可愛いひと。9(表題作 春&瑛司)

kawaii hito

可愛いひと。9(表題作 春&瑛司)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784344819900

あらすじ

千尋との将来のために、絢一が固めた決意とは? 一方、瑛司との同棲生活を満喫する春は、教師への道を邁進中で……。シリーズ完結!

表題作可愛いひと。9(表題作 春&瑛司)

各務瑛司・エリートサラリーマン
都村春・大学生

同時収録作品春&瑛司 / 絢一&千尋 / Eiji&Haru,Chihiro&kenichi

高根千尋 開業医
高根絢一 病院受付

その他の収録作品

  • (表題作なし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ9巻目・完結編。

全9巻の大長編シリーズもいよいよラストです。

本来、旧版ではもう1冊出る予定だったものを、版元の倒産に伴う事情で、9巻に2CP分収録したらしいです。

まずは1編目『春&瑛司』です。前巻ラストで同棲することになった2人。春は大学4年生になり、体育教師になる夢のために中学へ教育実習に行くのがストーリーの中心です。

2編目『絢一&千尋』は、絢一のカミングアウト編とでもいうべきストーリー。両親はすでに亡くなったため、たった一人の身内とも言える姉の夫(義兄)へ真実を告げるんですね(千尋の両親と絢一の姉はすでに知っています)。

そして、千尋の病院で受付を担当している絢一が、将来の目標を見つけて、それに向かって努力を始めるんです。

1冊に2CPでページが限られる分、それぞれのCPの顛末が駆け足気味に語られた感じです。ただ、それが不満かというとそうでもなくて、今までの巻のように、新たに大きな脇キャラクターを登場させることなく、ほぼそれぞれのCPとそのまわり(身内)で展開していく形でした。

正直、大長編の締めくくりとしてはなんともあっけないと言うか、すでに続き落ち着いた後日談の雰囲気でしたが、まあ山も谷もすでに胸焼けするくらい乗り越えてきてますからね~。
これからも彼らの日々は続いて行くということで、これはこれでよかったんじゃないかとも感じましたね。

ただあえて付け加えるなら、大団円のお約束のように過去の脇キャラクターがちらっと顔(声)を出すんですが(カーテンコールみたい・・・)、瑛司の甥の悠紀也はまあいいとして、千尋の従兄弟の藤岡はいらねえだろ、と思いました。私がコイツ大キライだからというのが大きいですが、ホントにまったく意味なかったし。

あとは、できたらせっかくの新装版なんですから、あまあまの書き下ろしがあるともっとよかったかな。
このシリーズ、ほとんど書き下ろしなかったですね。同人誌や雑誌掲載からの再録はありましたが、とにかく『書き直し』で手いっぱいだったんでしょうか。

シリーズトータルでは、正直なところ『1回読めばもう十分』です。特に好きとも言えません、残念ながら。
ただ、その1回は止まらず9巻分一気に読めました。そういう点では、決して悪くはないんです。単に私の好みとは違うな~というだけで。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ