「ボクと恋人のフリをして頂けませんか?」

最初で最後のきみに

最初で最後のきみに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
5件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832286931

あらすじ

セクハラ同居人との偽装恋人生活スタート!?新感覚★エロティック・ラブ★
お母さんとニ人暮らしの貫(かん)くんは、ごくごくフツーの高校生。そんな彼の家に突然、謎の三十路男・椿(つばき)が棲みついてしまった。平気でボディタッチをしてくる椿に、敏感なお年頃の貫くんは戸惑いっぱなし。すっかり椿の事が好きになってしまった貫くんだったが、実は椿の行動には裏があって……!? 鋭く甘い世界に魅了される表題作+特別描き下ろし付!!
(出版社より)

表題作最初で最後のきみに

母の恩人で双子の兄 不動椿・30代
母子家庭の一人息子高校生 貫・16歳

その他の収録作品

  • アイウィルゴー
  • ネバーエンド最初で最後のきみに その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

つまんなかったです

なんかエキセントリックな雰囲気の作品でした。
この雰囲気が好きな人には面白いのかも。でも私はまったく面白くなかったです。謎の雰囲気についていけなかった。
書きたいことは何となく伝わってくるんですが、どうにもモニョる。
双子の近親相姦やら妻が妊娠中のセックス話を、禁忌感を出さず爽やか~に描かれてもなぁ…という感じ。その爽やかさに不快さが募りました。
双子は三十路らしいけど、こんな社会性なさそうな三十路にまったく魅力を感じないです。

他短編いくつか。
どれもやっぱり空気感が私には合わず。
読んでて疲労しました。

0

カバーデザインが素敵

こう、
見てると、
私って
ホントに
背景いらない派だな。

人物はしゅっとした絵で、
画面の省略も効いてて、
フリーハンドでざっと書かれた背景も雰囲気が合っていて、
絵は結構好み。

しかし、如何せん、あの双子がどうにも受け付けない。
「お願いは聞いてやる」貫クンはかっこいいんだけどねぇ、、

0

三十路男の自立物語・・・かな?

前回の単行本が07年、これは08~09年の作品が収録されていますが、その絵の変化に注目してしまいました。
今回は短編集でなく表題『最初で最後のきみに』が割とがっつり4編に渡って続いているので、その世界観がわかりやすく、不思議ではあるんだけど、やっぱり好きな作家さんだな~って実感させてくれました。

貫が生まれる前、母親を助けた義理があると突然家に居候に来た三十路の椿という男が恋人の振りをしてくれというお願いに、貫は何故か断れなくて付きあううちに、惹かれる自分を意識しだす。
しかし、その椿には貫の生まれる前の父親との因縁があり、というトラウマ克服物語・椿の双子の弟・航からの自立、など様々な要素がてんこ盛りで入っているのです。

航の異常なほどの椿への執着や、禁忌の兄弟関係(?)もありながら、それは欲情としての愛ではなく、実に癒しとして、守る者としての愛が大きい部分、航がわき役ながらとても重要な役割を担っています。
当の椿については、恋愛という部分本当にそうだろうか?という疑問を持ちながらも、これは貫の亡くなった父とは別の人格なんだということはきちんと意識している様子。
続きしてラストはまだこれから、、、という展開を見せるのですが。
少年・貫の最初は嫌々なそっけない部分がだんだんと可愛らしい、一途で真っ直ぐな、変に大人ぶらずにかといって子供っぽすぎない対応と、関与の仕方が気持ちがいいのです。
こんなに小難しい表現や、紆余曲折がなくてもいいのに、と思いがちですが、読むほどにそれは味わいを深く増していきます。
双子達の生活感のなさが、現実なのに不思議ワールドを演出しているようです。
1話と2話目の間があいているので、貫の髪や顔の変化に少しとまどうかも?
ちょっと少年マンガっぽい貫の髪型がチャーミングです♪

『アイウィルゴー』
新米刑事が、TVで見たあこがれと現実とのギャップに立ち向かい(?)先輩に翻弄される話

『ネバーエンド』
友人の命を賭けた(?)捨て身の攻撃に”永遠”を垣間見るイラストレターの話。

雰囲気系の作家さんなので、細かい突っ込みは無しで見ましょうww

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ