隷辱の人魚

隷辱の人魚
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
15
評価数
7件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784592876229

あらすじ

性行為がタブーとなり、すべてが清潔で理性的な世界となった未来。形だけの警察に勤める喜多島は、セックス専用の生き物である「人魚」というものの噂を知る。人を惹きつけるその魔力に彼は…!?
(出版社より)

表題作隷辱の人魚

JAPAN州警察官 喜多島勇・26歳
人魚 シズカ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

無理だった

吉田珠姫作品ということで作家買いです。
兄弟モノのトンでも設定ということで、ワクワクして読み始めたのですが……。
なんだか、本作品の近未来の世界観に嵌まれなかった。
はっきりいって、好きじゃなかった。
面白そうな設定だと思ったんだけどな。

何かが違うのです。
私がBLに求めてるのはこれじゃないっ!
ラブがないの。
設定や世界観の説明や帳尻あわせでいっぱい、いっぱいで、余裕がないのです。
肝心のラブの書き込みが少ないの。
ラブ部分の過程の描写がなくて、結果だけというか。
やっつけ仕事的な臭いがするのです。
別に設定の説明なんか、そんなに詳しくいらないし。
はっきりいってどうでもいいし。
もっと、面白くできそうのにな。
もったいない。

0

吉田さん初のSF

帯『それは禁じられた愛と性の物語…!?』

吉田さん初のSFだそうで。
人類が核戦争で全滅してしまい、月にいた人々のみが生き残り、そしてマザーと呼ばれるコンピューターの管理の中、町名と平穏と平和な世界で人々は暮らす様になるのです。
セックスさえ存在せずに男性はスペルマ、女性は卵子を摂取して子供を人工的に作って行く、そんな世界。

喜多島〔攻〕は警察官で、平和で安穏としている筈の世界に裏がある事を知ってしまい、そこでは「人魚」と称して売春が行われていましたのですな。
その人魚達は冷凍保存されていた旧人類達で、その中のシズカは何と喜多島の兄!!
ここへ来て兄弟モノ来たーーー!!
兄弟モノスキーとしては嬉しい展開。

最後で彼らが脱出するシーンとかは都合よくあっさりし過ぎてて、え?って感じでしたがまあ2人が無事に暮らせる様になったからまあいいのかな。
にしてもラストはあっさりです。

某マンガがモデルと思われる猫型ロボットが可愛かった。

0

トンデモSF

SFなんですけども。
ちゃんと科学したSFでは全くなくて、壮大なホラ話、というカンジでした。
ツッコミどころ満載なんですが、この際、目をつむってみたら、
それなりにおもしろかった!!

ただー、BLとしては。
せっかく?の、実の兄弟ものなのに、心理の描写が少なくて…。
それも弟攻め。ワタシの好み!なのにい。
兄は弟のために犠牲になり、性処理の道具のように扱われ(かわいそう~!!)、それを知らず育った弟が、知らないまま兄を~。

けどなんか…エッチも激しくやってるわりに、やはり関係性がじっくり描かれていないせいか、少々、物足りなかった気がします。

読後に印象に残ったことっていったら、
ドラエ…いや、某ネコ型ロボットがとにかく欲しくなった~ってことかな?!
キワモノかもしれないけど、とんでもない設定なんかを、楽しめた!!ここまでホラを吹いてくれる作品、そうそうないよ!ってことで、萌え評価ですv

そして、挿絵が良かったです。好みの問題とは思うのですが。
わたしは作品のイメージに合ってると感じましたし、筋肉のつき具合など、色っぽいと思いましたv

1

茶鬼

ハイ爺さま、こんにちは
この”とんでもSF”を他にレビュしてくれる人がいて嬉しい~♪

>けどなんか…エッチも激しくやってるわりに、やはり関係性がじっくり描かれていないせいか、少々、物足りなかった気がします。

そうなんですよね、SFっていってもきっと、、だから心の窓を大きくしたんですけど、肝心の骨になる部分があれではと、思いました。
それにやっぱり「ネコ型ロボット」ですよねww
趣味じゃない評価に自分はしたんですが、突っ込みどころが満載で読んでる最中面白かったんですよね(Sの気がある?)
失礼しました~♪

何と評価したらよいか・・・とりあえず猫型ロボット?

「それは禁じられた愛と性の物語」という帯に、裏を見れば、「2000年代初頭核戦争勃発。人類、生物はすべて死滅した・・・」などとものすごーく興味をそそられるあらすじに、BLのSFファンタジーだから心の窓を広くして、どんな設定も展開も許そうと、寛大な心で読み始めたんですが・・・
あまりのトンチキに読んでて頭が沸騰しそうになりました。

いやね、設定とかちょっと突っ込みたい部分もあるけどいいんです。
展開も悪くはないんです、でもね、肝心のラブの部分がね、どうしてそんな方向へいってしまうんだー!?って叫びたくなる。
あまりに短絡すぎて、ちょっとがっかりしてしまいました。
ごめんなさい!
多分、寝かせて再読してもこれは許せそうにないかもしれない。

人類が核によって死滅して、かろうじて生き残った月にいた数百人が地球上にドームを作ってコンピューター・マザーの管理の元生活している未来。
人間の生殖は下劣な行為とされて、人間は性への欲望や羞恥は全くなく、ただ人工子宮での人工授精の為の精子・卵子提供者となり果てている。
平和ボケして、生きる意味とか魅力も感じずに自殺する人数が膨大な続き数毎日あるのに、それでも毎日平和。
そんな時、レイプ事件が起き犯人を捜索すると地下の街で”人魚屋”というものが開業しており、そこでは人々が奪いあうようにして人魚を犯したり、犯されたりしているという・・・
主人公は優秀な精子を生みだし続ける喜多島勇で警官なんですけど、彼が射精する時はいつも少年が大勢の男性に凌辱させる姿を想い浮かべてしまうのです。
その夢想に出てくる少年が人魚屋にいて、激しく執着すると、その人魚・シズカはお前は弟なんだと言う。

二人の兄弟がどうして別れたのか、一体何者なのか?そんな謎解きも後半に怒涛のように詰め込まれています。
ので、ラストまで急展開。
愛をはぐくむもなにも、これは性の亡者ですよ!
生性交に狂ってレイプした人々と何ら変わらん!!
ま、他にも色んなおかしな点、??な点もあるのですが膨大になってしまうので割愛。

怖いもの見たさの方は・・・低予算B級映画までいかないかも・・・残念。
夢がないの!!
唯一の救いは、みんなの大好きな猫型ロボットが実現してお手伝いロボットとして存在していたこと。
ただし、四次元ポケットはついてませんがねww


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ