彼方の恋

彼方の恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説(同人)
サークル
ALLIE &月の砂漠<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
62ページ
版型
A5

あらすじ

角川書店 久能千明&蓮川愛「グレイゾーン」シリーズ サイドストーリー
譲・由利・佳也の話

表題作彼方の恋

評価・レビューする

レビュー投稿数1

商業誌のサイドストーリーとしての同人誌

ボーダー・ライン ターニング・ポイント その後のお話。

蓮川愛さんのコミック 譲
久能さんの小説 由利と譲 佳也と響子 2編

という作りになっています。

コミックでは亜久利を想う譲。
夢の中でさえ亜久利の部屋の扉を開けられない譲のせつない想いがひしひしと感じられます。

小説では、だいたいそのコミックの続きというか・・・ひとり鬱々としているであろう譲を由利が引っ張り出します。
グレイは冬コミということで冬の描写が多いそうですがクリスマスです。
由利は、いつもいつもナイスタイミングで譲をかまいます。
お姉さん?と弟という感じで微笑ましいです。
ま、由利は一筋縄ではいかないのでなにか考えているかも?ですが、いつも譲が前を向くきっかけになっています。

佳也と響子 こちらは、佳也が記憶を取り戻したいと響子に協力を求めますが・・・。
このふたり、過去に付き合っていたんですよね。
一度別れてそれなりにいい関係でしたが佳也が記憶を失ったことでその関係が揺らいでいるような気がしました。

商業誌のサイドストーリー・・・小説をコミックで読めるのは楽しいです続き
そして、同人誌でストーリーを進めないところも好印象。

ただ読者としては続きも読みたいです。
グレイ・ゾーンが書き下ろしを加えて文庫化されました。
ボーダー・ライン ターニング・ポイント ともに文庫化されると良いなと思います。
ただ、ストーリーを先に進めるとして、久能さんがショートでそれを書き下ろすか・・・と考えると謎です。
長くなりそうな予感がします(笑)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ