セロ・メロウ

cello mellow

セロ・メロウ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×212
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
160
評価数
41件
平均
4 / 5
神率
36.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344819542

あらすじ

かっこいいけどダメな男・真幌。でもチェロを弾く姿は色っぽく、宗介は真幌が気になるが!? 田倉トヲル、デビューコミック!
(出版社より)

表題作セロ・メロウ

真幌。音大生、チェロ弾き
宗介、ジャズバーの息子

同時収録作品荷台の彼女

同時収録作品兄弟ごっこ

同時収録作品放課後のイチゴ味

同時収録作品FINGER

その他の収録作品

  • よつば
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

短編集

一冊に全部で5つの作品が入っていました。

学生さんのお話がたくさん・・・と言う感じ。
そしてとってもピュアです。
絵も独特な印象を受けましたねー。

好きな相手を思ってドキドキする感じが
と~ってもよく描かれていて、読んでいて自分もドキドキしてきますw

短編なのに、1作1作うまくまとめてあるなと言う感じ。
なのでこの作家さんの長編を読んでみたくなりました。

どちらかというとあっさりしたお話ばかりですが、
ピュアで初恋の甘酸っぱさを感じることのできる作品集でした。

0

純粋で青い

ノンケで同級生な青春で私の大好物でした。
男同士ということの葛藤もあり、本当に素敵な作品でした。
こういう作品はキャラのことを応援したくなるし、
恋が成就すると自分のことのように嬉しくなってしまいます。

どれも面白かったのですが、
特に荷台の彼女、放課後のイチゴ味、よつばが面白かったです。

荷台の彼女
綾がコータに自転車でぎゅっとしたところが最高でした。
これから綾が幸せになれるんだろうな..と思える終わり方も好きでした。

放課後のイチゴ味
つづるの純情さがすごく好印象でした。
圭吾とのやり取りを楽しみにしているところや
心情の変化がわかりやすくて、すごく読みやすかったです。

よつば
この本の中で一番好きな話です。
この切なくて暖かい感じは本当に綺麗の一言です。
設定も少女マンガのようでわかりやすく単純だけど、
男であるからこその悩みのようなものもしっかりあり、
これこそBLである価値がもっともある本だと思いました。

イラストも少女マンガのようで、好きになれない人もいると思うのですが、
すごく繊細な話の内容にもあっていると思う続きし、
つまらないと思う話はなかったので、
BL初心者の方とかにはすごく読みやすいと思います。

0

統一された淡い雰囲気

作家さん初のコミックスということでしたが、それを疑わずにはいられないくらいの1冊でした。全体を通して空気感がとても素敵で、私好み。サラッとした透明感溢れる絵柄もポイント高いです。表紙の絵柄がそのまま中の絵柄。あまり好き嫌いの分かれない、無難な絵柄かと思います。表題作を含め6つのお話が入っていました。読む人にとっては消化不良にもなりかねないお話が多いですが、かといって後味が悪い感じは全くしません。むしろ私の場合は気持ちいい程の後読感でした。しっかりとした愛の形にはならなくとも、この作品たちはこれでこそ完成なのだと思わされます。

私自身、どちらかというと長編よりも短編に手を出しやすいのですが、ここまで充実した短編集は今まであまりなかったです。掲載されている全ての作品に読みごたえがあり、とても満足できました。あっさり、だけどずっしり。短い話の中で何かしっかりとしたものを感じられます。

小さな幸せを味わったような、穏やかな気持ちになるこの作品。静かにゆったりと読みたいときにオススメです。作家さんの今後の活躍に期待!

1

よかった

どこまでも恋愛未満な話が多かったんですが、むしろそれがいい
何で今までスルーしてきたのか分からない…
イラストは綺麗で、あんまり苦手な人はいないんじゃないかな

個人的には表題作よりも「よつば」「放課後のイチゴ味」がすき

0

天然水みたいな短編集

帯『田倉トヲル、待望の初コミックス!!表題作40P描き下ろし!!』

↑帯コピー的には物足りないですが一応データ的な物として書いときました~。

田倉さんは透明感ある綺麗な挿絵を描く方だなあと思ってたんですが漫画も良かったー!
絵柄の雰囲気に似た透明感で青春で自転車2人乗りとかしちゃってきゅん!!って感じ。
自転車は作中で何度か登場しますよ、ザ・青春アイテム!!
デジタル系一辺倒の処理じゃなくて線の良さも生かしてるとこもいいです、デジタルでのっぺり綺麗綺麗にし過ぎちゃうよりこの位の味を残しておいて欲しいのですね、絵的に。
キスまで止まりっていうのも今時珍しくてむしろ新鮮!!
まだ少し不安定感のあるコマ割等もかえって初々しく見えるマジック。
どの話も統一されたカラーですうっと喉を通っていく天然水みたいな短編集でした。
青春系でもこれはサイダーじゃなくて天然水なのです。
期待も込めて神で、ちとオマケ気味。

2

何このベロ!エロいんスけどっ!

エッチシーンはなし。
チュウ止まりなのに、エロい物を見てしまった感。

ベロってこんなにエロいもんだったんですね。
んふー。
っと、鼻息も荒くなってしまいます。

なぜこんなにもエロいのでしょうかー。

それは、一重にウマいから!
“チュウ”が、ではなくて
“観せ方”が!
(いやここは、チュウがウマいと言っといた方がテンションあがるのか..)

皆様のレビューに共通する「キュンキュンくる」
それは激しくそうなのですが
「キュン」という表現では
まだまだどこか、もの足りない...。

で、読んでて感じたままを言いますと
「こっ恥ずかしい(≧ω≦)!」
です。

学生時代の甘酸っぱい恋
がテーマにあるとして
それを描こうとしたら
それが絶妙すぎて
キュンを通り越して、腐り切ったアテシには
とても、こっ恥ずかしい。。
という結果に。

こっ恥ずかしさ爆裂なのは、『荷台の彼女』

ベロがエロいのは『セロ・メロウ』

どっちも味わえるのが『放課後のイチゴ味』


この作者さんがエッチシーン描いたらどーなるんだ!?
また続きしても鼻息が荒くなりそうです。


考え抜いた結果、以上のレビューになりましたが
考え抜かないで書評すると
さらっと読めるカワイイお話です。

1

もうよすぎ!!!

せつなくてせつなくて

とっても胸がキュンってなります!

これこそBーーーだ!


もう馬路すんごくよかったぁー

0

カバー絵そのままの淡いキュン萌

かわいい男の子同士が、仲良くしているのをみてキュンキュンしたい。

結局BLが好きなのは、それに尽きるのよ。
っていうことが、いっぱいつまった作品集。
この本に登場する子達は、お互いに、お互いのことを、なんとなく気にしたり、なんとなく執着したり。
そして、なんとなく気付く。
これって、もしかして、好きってこと?
この気持ちは、恋愛感情?

キスと朝チュン止まりの、ホントに淡い感情を描いた作品ばかりだけれど、
別にエロ無しでもいい、
かわいい男の子が、仲良くしているのを見てキュンキュンしたいっていう、BLの一番根本に訴えかける、かわいい作品ばかりでした。

0

爽やかやな~

すごく爽やかな気分になれますよ(*´ω`*)
こうはっきりとしたBLではない微妙なところが好きです。
どういうことかというと、○○×○○というより、○○+○○みたいで、
BL初心者さんにはすごくオススメします!!
なんだかきゅんきゅんさせられっぱなしです!心が清らかになりそうな話ばかり!!梅雨のじめじめとした気分も吹き飛びます(‵・ω・´)b

個人的に一番好きだった話は、「荷台の彼女」です。
チコクしてしまう綾のために、コータは自転車で家まで迎えに行きます。
でもそんなコータは彼女募集中でいつかは自転車の荷台は彼女の乗る所になるかもしれないという。結局彼女ができちゃうんです・・・
というか話の途中にあったコータが綾の首を触って綾が「首弱いんだよ!」
って真っ赤になるところが、うわ~ん萌える!!所々萌えるところがあるので素晴らしい><綾の告白シーンもいいです!すごくいいです!!荷台に乗って上目遣いでコータを見つめる綾。これは男全員イ・チ・コ・ロ☆だよ。

題名にもなっている「セロ・メロウ」は、なんだかこの本の中では、ういている話だと思います。ええ、も続きう色気がハンパないと思います。
こういかにも俺女にもててるんだぜ~オーラが出ているような感じです。
(実際そうですが)
なんだか少女漫画的展開っていうのもおいしいですね(≧∪≦)
そういうのも好きなんですよ。
最後らへんのページになるんですが、宗介が真幌に「いっちゃやだ・・・」
といって、後ろからギュっと抱きつくシーンは、
なんていうドラマ\(^0^)/うはははwwごめんなさいニヤけました。

「放課後のイチゴ味」は、つづる(全日制)と圭吾(定時制)が、アメを机の中に入れて、机に文を書くことで、まあちょっとした文通をやっているという話です。
といっても、最初は女だと思われてたりしてましたが。
直接会いもしました。
そして、ある人に会うことによって、圭吾がイチゴ味のアメが嫌いという理由が分かってしまうんですよね・・・
ま、こんな感じです。

絵もすごく自分好みだし、表紙に色遣いがすごくステキで、まず表紙に惚れましたね~(あの色の淡さ、繊細さがいいんです)
漫画の背景もきれいなので本当に買ってよかったな~話自体も良かったし。

1

胸がきゅーってなる一冊

 とても綺麗な絵だなぁ、と本屋で見て即買いしました。
初めて読む作家さんでしたが、とってもよかったです!
読み終えて、なんだか青春時代の一ページをのぞいてしまったような気分です。
 
 表題作「セロ・メロウ」の他に5つの短編が収録されています。
どのお話も、爽やかな初々しさに溢れているというか…可愛いくて甘酸っぱいです(笑)
彼らの恋愛がとても純情で、ほのぼのとしていて、ちょっと切なくて…
なんだか普段激しいBLを読んでいる自分には、目に毒のようでしたww
H度も少なめなので、BL初心者さんにはおすすめだと思います。
キラキラ輝いている男の子たちに、きゅんきゅんすること間違いなしです!

 個人的には、「荷台の彼女」がとても好きです。
自転車二人乗りで登下校なんて…なんかもう、これだけで胸がいっぱいです(笑)
友情から恋愛へ発展させる、告白ってとても勇気がいると思います。
自分の気持ちを正直に告白した綾は、とても男らしくてキラキラしていました。
はー、次の作品が早くも読みたいです。

0

どうしよー!甘酸っぱくてキュンキュンしっぱなし!!

小説の挿絵で綺麗な絵を描く作家さんだな~とは思っていましたが、お話もキレイだった!!
短編集で6本も入っていれば、どれかはずれたり、カラーが違ったりするものがあったりするものだけど、どれも間違いなくキュゥゥゥ~ンとさせるものばかり。
やばい、胸がドキドキしちゃいましたよ♪

表題はチェロを専攻する音大生が拾われた先の少年に欲情を覚えてという、
チェロの形のエロさもさることながら、その表現がまた憎い色っぽさを含んでいて。
告白の言葉に撃沈しました。。。

あと、『荷台の彼女』もよかったな♪
高校生の幼なじみ(?)ものですが、自転車の荷台の特別席。
この設定って、青春そのもの、男の同士でもあてはめるとこんなにピュアなんだ、とドキドキしちゃいました!
『放課後のイチゴ味』もまたキュンキュン♪
机に入っていたキャンディーを通して、全日の高校生と定時制の学生との繋がり。
キャンディーと短い文章のやりとりで、どんどんと近づいていく二人がまぶしかった!
『よつば』は病弱でいつも体育は見学して四つ葉のクローバーを探している行元と、彼が気になる吉田。
でも本当は、行元が吉田続きを気になっていて、ずっと話してみたいって思っていたっていう、その流れと二人の会話とモノローグが胸を打つ。

エチなんかなくてもいい、ってほどに、キレイな男の子達がキレイな心を見せてくれるその姿がとても満足なのです。
何だか初心に帰った感じにさせてくれました。

2

なんともオイシイ青春の1ページ

表題作以外はほとんど恋愛未満なんですが、それがまたいい味だしてます!
どの作品もキラキラしていて、もう青春一色ですよ~!!
そして自転車2ケツ、四つ葉のクローバー、苺味の飴…など、青春アイテムをこれでもかと使用してくるんですよww
懐かしさと、羨望が入り混じったとても胸の熱くなる思いでいっぱいです(笑)

『セロ・メロウ』
この作品のみ、なんだから色気がハンパないですw
フェロモンムンムン。
それは魅惑のチェロ弾き・真幌のせいだと思うのですが。
いい加減な恋しかしたことのない真幌は、かつて女に殴られ捨てられたところを
ジャズバーの息子・宗介に拾われます。
それ以来彼の家に同居し、彼の店でチェロを演奏する真幌は、
宗介の友達として過ごしていたが、じつは彼に秘めた思いを抱いていて…
日ごと大きくなる宗介への想いを持て余し、ついには別れを告げる真幌がかなり切ないです。
そして真幌がチェロを弾く時、なんであんなにエロいのか…という理由も判明。
ベタですが、めちゃめちゃエロかったですww最高の殺し文句ですねw
恋愛ダメ男の本気の恋に、もう胸がキュンキュンしっぱなし続きでした。

『荷台の彼女』
自転車の2ケツって憧れですよね!憧れてましたとも~
親友であり片思いの相手であるコータと、いつも2ケツしてる綾。
しかしそんなコータに彼女ができ、綾の特別席だった自転車の荷台を奪われ、
ショックを受ける綾は…
親友という立場がら、自分の気持ちを伝えられない苦しさと
コータに彼女ができてしまった悲しみを抱えた綾が、
凛々しくもコータに告白するシーンがめっちゃ好きです!
可愛いけど男前だよ!!
恋はまだまだ始まったばかり!というかんじだったけど、清々しくてキラキラしてて大好きな作品です。

『放課後のイチゴ味』
高校普通科のつづると、定時制の圭吾が、一つの机を通じて恋をする物語。
飴とか机とか、小道具が効いてます。
圭吾の過去や、圭吾の気持ちを知ってもなお、つづるの想いは圭吾へと走ります。
つづるは最初、元気でヤンチャな少年!というイメージだったけど、
圭吾に恋してからはえらく大人っぽくなりましたよね~
最後とかちょっと色っぽかったw
ちょっとずつお互いを知って惹かれ合っていく、という展開が大好きでした。

『よつば』
病弱な行元と、そんな彼が気になる吉田。
全然仲良くなかったのに、ある出来事から二人は急速に近づいて…?
これもまた恋愛未満。
…というか、吉田が恋に気づいているのかさえも微妙なところですが。
行元がものすごく魅力的なんですよね。
吉田に対する行為をチラチラ見せているかと思いきや、
手を伸ばそうとしたらスルリと逃げていくタイプで。
今度戻ってきたら、吉田につかまっちゃうといいと思う。
というかむしろ、行元が吉田をしっかりつかまえちゃえばいいと思うよ!

なんというか、全体的に淡~いイメージで、全体的にぽわぽわしてます。
恋に関しても淡~いですね。恋のはじまり、というカンジで。
でも二人の間にながれる空気感とか、二人の間の絆みたいなものが描かれていて
それがキラキラしてて、胸がキュンキュンします。
恋っていいなと思わせてくれる作品でした。

0

な、なんだ…このピュアな男の子達は…っ!!

読み終えてから思った感想は↑の一言に尽きます(笑
内容は6話が収録された短編集で出てくるキャラはみな見事なくらい純粋で優しい子達ばかりでした。ストーリー展開もエロよりは感情面に重きを置いており、慎重にゆっくりとお互いの距離を縮めていく…といった感じのお話が多かったように思います。絵柄も内容に合ったとても繊細なタッチで、少しキャラの見た目が似通ってる点を除けばレベルは高い方なのではないかと。
これから初めてBLを読もうと思ってる方には良いバイブル的なコミックスになりそうですね。…ただ逆に言い換えれば私のようなトウが立った腐女子にはあまりのその純情っぷりに毒気を抜かれるというか…彼らの純粋さは少々眩し過ぎました…っ!(爆
でも設定自体はどれも私好みだったので評価は萌ですww
今回はその中で気に入った作品を2点ほど

□セロ・メロウ(表題作)
宗介の事が好きだが、傷付けるのが怖くて口に出せない真幌。でも募る気持ちは日々強くなり、いつか暴走してしまう前に宗介から離れることを決心する真幌だが―
初めて知りましたが、チェロって女性の体を模した楽器らしいですね。真幌はそのチェロに宗介の姿を見立て演奏続きすることで自分の欲望を発散させている。宗介が真幌をエロいと感じるのは、そんな真幌の想いがダダ漏れになってるからで…要はいくら感情を抑え込んだ所で音楽だけは誤魔化せないってことですね。切羽詰まった感じが妙に色っぽくて、今作品の中では一番俗物的な攻めだったのでは?

□放課後のイチゴ味
1つの机を介して出逢った高校生のつづると定時制に通う社会人・圭吾の切なくも甘酸っぱい恋のお話。
最初はありがちかな~?と思って読んでたんですが少しづつ距離を縮めていく2人に一緒になってキュンキュンさせられてました。そして、このお話で私が一番ウホ!となったのがつづるに圭吾が口移しでアメを渡すシーン!エロい意味を込めた行動ではなかったんですが、だからこそ余計にドキドキさせられたというか…ww
あと控え目そうに見えた圭吾の意外な過去もギャップ萌~wwタイトルのイチゴ味がキーポイントとなって上手くお話とリンクしてるお話だと思いました。

あとは同級生同士の淡い恋物語や幼なじみモノ、親友に切ない片思いする高校生のお話などが収録されてます。
目立って突出するような個性はあまり見受けられませんが、今後どのようなお話を描かれるのか気になる作家様なのは確かですね^^

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ