唇よりも熱く

kuchibiru yorimo atsuku

唇よりも熱く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
99
評価数
29件
平均
3.5 / 5
神率
24.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784044520120

あらすじ

NY大手保険会社の社長秘書ながら、社長を殴って退職した志乃は、財閥御曹司で自動車会社を任されている雨宮にその手腕を買われて彼の秘書になる。けれど雨宮は「キスしてくれなきゃスーツを着ない」と言って…!?

表題作唇よりも熱く

技術革新をもたらした若き天才児で会社社長・雨宮穂高
米国の保険王の元秘書で攻様の第一秘書・志乃吉章

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

雇用関係なんですけど、主従関係みたいな…‼

自動車業界もので、最後はお話の展開上、保険業界&司法関係も少し絡んできます。
今回も、お仕事面がしっかり描かれ、その中でラブ面の駆け引きもありと…
成宮さんらしい、王道設定なんですけど一捻り加えられた作品でした。

内容は自動車会社社長兼天才エンジニアの穂高 ×カタブツ秘書の志乃の年下攻&アダルトラブ‼

ニューヨークの保険会社で秘書をしていた志乃は、社長のセクハラに殴り退職。
クリスマスの日、偶然出会った穂高を助けた志乃は、その後、穂高の秘書に。
天才肌で何でもそつなくこなすのに、志乃の前では、甘えた子供で、手を焼かす穂高。
まるで、子守り状態(笑)
ライバル社の男にはめられた志乃は、穂高の大事な研究情報を取り戻すため誘いに乗り危機陥り…
それを穂高に咎められてしまいます。
そして、常務である穂高の兄や、穂高の婚約者問題に、因縁の前上司も絡んできて…⁉

野性味溢れて恰好いいのに、時々小学生みたいな穂高と
ストイックに見えてフェロモン特盛…でも情緒に乏しい志乃。
受攻共に、自分をしっかり持っていて男前な所が好きでした。
仕事や研究の部分のポリシーも続きしっかり書かれてあって、読み応えもありました。

萌えたのが、スーツ嫌いの穂高が、スムーズにスーツを着る条件として、志乃にキスをねだる所が(笑)
しかも、志乃も大事な時間を押すなら、キスくらいならと許してしまっている所‼
前職はセクハラが原因でやめてきたのに…矛盾してるよなあと思いながらも、本人は気がついてないけど、すでに志乃はオチてるんだな♡とニヤけてしまいました(笑)
そんな2人の掛け合いが楽しくて、そこに運転手&ボディーガードのレイが加わる会話が好きでした。

このレイがいい脇キャラ、かなりオイシイいポジションの人物(笑)
彼がいった、「吉章や穂高が車やナスに性的興奮を覚える人間だったとしても、俺は今まで通り送り迎えしてやるよ」
という素敵な台詞は印象的で笑えました。

志乃が穂高に対する気持ちを自覚してまずとった行動と
別れ際に始めて言葉にした「穂高」という言葉にちょっとせつなくもなり、その後の展開をワクワクもさせられました。

そして、クリスマスで始まり、クリスマスで終わる演出と、
毎回絡んでくるコンサートチケットのアイテムを使いながら、綺麗にまとめていく手腕が憎かったです‼

ただ、現実離れしてしまったかなあと感じる部分もあって、
兵器開発に流用できるようなエンジンを、穂高1人で開発してしまったり、
そこから、一年足らずで、会社の目玉商品を開発し直し成功をおさめた所が、志乃を迎えにいくためだったとしても、あり得ない展開すぎかなあと微妙でした。
ファンタジーな部分は重要なんですけど、その中でのリアルな部分との駆け引きは難しいですよね。
その人の好みにもよりますし…。

エロスの部分は、少し軽めでしたけど、年下攻めながらも意地悪で男前な穂高と、志乃の葛藤しながらも色っぽく、可愛らしい部分は楽しめました。

年下攻め社長×秘書もの、仕事もの大好きな方にはオススメです。

1

結構設定に萌えてました

設定にも結構萌えてました!!

秘書って結構いいですね…!!

個人的には雨宮の「俺が悪い」っていうセリフにかなりぐっと来ていました。(微妙ですが)
二人の掛け合いもすごく面白かったです。

なかなか二人が両想いにならないのが
好きなので両思いなのになかなか結ばれない、

それでも志乃が一年半の別れの前に雨宮の名前を
呼んだシーンには涙が出ていて自分でも
びっくりしました。

成宮さんの作品は脇役のキャラも魅力的なのがいいですね!!

評価はまちまちですが、
個人的にはかなり高い評価しています。

0

社長×秘書

凄い美形って訳じゃないんだけど何故か男を魅きつける志乃〔受〕はアメリカで保険王と呼ばれている男の秘書をしていたんですが、彼のセクハラに抵抗して職を失います。
そんな矢先に空港で出会った青年、志乃は彼の身なりからそうだとは思わなかったのですが、実は彼は車メーカーの会社社長だったのですね。
そして志乃は、穂高〔攻〕の秘書となって働く事になります。
穂高はエンジン開発に関しては天才的で、一旦思考がそちらに行ってしまうと研究に没頭してしまう。
彼には性格の悪い兄である専務が居るんですが、でもこの兄は弟の事は大切にしてるんですよ。
志乃は穂高に時には仕方なく、時には強引にキスをされたりしていて。
がっちり仕事と、社長と秘書との恋愛、それに婚約者が絡んできてとあれこれあるんですが特にややこしい事はなくサクサク読めました。

0

あれ?大好物な筈なんですが…;

破天荒な天才と美人で有能な秘書なんて、超大好物な筈なのに……、なんでだろ?物足りないというか、スッキリしない?

色んな部分で「おー天才肌!」と納得する部分や「おー君有能だね!」と思える部分がなかったのかもしれません。
それを狙ったらしき部分は多々あるんですが、「あれ?その方向?」みたいな感じですっきりしない展開と言うか……。
兄貴が弟溺愛って設定も、イマイチ生きてなかったというか、別に溺愛されてる感じじゃなかったというか……。
どうせなら、天才社長がもっと天才肌で、無邪気にサクサク開発とか研究とかしちゃって、犬猿の仲の兄貴と秘書がキーキー喧嘩しながら、けど利害は一致するから一応手を組んで、悪用されないようにあの手この手を尽くす……みたいな感じのほうが楽しめた気がします。

あと、私がイマイチ盛り上がりきれなかった最大の要因が、きっと婚約者絡みのあれとかこれとか。
「え?そこイジケなくて良くね?」と思ってしまいました。
そりゃ婚約者くらい居るだろうよ。っていうか、あんだけ好き好き言われてるんだもの、一人で勝手に凹まなくても、聞けば良いじゃん。
と思ってしまいました。続き

けど、会話も文章もすごく読みやすくて、わりと問題山積の重めの話なのに、サクサク読めました。

や~、なんとも評価の難しい……。
面白かった気もするんですが、モヤモヤする気もするんですが、やっぱり面白かった気もするし……。
なにせ設定は大好物なんですっ!何度でも言いますがっ!
社長もちゃんとカッコよかったです!
こんな萌える役者が揃っていて、お話に違和感があったから、イマイチだった印象なのかもしれません。
それは総じて「イマイチ」ってことなのかな……?
いや、でも社長と秘書は大好きだ!

1

び…微妙…

成宮ゆりさんは、作品によって大好きかいまいちか、不思議なほど真っ二つになっちゃう作家さんですが、これはあまり好きな作品ではなかったです。

仕事に関する描写が多いんだけど、そのあたりかなりモニョモニョ。
破天荒な天才という設定の攻めの決断がいろいろと理解不能でした。
や、理屈は理解できるんだけど。
先にレビューされた方も書いてますが、「人を殺す道具に転用されるかも知れないから、発明したものを握りつぶす」って理屈はどうなのよ、と。これを「人間として素晴らしいこと」だとしてしまうことに萎えました。
利他的理由づけより、もっと利己的な理由づけをしてくれたほうが納得できたし、変人な天才萌えもできただろうになぁと。
受けの行動にもいろいろモニョモニョ。
弱者を救うための行動を迷わず取るのはまだいいにしても、そのときに、自分が所属してる企業に多大な損失を与えることへの葛藤が無いっぽいのがナンダカナァと。
社会正義っぽいことで内々に決断を下しちゃう攻めであり受けなんだけど、そういうのと普段の二人の性格も噛み合ってないなぁ、とかも思いました。
全体的に企業やを善悪二元論的な捉え方してる感じ。

恋愛に続きついても足りない感じ。バラバラな感じ。
社内セクハラにあんまり萌えないというのもある。
婚約者の存在を第三者に教えられて、即座に「じゃあ自分に対する感情は遊びなんだ」と確信する受けも心理とかもナンダカナァと。あれだけ攻めに好きだ好きだと真摯な愛情を打ち明けられてて、なんでそうなるのと思いました。

1

変人好きなんですが

設定が気になったので読んでみましたが、なんとなく大味で、思わぬほうに展開するストーリーが飲み込めず、乗り切れませんでした。残念。

セリフの掛け合いとか、コメディなのかなと思ったら、受けの過去はシリアスだし、攻めの兄弟仲はいいのか、悪いのか、謎だし。

天才とか、ぶっ飛んでいて常識が通用しない変人キャラは好きなんですが、この攻めは微妙。自分のアイディアが、人類のプラスではなく、マイナスになるようなことを怖れて握りつぶすって、ええっと、それってどうなの? ここは攻めをステキだと思うところなの?
本当に才能がある人間だったら、さらにその先をひっくり返すパワーを見せて欲しかった。

ラストも、数年の別離が意味があったの? と首を傾げました。
もったいないというか、残念な一冊。

0

大切なモノを守る為に

今回は技術革新をもたらした若き天才児の会社社長と
保険王の元秘書から転職した攻様の第一秘書のお話です。

攻様の開発したシステムのスパイ騒動や
受様の愛人疑惑を絡めて二人がまとまるまで。

二人が出会うのは
クリスマスを控えたニューヨークの
某空港ターミナル。

受様が日本便の待ち時間を過ごす為に
入ったカフェで攻様が偶然
受様の隣に座った事が始まりとなります。

受様は
悪名高い保険王に見出されて以来
秘書ながら片腕と呼ばれる程でしたが
受様は秘書の範疇外の事まで
請け負う気は全くなかった為、

ベットに押し倒してキスを仕掛けた
保険王を殴リ倒して辞表を提出、
帰国便を待っていたところでした。

攻様は同業者や
富裕層には見えませんでしたが
どうやら受様の事を知っている様子で
欠航してしまったアラスカ便の
代わりのルート確保を相談されます。

お代にと提示されたチケットの魅力と
クリスマスの人助けと手を貸した受様ですが、

なんと攻様は機械工学の天才児で
大手自動車会社の一端を担う新会社の
代表表取締役社長だったの続きです!!

受様はこの出会いがきっかけで
攻様に口説き落とされる形で
彼の秘書になる事を引受けます。

ところが
攻様は自らが中心となっている
新型エンジンの開発研究にばかり熱心で
なにかと社長業から逃げたがる攻様に
社長として振舞わせる為
受様はかなりの労力を割く事になります。

スーツを着るにしても
ご褒美にキスをねだる男って何だ?!

保険王の性的ニュアンスは感じず
悪戯を繰り返す子供の様な攻様のキスに
振り回されまいとすること自体、
既に受様の気持ちが攻様に向いちゃっる
ような感じがしますけど
鈍い受様は自分の気持ちに気づかない(笑)

そんな時、
攻様が閃きを書きとめたメモが
ライバル会社の社員の手に流れてしまい、
受様が乱暴されかける事件が起こります。

危うい所を攻様に助け出されるのですが
心配が過ぎて憤っていた攻様は
怒りのままに受様を押し倒してしまいます!!

受様は気持ちの定まらないまま
攻様と関係を続ける事にはなります。

読者的には
後は受様の自覚待ちかと思われたのですが

なんと攻様には婚約者がいて
元々受様を快く思っていなかった攻様の兄に
退職へと追い込まれた上、
受様を恨む保険王が
保険の独占提携を持ちかけてきて?!

どう見ても大波乱が必須な展開です!!

保険王の狙いは何なのか?!
そして受様の仕事と恋の行方は?!

毎回の事ですが
成宮さんのお話はこの厚さで
よくここまでと思う程盛り沢山♪

お仕事面では何かと気の回る受様ですが
情緒面ではかなりの鈍いので
なかなかまとまりそうになかった上に

まとまりそうになって以降も
後から後から問題が押し寄せてきて
二人が全ての問題を乗り越えてまとまるまで
ハラハラが止まりませんでした。
とっても面白かったですよ♪

今回は本作同様、社長×秘書カプで一作
真崎ひかるさんの『恋でなくても』をお薦め。

0

コメディの様な二人の掛け合いが面白かった・・

すっごく良かったです。♪
今回は本当にすべてに満足しました。内容も終わり方も・・
内容もお仕事もの・・しかも社長と秘書そして・・年下攻め・・もういう事なしです!

この攻めもちゃんと自分を持ってるし受けも自分を持っている。
自分で出来る事も雨宮は志乃に甘えてます。なんかそんな所が可愛いというか・・策士ですね・・

何より面白かったのは二人の掛け合いですね・・コメディか~ってぐらいに面白かったです。
お話の内容もすっごくしっかりしてましたね・・どうなる?どうする?なんて思いながら、一気に読みました・・
って一気に読める時間じゃなかったのに・・お陰で遅刻しそうになりました・・読み終わって時計みてビックリしてしまいました・・・愚かな私ですが・・

面白い所もいっぱいありますし、切ない所もちゃんとあって一度は別れる・・というか・・離れる二人ですが、ちゃんと雨宮は志乃を迎えに行きます!カッコいいですよ~♪迎えに行くまでにはちゃんと結果も残して、離れてる間はちゃんと影から志乃を守って・・♪とってもいい攻めでした。

志乃は志乃で、前の会社の社長との醜聞が続き・・彼を取り巻きますね・・愛人だと噂されていて、皆が皆そういう目で志乃の事をみる・・そして陰口をたたいたり正面切って文句を言ってきたりと・・
結構嫌な思いをしているだろうに・・ザクッと切り捨ててますね・・とっても男前です。

前回の作品はもうちょっと甘々も読みたかったと後を引いたんですが。。
今回は最後の数ページで二人の甘々が見れますし・・また社長と秘書にもどっての二人の朝の掛け合いが見れてとても満足しました。。初心だった志乃がかなりスキルアップしてました♪

0

設定に萌えましたw

今回の作品は、
大手自動車会社社長・雨宮穂高(攻)と、奇麗系敏腕秘書・志乃吉章(受)のお話です。

奇麗で敏腕な秘書の志乃は、保険王と呼ばれる大手企業の社長にセクハラを受け社長を殴り退職してしまいます。
仕事が無くなった志乃はクリスマスの夜、空港で雨宮穂高と出会い、
手腕を買われ彼の下で働くことに。

雨宮は天才社長と呼ばれながらも、
楽天的で志乃の前ではワガママばかり。
「キスしてくれなきゃスーツを着ない」と、志乃に度を越えたスキンシップをしかける始末・・・
しかし、志乃は何かと文句を言いながらも毎回彼の行動を受け入れてしまいます。
段々と、雨宮に惹かれていく志乃。

そんなある日、ライバル会社の重役に大事な資料を盗まれ、
志乃は襲われかけてしまいます。
そこを、雨宮に助けられ
「俺にしか触らせないと誓えと」と独占欲を剥き出しにされ、ついに・・・

二人は少しずつ距離を縮めていくが、志乃の存在が気に食わない人物が
仲を引き裂こうと、思惑を巡らせます。
雨宮と志乃は互いに離れなければならない展開に。

この続きは、ぜひ読んで確かめていただきた続きいですw
最初にこの本の帯をみて、これは萌えると思いました!
”社長×秘書”
大好きですww
上記では触れなかったのですが、雨宮の方が3歳年下なんですねー
年下攻めですよwww

離れなくてはならなくなった二人の決断が、切ないんです。
好きだから離れないとならない。でも、諦められない。
最高でした!!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ