ストレイエンジェル ~天使志願~

ストレイエンジェル ~天使志願~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
11
得点
88
評価数
28件
平均
3.3 / 5
神率
21.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784592850663

あらすじ

違法カジノ「ルナマリア」。達の悪い客の餌食となり、店の片隅で犯されそうになっていた、まさにその時、里川雛希はついに見つけた。
長い間捜し求め、恋焦がれ続けた、お兄ちゃん-鴫原冬真。
すっかり成長してしまったせいで、鴫原には自分があの雛希だとはわからない様子だったが、雛希はこれ幸いと夢中で彼を欲した。
「ほんの一時だけでもいい。彼に抱いてもらいたい」
-そして雛希は飛びこんだ。彼のいる闇の世界へ。
淫らな天使の捨て身の純愛!「エンジェルヒート」スピンオフ!!

表題作ストレイエンジェル ~天使志願~

違法カジノ「ルナマリア」の店長 鴫原冬真
借金のカタに売られた青年 里川雛希・20歳

その他の収録作品

  • 天使の反乱

評価・レビューする

レビュー投稿数11

お兄ちゃんプレイw

正直こっちのカップルのほうが好きだな。
表紙で見る限り、攻はもっとイカツいイメージだったんですが
なんだよ、やさしいじゃないかよ( ̄▽ ̄)ノシ
昔からいい兄的存在であり、合法的な仕事をしているわけではないが
やっぱり根本のところは変わってなくて。
そんな鴫原がなんともいい。

幼いころから性的虐待をされていた受。
兄のように慕った攻に会いたいと願い、数年。
偶然であった二人。
熱に浮かされて体を重ねてしまうわけですが、
会いたいと願い、抱かれたいと願い、ほかの男の物になるとしても
少しだけでもと願う雛希がかわいい。
幼いころの記憶を残した相手と~というプレイも萌なのですが
正直なところ、この作品に関してはピュアな色が強い気がしました。
もう少し先のお話が見てみたい

0

雛希かわいい

エンジェルヒートでは脇役だった鴫原の話。雛希かわいいです。
超一途。鴫原と一緒にいたいから性奴隷になるなんて、どんなけ一途なの~~~。可愛すぎます。西野花さんの作品の中で一番好きかも。ただ西野花さんは3Pが主流なので、そこがないに等しかったのが残念。もし続編がでたら雛希が数人の男に犯されちゃって嫌だけど感じてしまうエロい雛希がみたいです。

0

一途で魔性のエンジェル

エンジェルヒート3作目は鴫原のスピンオフでした。

前作でこれでもかとエロかったので今度はどう来るかと思ったら、純愛が来ましたよ~。
設定的にはエロエロなんだけども、雛希の一途さのほうが印象強かったので私の中では純愛メイン。これも一応調教がありますが、それほど描写はしつこくありません。それよりも二人の過去と雛希の気持ち、物語の方に重点を置いて描かれていて、面白かったです。

これまでの2作で、あくの強いキャラなのかと思っていた鴫原が意外に一途で驚きました。雛希視点で話が進むので、鴫原が雛希をどう思っていたのかははっきりと出てきません。ガーベラ園時代の鴫原の気持ちも知りたかったです。
流れを見ていると園長といい鴫原と言い、きっと雛希は魔性なんでしょう。今は鴫原一筋なので抑制されてますが、これが開花したらとんでもないんじゃないかな、などと想像が膨らみました。すでに二人人生踏み誤ってますし。上玉と評したヘブンはさすが見る目がありますが、これ商品化しても客を次々泥沼に落とすんじゃなかろうかと。そう考えると鴫原でおさまってくれてむしろラッキーだったのは、ヘブンの方だったりして?w
続き
展開としてはお約束。
エロとしては、ムチの登場が目新しいところだったと思います。雛希の反応はさすが堂々としたMっぷりでした。あとは、「お兄ちゃん」呼び。ショタ萌えです。

立派に開花した雛希の成長ぶりも見てみたいなと思いました。

1

改めて西野花先生の描写がスバラシイ件。

超あまあま&微妙にダークな3Pモノ、「エンジェルヒート」のスピンオフ作品
でございますが、エロと純愛をうまく混合させたこの作品、
西野先生の力とセンスの良さに脱帽でございます。

本編の「エンジェルヒート」は第1作はものすごい体力のあるエロもので
あまりのうまさに舌を巻いたもんですが、その後の第2作目、3作目はポイント萌え
はあるもののややマンネリ。

しかし、このスピンオフではエンジェルヒート本編とは全く違う純愛展開に驚いた。
なにしろ、雛希がバリかわえぇ!!!!!
エンジェルヒートはエロものとしては非常にハイレベルなところあるんですが、
こちらはエロさ以上に好感度の高い作品です。(とはいっても十分エロい)

西野先生の方向性というのはあくまで「エンタメとしてのエロ作」で
あって耽美的エロスではありません。ゆえに読後感がさっぱりしていて楽しい!

あとがきでは受けキャラ、雛希が「病みキャラ」扱いされていたことが書かれて
いますが、うーん、自分的には病みキャラというよりは健気キャラ。
子供のころの憧憬を持ち続け、かっこよくて男らしい「シギ兄ちゃん」を続き
追いかける健気さがツボです。
エチ中に「お兄ちゃん」連呼もなかなかきますw

エンジェルヒート本編では
お堅めで美しい人、水瀬があられもなく乱れる点がポイントなんですが、
こちらのスピンオフ作品では雛希の健気さと可愛らしさ、しかしエロエロ
というのが萌えどころです。

ちなみにエンジェルヒート第3作目では水瀬と雛希のエロエロしいシーンも
ございます。

3

えっちな天使はいいと思います!

トラウマあり、だが、そこから生じる自虐性はドM属性に昇華した!

という、ある種、最強の受けで、す…?


細かいお話のいろいろは、あんまり深く穿っても精神的に得はしないエピソードばっかりなので、さらーっと流してしまうんですが、(園長先生こわいよこれ)

えっちで気持ち良くなることに物怖じしない受けって、可愛いですね。


あと、第三者っていうか、脇役のポジションで出てくる七瀬の描写がめちゃくちゃ美人さんでびっくり…した…。

ふだんのあの子はどんだけ自己評価が低いんですか!けしからかわいい!


正直を言うと、次のシリーズファイナルではこのお話の2人を加えた5Pがあるとのことで、
いきなりよく知らない2人と3人とががっつり絡むのは、たぶん読むのもきついなあ、と思って手にしてみただけでし、た。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん」って言って積極的に気持ち良くなっていっちゃう雛希はかわいいし、
鴫原さんも、しっかり雛希のトラウマを解放することを考えていてくれたしで、良いカップルだったと思います。

2

エロ天使降臨

エンジェルシリーズのスピンオフ篇です。              
エンジェル~で兄弟の仕事をしている鴫原が主役の攻め。       
受け様が鴫原が普通の学生だった頃に出会った可愛い男の子。
でもこの受け様は施設で育った可哀そうな子なんですよね。
まぁ、BL界ではありがちな施設での性的虐待ですが
それを助けてくれたのが違法カジノ「ルナマリア」店長の鴫原冬真。
当時は純粋な学生で正義感溢れる青年だったのですが
受け様を助ける時のトラブルで姿を消すことに。
そして受け様は養子へ行くのですが二十歳になって養父母の
借金のカタに売られる事に、でも本人はある目的で自主的に
売られているんですよね。
純粋一途な思いと幼い時の性的虐待の為に凄まじく淫乱に
なってしまった身体を持つ受け様の姿は反する姿なのに
なんとなくOKに思えるのが不思議(笑)
攻め様が受け様に捕まってしまいボスである兄弟と
トラブルにはスリルがあってドキドキ展開です。
スピンオフまでエロス満載!

1

スピンオーフ!!

西野さん飛ばしてるなー、エンジェルハートスピンオフ。
2作目で出て来た元ホスト鴫原が主役です。
そいえば前作で七瀬に自分のエンジェルたんが欲しいみたいな事言うてましたもんね。
この巻で願いが叶って良かったー!

表紙で分かる様に今回はショタっこ登場~。
って言っても鴫原が高校生の時に出会った9歳のショタっ子雛希が20歳になって、鴨原に会いに来る話なので元ショタっ子ですが。
20歳ですが鴫原を昔と同じ様に「シギ兄ちゃん」と呼ぶのでお兄ちゃん、らめぇええええな台詞が堪能出来ます。
自分はショタ萌えばっちりなのでドンと来いーー!
エンジェルとして売られてきた雛希はエロ調教され、更に鴫原の元で調教。
お兄ちゃん呼び連発です、萌え。
鴨原の過去が判明する話でもあります。
エロも満載、ただ相手が鴫原1人なので(多人数嬲りもあるけど)他と比べたらちょっと控え目?いやエロ物差しがおかしくなってるだけで充分エロエロです。
いつものエンジェルハート兄弟と七瀬大天使も登場、今回はエロ出番無しだろと思ったら七瀬最後やっぱやられてましたー、ホントによくやられる受だと感心。
なんか屁理続き屈トンチで解決!みたいな気もしたけどともかく2人が幸せになって良かったー、これからも本編で出番有りそうでちょっと期待。
出来ればお兄ちゃん呼びは続行していただきたいです。

1

表紙がネタバレ(゜Д゜)

この頃には、鵺さんがイラストを書いている作品はあらかた集めてしまっていたのですが、本書の表紙デザインは何だか趣が違っていますね。
というか、もう次の作品も出てしまっているのでぶっちゃけますが、鵺さんの表紙デザインが変わったのはこの作品からでは???と感じます。

内容を大きく反映した表紙になっていますよね。……それを言うと、前作の『in Love』も結構反映していたようなので、前作からと言えなくも無いのですが;
とにかく、主人公達だけをドーーンと載せるだけの表紙ではない……ということが言いたいのです。

あれ?表紙についてしか語っていない(゜Д゜)!!!

え~本書の感想ですが!受けの雛希くんの病み具合が最高☆!!
私好みの自罰っ子(´∀`*)
「シギお兄ちゃんを殺すなら、俺も一緒に死ぬ……!」っていうあたり。
可愛いぃぃ≧(´▽`)≦ メッチャ萌えた!!
……ってアレッ?ここは感動する場面なんだけどな;;

スピンオフですが、シリーズの中で一番好きかも知れない一冊です。

1

エンジェル溺愛な男たち(*´ε` *)

『エンジェルヒート』のスピンオフ作品です♪
なんだかとってもツボにハマりました!!
色々あったけど、二人ともお互いが大好きなんだな~っていうお話。
うん、純愛(?)ものですね。
鴫原さんが男前すぎて…///思わず惚れそうになっちゃいました
(;´v`)
登場回数はそれ程多くなかったですが、『エンジェルヒート』の三人も出てきます。
おぉ、七瀬大活躍!
景彰も漣も鴫原も、みんな自分のエンジェルにメロメロなんですねvV
次回作『エンジェルヒート ~Blood~』を読むのが楽しみです
(o・ω・o)

0

優し過ぎるよ~

エンジェルヒートのスピンオフ作品です!!
エンジェルヒートシリーズの中で登場した鴫さんと子供のころ鴫さんに助けられた雛希の物語です。
雛希は受け。
鴫は攻め。

調教と言っては雛希を可愛がってしまう鴫さんに注目です!!

エンジェルヒートでおなじみの3人もでできますよ~。

0

あっぱれすぎる受けの乱れっぷりがスゴイ!

こんなに早くスピンオフ作品出ると思いませんでした!
前作で、いい活躍をしたシギこと鴫原に関するお話。
実はこの表紙イラスト・・・ドン引きしてしまった!?
何かアニメのオープニングかエンディング風の、子供の絵が付いてるよー!
内容がとっても解りやすい絵なんですけどね。。
今回は、どんな展開で見せてくれるかと期待しておりましたらまた度肝を抜かれました♪

主人公は雛希という青年なんですが、施設で育ち、そこで鴫原と出逢い彼を慕っていたのですよ。
しかし、雛希は施設の園長に性的虐待を受けていて、鴫原と花火を見に行くと約束したその日、事件が起き、離れ離れになってしまい、それ以来恋焦がれてずっと捜し続けていたのです。
ということで、何年も経ってやっと再会を果たすのですが・・・

うっへー!!この雛希の病み具合がハンパない乱れっぷりに現れていて驚愕でしたwwww
いや、彼には”エンジェルヒート”はいらないですよ!
あれを使ったと同じくらい、っていうかそれ以上にものすごい乱れてましたから(汗、、)
幼い頃の虐待のせいとはいえ、すごいマゾヒストになってしまった部分。
それが続き、すごくおいしいのですが♪
鴫原は、景彰とか蓮に可愛がられている右腕的優秀スタッフなんで、もっと賢くて非情な人かと思っていましたが、案外ヌルかった。
雛希の根性勝ちですね。

そして今回七瀬は”大天使”と呼ばれ、中々に景彰達をホネヌキにしておりまして、そんな甘い部分がチラと垣間見えました。
『天使の反乱』は本編終了後のお仕置きとしょうした3人の絡みが、おまけなな感じでww
今までの関係が、色々と変わってきたんですね。
・・・ということで、またまた本編トリプル面子による4冊目も出るそうです!!
そう見ると、この関係性の変化というのは、重要な意味がありそうですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ