『あなたは、東京がきらいですか?』

東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1)

東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
7件
平均
4.1 / 5
神率
57.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Wingsコミックス(ウィングスコミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403500268

あらすじ

日本を霊的に守護してきた皇家の十三代当主・皇昴流。双子の姉・北都、謎の暗殺集団『桜塚護』の名を持つ獣医・桜塚星史郎。
今、不夜城都市・東京の闇を三人が駆ける!!

表題作東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1)

その他の収録作品

  • VOL.0 T.Y.O
  • VOL.1 BABEL
  • VOL.1.5 DESTINY
  • VOL.2 DREAM
  • 解説 おしぐちたかし

評価・レビューする

レビュー投稿数2

初めて読んだのは小学生の時かな?

昔は北都ちゃんの薀蓄ある言葉に感心させられたものです
が、今読むと3人それぞれ結構鬱陶しいところありますね
とくに星史郎。賭けの内容アンフェアすぎるし
暗殺集団のトップで母親殺しとかとんだ厨二です
だいたい、みんな名前が厨二すぎるよ!
星史郎×昴流の関係性にも萌えませんでした。

Xから読んだ人には「あれ?あの極悪人が優男だよ?」と思われるかも

「萌え」評価の理由には、思い出補正もあります。

2

僕ってセクシーですか?

この作品がここにあったとは気付きませんでした!
東京バビロンは言わずと知れた名作ですね。
クランプの中でも一番衝撃的で、内容がかなり重い。
キャラクターの台詞ひとつひとつが重くて、考えさせられるようなことばかりです。
自殺、レイプ、いじめ、虐待などなど。
一言では言い表せないため、内容に関して感想は書けません。
これを読んで考え方が変わったというほど衝撃的です。

そんな濃い内容にもかかわらず、キャラクターが明るくて、事件が起こらないつかの間の休息ではほのぼのしています。
特に星史郎さんの、真面目な顔して「僕ってセクシーですか?」と昴流に迫るところが可笑しくて忘れられない。
星史郎さんは温厚そうな性格なのに、冷酷な一面がちらちら見え隠れしています。
Xではもうかわいらしい昴流くんは見られないので、そこもおススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ