Barパラダイスへようこそ

Barパラダイスへようこそ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥400(税抜)  ¥432(税込)
ISBN
9784086145190

あらすじ

六本木の雑居ビルにある「パラダイス」は、元モデルの北川駿と元マネージャーの今泉雅人が経営する小さなバーである。
華やかな仕事を捨て、ゲイカップルとしてのささやかな生活を選んだふたりは、平穏に店を切り盛りしてきた。
だが、雅人の義父の恭介が開店一周年パーティーに現れてから、雅人の様子がおかしくなった。
恭介は、そろそろモデルの世界に復帰しないかと駿にもちかけるが…。

表題作Barパラダイスへようこそ

北川駿 元モデル、バー経営
今泉雅人 元マネージャー、バー経営

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ゲイ夫婦って萌えますね

同棲しながらバーで働くゲイカップルのお話。
トラブルを乗り越えてより強固になる絆にホロリ。
最後はちょっとご都合主義かなと思いましたが(とくに受けの義父の扱いが)、面白い作品でした。
多重人格症についての説明は、精神医学ド素人な私から見てもちょっとヘンな部分があったので、いっそ無かったほうが良かったのになと思いました。病名をつけたり解説をしたりしないほうが、「それらしく」なったような気がします。

あと、『夢見る眠り男』と『身持ちの悪い姫と騎士』で主役をしてた2カップルが、バーのお客さんとしてゲスト出演してました。
読んでなくても大丈夫ですが、この2作品を読んでたほうが楽しめると思います。

ゲイカップルが夫婦のような生活してるのって、なんかそそられるなァ。
男女の夫婦とはまた違う、同居のカタチ。といっても、受けが完全に奥様化してる作品にはあまりそそられないんけど。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ