ミラクルだとか恋だとか

miracle datoka koi datoka

ミラクルだとか恋だとか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
17
評価数
8件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662768

あらすじ

きらきらの大きな瞳で、まっすぐに背筋を伸ばして歩く姿が印象的な隣のクラスの加勢くん。
見ているだけで幸せだった唯志だったけれど、ある日曜日、弟を連れた加勢くんとばったり出会い、自宅のお好み焼き屋に誘うことに成功。おいしそうに食べる様子に思わず「可愛い」と言ってしまい!?
心がぽかぽか幸せになるラブ満載の作品集。

表題作ミラクルだとか恋だとか

桜川唯志。高校生。お好み焼屋の息子。
加勢利晃。苦労性高校生

同時収録作品はるに咲くはる

戸梶 経済学部学生1年 久我の後輩
久我 教育学部学生1年

同時収録作品泣いちゃえベイビー

直水 高校生
黒部希一 会社員

同時収録作品駆けて恋して

矢野 章  大学生 家庭教師
辻原壮太 高校生

同時収録作品ふつうの願い

充哉 居酒屋店員
健尚 会社員

その他の収録作品

  • 泣いちゃえベイビー その前のその後
  • 駆けて恋して その後
  • ミラクルだとか恋だとか その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

カバーより中の方が

絵がかわいかった。

本編の絵の方が、リリカルな感じでかわいかった。

カバーのカラー絵や巻頭のカラーイラスト、やりたいことはわかるんだけど、技巧的なところでちょっと残念かなって感が、、、

本編の絵の、細い描線やさっぱりすっきりしたお顔やトーンワークは好きなタイプ。
ただ、背景の建物や、置いてある物につい目がいってしまって、ストーリーから注意をそがれちゃう。
絵に気をとられてるからお話に集中できないのか、お話に集中していないから、絵の細かいところが気になるのか、
どっちが先なのかなぁ

0

あまり・・・・・

ごめんなさいぃぃぃぃ!正直自分のシュミじゃないかも。あくまで自分が思ってるだけなんだけど、これはいただけない・・・萌えるところがどこなのかわからない(・△・;)
う~ん受けの加勢は絵的には目がくりくりで性格もまじめでしかも弟思いで、普通の人から見ると可愛いんだろうけど、自分は無理です・・・
攻めの桜川は加勢に振り向いて欲しくて一生懸命なところはいいんだけどさ~やっぱりあまり魅力を感じない・・・
どこが好きではないのかというのが自分でもわからないというのも不思議。
あと、Hが早すぎるよーー!おかしい。無理してHシーンを入れている感じがして、駄目。しかもHシーンがすごく短い。ほのぼのした終わり方だったらよかったんだけどな~

「はるに咲くはる 」はいいと思いました。ネクタイのことは最初から意味がわかりましたから、オチは分かってしまったので、二人の甘甘なシーンを楽しんでました。少女漫画っぽいけど、甘いお話は好きだからよかったです。

「泣いちゃえベイビー 」は意外に暗い感じがするかな~仕事はあんまり好きじゃないような攻めだし、学校が嫌いという受けだし。だからもうちょっと希望が続きあるような話だったらよかったな~
嫌いだけどお互い頑張ろうというような明るさが欲しかった。

「駆けて恋して」は受け攻め逆じゃないですか?と言いたくなりました。
逆だったらもっと萌えられたかも。この作者さんは顔が可愛いと受けという扱いでしょうが、正直この可愛い顔のほうが腹黒そうで攻めとしてよさそうなんだけどな―と思いました。

本音がすごく出てしまいました・・・レビューを読んでて気分を害されたらすみません・・・

1

かわゆいのに…

初コミクス"ねこになりたい"かわゆかったから買ってみた!
短編集!!!
少女まんが的なかわゆい絵なのに…以外と…
代表作…展開はやッ!もすこしじかんかける or ちゆまででよぃと思う
1番古い作品の"駆けて恋して"がよぃ!
この本だっこ率高ッ!ぎゅっ多発!
ぷらとにっくだっこ(;´Д`)'`ァ'`ァ

0

詩的なモノローグが印象的でした

芳文社から先に出たコミックス「ねこになりたい」でキュンキュンさせてもらいましたが、やっぱり可愛くてキュンキュンします♪
以前の時にはそんなに思わなかったのですが、今回のこの一冊を見て、結構内なる気持ちのモノローグが多いな、と思い。
それが、とっても詩的・唄の歌詞みたいな心地良さなんですよ。
そんな雰囲気なので、それが切なさとかキュンにつながるのでしょうね。

表題でミラクルって表現をするのは、そう思う瞬間というのが自分にとって特別な偶然の瞬間だって思うからミラクルなんだよな~って、ちょっと乙女な男子達が微笑ましかったです。
受けの男子・加勢くんが少し見た目とかも女子っぽいのが気になったんですが、お好み焼き屋の息子・唯志は少年ぽさが気持ちよかったな。
この話、両想いになったラストにエチにもつれ込んじゃうのですが、エチは早急すぎるだろ?って、、なくてもよかったのにな、とも思えましたよ。

『はるに咲くはる』先輩が女子っぽかった。
怖がって逃げてばかりいる先輩を追いかける後輩、健気だ~

『泣いちゃえベイビー』幼なじみ再会もの
昔からさらけ出して涙を見せ会って、慰め続き合えるのはお互いだけだよ。
って、ちょっと世界が狭いかな?という気もなきにしも。

『駆けて恋して』家庭教師の大学生と高校生
この高校生の短絡的な考えと行動がものすごく子供な感じがして。
大学生はその外見に多少欲情を覚えただけだとは思うのだが、子供に押されて主導権を取られている、そのオロオロが少し楽しい。

『ふつうの願い』生活サイクルの違う同居カップル
あまあまで、ごちそうさま☆

冒頭にも書いた詩的な側面が持ち味なのかな?とそれが心地よかったですが、インパクトとしては前出の「ねこになりたい」のほうが好きだったかな?

0

いつでも恋に全力投球(笑)

『ミラクルだとか恋だとか』
可愛い容姿の同級生・加勢くんのことが気になる桜川。
ある日偶然出会った加勢くんと弟を、実家のお好み焼屋に誘って以来、仲良くなった桜川は、
ついに勢いでキスしてしまい…?!
もう思わずニヤニヤしてしまうような、甘酸っぱい展開です。
なんかもう恥ずかしいwww
いまどきこんな純粋な高校生いないんじゃないかというくらい、ピュアでキラキラした子たちです。
急に男にキスされたり告白されたりして戸惑う加勢とか、
そんな加勢の態度にヘコむ桜川とか。
ピュアすぎて、不器用すぎて、うまくいかない二人をニヤニヤしながら堪能しました。
なんか自分の子供を見ているような気分ですww
しかしあれだけピュアで、キス一つでお互い動揺していた二人なのに、
思いが通じ合った瞬間エッチしちゃうってのはどうなんでしょうw
まぁ…それでも爽やかでいいんですが。エッチはいらなかったかもですね。
加勢くんの弟・陽大(ひなた)も可愛くて癒されますよ~w

『はるに咲くはる』
高校の卒業式で後輩に告白して逃げた主人公。
一浪して入学した大学でその後輩と再会して…?!
続き読み終わってみると「そうだったのか~」と思える話でしたが、
確かに後輩クン、君、わかりにくいよ!!w
再会したその日の小一時間くらいのやりとりなんですが、
ほのぼのとしていて、その中にもキュンキュンがいっぱい詰まってて
個人的にはめっちゃ好きな作品です。
「付き合おうね」という告白の仕方がなんだか胸にズキューーーンvときてしまいましたww
可愛い…!

『駆けて恋して』
教え子をいやらしい目で見つめる家庭教師と、その生徒。
なんだかすごいエロティシズムです…!
視姦って…たまらなくツボですハァハァハァハァハァハァハァハァ
そしてそんな先生の視線に気づいて生徒クンは…?!
なんていうか、ものすごくズレた生徒でしたwww
ただの真面目くんかと思っていたので、そういうギャップは逆に萌えますw
先生の座ってた椅子くんかくんかしちゃうとかwww変態www
そしてそんな生徒クンになんだかたじたじな先生も萌えw
なんだかお互い捻くれまくった性格の二人ですが、結局ラブラブでメロメロなんですよね~
いつかリバってくれることを期待しています!
先生は絶対いい受だと思うし、なにしろ生徒クンはどう見ても攻でしょうwww

その他も、本気で恋して本気で悩む。
恋に全力投球な男の子たちでいっぱいです。
青春時代の甘酸っぱい気持ちを呼び起こされましたww

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ