青い羊の夢 Ⅳ

aoi hitsuji no yume

青い羊の夢 Ⅳ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
30
評価数
6件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537125924

あらすじ

「サルト」と「マイナ」――ふたつの自治区の抗争が激化する中、かつての恋人・マリア(ビハーン)を助けるためにラーティの元を去った界。
もう戻れない、二度と会うこともない。
静かに名を呼ぶ声も、重ね求めた身体の熱も、全ては夢だったかのように消えてゆこうとしている…。
だけど、俺が望んだのはそんなことじゃない。
優しくされることも、甘やかに愛される事も必要ない。
俺の本当の望みは――――。
ラーティ、ビハーンの兄妹と、界。
輪廻のように繰り返される、殺し合い…。
愛というには激しすぎる、この激情の行く末は!?
『花恋』本誌でも大人気のハードボイルドBL、待望の第4巻!

表題作青い羊の夢 Ⅳ

サルトグループ・ボス ラーティ.バーラ
サルトグループ四天王 界

評価・レビューする

レビュー投稿数1

深く、狂おしい程の感情の名前。

ラーティの元を離れても、彼への想いを断ち切る事ができない界。マイナの幹部が殺され、疑いの目を向けられたサルト。事件の末、遂に界は自分の気持ちを確信する――。
第4巻。

マリアを助ける理由が“ラーティの為”だという時から分かっていましたが、今回でやっとハッキリ界のラーティへの想いが綴られます!
側に居たい理由を二人に殺し合いさせない為…、とか少し曖昧気味でしたが、やっぱりちゃんと言葉にすると良いですね。ラストページはちょっと泣きそうでした。
ラーティもちょっと進展(笑)。本当に、これからが良いところです!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ