Cab VOL.7(アンソロジー著者他複数)

Cab VOL.7(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
25%
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784904101711

あらすじ

カバーイラスト:雲田はるこ
巻頭カラー:芦田かな子

COMIC:
秀良子「世界の終わりのなつもよう」前編
小松舞台「渡したくない」
雲田はるこ「みみクンのハートのイヤリング」
嶋二「むすんでひらいて」中編
真柄うしろ「マキシマム!」
腰乃「鮫島くんと笹原くん」action.2
端縁子「召しませサンタルチア」Room.4
ケビン小峰「微炭酸男子」
テラシマ「種を蒔く人」アフレコレポ&プレゼント
(出版社より)

表題作Cab VOL.7(アンソロジー著者他複数)

アンソロのため割愛
アンソロのため割愛

その他の収録作品

  • 世界の終わりのなつもよう[前編]秀良子
  • 渡したくない・小松舞台
  • みみクンのハートのイアリング・雲田はるこ
  • むすんでひらいて[中編]嶋二
  • マキシマム!・真柄うしろ
  • 鮫島くんと笹原くん[action.2]腰乃
  • 召しませサンタルチア[room.5]端縁子
  • 微炭酸男子・ケビン小峰
  • テラシマ[種を蒔く人]アフレコレポ&プレゼント

評価・レビューする

レビュー投稿数4

前回に引き続き、腰乃、嶋二が面白い!

Cabが好き作家さんが多く連載されているので定期買いしています♪
なかでも今回も面白かったのは
嶋二『むすんでひらいて』
腰乃『鮫島くんと笹原くん』
雲田はるこ『みみクンのハートのイアリング』
シリーズものですが、この3作がすっごく面白い!
嶋二さんのは切なくてエロくて
腰乃さんのはエロコメで腰乃ワールド全開で
雲田さんのはようやくみみクンの想いが叶って。
まだまだ続きが気になるシリーズ3作です。

嶋二『むすんでひらいて』
ずっと好きだった神林と、紆余曲折の末、ようやく恋人同士になれた奥。
幸せ絶頂!のはずなのに、結ばれた瞬間、次から次へと欲が出て…。
奥は欲張りというよりも、やっぱりノンケの神林が怖いんだと思います。
神林は好きだ好きだと言ってくれますが、女の子といるところをみるとやっぱり不安になるし
今まで余裕の表情でクールだと思っていた奥の、不安でグルグルしちゃってる姿にはかなりそそられます。
奥は基本ネガティブで、神林はあんまりそういうの考えてなさそう。
だから何度好きだと伝えても不安そうにしている奥のことが理解できずに、
神林は神林で不続き安になるんでしょうね。
不安でたまらない奥の、誘い受けだったり、「俺だけ見て」という台詞だったりに激しく萌え滾りました!!
次回が最後かな?早く読みたいよ!!

腰乃『鮫島くんと笹原くん』
前回鮫島くんに、ゲイビデオを一緒にみて気持ち悪くなかったら付き合ってと告白された笹原くん。
一緒にゲイビデオをみることになるが…
ゲイビをみながら迫ってくる鮫島くん。
流れで鮫島くんのアレを笹原くんが扱くことになるんですが…
エロいエロいエロイ!!
別に挿入もしてないんだけどエロい!!
相変わらず不思議な台詞回しだったり、台詞が多くて目がチカチカしちゃったりするんですが
それこそが不思議な腰乃ワールドなんですよね!!それこそが萌えポイントなんですよね!!
ワケのわからない状況に困惑する笹原くんですが、この一件以来鮫島くんのことが気になるようになります。
腰乃さんの作品って、必死さがいいですよね!!
なんだかいつでも切羽詰まってるの。
その切羽詰まってる感がすごくいいんですよ!
「恋してます!」ってのが伝わってきて。
多分笹原くんも鮫島くんの必死さが伝わったんだと思う。
次回はエロエロか~?!期待してますよ!!ハァハァ

雲田はるこ『みみクンのハートのイアリング』
心が女のみみクンと、恋人でありゲイ(バリネコ)である薫ちゃん。
二人はラブラブカップルなんだけど、二人とも基本ネコ。
一応みみクンがタチってことになってるんだけど…。
ネコちゃん同士でもなんとか上手くいっている二人。
しかしついにみみクンが「抱いてほしいです…」と薫ちゃんに伝えて…
でもこれでやっと二人は身も心も恋人同士になれたんじゃないかな。
みみクンも本当は薫ちゃんに抱いてほしいのに、そのまま黙っているっていうのもキツいと思うし。
仲良くリバり合ってほしいと思います♪

そのほかどの作品も面白かったです♪
Cabはやっぱり私好みです!とりあえず、次回も買い!

2

東京漫画社さんに踊らされてる。

創刊してから、一番おもしろかった号です。どうしてくれよう、この来月号への渇望は…!

「世界の終わりのなつもよう 前編」
2012年に人類が滅亡するという説が広まったことで、宮脇のもとに高木という男が訪ねてきます。
高校時代の同級生だけど、特に強い接点も無い二人。それなのに、“ほんとうに世界が終わる気がするから” と卒業から10年以上経て会いに来た高木。
舞台は夏で、ちょっと田舎風の環境にいる宮脇の家なのですがこの背景だとかが与えてくれるイメージが、すごく好きです。
たたみ、引き戸、扇風機。ひまわりが咲いていて雑草も伸び伸びの庭。“日本の夏” な世界の中に、高木という異分子とともに “人類滅亡説” が飛び込んでくるんですよね。
まだお話は導入部だからなんとも言えませんが、お話の雰囲気がとにかく好きです。
宮脇の家は、“2012年” という時代や “人類滅亡” なんていう科学に逆行している印象があってそれが高木の浮きぶりを表しているかのようでした。
言葉や絵がすごくシンプルで、すーっと入ってくる感覚が良かったです☆

「マキシマム」
も、おもしろかったです~!
続き
牧島高志 (不細工な方) と牧島崇 (美形な方) …そう、音の同姓同名な二人なので、不細工はちやほやされる美形に常にひがみやら怒りやらを感じて、美形を快く思っていません。
それなのにやたらと絡んでくる美形…。
こちらのお話はコメディ寄りで、イっちゃてる感が漂いまくりの美形にとにかく笑わせてもらいました。美形はせっかく美形なのに、本性が変態すぎてかーなーり!おもしろいです…!
泣き喚く不細工にきゅうにハァハァし出したかと思えば、「ぶっかけてぇ…」 て!危なすぎるだろう…ッ
残念すぎる美形って良いですよね…、変態度は愛しさに比例します。

「鮫島くんと笹原くん 【action.2】」
このお話は vol.6 から楽しみすぎて楽しみすぎて、最高潮のテンションで拝読しました…!
好きだと告白したのに対し、思わせぶりにも程がある笹原くんに鮫島くんがキレ、一緒にゲイDVDを観賞して大丈夫そうだったら付き合え…と要請したところで終わってしまった前回…。
つまり美味しすぎるところから今回のお話は始まったわけですっ! ←
もうね、鮫島くんは笹原くんを好きすぎるのだと思う…。
彼は割りとしきりに 「好き」 を伝える人なんです。「俺があなたを好きなの知ってますよね!?」 って苛立つくらいに、いままで思いを伝えてきている。でもそういう面だけではなくて、睨んでくる眼だとか、伏し眼だとか、涙だとか…表情で、すごく愛情を伝えてくれる人だなと思うんです。
だから笹原くんに触ってもらっている場面なんかは、彼の堪える顔や苦しそうな顔にすごくときめきます。すごくすごく、ものすんごく好きな相手…それも同じ男性である笹原くんに、笹原くんにもついている、男性の象徴である性器を触ってもらうんですよ。これって…少なくとも笹原くんが、男同士というハードルを跨いでくれたってことだと思う。
鮫島くんとしてはすごい進歩だと思うし、好きな相手の掌を汚す罪悪感だって、絶対にあると思う。だから、お触りのあとに笹原くんを避けてしまう鮫島くんの気持ち、すごく良く解る気がするんです。最初に提案したのは自分だけど、鮫島くんにとって笹原くんは、きっと聖域なんですよね。絶対に叶わないと思っていた恋だから、突然近づいた関係に混乱しているのだと思う。
そういう…彼の、進展したからなんでもOK☆なんてならない、“片思い” を自覚する姿がほんとうに好きです。
でも、進展のあとにきゅうに遠ざかる鮫島くんのことを、笹原くんはもちろん糾弾します。笹原くんも良いヤツで大好きです…。好かれているからといって驕らず、でもちょっとだけ無神経をチラつかせる加減がたまりません。
避けまくる鮫島くんに真剣に怒る姿もすごく好き。真剣に怒ってくれるということは、真剣に考えているんですよね。「深く傷ついたから謝って」 って…可愛すぎるでしょうこのやろうっっ (*゚∀゚*)
それに対する鮫島くんが 「ごめんなさい」 だったのが最高すぎる。
「ごめん」 じゃダメ。「すみません」 もダメ!ここで 「ごめんなさい」 だから、私は鮫島くんが愛しくて仕方がありません。
またしても良いところで 「続く」 …!!…もう、腰乃先生に完全に支配されている気がします。踊らされてる!

三作だけピックアップしましたが、他の作品もとても萌えに溢れていますよ~!
前の号から本の厚さと作品の減少をしたからか、すごく読みやすくなったと思います。どんどん進化していくcab、次回も楽しみです☆

1

「こりゃ電気消してって言いたくなるわ」

全体として安定しており安心して読めます!
さすが東京漫画社さん。

自分は腰乃先生の鮫島くんと笹原くんがイチオシですねー

会話や表情がリアルで読んでいてドキドキします(笑)
鮫島くんのシャツに時々現れるさめじまくんが可愛いです!

耳攻めだったりもう燃え尽きました!

1

発掘シリーズ…?

お初にお目もじの作者さんが多かった今号、
それでも、さすがに東京漫画社さんがココに載せてくるだけあって、皆さんなかなか、レベル高い。

世界の~:秀良子
「世界が終わるその前に、」「後悔したくなくって、」「10年間ずっと、」
ストーリーや、キャラの造形はもちろんなんですが、コマの割り方、背景の入れ方、トーンの使い方、と、メチャメチャうまいじゃないですか!

渡したくない:小松舞台
「昨日の手紙」「龍ちゃん」
初々しい高校生物、キャラがみんなかわい。
プラトニックで、心洗われるわ。

みみクンの~:雲田はるこ
「抱いて…」
みみクンの念願成就。

むすんで~:嶋二
「押したら引くよな」
ようやく思いの通じたはずの二人ですが

マキシマム!:真柄うしろ
「ぶっかけてえ」
新しく配属になったイケメンクンは、実はとんでもないヤツで、、

鮫島くんと~:腰乃
「あててんだよ」
笹原くん、一応、大丈夫というか、その気になってきたようです。

めしませ~:端縁子
しっかり餌付けされて、意識するようになってしまった真潮は、、、

微炭酸男子続き;ケビン小峰
お話は、恋愛未満。
ホントに微炭酸な、淡い甘甘で、ありがちっちゃ、ありがちなんだけど、
この方も、展開も,絵のタッチもこなれていて画面構成がきれいなので、とっても読みやすい。


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ