少女のための男の子同士の明るい恋愛ノベル

小説b-Boy 2008年12月号(雑誌著者等複数)

小説b-Boy 2008年12月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
発売日
ISBN

表題作小説b-Boy 2008年12月号(雑誌著者等複数)

雑誌のため多数
雑誌のため多数

その他の収録作品

  • 華藤えれな「執愛の契り」
  • 櫛野ゆい「それでいて、可愛いひと」
  • 吉田ナツ「水底の光」
  • 瀧ハジメ「愛しい背中」
  • うえだ真由「かわいいきみへ」
  • 舟斎文子・玉木ゆら「ポチとタマ」
  • 玉木ゆら「月にむらくも、花楓」
  • カワイチハル「いぬとねこ」
  • ふゆの仁子「狂犬、サンタになる」
  • うゆの仁子「藤井さん家のクリスマス
  • 別冊付録「岩本薫読本」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

本になるのは

たまたま出てきた古雑誌を見て思ったのだけど、雑誌掲載でも、マンガはほとんど全て単行本化されるのに、小説はそうとも限らないのね。

そもそもこの雑誌を買ったきっかけが、当時はまっていた、華藤さんの作品が載るから。
その後、華藤さんの「執愛との契り」は無事に単行本化されたが、他の作品で単行本化されたのは、既にシリーズ物だった玉木ゆらさんの「月にむらくも~」位。
あとは、単行本が先にあって、そのサイドストーリーとして載っているのが、ふゆのさんと別冊の岩本さん。
ちなみに単行本化されてないとおぼしき作品は

うえだ真由「かわいいきみへ」年の差幼馴染LOVE
突然押しかけてきた、弟のようなアイツ。
「好きだからそばにおいて」だって!?

吉田ナツ「水底の光」大学生×会社員のpure love
きょうも やっぱり ひとりきり。
暗い海をさまよう寂しい深海魚
それはだれかを求める自分の姿。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ