嘘と誤解は恋のせい ラヴァーズ・ブートキャンプ

嘘と誤解は恋のせい ラヴァーズ・ブートキャンプ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
127
評価数
31件
平均
4.1 / 5
神率
48.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
平井勝也
脚本
榛乃綾子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
40 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日
価格
¥2,000(税抜)  ¥2,160(税込)

あらすじ

2010年4月発売『嘘と誤解は恋のせい』続編!
恋人同士になったその後のお話をドラマCD化

大学生の結哉は奇天烈なアンケートのおかげでずっと片想いしていたお隣の和久井と晴れて両想いに・・・!
だけど、小心者でネガティブ妄想のスペシャリストな結哉は大好きな和久井の前では緊張してしまい、中々二人きりになれない。
焦れる和久井に無人島ツアーのモニター話が舞い込み、念願の二人きりで旅行に行くことになったけど・・・!?

【 キャスト 】
近藤隆(嵯峨結哉)/三浦祥朗(和久井仁)
鈴木達央(六車騎一)/楠田敏之(日野千央) 他

表題作 嘘と誤解は恋のせい ラヴァーズ・ブートキャンプ

和久井仁 → 三浦祥朗

嵯峨結哉 → 近藤隆

その他キャラ
六車騎一[鈴木達央]/ 日野千央[楠田敏之]

評価・レビューする

レビュー投稿数13

プロの仕事ぶりを垣間見る事が出来ました。

前作は原作既読でしたが今作は原作未読です。
前作CD拝聴からだいぶ経ってしまったんですが
嵯峨結哉くん役の近藤さん、こんなにブリ声でしたっけ!?ww
20歳の乙女系ネガティブだった…そうだった…
と聴いていくうちにおぼろげに思い出してきましたが。すみません。

三浦さんは優しい大人の和久井さん役、
心地よいお声にうっとり…。
なのに妄想時の叫びとのギャップが笑えるwww

鈴木さんの騎一がちょっとだけなんですが脇にしてはやはり存在感強すぎ!

まさかこの収録時間で文庫本1冊分なわけじゃないんですよね…??
なんだかざっくりしたお話のように感じてしまったのは
私が原作未読なだけですね、ごめんなさい。
テンションは典雅節バッチリでした。

洞窟の中のHは、その前にしっかり気持ちを伝え合って
こういうところがぐっとくるんだよなぁとじーんとしました。
地震や竜巻はやっぱり怖いので結哉のように悪い方を考えてしまいますが
和久井さんみたいに優しい人が一緒なら、
愛されてることを実感できるなら幸せだろうなぁ。

「僕に、い、いかがわしいこと…してくれませ続きんか…」
20歳の男の子が!いかがわしいって言葉のチョイス!!
和久井さんが言う“いかがわしい”は、ちょっとねっとり感があって
あー三浦さんもっとHなこと言って下さい!!と
ここてぃんがツラくなりました!!

近藤さんの、らめぇ的な高めの喘ぎは
やっぱりいまだに私の好みとは言い難いんですが
あれですね、むしろここまで演じて下さって感謝しかないですね…。
プロはこういうお仕事をなさるんですよね、ありがとうございます!!
そして三浦さんが優しいお声でいやらしい事を次々と言ってくれるので
抜けていきそうな魂を引き戻すのに苦労しました!!
洞窟内なので響くのがまた……お風呂より響くだろうなっていうww

最後の和久井さんからの質問の選択肢が長くて
起きたばっかりで覚えられないな…と思ったのは私だけかもしれませんが
そこは和久井さんを大好きな結哉だから問題ないのかなww

ある意味バカップルの無人島デート(?)を聴かされた感がありますが
二人が幸せならいいかーっていう感想です☆

三浦さんがもっとBLCDに出演して下さいますように!!!
(これたぶん前にも言ってるな…)

1

ばっさりと削られています。

あの萌え萌えシーンがな~い!と三度ほど嘆きましたが、それでも萌えました。

和久井役の三浦祥朗さんは前作よりも爽やかエロ度アップ。聞いていてもの凄く心地好いお声です。言葉責めの際の演技がとてもセクシーでした。

そして今回も近藤隆さんの可愛さにやられました~……。あの鼻声っぽいお声はどこから出されているのか。
可愛らしい演技で「ふふっ」と笑うシーンでは、思わず「結哉だ……」と口に出してしまいました。
洞窟内での喘ぎ声について小林典雅さんも仰られていましたが、本当に誰かに何かされているんじゃ……?と疑ってしまうほどエロかったです。

和久井があははウフフな妄想をしている時に、同僚である日野(楠田敏之さん)が少し引き気味に「わ、和久井?」と声をかけるシーンは何度聞いても笑えます。

2

あまままま。

ええと…。
続編というか本編CD発売少し前に分割されることになったような記憶があるのですが。
内容的にはその後のイチャイチャと言えるんですが。
時節的に「津波」を軽い感じでの話題というかネタにしているので今聞くのはお話とわかっていてもなんというか厳しいものを感じる方もいるかもしれません。
割りきった上で楽しめる方だけが聞いた方がいいかな。
その後のイチャイチャというわけで無人島イチャイチャなわけですが。
今回、短いのにえち長いです。
10分以上ありました(笑)
えちをメインに据えたと言ってもそれほど過言でないような気さえします。
結哉の和久井に対する感情というか卑屈になってしまうような想いとか。
和久井の結哉に対するかわいくて仕方ない変態性みたいなのとか。
そういうのが全部えちで解消?されてました。
結哉は自分の気持ちをちゃんと打ち明けてえちに臨んで。
その際の「いかがわしいことして」という言葉のチョイスはもう和久井でなくとも堕ちて仕方がないと思います。
よりによってそのチョイスかー!
そして、その後のグズグズ具合といったら…。
結哉ってホント昼間は天真続き爛漫といった感じのかわいい子なのに、えちになると結構な淫乱ちゃんな気がしてなりません。
男にとっては嬉しい誤算ですか?
そして、一方の和久井。
この人の変態性については心の声でどんどんわかってくるわけですが。
えちシーンではもう直接言葉にして結哉にいろいろ指令を出してくるもんだから…。
結哉の言う「さわやかな変態」がまさにそこにおりました。
三浦さんステキだ☆
個人的に、この和久井の「ダーメ」にかなりやられました。
ウヒー。

2

ばかっぷるいいですね

まず、思ったのが涌井さんのぶっ飛び具合がおまわりさんを呼ぶレベルだと思いましたwww

この2人考えてる根本は同じだけどなんかちがってて面白いです。
あと、騎一くんんぼ空気の読めなさはむしろ可愛さが・・・いえっ・・なんでもないです。

1

バカップルここに!

原作は既読で、久しぶりに「嘘と誤解は恋のせい」関連の作品に触れました。

基本私はあまあまなん感じは苦手なんですが、このバカップルはどんなにラブラブでも全然OKです!とにかくとことんラブラブなんですよ。で、キャラがイライラを感じさせてくれない。結哉は天然でアホ可愛すぎだし、和久井さんは変態度増量中。

2人の会話中、とても自然な会話で結哉の中では和久井さんめっちゃ素敵な男性なんですが、和久井さんの胸中はいかがわしいことばかり考えてます(笑)
そんなところがたまらないこのバカップル、世界一ですよ。

声優さん方の演技は完璧です。三浦さんと近藤さんの魅力たっぷりで、特に近藤さんの引き出しはホントにいっぱいでビックリするばかりです。

原作もう1回読みなおしてみよう♪

2

甘くてラブラブ

かなり萌えた。もっと聴きたい。
全作気になった、嵯峨結哉@近藤さんのブリ声は、
もはや何も気にならず、存分に萌えられた。可愛すぎてやばい。
和久井仁@三浦さんは、聴くほど良くなっている。カッコイイ。

デスクがあれば、バシバシ叩きたくなるし、
クッションとかあったらギューってしたくなるくらい
可愛い受けと、カッコイイ攻めでした。

たぶん、このカプ二人の頭の中には、お花畑ゾーンがあるはずだ。

そして、相変わらず先輩@鈴木さんは面白かった。
作者のキャラクター作りが輝。いいキャラ。
残念な箇所も確かにあるが、、満足できた。

2

近藤さん可愛い!

原作は今は無き雑誌シャレード掲載時に読んだきりなのですが、和久井さんキャラ変わってません?結哉に毒されてきた(笑)?

結哉は本来なら嫌いなタイプの受けキャラなんですが、この作品はこのキャラあってのコメディだし、近藤さんが可愛いのでなんか許せます。
近藤さんがこの手のキャラを演じるのって珍しいと思いますので、貴重ではないでしょうか。

でも、最後にあった和久井さんのアンケート。さんざん言われてましたがアンケートは音声で聞くと確かにテンポ悪いですね。文字で読むからこそあのアンケートは面白いんだなあと思いました。前作は聴いてないんですが、やっぱり聴くのやめようかな。

それを抜いても全体的にはすごく面白かったです。結哉はいつか和久井さんの愛を自信を持って受け入れられるようになってほしいです。

1

あああアホ可愛い

前作、まだ萌え×2の評価がなかったころにレビューを書いたので萌え評価になってますが、こっちも合わせて二つとも萌え×2です。
アホ可愛い主役の二人にニヤニヤさせられました。
出来上がったカップルがイチャイチャする続編ってあんまり好きじゃないんですが、この作品は好き。
攻めも受けもクソ真面目にどっかが抜けてて、天然のアホ可愛さがある。そのバランスの斜め上っぷりが絶妙でタマランです。
小説を読んだ直後に聴いたときは脚本に若干の不満を感じたりもしたんですが、改めて聴くとそこまでの不満は感じなかったです。やっぱり面白いなァと思いました。

受け(近藤さん)が写真をカシャカシャ撮るシーンが好き。必死に和久井コレクションを集めようとしてるんですよね。付き合ってるのに片思い根性が抜けない結哉、もう一生このままでいてくださいと思いました。
攻め(三浦さん)は攻めで、攻めなりに必死なのが可愛くてさ。イケメンリーマンがピンクの膝小僧にこっそり萌えてるって、どんだけニヤニヤさせれば気がすむのさって感じ。
本人たちにとってみれば必死の会話なんだけど、周りから見ればコメディ。アホなバカップルぷりに「恥ずかしいから続きヤメテ!」と言いたくなる。それが「いい意味で」本当に上手いんです。
近藤さんも三浦さんもキャラクターをしっかりとらえて演じて下さってました。
近藤さん可愛いけどエロい。鼻にかかった声がヤバい。
三浦さんは優しいイケメンリーマン、でも若干の変態風味をほどよいさじ加減で入れて下さってました。

不満はCDの作りだけですね~。
もともと一枚組だったのがどうしてもおさまらなくて二枚に分けたらしく、一枚目も二枚目も収録時間が短いです。最初から二枚という計画で作ってたならもっと完成度をあげられたし、あのシーンやらあのセリフやらも入れられただろうにと。
でも、そんなもろもろの制作過程での不満を加味して考えたとしても、ちまたのCDよりは面白いです。それだけにもったいないなと思ったりもします。

3

可愛すぎる!!

原作が好きだったのでCDも前編と一緒に購入。

これは、もう近藤さんの可愛さが溢れんばかりに入っているCDですwえっ!こんなかわいい声ですかっ!?て最初は違和感があったんですが、聞けば聞くほど、この可愛さが必要だと思いました。
一方、攻めの三浦さんはあまり声を聞いたことがなかったのですが、やさしい和久井さんのイメージそのままでした。結哉を好きすぎて暴走するところはニヤニヤしましたwエ…エロ過ぎるwwこれから何か気になる作品に出ていたら買おうかなって思います。
鈴木さんの先輩役もいい感じです。こちらも原作のイメージそのままでした。

3

和久井さんと付き合いたい

すいませんつい本音が・・・
原作からすると物足りないですが、声優さんは前作同様素晴らしく、特に和久井さんが、原作のイメージそのままがよりいっそうエロ男前になっているのではないでしょうか。
あと補足というか、フリートークですがなぜか前作についてる?喋っているのは日野役の楠田さんと近藤さんと三浦さんです。

1

だったら最初から2枚にして

このCD,声優さんの演技的には大絶賛!

ですが、尺を見誤るという大失態の末の中途半端な後編。
こんな風に半端にエピソードを削るくらいなら、最初からちゃんと、2枚組でキッチリ構成して欲しかった。
さすがに40分という半端に短い作品、3000円という値段には出来なくて、前編と合わせて5000円、コレなら2枚組と同じ値段だからいいよね?って事で許せるかというと、そうは思えない。
最初から2枚組として脚本作ったら、キャンプ編のエピソード、あんなにザカザカ削りまくらないですんだでしょ。

というわけで、声優さんと原作には罪はないけど、製作会社さんの失敗の減点が大きくて、「萌」もあげたくないので「中立」

3

2010年の大注目株!三浦祥朗が楽しめるv

三浦祥朗さんは「嘘と誤解は恋のせい」シリーズが
BLCDのデビュー作となるのですが
1本ボブゲに出てるので、まったくの初攻めというわけではないのですが
ゲームの収録は、おそらく単体で録音するので
二人で掛け合いながら録音したという意味では
このシリーズが初攻めなのではないでしょうか?

そんなBLCD界では初物的なボイスが堪能できるのはコレ。
もぉーv甘くて甘くてエロくてたまりませんでした。
絶対にブレイクしますよ 三 浦 祥 朗 さん
み う ら ひ ろ あ き と読みますよ!
大注目株です。
そしてお相手が受けも攻めも起用にこなす近藤隆さんですが
またこれが近藤さん史上もっとも、かわいい受けでしたv
とろけるようにかわいい乙女受け。だけどもエロかわv

無人島での甘い甘いひとときを、たっぷりっ!

ただ、この「嘘と誤解は恋のせい ラヴァーズ・ブートキャンプ」は
前作に入る予定だったものが尺が長くなりすぎて収録できずに
急遽別売りすることになったというインターコミュニケーションズの
大失態のもとに発売されているんですよね?
原作も声優さんの続き演技も100点なだけに制作サイドの甘さについては
もう少ししっかりしてくださいよっ!と思います。

「ラヴァーズ・ブートキャンプ」にしか出演してない
日野役の楠田敏之さんのフリトが
前作に収録されていて、今作には収録されてないとか。
なんともお粗末。
前作と今作を通して聞いて、最後に前作に収録されているフリトを聴いて
やっと辻褄が合うという感じです。

だけども良作v
何度も何度も繰り返し繰り返し聞いておりますv
かなり好きですv

4

おまけの神

前編よりうまく編集してくれるような気がします。
はじめからずっとニヤニヤしてたまらないでした。

本編の和久井は面白かったでした。
頭の中であれこれ考えまくりで、大人気ないけど、結哉思いの和久井も格好いいでした。

ひとつ不満があります。
絡みシーンはたっぷりでありがたいだが、原作より二枚挿絵ぐらいの内容がカットされました。
2100円で40分の内容はこれくらいかなと思ったが、二枚CDで100分って短くね?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ