HertZ band.38 特集 耽溺(アンソロジー著者他複数)

HertZ band.38 特集 耽溺(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
発売日
価格
¥933(税抜)  ¥1,008(税込)
ISBN
9784813052531

表題作HertZ band.38 特集 耽溺(アンソロジー著者他複数)

雑誌の為 割愛
雑誌の為 割愛

その他の収録作品

  • 小嶋ララ子『猫の嫁入り』
  • 元ハルコ 『秒速ゼロマイル』
  • 果桃なばこ 『ないしょのレッスン』
  • 湖水きよ 『夜は降る』
  • 今野さとみ 『幼なじみと恋ごころ』
  • 水名瀬雅良 『愛執』
  • 関口かんこ 『押忍!ハト マツ学園男子寮!』
  • 菊屋きく子 『からまり事情』
  • 麻生ミツ晃 『咲く春』
  • CJ Michalski 『CJのなんでもありでしょ』
  • 山田シロ 『SKY LINK』
  • 鳥ノ海ユミ 『of montage~真実のキミと俺~』
  • 日輪早夜 『覇者の玉杯』 芹原ゆうき『そして願いは』
  • ミナヅキアキラ『この夜のすべて』
  • 英田サキ・山田ユギ『愛想尽かし』
  • 明治カナ子『腕輪』 木下けい子 『今宵おまえと』
  • 高田ゆうき『革靴とビーチサンダル』
  • 小笠原宇紀『BLACK SUN』 紺色ルナ『花の嵐は、』
  • 山本小鉄子『リトルダーリン』 稲荷家房之介『玻璃の花』
  • リヲ・ミエノサオリ 『白木蓮が咲いたなら』

評価・レビューする

レビュー投稿数1

山田ユギさんと稲荷家房之介さんの為だけにvvvv

英田サキ・山田ユギさんの 『愛想尽かし』と 稲荷家房之介さん 『瑠璃の花』の為に 購入してます・・・・(結構辛い(^^;)) 
 
原作:英田サキさん 画:山田ユギさん 『愛想尽かし』 ですが 前作『たかが恋だろ』のスピンオフ たかが恋だろに出ていた 泉の義理兄 極道の椹木が刑務所から帰ってきてからのお話 刑務所で同室だった春日柊也と再開 ひょんなことから同居することに・・・・ 椹木は極道から足を洗いカタギの生活を送りつつ 同居している柊也がなにかと椹木に懐いてくるので憎からず思い 柊也は椹木に惹かれていた! そんな時柊也は刑務所時代に身体を売っていた曽根と鉢合わせ 椹木に迷惑がかかると思い 家をでる柊也・・・ とココまでか前回までのお話 椹木は出所して以来まっとうに生きようと決意していたので 刑務所で知り合いだった者との関係を 何事にも深入りしたくなかったのだか 居なくなってしまって初めて自分が柊也に対して深く想っていることに気づいちゃいましたvv  柊也と偶然あった泉から電話をもらって とうとう迎えに! だが 柊也が一緒にいる曽根は薬の売人をしており既に曽根の監視下に置かれてい続きた そして椹木は曽根に俺の物に手を出すな!と一括され 過去の連中と関わりをさけてきた椹木だったが 柊也を取り返すため ついに動きだすvvvv が今号のネタバレ!! やっと 自分から動きだした椹木さん 自分で幸せを掴みに行ってくださいvv そろそろ幸せになろうよ!! かわいい義弟も幸せになったんだからvv もう気になって やっぱり英田サキさんと山田ユギさんのお話は 人間ドラマです!! 見ていて飽きないvvv 

そして 稲荷家先生の 『玻璃の花』 実は この作品 稲荷家房之介先生が別のペンネーム 九条友淀として 描かれた『黎明の花~青年期安倍晴明異聞~』のスピンオフなんです!なぜ稲荷家房之介のお名前で描かれているのか!!! まだ話は序盤でどう転ぶかわかりませんがやっぱりBL話になるからなのか・・・・!!とっても期待して期待して読んでますvv  
 ほんと この2作が気になるだけに購入してる私って・・・・ もちろん他の作品ももったいないので読んではいますが・・・ 二作とも早く話し進んで欲しいvvvvv  

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ