変わる世界

kawaru sekai

変わる世界
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×27
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
20
得点
176
評価数
47件
平均
3.9 / 5
神率
42.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784861344084

あらすじ

剣道部の百瀬は、先輩・皆川に憧れていた。皆川の友人、池田はそんな百瀬に"気持ちを知っている"と、皆川と付き合っている事実を見せ付ける。一方、皆川の同級・藤吉は、皆川と池田のキスを偶然目撃して以来、親友の山下に何故か動揺してしまう。剣道部の顧問、泉先生には気になる生徒がいて…。百瀬⇔皆川を起点に、かわるがわる登場する連立方程式の恋模様。
(出版社より)

表題作変わる世界

池田(皆川の同級生)/山下耕介
剣道部主将 皆川/藤吉(皆川の同級生)

その他の収録作品

  • 百瀬君の場合
  • 3年1組藤吉君の場合
  • 3年2組泉先生の場合
  • 皆川先輩の場合
  • あとがき
  • 再び百瀬君の場合

評価・レビューする

レビュー投稿数20

学ランの男の子がいっぱい

再読、レビューします。

毎年、夏の暑い時期に読みたくなる爽やかなお話です。
館野先生のお話は、どのお話も淡々としていて、刺激的ではありませんが、登場人物の心情やお互いに対する思いなどが、とても丁寧に描かれていて、素敵な作品ばかりです。その中でも、この作品は特にお気に入りでオススメになります。

内容は、学生×学生のCPのお話が二つと、学生×先生のお話になります。表紙絵の三人のお話がメインにお話は進みます。一応、三角関係なのですが、激しい取り合いなどはありません。しかし、それぞれの思いが丁寧に描かれていて萌えます。池田(理由ありの、ほぼツンでたまにデレ)×皆川(剣道部主将、格好良い)があって、それに対しての百瀬(皆川の後輩、将来絶対良い男になりそう)が皆川を好きになっていく気持ちが爽やかです。
他のお話も、好奇心旺盛な高校生のお話や、落ち着いていて格好良い高校生など、良かったです(^^)/

2

様々なカップルの組み合わせ

 「百瀬君の場合」

 剣道部の百瀬は、先輩の皆川のことが気になっています。ところが、皆川は同級生の池田と関係があることを知り、彼の思いはあっさりと砕けてしまうのです。

 「3年1組藤吉君の場合」

 藤吉と山下は一年の頃からずっと一緒にいる仲で、藤吉の方から山下にキスしてしまいます。好きになる課程がどこか淡々としていて萌えなかったのですが、それはある意味かなり現実的な話なのかも知れません。

 「3年2組泉先生の場合」

泉先生には、彼をしたって協力してくれる斉藤という生徒がいます。泉はやがて自分の高校時代と重ね合わせて思いを巡らせます。教師と生徒という立場から進む恋の話は、読んでいて複雑でした。

 「皆川先輩の場合」

 皆川と池田の話で、ここに百瀬も出てきます。池田に振り回されるような百瀬がちょっと気の毒でした。恋愛を通して少し池田が変わった、新しい自分が見えたというのですが、どうしても気持ちが乗りきれないまま読み終えてしまいました。

0

どうにも

知人にオススメされたので購入してみました。

率直に言えば、ちょっと予想していたのと違いました。
当たり前といえば当たり前ですが、
感情移入できず、キャラクターの考えてることもわからず、
あまり入り込めませんでした。

話は各キャラクターにスポットが当たり、
池田×皆川、耕介×藤川、斉藤×泉先生の3つの話なのです。

一番面白かったのは斉藤×泉先生の話でした。
泉先生と斉藤はこれから幸せになれる感じがして、
お互いのことをこれからもっと知っていくんだろうな。と思えました。
泉先生微笑ましいし、斉藤も泉先生のこと大好きでかわいかったです!

他の話はあまり心に刺さりませんでした...。
池田はわかりにくすぎるし、皆川は可愛そうに感じがするし、
耕介は個人的に性格が好きになれず、藤川ははっきりしない。
そしてなにより百瀬が報われなさすぎる。

あと、これは私が流し読みしていたからですが、
1回読んだだけだとキャラの関係性がよくわからない。
2回読んでやっとわかりましたw

1

百瀬君が好きでした

同じ高校でのBL模様。
3組のカップルが登場するんですが、お互いが部活だったり、クラスメイトだったりという繋がりがあります。
一つ一つのお話が一組のカップルに焦点を当てて描かれているんですが、お話の長さと登場する頻繁さからいうと、池田x皆川カップルがメインになると思います。
このカプは池田がツンデレになるとは思うのですが、とてもデレの部分が少なくて(しかも皆川が見ているところではほぼツンの部分だけという)、ちょっと私の好みのカプではありませんでした。
皆川がなんとも不憫に思えてきてしまって・・・。でも皆川は池田が好きなんだからしょうがないよね・・・。
皆川を一途に思っている後輩の百瀬君の方が私は好きでした。報われない恋だけど、可愛いな~と。ワンコタイプですね^^。

先生x生徒のカプもよかったです^^。生徒の方がしっかりしているようで(笑)。
卒業後のお話も読みたいな~と思ったカプでした。

1

高校生達のお話。

「池田&皆川カップル」に関わる百瀬くんという3人のストーリー、
池田くんと同じクラスの「山下耕介&藤吉カップル」のストーリー、
前出の学校の「高校3年の斉藤&泉先生カップル」のストーリー
という3つのお話入り。

この作家さんのお話は、いつもほんわかしてますねぇ。
ほんわかしてるんだけど、ただひたすらふわ~と
流れていくばかりでもなく、メリハリも有りで。

最初ちょっと書き分け?が解らなくて
これは誰?どっちの人?ってな事に読んでいてなりましたが、
繰り返し読めばちゃんと解りましたw
面白かったです~。

1

きゅんきゅんが止まらない〜vvVV

最高です!!
関連するキャラクターのストーリーが3つ描かれています。
終始きゅんきゅんしていました(笑)

表題作の受けが某野球漫画○○振ってーかぶってーの榛名○樹様とかぶって(部活も性格も違うので、えって思う人すいませんw)一石二鳥というかとてもおいしい気分でした!笑

幸せな気分になりたい人みんな読んでくださーーーーい*^^*

0

とある高校でのBL模様

とある高校を舞台に繰り広げられる、3カプと後輩君のBL模様的なストーリー
それぞれのお話に、登場するキャラ達が絡んできて、読み終わって何か納得感があります

片思いの百瀬くん(2年)⇔剣道部の皆川先輩(3年)♥池田(3年)←チュー目撃の藤吉(3年)♥耕介(3年)-剣道部顧問の泉先生♥斉藤(3年)
個人的には藤吉がツボでした^^ それぞれのカプで、まるまる1冊続きが読みたいなぁ

まず絵が好みだし、独特の何とも言えない雰囲気と余韻があって、ハマッテる作家さんです

0

好き!

絵はきっと好みなんだよな~と思いつつ
放置していた作家さんでした。積本の一番上にあったので
衝動的に読んだのですが・・・・好き(・∀・)イイ
正直、皆川さんの印象が、途中から「あれ?」「あれれ・・・!?」だったんですが、まぁそれはそれ。
全体的に、ふわっとした作風がすごくよいです。
なんだよ、可愛いじゃねぇかよw

>>百瀬くんの場合。
先輩に淡い思いをよせる後輩。
ワンコっぷりがイイ!!
「俺ならもっと優しくするのに」
(*´х`*)優しくするのにwwwキュン♪
自分の気持ちの確信に気づくのが、好きな相手が他の男とヤってるのを見てしまったからだなんてちょっと萌えますな。
俺なら、俺なら、俺なら。
かといって略奪イベントがないのがちょっと寂しいのだが
それはそれで青くっていいのかもしれません。

>>藤吉くんの場合
頭んなかそればっかりになってしまうそんなあなたは可愛いですww
正直、攻は、ここの攻が一番好き。
なんだかんだで受を甘やかし放題で、世話焼きタイプにみえる。
猛獣使い?
とにもかくにも、ここは好き。

>>泉先生の場合
先生続きと生徒ってのはセオリーですな。
昔好きだった相手に重ねた相手。
そして相手からの~。
生徒さん。まだ若いのに・・・いい男やww

>>皆川先輩の場合
なんだかんだで、皆川先輩って、そんなにクールでもなんでもないんだよな。最初の印象がすごく好きな感じだったんだけど
後半にいくと、あ~・・・こんな人なんだな・・・とちょっぴり残念になってしまったのは私だけだろうか(笑
最初に好きだといったのは、相手の方。
それなのに、つれなく冷たい態度ばかりを取られてしまう。
自分が見ていないところでは優しいことを知っている。
ヤツはおれのことを好きなはずなのに。
心とはウラハラの態度がもどかしい。
それでも、、、な皆川先輩。可愛いっちゃ可愛いのだ。
でも正直、第一印象がキュンvだったぶんちょっと残念ではある←シツコイ

攻である池田。
こいつがなんともあんまりイイ印象がなかったのだが、
後半につれての、解かりにくく、解かりやすい態度がちょっぴり可愛かったですね。最初のレイプみたいな強引な行為。
皆川に懐いている後輩、そしてそれを悪く思っていないであろうと見える皆川、ヤキモチだとおもうとまた萌えwww
信用したいが、信用できない。
好きだといいたい言葉がうまく言葉に出ない。
こっそり部活を見に着たり。じつは、池田目線で描かれた作品があったとすればそれはそれで、ものすごく萌えたのではないだろうかと思うのだ。

続編とかあったら是非読みたい一冊v

1

もう少し先が見てみたい。

なんだろう、ちょっと残念感?
もう少し先が読んでみたかったと思う作品が多かったせいかしら。

お気に入りは藤吉くん。
このお話が特に続きが知りたかったんだよー。
藤吉くん、絶対どんどんかわいくなってくと思うんだよなー。
絶対かわいいと思うんだよなー。
それが見たかった!

百瀬くん&皆川先輩のお話はまさか皆川先輩が受だなんて!!とびっくりしたところから始って。
百瀬くんのお話だけならちょっと消化不良というか物足りなさがあったかなーとも思ったのですが、皆川先輩のお話で池田の内面とかもかなりわかったのでよかったです。
池田みたいな無器用な子も好き。

1

ああああ萌える

ちるちるの高評価作品は手を出さないと損です!
私も一票投じちゃうよ~。さあ買え、みんな買っちゃえ。

この作品で感じる萌えこそ、私がBLに求めてる萌えなんですよ!
無駄に顔近かったりイチャコラしたりしてない男子高校生たち。でも、学生時代に見てた男同士の子犬みたいなじゃれあい風景はいっぱいあって、そうそうこのぐらいの距離感に萌えるんだよー!ってハァハァしました。そう、セックスよりキスに萌えるとか、裸よりパンチラに萌えるとか、そういう感覚。近すぎず遠すぎずの絶妙な距離感。館野とお子さんはこの絶妙な距離感萌えを分かってらっしゃる!

あと、受けも攻めも見た目や言動だけじゃ見分けがつかないっていうのも好きです。どっちもちゃんと普通に彼女を作れそうな男子高校生で、そんな二人が恋をしちゃうってところにめちゃくちゃ萌える。
登場人物総ホモ化な学園モノは苦手なんだけど、こういう総ホモ化な学園モノがあるから、それだけで敬遠することもできないんですよね~。当たり前だけど、要は作家さんしだい作品しだいってことで。
館野とお子さんの作品、ツボを外されたことないなァ。私の萌えポイントを直撃する作品ばかりで。
続きかーんと作家買いしようかしら。

作品内容あんま語ってませんが、イチ押しは藤吉くんです。
この性格、すんごい好き!

1

高校生+学ラン+恋=青春★

館野さんのイラストが苦手で今まで読んだことがなかったんですが
ちょっと前にランクインしてたのを思い出して買ってみました。
もう、もう、もう、かわいかった~!!
高校生ってなんてかわいらしいの~!?ってキュンキュンしまくりww
読んでるうちに、特にキラキラしてなくて適当に描いてるような
男の子達がめっちゃ格好良く見えてくるんです!
池田のひたすらツンツン顔がダントツ男前っ!
あっ皆川も、あっ斉藤も、あぁ藤吉も...みんな格好いいわ~

3カップル(まだ友達以上、恋人未満のとこもあるけど)のうち
もちろん池田×皆川の2人が一番好きです。
まさかまさかの皆川受でビックリしましたが、逆に萌えるって~!!
だって、皆川の見た目も性格もめっちゃ男で、攻にしか見えなひ...
剣道部の主将で後輩からも人気の先輩が、実は彼氏の前では
拗ねたり、デレデレだったり、しっかり乙男してるんだから
ホントかわいいんだなぁ~♪

ドSで冷たい彼氏に凹んで後輩に慰められて、キスされて、
密かに守ってあげたいオーラ出しててもやっぱり池田が好きで...
そんな時気付いた池田の優しさ。続き
寝てる皆川にそっとキスするこのシーンにキュ~~~ンですよwww

山下×藤吉
この子達、初々しくてキュンキュンでした~★
藤吉のツンデレ具合にクラクラする...
そりゃあんな色っぽい顔されちゃぁ、山下もガマンできないっしょ!?
藤吉に振り回される山下が目に浮かぶわ♪

斉藤×泉先生
先生と生徒の純愛ですね~
先生に追いつきたい必死さがかわいい斉藤と、
本当は気になっているのに教師という立場上そんなそぶりも
見せないようにする泉。
でも、真っ直ぐな斉藤の告白に本心がこぼれ出す泉は
照れながらも幸せいっぱいって感じです。

描き下ろしでは、山下×藤吉カップルがちょっと進展してて
なかなかいいコンビになってますね~
藤吉のSっ気は相変わらずで、山下はヘタレワンコ全開。
3カップルが各話にちょっとずつ絡んできて、
でもそれが結構重要な役割り果たしてていいんですよ~
決して派手なお話じゃないけれど、要所要所の切なさやトキメキが
絶妙に組み込まれててとってもいいお話達でしたwww

1

ウマイ〃〃・・・(´∀`*)b・・・(いろんな意味で;)

アハハ。
このレビュ書く前は「萌え」評価にしようと思ったのですが、
ここのレビュ見て気が変わりましたわ┐('~`;)┌
(優柔不断。というより、皆さんレビュ上手すぎ(゜□゜;))

ここは、正直に皆さんに薦めるべきですね!
萌えたんですもの@・・・というかキュン〃としたんですもの@@

私は、断然、藤吉くん押しでb
あの黒さ・・・キました(=>▽<=)惚れたb。それに、なに!!あのギャップ!!!あ~。ギャップ萌えは永遠に不滅だ==
主人公cpより目立ってるだろ・・・絶対。

単純に、高校生モノ、青春モノというだけではありませんね。
皆さん、書かれているように、登場人物たちがよく描かれています。
それぞれの感情の揺れとか、好奇心とか、好奇心とか、好奇心とか・・・。

「神」の評価にふさわしい作品です☆

私も皆に布教しよ~っと☆

あっ。結局、主人公cpについて触れてないな。でもいいや(° °)ノ*・
他の方も書いてくださっているし。
私としては、藤吉くんへの愛を叫べれば十分だし(-.-)y-~

館野とお子先生・・・他の作品も読んでみます続き

0

キタコレ 神作品!!美味すぎるぅ~d(>_< )

買って読んで なんだろぅ?
興奮したってのとは違う 
「ああ 高校生ってこんな感じだ。」
ってのが 「くる」漫画でした。
漫画が描けるなら
こんな漫画が描きたいってゆぅのもある。
まじ これはぅちにとっては 神作品!!

泣かせる事もなぃし どきどきもそんなにないけど
なんだろぅ? じんわ~~~~~~とくるんです。
是非是非 みなさんにも読んで頂きたいです。

まー やっぱり受けが結構節操無しみたぃな感じですけど
なんてのかな~少女漫画くさくないBL漫画。

男の子ってタブンこんな感じだろなってのが
すご~~~~~く感じれるん。
もぅ 読んだ人にしかわからん説明してるし・・・www

~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ 文章知能が欠落してぃる・・・
とにかく これ 超オススメの漫画です。
(|||ノ`□´)ノぅォォォー!! なんか皆に貸し出ししたぃ気分。
腐の超能力とかなぃかな・・・チッ(・д・)

ンデ、先生の最後のつぶやきが超ワラエタょ [壁]・m・) プププ

1

1作では解らない。

雑誌は普段買いませんが、好きな作家さんの読みきり目当てで
買った本誌で読んでから、コミックス出たら買って読もう!と
思って、出てたの知って買って。読んだ。良かったー… 笑
私が雑誌で読んだ話は『皆川先輩の場合1』だったのです。
池田というヤツは何やらセフレのような、素っ気無いし、皆川は振り回される感じがするし、かわいい後輩の百瀬は皆川の心を少々持っていきそうだし。笑
どうにもヤキモキする感があったので!全話読んで良かった。
実は、総ホモ とか…?は あまり得意(?)ではないのですが、
どのカプもどのキャラもすきだなーと思えたので普通に読めましたv
仰る方もいる通り、藤吉くんはいいキャラなのでした。自分に正直な様でひねてるから可愛いなぁ…!とか。
カプとしては泉先生と斉藤くんが私的には一番すきだったりする。
(これは少数派かもしれない…。ですか。
ハッキリ言葉や行動にはしないけど、空気はハッキリそう。なんて
堪らないです。返ってやらしいもの。妄想が働くんです。笑
飄々としてる年下の攻ってのも堪らないんです( ′‥`)

この作家さんの絵もまたいいですよね。
続き
味気ないようで色気がある。だって藤吉くんの目はえろいー。笑
作風は空気を読む。とでもいうか。必要以上に文字で説明しないで
読ませるって感じがすごくすきなんですよ。
この本出る前に館野さんの既刊も何冊か読んでいたのですが、どれも
一貫してそういう雰囲気があるのが好ましかったです。いいなぁ。
とにかく。あの一話だけじゃなく全部読めて良かったです。笑

1

それぞれのキャラクターが男子で絶品!

高校を舞台にした3カプのお話。
それぞれの登場人物のキャラがはっきりと、それぞれに際立っていてすごくよかった!

一直線な二年生の百瀬。
しっかりしてそうで、意外に池田にメロメロでかわいい皆川。
冷たそうだけど実は、な鬼畜ツンデレ(ツンツン)池田。
先生より、大人な漢の斉藤。
ちょっとヘタレな先生。
尻に敷かれてそうなちょっと鈍感な耕介。
そして何より一番気に入ったキャラクターが藤吉です♪♪♪
この藤吉、同じクラスの皆川が池田とキスをしているのを見てしまって、男もいいのかな?って友人の耕介を実験台に!?
押し倒したつもりが、獰猛ワンコに変身した耕介にやられちゃって、、
でも藤吉の回以降、何かと皆川の話に絡んでブラックな面をのぞかせては登場する、その黒さに惹かれました!!

話自体もそれぞれの心の動きがとても解りやすくて青春を感じます。
皆川と池田の関係を知っても、引くことなく自分の皆川に対する気持ちを逆に強めて、粘り強くあきらめずに最後までくらいつく百瀬。
しつこいよ!きみ~と思いながらも、こういう百瀬がいるから池田よ、発奮するんだ!なんて読者の自分は応続き援してみたり。
その皆川と池田の関係に少し胸を痛めながらも、池田の見えない優しさが見えてほっとしたり、、
ちゃんとみんなが男子の存在で高校生でいる部分がとてもさわやかなんですよね。
久江羽さん同様に、詰め襟の学生服っていうのが男子高生らしくていい!
これがブレザーだと、ちょっとマイナスに働いたかもしれないです。
はすっぱにみえてしまいそうだから。

まさに ”男子” なところがすごくよかった作品でした。


0

藤吉くんのための神評価

付いてきたペーパー(昨日アニメイトで買ってきたので、A4のペーパーが付いてきました。)にも、館野さん自身「学ランの男の子をたくさん描けてたのしかったです。」と書かれているとおり、男子校じゃないのに学ランたっぷりでよろしかったです。
日本人には学ランが似合うと思います。

同じ高校の中でのお話が全部で6話分入っている中の、4話が表紙の3人(左から、池田・皆川・百瀬)が主役のお話です。
ある意味三角関係なのですが、先輩カップルのほうが揺らがないので、横恋慕の百瀬くんは最初から失恋しているという・・・

で、真ん中にほかの2カップルのお話が挟まっているわけですが、3人が彼らに影響を与えたり、彼らがいてくれたおかげでギクシャクした歯車がそれなりに動き出したりするので、読みきりでも読めるし続き物でも楽しめるしといった具合になっています。

私としては2話目の藤吉くんにすっかり参ってしまいました。
なまじ頭がいいものだから探究心の塊で、皆川と池田のキスシーンに触発されて、親友の山下を襲っちゃいます。
とにかく藤吉くんのキャラが強烈なので、それだけで神評価にしちゃったわけです。
続き
帯にある「なんでも試したくなる年頃なんです・・・。」は藤吉くんのためにある言葉だと思います。
山下くんの思わぬカミングアウトにショックを受けつつも、自己分析をしながら決してへこたれない・・・
ちょっと病んでる感じもしますが、こういう子大好きです。

そして一番大人なカップル、斎藤くんと泉先生。
モラルという檻の中せあがく先生と、はっきり言わないけれど好意を態度で示してくる斎藤くん。
先生の過去の恋の話を絡めて、一番ピュアで道徳的な展開になっているともいます。

で、主役の3人ですが、ネタばれすると面白さが半減しそうなので、重要なことを書かないようにするとどういう感想を書いたらいいか分からなくなります。
強いて言えば、皆川や池田の思春期らしい微妙な心理が読みどころといったらいいでしょうか?
傷つけたり傷ついたり・・・挑発したりあきらめたり・・・我慢したり爆発したり・・・

みんな成長するんだね・・・「変わる」ってそういうことなんだね。

そして、最後に描き下ろし。百瀬くんは着実に成長していらっしゃいます。

3

三組三様な恋愛模様

今回は一つの高校を舞台に3組(+α)のカプからなるオムニバス形式のストーリー構成となってます。お話自体は独立してるのですが、脇役として登場人物がちょこちょこリンクしてくるというちょっと趣向を凝らした作品でした^^

□百瀬君の場合
気になる部活の先輩皆川が彼の友人池田とヤッている所を偶然見てしまった百瀬。
一方的な行為のあと涙する皆川を目の前にして「俺ならもっと…」と自分の恋心を自覚する…といった感じの池田×皆川←百瀬視点のモノローグ的な展開でした。でも私、この初っぱなのお話で自分の予想をバッサリ覆されちゃいまして…
なんと皆川が受け…だと!?
いや個人的な理由から皆川は絶対攻めだと疑ってなかったんで受けてる彼を見た時は少なからずも動揺が…

□藤吉君の場合
皆川のクラスメート、耕介×藤吉。
このお話、最後まで受攻に惑わされた(笑
藤吉は友人の耕介からある事実を聞かされ、不本意ながらも胸をザワつかせる。この気持ちが何なのか一度耕介とヤッて確認しようとする藤吉だったが―
終始強気な振る舞いで耕介を翻弄する藤吉でしたが、最後は耕介にペースを握られまんまと形勢逆転。ヘタレてるようで、その実耕続き介の方が一枚上手だったみたいな?
チャレンジ精神旺盛な藤吉のキャラがツボでした^^

□泉先生の場合
初恋の人に似ている生徒・斎藤が気になる泉先生。
教師と生徒という立場ゆえ水面下で繰り広げられる駆け引きや葛藤に胸がキュンキュンさせられました。
しっとりとした王道ストーリーで今回一番好みのお話だったです。

□皆川先輩の場合
池田×皆川のメインなお話になります。が↑のお話から私的にテンションが上がらず結局萌えきれませんデシタ…(>_<)
一つは池田みたいな分かり難い攻めが苦手なのと…これは個人的意見で言っていいものか凄く悩んだんですが…見た目・キャラ的に皆川と百瀬が某野球漫画『お〇振り』の榛名と阿部を彷彿とさせハルアベ好きとしては皆川受けが違和感ありまくりだったからです…(爆
勿論見当違いなのは自覚してますし今作品とは無関係なのも重々承知してます…
でも先入観が邪魔をしてしまって…orz…
もし皆川受けが譲れないのならせめて百瀬攻めが良かった…最後で池田の本心が分かり多少報われはしましたが、やっぱり池田のような男は好きになれなかったです……
私情挟みまくりでスイマセン…

でも作品としては大変楽しませて貰ったので評価は萌です^^

3

心の底から神をクリックします、皆読んでコレマジで面白いんで!!!

やっばい… 久しぶりに萌え過ぎて鼻血が…ていうか全身の穴という
穴から血が溢れ出そうだっつーの! 館野とお子は私的殿堂入り作家で、
コミックスは全部持っている。 昔からずっとずっとその作風が好きで、
でも寡作だしマイナーだしで、一生懸命布教を試みてきた。
だって無茶苦茶面白いんだもん。 の割りに知られていないのは
やっぱし地味な作風だからなのかなあ。 フツーの男のひとが
恋に落ちる、揺らぐ瞬間を描かせたら絶品なんですよー! と
声を大にして主張するんだぜ!! 皆もっと読んでくれ!!!
今回はオムニバスの青春群像劇で、恋愛なんだか何なんだか、
ちょっぴり血迷っちゃっただけみたいなカップルもありますが、
どのカップルもすんばらしく萌えです。 私のイチオシは
無論 池田×皆川←百瀬 です。 剣道部のムードメーカーな
皆川先輩に憧れを抱く百瀬の前で、見せ付けるように皆川を抱く池田。
この池田と皆川のスレ違いラブにはマジメに変な声を出しちゃった…。
メールを返さない。 約束を守らない。 冷たい、優しくない池田。
皆川の一方的な片思いかと思いきや…実は、フタを空けてみ続きれば
より深く執着しているのは池田の方だった。
眠っているときだけは、優しく触れる。
隠れてコソコソと試合を見に来る。
『俺も好きだぜ』と、笑って告げる前の一瞬の間が上手いっ!!
あーもう、一生ついていきます!!!
最終話、二人の危うい関係に切り込む後輩・百瀬もホントGJです。
池田、メンドクサイけどツボだ~~~~ こういう攻め好き。
ていうか皆いいやつでふつーに格好良いです。
クラスにいたら友達になりたいような、良い感じの男の子たちが
道を踏み外していちゃいちゃしてくれるなんて…。
いっそ清清しい(笑)。 オムニバス形式なのも◎!
☆五つ献上します。 いやー 生活に活力を与えてくれて嬉しいわあ。

2

恋する男子は美しい

うわーうわーうわーーー
ものすっごいキュンキュン作品でした!!
学内の3カプ+横槍若干1名のお話。
どこかで微妙に繋がっている3カプが素敵です。
表紙の池田×皆川←百瀬のお話は、ややこしくて切ないお話ですが、
残りの2カプはほのぼのとしてて癒されます~

『百瀬君の場合』
剣道部の先輩・皆川に仄かな思いを寄せる百瀬。
しかし、皆川の友人・池田に「お前の気持ちを知っている」と、そのまま皆川と池田の行為を見せられた百瀬は…?!
池田×皆川←百瀬編、導入です。
第三者視点のカップルのお話は好きなんですが、これは百瀬ツラいなー…。
それでも池田を見つめる時や、池田の話をするときの皆川の表情が、皆川の気持ちを表していますよね。
薄々皆川の気持ちを百瀬もわかっていたとは思うんですが。
この話だけでは池田がとんでもない性悪男です。
『皆川先輩の場合』に続きます。

『3年1組藤吉君の場合』
池田と皆川の関係を知ってしまった藤吉は、クラスメイトで友人の耕介が気になり始める。
しかし耕介の口から思わぬ事実を聞いてしまった藤吉は、それ以来頭から耕介のことが離れなくなっ続きて…
何を考えているのかわからない、無表情不思議ちゃん系の藤吉と、体育会系ヘタレ・耕介。
いつもは飄々としてカンジでガンガン自分から迫っておいて、肝心なところでは真っ赤になって照れちゃう藤吉がめちゃくちゃ可愛い!!
二人で初めて目覚める朝、目の前の耕介の顔を見て、藤吉の胸はドクドクと鳴ります。
そしてその原因が全くわかっていない様子にもうめちゃくちゃ萌えました!
今までの大胆さは何だったんだろう!なんだよその可愛い反応は!ww
ヘタレそうに見える耕介も、キメるときはキメてくれて素敵でした♪

『3年2組泉先生の場合』
泉先生には気になる生徒がいる。
初恋の相手によく似た男・斎藤だ。
意味深な台詞を繰り出す斎藤に期待しながらも、教師と生徒だという関係に悩み…
ずっと“教師”だとか“大人”であることを保っていた先生が、
一瞬だけ漏らした本音にキューーーンとしてしまいました。
斎藤はストイックだけど、押すでもなく引くでもない微妙な態度で先生に迫るけど、
それもまた焦れったくもあり、萌えてしまうんですよねー。

『皆川先輩の場合』
池田×皆川←百瀬のつづき。
池田との行為を百瀬に見られてしまった皆川は、百瀬に池田とのことを相談してしまう。
百瀬もついに皆川に告白。
一方の池田は皆川に「別に付き合っているわけではない」と告げ…
池田って本当にややこしい男だと思う!
精一杯冷たく接しても、結局は皆川のことが大好きな、不器用な男なんですよ。
皆川が寝ているときにだけ彼にキスしたり、そういう部分を実は皆川もわかってくれていたから、なんとかこの二人は上手くいったのかもしれませんが、
皆川相手じゃなかったら絶対こんな風にいかないと思います。
皆川が可哀相!百瀬にしときなよ!って思うけど、
それでもやっぱり皆川は池田を選んじゃうんだと思う。
最後の体育倉庫での二人にはもう胸がキュンキュンしてしまった。
二人まとめてギュギュッと抱き締めたかった。
なんでこんなに不器用なんだろう!
それでも池田を丸ごと大きな愛で包み込んでる皆川は立派だと思うし
池田のこういう不器用なところが、皆川にしてみたらすっごく愛しいんじゃないかな。
今後百瀬がどんなにいい男になろうとも、皆川が池田のことを好きな限りはダメなんでしょうね。
今回の出来事があってから多分池田は変わると思うし、(なんといってももともと執着してるのは池田のほうだし)
二人の絆は強くなったんだから。

ほのぼのとした作風に、キュンキュンする恋模様。
それが館野さんの持ち味だと思います。
それがこの作品でも発揮されていました!
恋する男子達の表情にも萌えまくりでした。
館野さんの作品って、あとからジワジワ~とクルんですよね!
不器用な高校生たちっていう設定もすっごくよかったな~
THE青春!という作品でした。
あの頃に戻りたいよ!!

2

ほのぼの系の中に

胸きゅんあり。
意地っ張りな高校生を見事に書かれていらっしゃいます。
1冊の中に3カップル出てきます。(同じ学校内で)
この作者のお話は淡々としてますが、ストーリーに併せてて心の微妙な変化を感じさててくれるのでとても満足に読めました。
また、絵のラインもハマるとかなりきゅんきゅんします。
横顔と顎ラインにやられました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ