リンクス mini Vol.7

リンクス mini Vol.7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
   
イラスト
   
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
小説リンクス2010年2月号全プレ小冊子

あらすじ

商業誌番外編SS収録

水壬楓子『ラブシーン』シリーズ「ハッピーエンド(2月号収録作)」より
橘かおる「ネオアルカディア~奇跡の涙~」より
羽緒柚乃「見返りのキスの先」より

表題作リンクス mini Vol.7

泰丸/剣持
三津谷/安西

その他の収録作品

  • 『ハッピーエンド』より「Un ange passe]
  • 『ネオアルカディア~奇跡の涙~』より「光の宴」
  • 『見返りのキスの先』より「束縛の見返り」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やっぱり木佐監督が最強!

小説リンクス2月号の全プレ小冊子です。

「Un ange passe」水壬楓子
『ハッピーエンド』のその後。
壊してしまった模型を前に一悶着。
というか責任論ですが、もうなんだか三津谷がかわいい。
そこに会見を終えた監督やら役者陣がやってくるわけですが。
さすがにその場をとりなす野田の知性が溢れてました。
ステキ☆と思っていたら、最後はやっぱりというか木佐監督に持ってかれました。
いやー、監督、そのご指摘はごもっとも(笑)

「光の宴」橘かおる
『ネオアルカディア~奇跡の涙~」のその後。
どうやらそれぞれのCPが集っての宴なのですが。
この号でしかこのお話を知らないので人間関係がよくわからないままだったので今イチ話がわからず…。
ちゃんと読んでたらもっと楽しめたんだろうな。

「束縛の見返り」羽緒柚乃
『見返りのキスの先』のその後。
ツンデレ受ですよね、これ。
はっきり言葉にしないどこか駆け引きめいた?感じとか結構好きです。
でも、それゆえなのかどうなのか。
攻にちゃんと気持ちが通じてないようなところがかわいそうというか…。
互いに想い合続きってるのにね。
最後の、それゆえに受がちょっと攻を手玉に取っちゃってるような感じも好きです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ