愛犬生活

愛犬生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
ISBN
9784829624807

あらすじ

大型ワンコ系高校生・千里と一緒に暮らすことになった一弥は、嬉しそうに尽くしてくれてる彼と過ごすうちに、惹かれていく自分を止められなくなっていく。
だけど、千里が男の自分を好きになることはないだろう。それでも千里を幸せにしてやりたい!一弥は金銭事情で千里が諦めている大学進学を実現させようと、彼の父親に抱かれ資金を出してもらうという条件を呑んだが・・・。
(出版社より)

表題作愛犬生活

父子家庭の高校3年生 宇田川千里・19歳
社会人 阿知良一弥・25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

出だしは良かったんだけど

帯『あの……キス、してくれないんですか?』

年下ワンコ攻設定は大好物なので読んでみたんですが、う~ん、ちょっと微妙でした。
文章は読みやすくてサクサク読めます、ペースも悪くないんだけどどうもそれに乗れない。

導入部分はいいんですよ、一弥〔受〕と千里〔攻〕が出会って、千里が一弥の祖母の知り合いだったというのを思い出す所や、何故千里が金髪だった理由とか、その辺りは彼のお人好しさがよく出ていて、可愛い大型ワンコ!って感じだったんですが、千里の父親が出てきてからあれ?って素直に読めなくなります。
どうもこの父親の行動が突飛過ぎるというか、いや変わった父親でもいいんだけど何か彼が出たとたんに話に面白みがなくなりました。
父のキャラクター自体はいいんだけど、使いどころを間違っちゃった?みたいな印象。

0

読んでいる最中は、なかなか笑える

むしろ、電車の中では不審なくらいニマニマ笑ってしまった。
一人暮らししていた祖母が亡くなり、遺品整理のために祖母宅に暫時すむことになった一弥。
そこに現れた千里は、随分前から、おばあちゃんの知り合いだったらしくて、いつの間にやら同居することに。
「おばあちゃんの味」で、あれよあれよという間に絆されてしまう主人公・一弥。
六つも年下の高校生なのに、家事全般、とくに料理をそつなくこなし、ワンコのような切ない目で懐かれて、素直な(単純ともいう)一弥も満更じゃあない。
そこへ、毎年のようにふらっと家出してしまっていた、千里の父親・万里が戻ってきて、万里からのセクハラまみれの奇妙な同居生活が始まります。
この三人の、ポイントのずれた掛け合いが、おもしろくて漫才みたいです。
で、そのやりとりがおもしろくって、サクッと軽く読み終わったんですが、
読み終えて、ふと、我に返ると、なかなか、怖い。
っていうか、それ、人として、親として、ダメだろう。って
そして、末永く、みんなで仲良く暮らしましたとさ。って、ほんとにそれでいいのか?って

とりあえず、やっぱり万里みたいなキャラは、地続き雷。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ