凌辱は蜜よりも甘く

凌辱は蜜よりも甘く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
ISBN
9784877245078

あらすじ

憎い男に抱かれる。父の特許を奪い急成長した会社社長・人見。父の仇を討つために近づいたのに、逆に一詩は激しく凌辱されてしまう・・・!
御曹司である一詩が、傲慢鬼畜な人見にひざまずき、口づけて、隷属を誓う屈辱・・・。あらゆる場所で無理やり淫欲を暴かれ、泣きそうなほどの官能の渦に叩き落とされながらも、口づけだけは蜜より甘く。凌辱に次ぐ凌辱!激しくもせつない、ドラマティックラブ。
(出版社より)

表題作凌辱は蜜よりも甘く

会社社長 人見亮介
小野瀬エンジニアリング御曹司 小野瀬一詩

評価・レビューする

レビュー投稿数3

父の仇

復讐のために人見に近づいたのに逆に陵辱されてしまう話。
最終的に父の特許を奪った、というのも誤解で人見は一詩の父親を尊敬していたんですけどね。
憎い相手に強姦されたのに好きになってしまう展開って多いですね。
とにかく陵辱シーンが多い。
でもひどくされてフラフラになった一詩が抜け出して車道に出てしまって人見に止められ、
連れて帰られたあと少し優しくなってる展開は萌えました。
こういうやりすぎて追い詰められた受けを見て動揺する攻めみたいな展開が好きです。

0

テンプレ通り

もう何回目でしょうかこのパターン。
陵辱モノは好きなのですが、それしかしてないのは芸が無いと思ってしまう。目が滑る・・
序盤も序盤、会った途端にいきなりエロを仕掛ける攻め。
親を殺された憎い相手のからそんなことをされているのに、それほど激しい抵抗もしないで感じる受け。う~ん。

仕事上の重要な取引が絡んだストーリーなのですが、この受け一応専務なのに頼りなさすぎるし、仕事中の描写が少ないからか、ただ攻めに犯されているだけに見えてしまう。素直にアンアン言ってるし・・しっかりしろと言いたくなる(*_*)

誤解が解けてハッピーエンドなんですが、それもバッチリ読めてしまう展開。
どこかにひねりが欲しかった。


この作品と同時期に、藤森ちひろさん著「悪辣」を読んだのですが、展開もエロ先行なのも似ていて、どっちがどっちか分からなくなりましたw

1

受のセールスポイントが

ルックスと御曹司だけって・・・・ いや やさしい性格とか書かれてるんだけど それを納得させてくれるようなエピソードが皆無で
仕事の方は 出社はしてるようだけど専務っぽいことって副社長から報告を受けるのと 攻に度々連れ出される財界のパーティでいじけてるだけ
これじゃぁ会社が左前でも仕方がないんじゃぁ。。。 orz
でもって 攻に脅されていやいやえっち 「でも感じちゃう(*´д`*)」
魅力が感じられませんわ orz

文中に無意味に出てくる三点リーダーもイラつきました

「しゅみじゃない」にしなかったのは偏にイラストが綺麗だったから ヽ(・ω・)ノ

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ