……ぼくが中にいるのが、わかりますか ?

恋人はバカ~理系彼氏のしつけ方~

koibito wa baka

恋人はバカ~理系彼氏のしつけ方~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
52
評価数
17件
平均
3.2 / 5
神率
11.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576100524

あらすじ

工業ミシンメーカーに勤める営業の飯山は、同じく設計部所属の杉と組むことに。
だが杉は、理系一筋の機械バカで…

――ぼくだけを見ててください。
工業ミシンメーカーに勤める営業の飯山和弘は、クレーム処理のため同じく設計部所属の杉義彦と組むことに。
だが杉は、愛想なし洒落っ気なしの理系一筋・機械バカだった。不安は的中し、杉は持ち前の「正論」で事態を
悪化させてしまう。堪忍袋の緒が切れた飯山は杉を叱りつけるが、それ以降、妙に懐かれる始末。
年下で、無口で不器用で同性で、なのにたまらなく可愛くて…。
いつしか欲情さえ覚える自身を恐れ、飯山は距離を置こうとする。けれど杉はそれを許さず、執拗に追いすがり…

表題作恋人はバカ~理系彼氏のしつけ方~

ミシンメーカー設計 杉義彦・25歳
ミシンメーカー営業 飯山和弘・26歳

その他の収録作品

  • 恋人はバカ~理系彼氏のあやし方~

評価・レビューする

レビュー投稿数7

元々ゲイなのでは…?

ノンケ同士が恋をするつもりじゃなかった相手と恋に落ち、両想いが発覚した途端あっさりセックスに至るという展開は、まあBL作品ではたまに遭遇しますが、この作品はあまりにもお手軽すぎてポカーンとしてしまいました。

あれだけの交流で同性に恋するなんてありえない。私は異性愛者ですが、自分と可愛い(あるいはカッコ良い)女の子に置き換えたって絶対無理です。それくらい二人が恋する理由付けが浅く、実は元々ゲイだったという種明かしがどこかであるのかと思えばそれもなかったので、最後まで上滑りの印象が拭えませんでした。

表題作の後日談にあたる「恋人はバカ~理系彼氏のあやし方~」は恋人同士になってからのお話で、すれ違ったり言葉が足りなかったりしながらも絆を深めて行く二人がそれぞれ健気で良かったので★1つプラスです。

1

なかなか酷いタイトルですが

結構酷いタイトルですが、受である飯山の
恋人、杉への素直な思いとも言えるような(笑)
理系への偏見をより、大げさに表現して、
理系彼氏への扱いにくさを
コミカルな感じで表現したストーリーでした。

ミシンメーカーの営業として働く飯山は、
同じ会社の設計部で働く杉と一緒に働いたところ
杉の対人スキルの無さに、腹立たしさを感じてしますが、
飯山が杉のことを色々教育していくんです。

面白かったのは、杉が昇進が約束される海外駐在を
受けるか否かで2人で喧嘩になります。
男女なら、結婚とか色々おさまる方向はあるのですが、
男同士だからこそ、
結婚は無いし、お互い仕事も頑張らないといけないということで
悩むのが、面白かったです。

0

なんて可愛いのか!!

もうとやかく言うつもりは有りません。
とにかく杉くんが可愛すぎた。 …それだけです。

興味深かったのは、この理系男子は、理系なのに恋愛において計算というものをしない、ということです。
杉くんは理系は理系でも自分の興味に一直線なタイプなので、その対象へ、駆け引きだの作戦だのは立てないんですよね。
飯山への思いに正直すぎるほど正直で、見ているこっちが恥ずかしすぎます!自分にも飯山にも上司にも、とにかく飯山への好意を認めているし、気持ちをサラッと言ってのける。
そして彼の可愛いところは、大好きな飯山に叱られた時に拗ねてしまうところ…!!!!
彼の “どうすればいいか解らない” 状態がすっごく可愛い…。コピー機で言えば紙詰まりでしょうか。自分自身ではどうにもできずに困っている状態です。杉は電話もメールもどうすればいいのか判らずに返さないから、いつも飯山が仕方なく折れてあげるという…。
「なんで解ってくれないの」
と、なじってしまいたくなるような彼の不器用の総てが、飯山を好きが故に起こるエラーなんですよね…。

杉の解らんちんぶりは付き合いだしてからも (というか付き合っ続きてから更に) 健在で、後半の杉の転勤問題は…9割方萌えていた気がします…!
大好きな飯山と離れたくないがゆえに頑なになる杉と、もちろん杉と離れるのはイヤだけど、彼の将来性の為に背中を押す飯山。お互いの言い分がすごくすごくわかるから、最終的にどちらに転んでも良いな、と読み進めていました。
けれどやはり、飯山の力で杉は気持ちを改める。
飯山ってすごくイイ奴だなぁと思うんです。ちょっと変だけど、自分への好意をたくさんぶつけてくる恋人。離れたくないと泣いてまでして訴える相手を導いてあげるのは、すごく努力の要る作業だと思うんです。杉が “行かない” と主張するのは、その主張のぶんだけ “飯山が好きだ” と言っているようなもので。恋人としてすっごく嬉しいことだと思います。それを受け入れるのではなく、ちゃんと杉のこれから…自分達のこれからのために否定してやる姿がカッコいい。
しかも彼の場合、その説得に説教臭さがまったく感じられないんですよね。あくまで自分と杉を対等に見て、同じ目線で導いているように感じます。これがもし、少しでも上から目線な雰囲気を感じ取ったら、これほど感動はしません…。このあたりはほんとうに絶妙なニュアンスで、杉が愛しい分だけ飯山も大好きになります……!

感動ポイントと言えば、やはり 「嫌わないで」 のくだりなんですけれど…
この怖がっている感じがすごく泣けた…。
転勤よりなにより杉が嫌なのは飯山に嫌われることなのだ…と、解り切ったことですが、こうして言葉にされるとグッときます…!
「好きになって」 より、「嫌わないで」 の方が何億倍も奥ゆかしくて可愛い。だから、別れる宣言をした飯山に対し、杉が 「嫌わないで」 と言ったのはかなりかなりツボでした。
嫌いになんてなるわけ無いでしょ!!
もう飯山とともに杉の頭をぐりぐり撫で回してやりたくなっちゃいました。

やはり当事者だったらイラッときてしまうような言動が多い杉なのですが、こうして読んでいる限り、なんて可愛い生き物なのかと。もう可愛すぎて可愛すぎてきりが無いです…、こんな宇宙人系ワンコ、初めて見ましたよ。
私自身は理系ではありませんが、周りに居る理系っ子の特徴がちょいちょい出ていてすごくおもしろかったです。
「あ~、あるある!」 って。
好きな話題には急に言葉が多くなって早口。
可愛い。 ←
もう可愛いしか言ってない気がするのですが、べつにそれはよいのだと思っています。
だって事実ですから。 ←
このお話は、8割方が杉くんの可愛さで作られていました。私の今年のベストオブ攻め、暫定一位です☆☆

0

理路整然さは床事情にも

今回はミシンメーカー新宿営業支社勤務の営業マンと
同じ会社の本社設計部のシステムエンジニアのお話です。

社会性のない攻様に構っているうちに惹かれる話と
攻様に恋人としてをイロハを躾ける話の二本を収録。

受様は日本内外にシェアをもつ
工業ミシンメーカーの営業マンです。

営業の主力は海外の統括もする本社営業部ですが
支社の営業も各支社がこまめな対応をしていて
ユーザーの信頼を得ているのですが

受様の勤務する新宿営業支社で
顧客が勝手にした改造ミシンの修理対応が難航し、
要望に対応しないのはメーカーが悪いと言う顧客に
新宿支社は本社設計部に助力を請う事になります。

新宿支社の担当として本社に向かった受様が
本社の設計部で紹介を受けたのは
挨拶もまともにできない様な
地味で少しくたびれた感じの無愛想な男でした。
この男こそ今回の攻様になります♪

今までの経緯を説明する受様に対して
攻様は頷きはするものの表情も乏しい上に
自分から詳しく話を求める事がありません。

営業で日々鍛えられている受様には
一つ下だとしても攻様の態度は続き
社会人としてどうかと思うのですが

支社の古参エンジニアには
本社の設計はエリート意識が高いか
人付き合いが苦手な機会バカかだと言われ、
ますます不安一杯になってしまいます。

案の定、
顧客との話し合いの場で攻様は
簡潔過ぎて高飛車な一言を放ち
顧客をカンカンに怒られてしまいます。

しかも攻様は
慌てる受様に対しても反省の色も見せない為
受様は営業の仕事を見下されたかのように感じ、
ブチ切れて叱りつけてしまいます!!

しかし攻様は
受様の仕事をバカにした訳では無いと言い、
失敗を挽回すべく顧客に謝罪を繰り返し…
何とか顧客の信頼回復を果たします。

以来、受様はすっかり攻様に懐かれ、
受様も変化に乏しい攻様の
微妙な感情が読み取れるようになると
彼との付合いに独特な味わいを
感じるようになります。

そして受様が職場での交流を越えて
攻様の見た目改善にも乗り出すようになると
攻様はカッコイイ男に変身していき、
受様は攻様に保護欲よりも独占欲を感じ
恋を自覚しますが、

直後、攻様は
受様の同僚の女性と付合い始めます。

受様は敢え無く失恋…と思われたのですが
なんと攻様から彼女が好きなのは受様だ、
彼女と付き合ってくれと告げられます!!

受様⇒ 攻様⇒ 彼女⇒ 受様?!
はたしてこの恋のループはいかなる事に?!

本作はシャレード新人小説賞で
期待賞を受賞した作品になります♪

攻様は理系男子らしく
物事には理路整然と対応するのですが
情緒面が著しく鈍感なので
自身の専門分野については驚異的に詳しいのに
対人スキルは最低で
出会った当初は受様を散々イラつかせます。

しかし、
説明されれば良し悪しの判断は出来るし
自分が欠けている事も自覚しているので
自分が認める受様にはワンコみたいに懐きます。

そしてそんなワンコに懐かれたら
ワンコが可愛くならないはずがない訳ですよね。

出来あがったら即ベットでHの実践、
Hの最中の「一本だけ」発言や
終わった後の「平均10回」発現に
先々までの受様の苦労が見えますが、
惚れてしまったらアバタもエクボですね(笑)
たいへん楽しく読めました♪

本編が対人指導編なら、続編は恋人指導編。
攻様の理系理論に振り回されつつ
調教指導に頑張る受様のお話になります。

某通販書店で購入すると番外編小冊子付。
海外勤務を始めた攻様と
本社勤務受様の遠距離恋愛事情を収録。
最新ツールを活用してラブってます♪

今回は同じく理系な攻様に懐かれてしまった受様のお話、
渡海奈穂さんの『たまには恋でも』はいかがでしょう?

0

面白いヘタレ理系ワンコのお話・・・

とても面白かったです・・2つのお話があって、一つ目が~理系彼氏のしつけ方~で、二人が恋人同士になるまでのお話です。

どちらかが先にというと・・「機械バカ」の杉の面倒を見るようになって、だんだん杉の事を可愛く思ってしまう、飯山です・・気付いた時には杉には他に好きな人がいて・・と言う感じで切ない感じになってます・・ちょっとだけ・・
ほんのちょっとだけですね~・・
杉が訳の分からない行動にでて・・何がなんだか分からないうちにくっ付いてしまう・・と言う感じですね~♪
でも、結構面白い・・

二つ目は~理系彼氏のあやし方~なんですが・・どちらかと言えば・・・~ヘタレ馬鹿犬の躾け方~のタイトルの方があってる様な・・・って私のネーミングセンスもどうかと思いますが・・

本当にお馬鹿でヘタレになってますね~・・後半は飯山に対する杉の思いは結構一途で純粋なものですが・・
男としてはどうか?と思う言動・行動ですね~・・離れたくなって言いながら、平気で連絡しなかったりと・・
訳がわからない所だらけです。なんだかなぁ~って思うんですが・・反対に飯山がとても男らしい・・ 続き
ので、なんとか楽しく読めました・・

杉の気持ちはよ~く分かるんですが・・なんか雛鳥がなかなか巣立ち出来ない?ですね・・ちょっと情けなくって可愛いかったです。

表題通りの「恋人はバカ」ですが・・最後のページの飯山が杉を驚かしてやろうって感じの所は・・飯山も結構お馬鹿だなぁ~なんて・・思っちゃいましたね~・・「われぶたに 綴じ蓋」といったいい感じのカップルですね。

1

理系彼氏って最高。

こういう設定はかなり美味しかったです。待ってましたー!というくらい好物でした。杉が面白く、可愛く、どとらかというと変わっているので、読んでいて楽しかったです。言葉足らずで、飯山に怒られて嬉しい!とか言ってる時点で(●∀●)ニヤニヤでしたwww

攻めが理系というのもいいですね!理系の人って少々好きなことになると子供っぽくなるので、大好きなんですよ!今回の杉も自分の専門のことになると話が弾んだり、興味津々になるので可愛かったです。杉がこんなに可愛いなんて…!

エッチのシーンでは、杉が面白く飯山がちょっと大変そうでしたがクスクス笑いましたwww言葉のキャッチボールというけど、飯山がストレートで投げても、杉は解釈を間違えカーブで返しちゃう感じでwwww
飯山が杉のことを「機械バカ」とか言うんですが、私もこいつちょっとバカだな(いい意味で)とか思いましたね。アホではなくバカですwww

飯山も杉もノンケなんですが、飯山は杉のことがだんだん可愛くて構ってしまいたくなる、という状況になり杉のことを自覚します。杉の自覚は…ちょっとウケたwwwそれで自覚したの!?とかwww
まあ、こ続きちらは読んでからのお楽しみで。そこまで、え?っと思うような自覚ではないんですけどね。
飯山は男を好きになるはずがない、と自分自身に戸惑ったりするんですが、そういう描写があって良かったです。やはり、少しは戸惑ってくれないとね、男同士の恋なんだしwww

この作品はぜひ続きが読みたいくらいです!うーん、設定はいいんですが、ちょっと物足りないというか少々淡泊な感じで話が進むので、もっとストーリーの幅を増やしたら神評価だったかもしれません。それくらい私にとってはいい設定でした!
この続きだしてほしいなー。同棲してからの2人とか読んでみたいwww

2

バカはちょっと言い過ぎでしょ?でもバカって言いたくなる気持ちもわかる

この作品は作家さんが3年前「シャレード新人小説・期待賞」をとった作品だそうです。
言われてみるととても新鮮で、BLである為に、ノンケの男同士がどうやって意識したのか、男同志だからこうあって欲しいという部分が明確に表現されていて、とても面白くスイスイと読めてしまいました。
また主人公の気持ちもとても感じられて一緒に胸がキュンとしてみたり、やはりこういうポイントは大事ですよね。
それにしても”バカ”って・・・大胆な題名ですww

ミシンメーカー営業の飯山が顧客のクレームに対応するため、設計の杉の元を訪れるのですが、愛想はない・空気は読まない・外見も冴えない、そんな人間にイラっとすると案の定顧客を怒らせてしまう。
しかし、苦言を呈する飯山に妙に懐き、それも悪くないと思いだし、会社の女性との付き合いをきっかけに、このモヤモヤは恋だと気が付くと・・・

この杉はコミュニケーション能力のとても低い人で、最初”アスペルガー症候群”の人なのか?と思ってしまいました。
しかし、設計一途の人間で情緒とかに疎く、理系にありがちな論理的に物事を捕えて発言するクセのあるただの”理系バカ”という続きことがわかります。
飯山のイヤミも言葉通りに受け取り、それにイラっとする姿を読むと、ああー、こんな人いるよね!と思います(多少誇張はさせているが)
いい意味でバカ正直で、悪い意味で融通がきかない。
でも、飯山が丁寧にそれを説明すればそれを理解して、そんな風にきちんと自分の非を指摘して訂正してくれる飯山に、まさにワンコになって懐くのです。
それだけだったら、どうしてそれが愛になるのか?というところですが、ちゃんとその後にゲイ要素であるべき部分があるのです。
杉は鈍感ですから、しかし、同じような経緯をたどって飯山の事を意識します。
好意の同意に至る道のりは同じだけど時間差があったということでしょうか。
杉が理系で生真面目だけに、初エチに持ち込む時もきちんとした調べしていたと言う部分が何と言うかww
その会話部分で指1本だけって言っていたのが3本入っていたのに飯山が怒ると、それでは一本にしますって、太い1本にするという下りが思わず笑ってしまったデス♪
クソ真面目だけど、トンチンカンになってない会話なんで、まだコミュニケートできる人なんだな~とは思いますが、「平均10回やると苦痛がなくなる」とデータ重視のところがやはり理系?

そして書き下ろし『~理解彼氏のあやし方』でその後、やはり杉の生真面目さが災いして音信不通になったり、転勤話がでてすったもんだするお話になっています。
飯山は相変わらず苦労しているようですが、ラブラブなのは間違いないでしょう。
ここで二人のネックとなる転勤の話、これはゲイガプとしてどうありたいか、片方が女性でないことから発生する現実を男ならではだからこういう選択ができて気持ちがいいのだと納得させてくれます。

面倒見がよくて明るい飯山と、ぶきっちょな杉のカプは、とってもおもしろかったです。


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ