日通うようになる。
 そんな店主との「また明日」という“約束”にまんざらでもなく思っていた。
 ところが、街中で偶然、その店主・芹沢と出会い、酒を口にしてしまったところ透は悪癖のまま彼を押し倒し、無理に関係を持ってしまう。
 罪悪感から、「なんでもする」という透に、芹沢は「かまわない」というが、そのまま姿を消してしまう。

 というような話でした。
 押し倒した……っていうので、どっちが攻めなのか、微妙に悩んでしまいましたが、まぁ、思ってた方が正解でよかったです。

 過去のトラウマから人と関わるのを避ける透が芹沢のことが気になりだして、一歩前に進むお話……でした。
 物語が丁寧に優しい感じで進んでいくので、割と好きな感じの話でした。
 比較的穏やかな話が好きな人にオススメです。

0

挿絵効果

しばらく前にドラマCDを聞いて、ようやく原作読みました。

あのCDってキャストが3人で、脚本段階ですっきり削ってそうなったのかと思いきや、
原作でもそうでした。
って言うか、CDの方は梅枝の石川さんがあんまり印象的なんで「3人」ってかんじたけど、原作はもっと梅枝の登場シーンが少なくて、ホントに二人だけで話が進んだ感じ。
でも、この、他には登場緒キャラがいないところこそが、加島の心の閉じている感を強調するのに役立っているのかな。

そして、草間さんの挿絵が、また実によくって、生真面目な加島と、年下わんこ全開の芹沢の雰囲気にピッタリ。
草間さんの絵だからこそ、加島と芹沢のキャラが立ってくる。
なので、挿絵の評価もプラスして「萌×2」

別の出版社でも椹野&草間のお二人で展開しているシリーズがあるけど、そちらもいい感じで、このお二人、とっても相性がいいようです。

0

なんということでしょう

製薬会社に勤める研究院、透は新しいサプリメントの開発に行き詰まっていた。
他社が成功を収めている体をあたためるサプリへの参入。
なかなか訪れないアイデアに頭を抱える透は、ある日カレーの移動販売車に出会う。
気まぐれで食べてみたカレーの味と、店主の芹沢の人柄に惹かれ通うようになる透だったが、ある日プラーべートで彼と食事に行ったことから、いつのも悪癖が顔を出してしまい……

ああ、椹野さんらしいカタブツ受けだなあと思いきや、予想外の展開が待ち受けていたのでした。
クールキャラと思いきや飲むと襲い受けに変身しちゃう主人公(メガネ)。
な、なんだって?!
しかしここまでガチで受が攻を襲っているのは久しぶりに見た気がするなあ。
悪い大人ではなく、普段真面目な人が豹変するっていうのはかなりツボでした。
お相手はワンコだけど芯の通ったカレー屋さん。
閉じこもってしまった透に、出てこないと玄関先でカレーを作るぞなんて言っちゃう彼のずれたところはかわいいです。それどんなキョーハク!?

椹野さんだけあって料理の描写がとにかくおいしそうです。本格カレーが食べたくなりました。

1

あえていうなら予想外な展開

同じ出版社から出ている「お医者さんと花屋さん」とキャラ設定がすっかり被るのかと思いましたが、根底では被りつつもいい意味で裏切られました。「そういっちゃう訳!?」的な行動と取る加島さんと「それでいい訳!?」な芹沢。中盤、驚きました。
しかし、加島さんの失敗がすごい。一度じゃ二度じゃないとは…人間、己の限界を知る事は大切ですね。

少々強引な進め方かも?と感じたところはありますが、テンポよくきちっとまとまっているあたり、さすが椹野先生という感じでした。同僚の梅枝さんの立ち位置がいいことがこの本のキーになっている気がします。こんな出来た同僚いない(笑)

明るい話で面白かったです。

0

ネタばれします。まさかの襲い受け。

ある意味天然でまじめ眼鏡のサプリメント開発者と、素朴でワンコなカレー屋の、まさかの襲い受けストーリー。

過去のトラウマから、人間不信気味な上に自分にも枷をかけて生きている製薬会社の研究員・加島さん。
移動販売のカレー屋・芹沢君となんだか少しずつお近づきになっちゃって・・・

加島さんが超能力に近い味覚を持っていたり、アルコールが入ると大変なことになったりと、少しばかりファンタジーな部分も感じる内容ですが、カレーやスパイスやサプリメントの開発のお話が絡むことによって、おいしそうでためになって心温まるお話になりました。

芹沢君のキャラはどこぞのまんじくん的な既視感があるのですが、加島さんの自分のことすらわかっていないようなキャラは新鮮でした。
ツンデレともちょっと違うし・・・まさかの襲い受けだし。(重要なことなので二度言いました)

そして、重要なのが加島さんの同僚・梅枝くん。
彼のフォローがあったからこそ、幸せな二人がいるのです。
ちなみに、加島さんの襲い受けの被害者1号(未遂だけど)は梅枝くんなのよ。
で、その梅枝くんにも子猫ちゃんがいるそうなので、次はも続きう、彼らのお話ですよね!?

0

もっとじっくり書けば実はかなり長くなりそうな設定な感じだけど すごくコンパクトにまとめたなっていう印象。まさにサプリ感覚。

ワゴンでカレーを売ってるカレー屋さんと
スパイスを研究するサラリーマンというCPなんです。

草間さかえさんの挿絵もかわいくて、さくさく読める1冊でした。
けっこう展開が速いです。
テンポがいいのでそんなに気になりませんが。

ただ、はじめて男とセックスしたノンケが
すぐにプロポーズを持ち出すのは、私の好みではなかった。
前段階に元カノとも結婚を考えていたというくだりもあり
攻めは常に“つきあう”イコール“結婚”なんだなってのはわかるけど
私、つきあいはじめに結婚だのなんだのくちばしってしまう男は
どーにも安っぽいって思っちゃうw

もっとじっくり書けば実はかなり長くなりそうな設定な感じだけど
すごくコンパクトにまとめたなっていう印象が残りました。
さくっと気分転換に気持ちよくなるにはもってこいの本。
まさに“ハートに効くサプリ”的な本です。

あとがきに同僚の梅枝の話を書く予定であるとの記述アリ。
すごく気になるイイ男!梅枝!!
挿絵では後頭部しかお目見えしてないんですよね!
楽しみだなぁ。

1

菊乃

かにゃこさん、こんにちはw
これ、書店で平積みになって気になってたんですよ~。
椹野道流さんと草間さかえさんのコラボって
相性としてはいいのかもしれませんよね~。
茨木さんと京橋君とか楢崎先生とまんじ君みたいな雰囲気なのかな?と

次に書店に行ったら手に取ってしまいそうですw

通っていたのは何の為?

今回は受様の会社の前で店を開く移動販売のカレー屋さんと
サプリ商品の新開発を担当する製薬会社の研究員のお話です。

人との付合いに距離を取っていた受様が
攻様との出会いってプロボーズされるまで。

受様は中堅製薬会社の研究員です。

公私にきっぱり線を引く受様は
職場では余計な事は一切しゃべらずで
黙々と自分の研究をこなし、
新卒で配属された医薬研究本部で成果を上げ
将来を嘱望されていましたが、

一昨年、突然に部署移動を希望、
サプリメント開発に携わるようになります。

その際には様々な噂が飛び交いますが
受様が唯一職場で親しく付合っている同期は
自分と無関係な事は気にしない質で
受様との付合いを続けていました。

受様もそんな同期には心を許していて
今の研究の愚痴を聞いてもらう事もあります。

現在受様は
夏の冷え性対策として女性を対象に
身体を温めるアイテム開発をしていますが、
なかなか良い成分が見つけられません。

受様は件の同期から若い女の子ならと
ハーブやスパイスはどうかとお奨めされます。

そんな時に巡りあ続きうのが
移動販売者車が多く訪れる会社の前の公園で
売られていた自家製カレーで
その店主こそが今回の攻様になります♪

お試しで攻様のカレーを買ってみた受様ですが、
そのカレーはスパイスと出汁と具材が
個性を殺すことなく実にマイルドな味!!

しかも食べ終わった傍から
身体がポカポカしてくるのです。

それから受様はスパイスの勉強をかねて
毎日攻様のカレーを食べるようになります。

そんな関係が続いて二週間がたった頃、
学会帰りだった受様は街中で突然
披露宴帰りの攻様に呼び止められ、
スパイス料理の専門店での食事に誘われます。

一瞬ためらう受様でしたが、
今抱えた問題や悩みを解決出来るかもと
攻様の誘いにのる事にします。

食事中も料理やスパイスや
今のサプリ開発について色々と話せた二人は
とても楽しい一時を過ごすのですが、
徐々に盛り上がった話が
コイバナ系に流れるに至って飲まずにいられず

酒癖の悪さから適量以上の酒を控えていた受様も
かなりの酒を摂取してムラムラした揚句
攻様を襲って強引に身体を繋げてしまいます!!

翌朝、目覚めた受様は
蒼白になって攻様に謝り倒すのですが、
攻様は責めるどころか受様を好きだと言い出して?!

酒癖の悪さで始まった過去の恋のトラウマから
できるだけ人に関わらずにいた受様が
優しくて純朴で真っすぐな攻様と出逢う事で
傷ついた心を癒して再び恋をするまでの物語です。

この後、攻様は思う事が有って
移動車を手放して受様から離れるのですが、
攻様の事を何も知らなかった受様は
かなり悶々とした時を過ごします。

好きだから襲うという襲受の王道では無く
酔った上での過ちな部分がありつつも
好きじゃなきゃ襲わない的なお約束は有効で
頁を繰る手は止まりません。

受様を心配した同期の後押しで
やっと受様が自分の気持ちを自覚して
攻様とまとまるまでドキドキな展開でした♪

私的には頻度は低いですが
強姦シーンもまとまった後の絡みも
結構エロい感じがしたのですが、
草間さんの絵がそう見せるのかな(笑)

元々椹野作品はお料理上手なキャラが多く
空腹時には耐えがたいお話が多いのですが、
今回のお話も例外に有らずで、
とにかくカレーが食べたくなりますよ。

続きはあるのかな?!
同期の彼の見ているだけのお相手の登場とか
他シリーズとのコラボとかを期待したいですね。

今回は癒し系で年下ワンコな上にお料理上手な攻様で、
椹野道流さんの『楢崎先生とまんじ君』をお薦めです。

0

本を読みながらカレーを食べると本が汚れます、注意!

今回の主人公はカレー屋さんと製薬会社の研究員。
ひょっとしてこれも「働くおにいさん」シリーズに入るのかな?
この本にはスパイスやカレーがいっぱい出てきて、ついつい読みながらカレーを作って食べてしまったのは自分です(汗、、)

さて、お話は製薬会社の研究開発部で”身体の温まるサプリ”の開発を命じられた加島が、ランチをカレーの移動販売車で買ったことからそこへ通い詰め、そのオーナー芹沢と学会の帰りに一緒になったことからつい飲み過ぎて酔っぱらい、襲い受けしてしまったことで、加島がグルグルする様が展開されていきます。

加島という男の描写が、芹沢のワンコのような外観が、この草間さかえ氏の絵がピタリと当てはまります♪
襲い受けした時の加島の身体のラインといい、慌てる芹沢の顔といいとても良い表情で、挿絵だけでもとても満足です。
しかも、お話の方もあれもこれもと欲張らず、加島のバイの友人梅枝が絡むのみで集中して二人の関係を重点的に掘り下げていることから、とても読みやすく、物語に集中して入り込めます。

加島は過去のトラウマからもう人を愛さないと、一人に決めないとストイックに抑えた人続き間です。
仕事にはとても真剣に取り組んでおり、カレーを追及している芹沢とスパイスの話で盛り上がるあたり、一見上から目線の威圧的な感じがするかと思えば、結構素直で何でも吸収しようという真面目さが伝わってきます。
芹沢はノーマルの人ですが、加島に襲われて勃ってしまったし、その顔が色っぽいと、それから恋愛の対象として加島を見るようになり、また自分が真剣であることの証明をしようと行動に出るあたりが、高感度の高い青年です。

恋愛面も二人とも真面目な姿勢なので、読んでいてこちらが嬉しくなってしまったり。
スパイスの話も料理の話もかなり踏み込んで書かれているので、そんな点もとても楽しめました。
加島の唯一の友人、梅枝にも気になる子猫ちゃんがいるということで、ものすごーく気になるのですが・・・

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ