二人のエンドレス・ラブゲーム!!

リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常

Liechtenstein hakase no kareinaru nichijou

リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
59
評価数
17件
平均
3.6 / 5
神率
41.2%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662782

あらすじ

世界的BT企業の社長にして天才的頭脳を持つリヒテンシュタイン博士は極度の世間知らず。
有能な助手のシュミーア君は、そんな博士を尊敬しつつもドS気質をくすぐられ、
度々Hないたずらを繰り返しているのだが天然でドMな博士は、
相手がシュミーア君であるとなかなか気付かないのだった……。

表題作リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常

博士の有能な助手 シュミーア君
天才科学者で社長で箱入り リヒテンシュタイン博士

その他の収録作品

  • リヒテンシュタイン博士の華麗なる野望に関するレポート
  • リヒテンシュタイン博士の憂鬱なる門真に関するレポート
  • リヒテンシュタイン博士の暗躍する陰謀に関するレポート
  • リヒテンシュタイン博士の魅惑の無人島漂流に関するレポート(前編)
  • リヒテンシュタイン博士の魅惑の無人島漂流に関するレポート(後編)
  • リヒテンシュタイン博士の超常現象における科学的視点に関するレポート
  • リヒテンシュタイン博士の新愛なる有能な助手に関するレポート
  • リヒテンシュタイン家のレポート(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数12

色々変です(笑)

久しぶりに真行寺さんの作品を読んで、やはりかなりマニアックだなと感じました(笑)。
頭脳は素晴らしいのに箱入りお坊ちゃんでかなり天然な受け様と、受け様に長年憧れてはいるのですがHなことになるとSになってしまう攻め様とのエッチでおバカなお話です。
このギャグのノリについていければ楽しめる作品だと思います。
結構妄想ネタもあるので、そういうのがお好きな方にもお薦めです。
欲を言うなら、二人のもうちょっと先のお話も読みたかったかな~と思いました。
心情的な面よりHに重点置かれた作品です。

0

合わなかった…

中年受けもM受けもおバカ受けもギャグ系のストーリーも大好物!
…なはずだったんですけど
これはどうしても好きになれませんでした
絵も可愛いくて好みだし、これだけ好きな要素が入っているのになぜだろう…
エロいシーンもてんこ盛りなんですが、全然エロく感じない
まったく入り込めなくて、正直最後まで読み切るのが苦痛なレベルでした
なんというか、ラノベの難聴系主人公を見てる気分

神評価の人も多いので、本当に好みの問題だと思います

0

世界観に入り込めず

ネタバレなしで書きます。

レビュー初っ端に、ごめんなさい!
表紙が面白そうだったので購入してみましたが、やっぱりわたしは現実っぽいBLの方が好きなんだ…と実感させられたコミックでした。
笑いのツボが違ったようです…


受けは大企業の社長であり、天才のリヒテンシュタイン博士。
社長でありながらそこは研究開発者、世間知らずでおまけにM男さん。

攻めのシュミーアはリヒテンシュタイン博士の助手。
イケメンであり、ドドドのつくSさんです。


えっちシチュエーションはバラエティ豊かです。
シュミーアが、あらゆる手段で博士へイタズラ&えっちをしかけています。
根底に愛があるのですが、博士はなかなか気づきません。
イタズラ相手がシュミーアだってことも気づいてないし。
どんだけ天然さんなのでしょう…
こういう日常とかけ離れたキャラが苦手です…ごめんなさい。
そしてエロエロとありますが、わたしには萌えないタイプのえっちでした。
重ね重ね残念です。
ただ、絵はひじょうに動きがあり好きです。
他の作品を読んでみようかなと思います。

1

本人無自覚でのSM調教という新しい扉

おバカなエロギャグ。おバカすぎて終始キャラの妄想の話しなんじゃ…と疑ってしまうほどです。笑
この作家さんのまるっとした絵のタッチが大好きです。
露骨な描写なんだけど、可愛くみえるのはすべてそのせいだと思います。
お尻も局部もローターも、痴漢も触手もアレもコレもいやらしいんだけど可愛いからまぁいっかwと思える。

そして、本人無自覚でのSM調教という新しい扉が開かれたような気がしました。
SMって基本精神論というか…
「イジメられてる、酷いことされちゃってる!」っていう自覚があるMをいたぶるのが楽しのかと思ってましたが、無自覚でもいけるんだねw(=ω=)スゲー!

シリアスほのぼの系でストーリー性ある作品も描ける作家さんなので、こんだけおバカなエロギャグでもちゃんと話の流れにまとまりがあって、非常にテンポよく読める作品でした。

《個人的 好感度》
★★★・・ :ストーリー
★★★★・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

2

博士が可愛すぎます

リヒテンシュタイン博士は、天然(いい大人なのに世間知らずであほの子)・メガネ・オデコ・年上受けです。私の大好きな要素ばかりが詰まっていて、大変ドツボな作品でした!(≧∇≦)

博士のおバカでキュートな行動や思考に、一々萌えたぎってしまいますv家に届いてから何回読み返したか分かりません(笑)

コミカルな日常のお話で読みやすいのに、ドS×ドMなカップル(?)な所も素敵です。

真行寺先生の大ファンになりました(*^^*)

0

ブリーフ!!プリケツ!!

すでに皆さんが書かれている通り、白ブリーフ!!プリケツ!!
今まで下着萌えはあったものの、ブリーフはちょっと…だったんですが、博士の白ブリーフで見事に覆されました。おっさんシャツに白ブリーフ、かわいすぎます。
あともうひとつ、博士のプリプリでムチムチなお尻!!おっさんなのにプリケツ、ハアハア…たまりません。博士がお尻を出す度に「プリーン」と効果音がついているとこともツボでしたw
全コマと言っていいほど頬を染めているのも可愛いです。

助手のシュミーア君のいたずら(?)にも全く気付かない博士。読みながら、「気付けよ!!」と笑いながらつっこめるのも魅力だと思います。
真行寺先生はどちらかというとシリアスというか、ほんわかした感じの話が多かったように思ったのですが、こんなエロギャグを描かれるのもいいですね。博士とシュミーア君の続きが気になります…続編をお願いします!!

1

ブリーフ!!

クレタコは「リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常」を読んだ!
クレタコに新たな萌えアイテム、成人用白ブリーフが加わった!チャララ~(←ゲームアイテム確保音)
少年用白ブリーフは既に萌えアイテムとして獲得済だったんですがここへ来てまさか成人用白ブリーフまで萌える時が来るとは!!続々増える萌えアイテムにBL勇者の旅は大変でござるよ、にんにん。

いやーーーしかし萌えました、白ブリーフに!最も萌えはゴムが伸び気味のブリーフでしたーーー!!ハアハア。
博士かわういです、帯の博士のプリけつに思わず手が伸びてレジへゴーしてました、オヤジなのにぷりっぷりしてます。
そのプリけつが魅惑の白ブリーフにいいいいいいいいい!
博士は天然でオヤジショタ、そして無自覚M。
助手のシュミーアは普段の顔は有能な助手、しかして実態は変態S。
天然博士が気付かないのをいい事にあれやこれやのエロ悪戯をしまくります。
これがエロいんだけどかわうい!2人もなんか楽しそうなのがいいです。
最後に博士のM気質の元となった弟がちらっと登場するですが、これまた黒くてイイ!
出来れば弟も交えて続編読んでみたい~続き
あと書きおろしペーパーマンガが可愛いです、飛行機乗る前の博士ネタマンガですよー。
これは是非ペーパー付きを!!

1

白ブリに萌える日がくるなんて…

ランキングで好評だったので購入してみました。

ドMで世間知らずのリヒテンシュタイン博士と、そんな博士に付け入りつつ巧みに攻めていく助手、シュミーア君のクスっと笑えるエロギャグストーリーでした。
中年オヤジなのに、どこか可愛くて幼い博士。そして白ブリ(笑)
そんな博士が気になって、段々とその愛情が歪みS化してしまうシュミーア君。電車で痴漢されたり問診されたりローター入れたりされちゃうんだけど、博士はシュミーア君だとは全く気付かず。だから可愛いんですけどね!
博士は身の回りに起こる珍事から、どんどん身体が淫乱になってしまってるのではないかと淫夢まで見ちゃったり、その夢がキッカケでシュミーア君の事も気になりだしたよう。
最後にはラブラブでくっ付いたのですが、くっついてからのエロがなくて、結局ノーマルなエロだったのかな?w と少し気になってしまいました。

話のテンポもよくて、結構ガッツリ局部描かれてるんでエロいんですけど、でもギャグテイストなので笑ってしまう。
博士にほのぼのしたり、萌えたり、シュミーアくんにキュンときたり、Sっぷりに悶えたりと楽しめた一冊でした。
この続き作家さん、前作もエロはあったのですがほのぼの系が多かったので、何だかここまではっちゃけたギャグエロを描かれるとは…意外でしたw

1

博士かわい~


まぁ博士の可愛いこと可愛いこと…。
頭良すぎて世間知らずなのはよくある話ですが、この博士はそれプラスお馬鹿で好奇心大勢なんです。そこが可愛いんですが、若干度が過ぎる感があるので世間知らず設定が苦手な人にはお勧め出来ないです܂ 私は好きですけどねL

内容は簡潔に言うと博士の助手シュミーア君がリヒテンシュタイン博士をバレないようにいじめちゃう話です。
シュミーア君がいつもは優しいのにスイッチ入っちゃうとびっくりするくらい意地悪なんです!本当にいつもは優しいし、根は優しい人なんです!
何故私がこんなにシュミーア君を庇うのかというと、表紙のシュミーア君がめちゃくちゃ悪い顔をしているからそれを見て「こいつ意地悪そうだから買ーわない」という人が出てしまうのはもったいないからです。
ギャグでアホでエロの面白い話なのでSM系無理って方にもぜひ読んでほしいです!!

0

博士、かわいすぎ!

実に、実に、アホアホでエロエロなギャグなんだけど、非常にツボった。
なんといっても、博士が天然でかわいすぎるからだな。
そして、シュミーア君の二重人格ぶりも、とってもツボ。
ただの、アホエロ妄想に見えて、こんなにちゃんとおもしろく読めるのって、なかなか凄い、そうそうあるもんじゃないと思う。
エチシーンの描き方も、局部のアップとかかなりリアルで細密だけど、博士の表情とか、プリンとひかるお尻のほっぺがかわいいので、スルッとかわいく読めてしまう。

それにしても、博士、かわいいなぁ。
平常時にちょっと仮性気味な所もかわいいなぁ。

こんなアホアホ話、森川帝王とこんちゃんで聞いてみたい。

0

本当に笑えるマンガ

BLのコメディとカテゴライズされるマンガって、今までいまいち笑い所が分からないというか、正直つまらないと感じていたんですが

 こ    れ    は    ……   !!

本当にバカバカしいと言うより「アホか!」と突っ込みたくなるような笑いが随所に有り、小さなコマや描き文字、小さい絵の要所要所に細かいネタが仕込んであって本当に隅々まで楽しめました。

由緒正しい名家のお坊ちゃま(でもオッサン)であり、大企業の社長であり、あらゆる科学分野の第一人者である天才、リヒテンシュタイン博士は世間知らずが過ぎるだろ!と言う程の世間知らずで、ニブくてズレてて、最高に可愛い人でオマケに潜在的ドM。で、その博士の有能な助手が可愛い顔してドSなシュミーア君。このシュミーア君が博士がボゲボケなのをいい事に、あらゆる場面で犯人は自分だと博士に認識させないまま、エロくて恥ずかしいイタズラを博士にしまくる。 

と言うのが大まかな内容なんですが、博士もシュミーア君もだけど、他の脇キャラもキャラがたってて面白くて大好きです。内容はアホエロなんですが、読後感が妙に清清しいというか、「面白かった~」続きと言う一言で終わってしまうような、そんな作品です。こう言うシンプルな感想を持つマンガって結構少ないですよね。勿論いい意味で。

描き下ろしに博士の弟が出てくるんですが、これがまたドSの黒髪泣きホクロ美形で、本編でも活躍して欲しかったです。続編希望!まだまだ続くんだと思ってましたがコレで終わりなんでしょうか??

3

無自覚ドMの天然博士はブリーフ派

6月に先に出た作品は、天然の天才教授が登場してファンタジーワールドが展開されましたが、それはとても誠実で暖かいものでした。
こちらの作品も天然の天才博士が登場するのですが、それはとてもブラックあふれたひねりの効いた作風。
前作で真行寺さんが極右と言っていたその対極になる作品ですねv
面白さ、てんこ盛りです♪

リヒテンシュタイン博士は箱入りで世間に疎い。
天才によくある傾向で、信じ込みやすく、熱中しやすく、騙されやすい。
それに付けいるのが助手のシュミーア君。
一見人のよさそうな顔をして、博士をこっそりイヂメルのが趣味のドS。
天然の博士だから、そのドSが誰だかわからないままに、翻弄されて、無自覚ドMが花盛り!

初めて電車に乗る博士に痴漢行為をしてみたり(電車で最後までやるのは危険です!)w
お尻が痛い(痴漢行為の後遺症?)博士のお尻にこっそりいたずらしてみたり(いや、ちんことクスコは違うだろ!?)ww
スパイにあこがれる博士を騙してマイクロチップと偽ってローターを身体に入れたりwww
でも、こうしたシュミーア君の調教が効いてMが開発されてしまった博士は無続き自覚の欲望を心に秘めるようになり、それは幻覚だったり、夢に現れて、、、

さんざんいたぶられる博士と、いたぶるシュミーア君だけど、そこにはきちんとシュミーア君の愛が介在しているという持っていくところが安心できる部分ですね。
博士、中年の設定なのにカワイすぎます♪♪♪

ラストの最後に博士の弟が登場。
彼はドSで、シュミーア君とキャラが被るので本編登場がなかったとか・・・でも彼が主役の作品も見られそうデス。
一カ月に2冊の刊行、しかも両極の作風で見せてくれて、とても楽しかったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ