愛罪の代償

愛罪の代償
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
83
評価数
24件
平均
3.6 / 5
神率
37.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784592850656

あらすじ

佐々谷夏生は、交際していた女性・杏子を上司である豊口笙に奪われるが、それと引き換えのような形で出世する。しかし豊口は次第に夏生に執着するようになっていく。その裏にある豊口の想いとは…?
(出版社より)

表題作愛罪の代償

創業者の孫で上司の部長 豊口笙・34歳
部下の課長 佐々谷夏生・26歳

その他の収録作品

  • ラブレター
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

これはホラーですよ。奥さん。

読み始めてすぐに惹きこまれました。
「こういうのが読みたかったのよぉ~!!」って嬉しくて嬉しくて。
ほとんどホラーと云っていいほどの執着と、受け以外には何の興味もない受けが全ての完璧なのにそこだけ病んでる攻め。

まだ関係がない時点で、受けの元恋人で攻めの妻となった杏子を相手の肉体関係の相手として、お互いが媒体と見てるところとか、攻めなのに受けの子供が欲しい(男児限定(笑))とかの感情にキマシタ。

繫田への攻めの過去の執着とか、受けの子供が欲しいと思っていたのも繫田に捨てられたことのトラウマだったことが判るところは、私的には今の受け以外にもそうだったのかよ!と、残念な思いが・・・。
どちらかというと、受けの方が始めての執着で運命的な一途さで好きです。

設定とか病みっぷりは、もう『神』決定なのですが、攻めの過去の執着と最後までホラーだったことで『萌え2』にしました。
私個人的には、(架空設定です→)攻めが繫田と出会う前に佐々谷に会っていて(幼児期でもいい!)、実は繫田の方が身代わりであって欲しかった!
そして、心から安らげる無二のパートナーとして、ベタベタしてる続きのが読みたかったです。

でもこの手の設定はあまりないので、とても楽しめました。
限りなく『神』に近い『萌え2』ということで、次なるヤンデレ執着小説を探します(笑)

1

交差する事のない道

…この2人、生涯すれ違い街道まっしぐらなんでしょうねー…(´Д`)

いやはー…攻め怖っ!!!
病みが受けに侵食しちゃいましたよ(汗)
私、基本的にHappy Endが好きなんですよね。。。
このタイプ苦手なんですよね…でもこの話は何故か嫌いじゃない(*´∀`*)

本編は佐々谷くんの一人称で進みます。
それゆえに彼の精神がだんだん壊れていくのがよく分かるんですよね。

ってかしょっぱなからはじけてますねw
豊口×佐々谷×杏子って…男女なサンドがBLで。

しかも↑の行為は豊口的にはとても大切な意味があったというね。
…どうせ自分から離れていく存在ならば「子供」という形で少しでも自分のもとに残したいという切実な…でも息子限定。
娘はいらんという。。。

なんつーか…ちょこーっとずれたらもっと違う関係にもなれたでしょうに…!

本編ラストで佐々谷くん壊れちゃってるけど、やっと想いが少しは通じたと思いきや…攻め視点の短編読んだら全く伝わってねぇーっガ━━((゜Д゜;))━━ン!!!

豊口さんの人生にも同情せざるをえないですが…それを大きく上回りま続きくって杏子が可哀想すぎるっ゜。(p>∧
狂気うずまく作品でしたー。

気になる点は、佐々谷くんは本当に壊れちゃったのか?ということ。
ラストで『狂ったふりをしていようと思う』って一文にΣ( ̄□ ̄;)となりました。
え…正気なのか壊れたのかどっちだ!?ってね。

もぉーすっごい黒花丸!!!
レーベルの名前どおり(汗)

1

うーん……

愛罪の代償…

攻めが執着して狂うってのはベタですが これは受けもそれそうおうに狂います。攻めも最初っからネジがぶっ飛んでますし ただ…両方愛しあってんのにお互いの愛を信じてないっていうエンドが!!普段のBLを読むテンションでいくと あれ?愛に目覚めるのいつ?攻めは受けが愛してること気づくのいつ?あれ狂ってあれ終わり⁈ってなります お互いしっかり話し合いの場をもうけてください!ってなります
受けが好きすぎて子供欲しいまでになってるとかおいしい!って食いついたけど うーん…こういうエロには最後に必ず愛のあるえっちがあると思ったんですけどね…
設定はおいしいです。

0

まさしく『愛罪の代償』!!

話が壮絶すぎてなかなかレビューできなかったんですが、今日頑張ります!
あらすじは他の方のレビューに載っているので、感想だけ。。

攻めの豊口の執着が凄まじいです。
受けの佐々谷を手に入れたい、どうしても手に入れられないならせめて佐々谷の遺伝子を持つ子供がほしい。
そこまでの執着ってちょっと他で見ないですよね。。

受けの佐々谷は抱かれてみて初めて、自分が豊口を好きだと気付く。
でもそれをなかなか言えなくて、やっと言葉にできたときにはもう豊口には届かない。信じてもらえない。

最後に豊口目線の『ラブレター』が収録されています。
豊口がこれほど病んでしまった経緯と、佐々谷との日々が描かれています。
本編とあわせて読む事で二人の気持ちのすれ違いの過程がよくわかります。

これほどまでにお互いを想い合っているのに、抱き合っているのに、心がすれ違って伝わらなくって・・・読者としてとても切なくて哀しい。。

前述のとおり、佐々谷の子供を孕ませるための攻め×受け×攻めの妻(受けの元カノ)の3Pがあります。といっても、攻めの妻は全く愛されていないので愛撫やキスをされず、続き出番まで部屋の隅でぼんやり待っているという扱いです。
こんなHシーンは初めてで衝撃を受けました。
他のHも濃厚で豊口の執着や佐々谷を抱ける喜びを感じとれます。

この二人の結末こそが、この愛の代償なのだな〜と思います。
お互いが病むほどに深い愛の完成形、鵺先生の美しいイラストとともに堪能して下さい。
ただ、壮絶なのでBL初心者の方にはあんまりお薦めできません〜〜><

3

凄いの一言

私、これ以上のヤンデレな攻めって見たことないです。
というかデレてるのか…?という疑問はあるんですが…

最初っから病んでる攻め×どうしようもなく病んでいく受け

最初本をとった時「薄い本だな~」なんて思ったんですが、これはこれでいいですね。
これ以上厚かったら読むのがしんどかったかもしれません。

受け一人称、攻め一人称のお話が二つ入っています。
一人称の小説を読むのが苦手な方も多いとは思うのですが(私もそうです)
これは一人称で書かれる事により、二人の狂気・おぞましさ、何より受けが病んでいく様が
読み手に手に取るように分かるようになってしまっていて、本当に効果的だったと思います。
ああ、おそろしい……

・女性が絡む3Pは大丈夫
・何か恐ろしい感じのBLを読んでみたい
・ラストがどんなのでも泣かない
って方、怖いもの見たさでいかがでしょう。

3

どこまでもすれ違う二人


とても好みな設定でした。
最初の数ページは豊口と佐々谷のキャラが掴みきれない内に事が進んでいくので呆気にとられていたけれど、中盤からの豊口の壊れ具合は最高。

豊口の奥さん(佐々谷の元彼女)を交えての3Pたまらない!
無表情で冷ややかに仕方なく参加している彼女と、豊口に攻められ喘ぎながら快楽に溺れている佐々谷の温度差がよかったです。

終盤の佐々谷が壊れ始めて(演技か?)目の前の事態に冷静に対処しているが戸惑いっぱなしである豊口とかもいいですね。
この、知らない間に事態が手遅れになっていて、どうしようもなくなっているというやるせなさは読者にも共有されていると思う。

水道の蛇口が壊れたように黒い思考がドバドバ溢れていて、二人には悪いんだけどすごく読んでいて楽しかった。
傷口から血があふれるような、悲痛な心の声は胸が痛むけど。

終盤の佐々谷は正気と狂気を見分ける、一つの境界線が崩壊したわけだけど結局あれは演技だったのでしょうか?

0

どんなに思っても、近くにいても、交わることのない愛

衝撃でした!
水戸さんらしいドロドロ感。。。
そして普通の人なら引くであろうプレイw
女性絡みの3Pは賛否両論でしょうねーーー
でもそのシーンが薄れてしまうほど、その後の人の壊れる姿が印象的でした!

嫉妬によって壊れてしまうのに
攻め様には伝わらず・・・
私的に最後やっと伝わったのだと思ったら
そのあとの『ラブレター』(攻め様サイドのお話)で
結局行き違いの思いであって
どうしてこんなに壊れているんだ!と悲しくなりました;;

周りが見えていないほどに相手しか見ていないのに
どうしても伝わらない、交わらない。
自分の好きばっかりで相手の好きがわからないなんて・・・!

花丸文庫ブラックなのでほとんどえちしーんなのですが、
その中に人の弱いところがあり、
とても胸がいたかったです;;

1

救えない変態

水戸泉さんの書く攻めといえばいろいろと病んでいる方が多いですが、豊口は何だか極致を行っている気がします。
心が病んでいるというか、もう変態です(笑)
いくら受けの佐々谷君でも豊口の心をまともにすることは無理なのでしょうね…
だからああいったラストになったのかな?
気付いたら「まともなキャラどこいったー?!」という状態に。
とても素直にハピエンとはいえない意外な結末でしたが割と好きです。

女性を含む3P…これは苦手な方が多いと思います。私はダメージを喰らいました。(せめて彼女がのりのりのSM嬢とかだったらな…)


0

話聞かないし 気持をうまく伝えられないし!!

水戸さんいっつもすごいの描くな~と感心しました
それにしても攻めは話聞かないし うまく気持を伝えられないし
気持を伝えるのあきらめちゃうしそれでも受けのこと好きだから、ものにはするし
dも受けは不安になっちゃうし 最終的に受けは精神的に壊れるし

こういう少しぶっとんだ話があってもいいんじゃないかと個人的に思いました

1

こういうの好きです。


どうやって甘々まで持っていくのかと期待して読んでいたら、以外な結末にビックリしました。
でも私はこういう結末の類が好きなので、ちょっと嬉しかったです。
あまりこういう結末の小説はないので。


続編…は期待しない方がいいのでしょうか。
このまま終わるのも味があって良いかもしれませんが、すれ違いのままは悲しい気もしちゃいますね。
是非、続編が読みたいです。

1

要注意

花丸文庫blackで水戸泉作品でエロ満載とくればエロ好きなら買いですが、この作品に関しては要注意。
3P有ります、3P?全然問題無い~~~と思われるでしょうが、なんと攻×受×「女性」との3Pなのですよ!びっくりだ。
冷静に考えたらふたなり設定とかよりは現実的に有りそうな気がしますが、有りそうで無かったこの3P!
しかもその理由が攻が「受の子供を女に産ませたいから」と来たもんだ、病んでるなんてもんじゃない。
女性絡み有りの3P&完全に女性が産む機械扱いなので苦手な方もいるでしょうから、そこ要注意です。
それがOKなら、狂気執着系エロ好きなら楽しめるかと。
手に取った時、ちょっと薄めに感じますが内容は濃いです。ちなみに196ページ。
鵺さんの挿絵は表紙と扉絵でカラー2P、本文内9P、本文内挿絵はちょっと白過ぎるかなーって気もしますが綺麗で万人受けしそうな絵柄です。

2

新感覚な感じでした。

これはすごいよ!!
今までに読んだことがなったぁ!!
エロが読みたい人は絶対読んだ方がいいよ!!
おすすめですね!!

攻め様は大株主でもあり会社の上司でもある34歳
受け様は攻めにべったりな26歳

受け様の彼女を攻め様が奪い結婚するところから始まります。でも受け様はそれをあっさり受け入れてしまいます
受け様は実際のところ彼女より上司である攻め様の方が好きで・・・。
でもそれは尊敬的な意味ではないと気がつかず・・・。
受け様は元彼女を脅しに取られ、受け様は攻め様の玩具に・・・。
そこから、2人の関係は同棲に発展していき・・・。

受け様と攻め様と元彼女の3pもあります。
↑元彼女はいやいやで攻め様だけはのりのりだった・・・。
苦手な方は気をつけて!!

あとがきの「ラブレター」は感動です!!
攻め様目線でキュンキュンしちゃいます~
可愛くて仕方がないよ~~

3

汚物をみせられているようなドロドロ感覚!!

ある意味スゴイ!!
ボタンのかけ違いどころの騒ぎじゃないです!!!
頭のネジが緩んでっていうか、どっか配線間違っちゃった人が、弱い人を汚染して狂わせて、それでもなお且つどちらも狂ってるっていうか・・・
痛いけど、SMではありません、狂気です。
理不尽の極みを尽くしてますし、女性との3P絡みがあるので、苦手な方は拒否する内容かもしれません。

上司に付き合っている彼女を奪われて、その彼女から上司に暴行を受けると相談があり、家に行くとベッドに誘われて、もつれ込むと上司が現れて、女性の面前で性行為を行い、「お前の子供を生んでもらう」と言って上司と部下は繋がりながら、女性にも突っ込ませて・・・
冒頭からショッキングな展開から始まります。

進行は、部下である佐々谷のモノローグで進んでいきます。
彼にとって彼女は何となく付き合っていて、本当は彼女より上司の豊口が大事で好意を持っていたので、彼女を取られても仕方ないなってくらいにしか思ってなかったんです。
でも豊口は、過去のトラウマから女性全般を憎んでいるのか、女性にもひどい仕打ちをしながら、自分の元から去らないように佐々谷を続き巧妙に丸めこんで籠の鳥にしてしまう。
会社では普通に上司・部下なんで、逃げようと思えば出来る筈なんですが、女性のことを思いやる気持ちで(多分これは本人もきがつかない嘘だと思う)逃げない。
本当なら、豊口も佐々谷が好きで、佐々谷も豊口が好きで、両想いなはずなのに、豊口がトラウマからの決めつけで何も言わないし、佐々谷が何か言えば天の邪鬼のような受け取りしかできない。
佐々谷も、本音を言いたいけど、それを言えば女性をかばってのことと思われると思っていえない。
もう、お互いをがんじがらめに縛って、あっち方向ばかりむいていてしまってむくわれないのです。
だから本の約80%はエチばかりしています!
そして、モノローグも佐々谷で進んでいくので、快楽でドロドロになるとモノローグも、ドロドロ口調になるのがツボです♪

豊口のトラウマの原因の繁田という男がトンデモなひどい奴として登場するが、彼の登場によって、佐々谷が壊れて行くのです。
壊れて壊れて、狂って・・・ラストまで偽りなのか!?
結末はある意味、悲惨です。

豊口は本編では一切気持ちを語りませんでしたが、『ラブレター』で豊口目線のストーリーを追った話になっています。
しかし!やっぱりこの人壊れてるわ・・・
代償はあまりに大きいと書いていいものかどうか・・・

汚いモノを見せられた後味の悪い作品なんですが、嗜虐嗜好のある自分には、これが快感です♪
読み始め、佐々谷アホだよなーって思って、ちょっとつまらないかも?と思ったのですが、読み進めるうちに冒頭の気持ちは打ち消されて、はまっている自分に気が付きました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ