セパレイトハウス

セパレイトハウス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
光文社
シリーズ
Kobunsha BLコミックシリーズ(光文社BLコミックシリーズ・光文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784334807528

あらすじ

母の再婚により、いきなり4人の兄弟と暮らすことになった
昭人の新生活の行方は・・・!?

目次:Act1 Act2 Act3 Act4 Act5 番外編 うたかた

(出版社より)

表題作セパレイトハウス

和泉真幸
和泉昭人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まるでギャルゲー

母の再婚で5人兄弟となった昭人。新婚旅行で両親のいない中、昭人は兄弟と仲良くなろうと奮闘するが、長男真幸に「お互い干渉しないのがこの家のルールだ」と釘を刺されてしまい…。
受けの昭人は、くせもの兄弟相手に必死に世話を焼くよいお母さん。真幸に対しては健気で、気持ちを自覚してからの切ない表情がよかった!
攻めの真幸は、超堅物で家長代理を主張しておきながらやらかしたというw家事がヘタなのがかわいかった。
まず読んで感じたのが、どこのギャルゲーww長・次・四男に加え、叔父にまで手を出される昭人!!お風呂でちょっかいかけられたり、「(手を)舐めて」と言われて素直に舐めたり、ベッドや床に押し付けられたり、もっと抵抗できるだろ!
昭人と真幸がお互いなぜそこまで気持ちが盛り上がってるのかもよくわからない。四男・薫との方がよかったかな。

書き下ろしは抜きっこ止まり。昭人の誘い受けが可愛かった。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ