B型彼氏は説明できない

bgata kareshi wa setsumei dekinai

B型彼氏は説明できない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
30
評価数
10件
平均
3.1 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877241810

あらすじ

B型男子同士の恋愛では、こんなことが起こります。
□一見、話が通じない。
□けど通じた相手には超なつく、惚れやすい。
□迫られると流される。で、翌朝後悔。
□恋人の言うことは何でも信じる。多少無理があっても。
□裏切られると豹変する。ストーカーとかしちゃう。
□つまり一途、可愛いとこあるじゃん。

※この物語はフィクションです。実在する特定のB型男子とは一切関係ありません。(出版社より)

表題作B型彼氏は説明できない

B型 レストランシェフ 新海・25歳 
B型 レストランウェイター 細美雅志・25歳

その他の収録作品

  • B型カップルは説明できない

評価・レビューする

レビュー投稿数7

普通ならちょっと怖いんですけど…

新也さんのギャグ漫画だと思えば、可笑しく読めた1冊でした。
私は占いは信じない性質なんですが、ギャグのネタとして割りきって読みました。
1冊丸ごと表題作シリーズで、相変わらず新也さんの矢印ツッコミが大変面白いです。
細美君の突っ走り方が尋常でないのですが、彼のこれまでの恋愛体験を知ってからはそれも可愛く見えてくるから不思議ですね(笑)。
新海が細美君の執着を怖いとも思っていないのも、普通では理解困難な所なんですが、まぁ、楽観的というか、男気あるというか…でも、ギャグとしては面白かったです。

0

う~ん

話の内容はコメディタッチで面白いけど、ちょっとう~んって感じがしちゃいます。
なんかB型の人を馬鹿にしすぎって感じがしちゃって。周りにB型の人がいるけど、適当とか全然思わないです。それに、真剣なシーンなのにちょっとボケが入っていたりして、ちょっとここはそんな感じになっちゃだめでしょって思うところが。。。まぁ新也先生はこんな感じなので全然許せるんですが。。。でも新海が同じ男同士である細美に惚れていく心の葛藤が好きです。

0

想像をこえた

絵柄が苦手な作家さんのため
率先して手にすることはすくないものの
何か読んでないものが読みたいなと
思った時に、タイトルで選んだ一冊がこの作品でした

タイトルの通りB型男の話です
4つの血液型しかないわりには日本人って
血液型話好きですよね
育った環境やもろもろあるといいつつも
血液型の定義を語り激論は何度も遭遇してます

気楽に読めそうと思って購入しましたが
想像をこえてぐっときちゃいました

やりすぎいきすぎ、身勝手過ぎが
あちこちにばらまかれており、解説も必要だったりで
普通の漫画としては読みにくい部類かもしれません

期待しなかったせいもありますが
結局は血液型の関係なく、好きになってしまったら
何もかもかわいい

相手が違う人だったら気持ち悪い
これは、同じだなということは、
よくわかりました

何かのせいにして、結論を出したがる
のが、人の常であるなぁと
つくづく思いました

リスみたいなしゃかしゃかしている
男性は嫌いなのですが、とかくBLでは
ちょこまかうごく受男子が黒髪
男前攻め男子に、かわいいと思わ続きれるように
なります・・・

女のリスはうっとうしいが
男のリスはかわいいのでしょうか

単純に面白かったです

他の作品が読んでみたくなりました

2

没カバー案のほうが良かったです。

作家買いで、古本で通販にて購入しました。
応募か何かなのかは知りませんが、表紙カバーの角が切り取ってあったのが、
ショックというか何というか、中古の特性なのは十分に理解していますが、
やはり、それでも、それだけで何だか複雑な気持ちになりました。

カラー口絵の構図と攻めと受けの顔の表情がとても良かったです。
一枚の扉を隔てて、それぞれに想いながら扉の傍に居る構図に
とても萌えました。

今回はB型の特徴を存分に盛り込んだ作品となっていますが、
私は血液型と性格を結びつけることは無意味なことだと思っているので、
「B型とは、こういう人たちだ」と、偏見を持たないようにして、
血液型に囚われずに、こだわらずに、一個人の性格として読みました。
とは言いつつも、こういうテーマで同じ血液型同士でのお話も
面白くて良いと思いました。

受けのストーカー行為が、本当は いけないことだけど、
細美くんのストーカー行為は何だか健気で可愛らしいと思いました。
攻めの気持ちに共感しました。

読み終わった後、念のために表紙カバーを取り外してみると、
コミック本体の表紙続きに「今回の没カバー案」が描かれていました。
採用されたカバー案よりも、こちらの没カバー案のほうが、
とても面白くて、とても気に入っています。
私としては没カバー案を採用してほしかったと思いました。

今回の評価は、あまり迷うことなく「萌」です。
カラー口絵は「神」に近い「萌×2」です。
あと、表紙カバーを取った、コミック本体の表紙の
「今回の没カバー案」も「神」に近い「萌×2」です。

2

← が非常に多用されてる漫画

「アマゾン」「アラブ」に続く超展開を許す要素が発見された気がします。

それが「B型」、特に細美のほうの思い込みの激しさ&滅茶苦茶さは尋常ない。こんなキャラ普通疑問符がつく。
これだけいい加減で勢いのみでゴーで適当で勘違い一杯でそれでもいいやとくっついちまうとか、ないわーまじないわーとA型の私から見ると思うところしきりなんですが、
「B型だから仕方ないのかなー」
と思ってしまうわけです。

残念なのはこの二人を見てイラついて仕方ない常識人(悪く言うと杓子定規)A型がこのストーリーに出てこないこと。
突っ込みとしてピリッと締まると思うんですけどネェ。

どうせなんでこれ、他の血液型でもやったら面白いと思う。

1

いくらB型でも

ここまで、こんなじゃなーい!
と、引きつり笑いしながらも、
やっぱり、ちょっとは思うのは、
B型って、こんな風に思われてたの?

そんな風に、身近なB型を思い浮かべつつ、ツッコミ入れつつ楽しく読んだ。

血液型、それも「B型」を題材にして、しかもメインキャラが二人とも同じB型だったら?っていうお話なので、誰が読んでも楽しめる。
これが例えばA型とAB型だったりしたら、こんなに楽しく、コロコロと話は転がらなそう。
誰もが「おもしろい」って食いつきやすいお話で、登場キャラ達も、みんな愛嬌があって憎めない。

この本、気軽に楽しめて、いいと思う。

1

B型の特徴にアルアルアル!

タイトルでアルアルと連呼しても、アルアル詐欺ではないと思う・・・血液型B型同士がデキっちゃった場合どうなるか?
テーマがこの血液型だから、うるさいくらいに「これだからB型は、、」とか「B型だよね~」とか「やっぱりB型」とか出てきますが、それに特徴も幾分かデフォルメされてはいますけれど、後半行くにしたがって、そういった表記もすくなくなり、しっかりとラブの行方が描きこまれているので、とても楽しめました。
自分の身近なB型の人を連想して、あ、一緒!とか、あ、これ違う!とか少し思いつく部分もあったり、、
同じ血液型同士でも、やはり育った環境とか後天的な要因によって、性格は異なってくるから面白いんですよね♪
これを見てB型の人はどう思うんだろう・・・知りたいカモ、、、

腕はいいけどちょっとガサツな新海は、いつも仲間に「B型だから」と言われているのですが、そこへ新しく入ったウエイターの細美もB型だったことから意気投合。
いきなり歓迎会の夜やってしまう二人。
っていうか細美が迫って上に乗ってきた勢いで新海も興奮して、っていうのが正しいかも。
それから細美はすっかり付き合ってるつも続きりになっていたんですが、新海はそうじゃなかった。
細美の一途な思い込みとあやふやな新海の対応で、きちんと恋人でもないのに危機が訪れて、結局くっつくというお話。

お互いに、何か気に入らない事があると「これだからB型はさ~」とかって、自分もB型やんか!?
細美が思いこんだら徹底的にプチストーカーに変貌したりもするけれど、基本かわいい♪
新海の友人が洗面所に忘れた指輪を細美が彼女のものかと嫉妬すると、思わず細美へのプレゼントなんだっていう言い訳も、素直に喜んで身につけるところ。
一緒に帰ってエッチしてくれて嬉しいって素直に言うところ。
こっちもかわいいと思うよ~♪

B型は押しに弱く流されるという特徴を持ったのが新海だったんで、細美に押されて、本当はノンケなのにズルズルと彼のペースに巻き込まれて。
レストランオーナーはO型で登場するんですが、タヌキオヤジだったんで、細美に騙されるな!って心配してみたり。
思いこんだら一途っていう部分は、細美とまた違う面で発揮されて行動力の早さをみせつけてくれたり。

ボケのつもりじゃなく本人達真剣に悩んでいるのだけれどそれが面白くマッチして出来上がるカップルの成立はとっても楽しかったです。
描きおろしの『B型カップルは説明できない』も血液型特徴を描きだしたらしいが、そうでなくてもこういう時とか思考ってあるよね、って思いました。
また違う血液型とかでお話描くのかな?ちょっと期待します。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ