ローゼンクロイツ 緋色の枢機卿

rosenkreuz

ローゼンクロイツ 緋色の枢機卿
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ビーンズ文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
ISBN
9784044451080

あらすじ

発端は、ファーレンで勃発した魔女裁判だった。魔女とされた老婆が、ハノーヴァー夫人マリーとその娘セシルも魔女だ、と証言しはじめたのだ。セシルの調査をするため、ロンバルディアの法王庁から美貌の枢機卿フェルナンドが派遣され、アキテーヌの民衆にも、セシルを魔女だと誹謗する声が広がっていく。しかもフェルナンドは、セシルにかかわる大きな秘密を握っていた―!!オスカーとセシルに危機が迫る、怒涛の第8弾。

表題作ローゼンクロイツ 緋色の枢機卿

王の叔父にして黒侯爵と呼ばれる名宰相・オスカー
妹に代りモンフォール公爵妃となった元怪盗・セシル

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ