赤の王 青の王子~赫の白星~

aka no ou ao no ouji

赤の王 青の王子~赫の白星~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784592876236

あらすじ

高校生になって1か月。上級生に襲われかけていた有希の目の前に突如異国人が現れた。男は上級生の腕を躊躇なく斬り捨て、有希は衝撃で気を失うが、その間に異世界に連れ去られてしまい……!?
(出版社より)

表題作赤の王 青の王子~赫の白星~

占術師の先読みで界を渡る赤の狂王26・アルティウス
攻様に強星の主として攫われる新入生16・杜沢有希

評価・レビューする

レビュー投稿数2

2冊目♪

前作品と同じ世界での出来事です
先生のHPではこちらが本編で、1冊目に出た作品が外伝として発表されています

前回は紳士的で知的な感じの攻め様でしたが
今回の攻め様は暴君ですね(;´Д`) 受け様苦労しそうですwww
異世界トリップ物で言葉が通じない設定は大好物なので
楽しく読ませていただきました!

先生のHPの内容を拝見していても本を手に持ちたくなってしまい・・・

1作品目の時から時間的に前の話になりますが
前回の攻め様もあて馬として登場していますし、
異世界で大陸広くてつながっている作品・・・面白いです!

0

今回は大人しい受けです・・

前回とは違って大人しい受けの有希でした。
実際はこちらの方が物語り的には最初という事です。出来れば順番に発行されて欲しかった気はしますけれど・・
なんとなく「強星」の意味が分からなかった前作ですが、今回で謎が解けたという感じです。

前回では有希は能力があるみたいな事を書かれていましたが、「そういう訳ね~」と納得しました。

青の王子を読んだ後に絶対赤の王も出るだろうと予想を踏んで、chi-coさんのサイトでもこれは読まずにいたのですが・・無事発行されて嬉しいです。

有希はどちらかと言えば頭のいい方なんでしょうね~♪なので青の王子での幼児語も最初の方だけでそんなに読みにくくは無かったです・・

赤の王は「狂王」と呼ばれるだけにかなり怖い感じです。無理やり身体を奪われてしまう有希ですが・・
青の王子シエンに頼んで一緒に逃げ出そうとします・・
でも、赤の王が怖くて逃げるというよりも、自分がここにいて他の人に嫌な思いをさせている事が辛かったのでしょうね~・・
でも赤の王が追いかけてきて、結局は元に戻るのですが・・
その辺の妃問題とか、他の妾や続き子供たちの事は全然解決していない感じです。
というよりも二人の気持ちはかなり大きな溝?というよりも、恋愛という関係でいうと、かなり遠くに感じますね~・・
なので、かなり物足り無い感じがしました・・
でも、その辺はきっとchi-coさんのサイトで続編が書かれていたと思うので後で覗きに行こうかと思っています・・・

そちらのサイトには有希が待ち望んでいる自分の世界から来た人間、前作の主役の「蒼」との出会い編も載っていて、面白いですよ~・・(サイトの宣伝ばっかりしてますが・・決して回し物じゃないですよ~♪)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ