YES IT'S ME

yes it's me

YES IT'S ME
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
51
評価数
12件
平均
4.3 / 5
神率
50%
音楽
斉藤みち代
脚本
立木ミル
原画・イラスト
ヤマシタトモコ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
キャラモモ
収録時間
54 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典 フリートークCD
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

眉目秀麗、成績優秀、自分自身ですら見とれてしまう素晴らしき青年、東間の人生に何も問題はなかった。
なかった筈が、幼なじみの江城の放った一言で東間の心は惑わされる。

――――「おまえおれのこと好きだろう?」

20年以上一緒にいた幼なじみと、お風呂に入る仲になる「YES IT`S THAT」までお届けします。
短編「目蓋の裏にて恋は躍りき」も収録。

表題作 YES IT'S ME

江城良和 → 羽多野渉

東間新 → 平川大輔

同時収録作 目蓋の裏にて恋は躍りき

沼上 → 立花慎之介

馬原 → 檜山修之

評価・レビューする

レビュー投稿数4

テンション上がったモン勝ち

原作も大好きで、しかもトーマスが平川さんと言う事で居てもたっても居られない状態が続いた。
そしてようやく、ようやく聴けたのだ…YESおれ!(笑)

原作からしてトーマスのドギツイ程のナルシストぶり。
そしてキノコの冷静沈着でどこか変態臭漂う不思議感。
これを見事に平川さんと羽多野さんが表現して下さりました!
いやー、ヤマシタ漫画原作のドラマCDでテンション高いものは本当に楽しいですね。

表題作関係3部作が収録。
しかも忠実に尚且つ原作以上のテンションの高さを表現して下すった事に感激!
平川さんのお声は本当に大好きなんです。トーマスのネジ外れてます加減の表現力に脱帽。
でも本当は、普通そうなキノコの方が内心おかしくて、それも羽多野さんの演技でより素晴らしい物になっております。

ただ、本当に大好きなんですが。
テンション高いのは勿論分かりますが、平川さんのお声をもう少し抑え気味でやって貰えたらもっと萌えられた気が。
……いや、大好きですけどね!何度もリピしてます。

ちょっとドラマCD聴いて、気分上げたいわーって時にオススメの一品です。

1

「キノコ」と「トーマス」

これはお勧めCDです!
面白いです。ものすごく笑います。
朝からとても気分が良いです。
聴く人全員が明るくなれるストーリーで1日元気良くがんばれます!
ほとんどがギャグです。ボケとツッコミ満載です。
会話のテンポが夫婦漫才のノリで進んでいきます。
話は「キノコ」と「トーマス」の幼馴染(腐れ縁)二人組みの
ドタバタ恋愛劇場です。
Hシーンありません。初心者もOKです!
原作のヤマシタトモコ先生は素晴らしいと改めて思います。
声優もドンピシャリ!全員が当たり役でした。
エロ無しなのにエロく感じられて うまいです。
本当に面白かったです。何度でも聴けます。

0

原作が更に輝く感じかな

羽多野さんと平川さん目当てで聴いたんですが、メインの4名の声優さん、皆さんよかったです。

「YES IT'S ME」では平川さんのナルシスト+ちょっと天然気味なところに笑い、羽多野さんのクールさに聞き惚れてしまいました。

ストーリー的には、私は「目蓋の裏にて恋は躍りき」の方が好きなんですが、馬原の無邪気でガラスのような繊細な性格を檜山さんが好演されてたと思います。
立花さんのお声もクールでカッコよかった~^-^
平川さんが教師役をされているのにもびっくり。キャスト表を確認するまで分かりませんでした(汗)。羽多野さんはすぐに分かったのにな・・・。

1

平川さんのナルシストキャラが最高

濡れ場のないドラマCDって、クオリティが高いものが多いなぁとつくづく思います。
これで濡れ場があればもっと嬉しいのに!とも思ったりしますがw
いずれにせよ、なにより重要なのがドラマで、次にエロスだなと思う。

とにかく平川さんの突き抜けたナルシスト演技が見ものです。
自分が大好きで鏡を見るのが大好き。女子社員にひそひそ噂されてもめげない。
平川さん、テンション上げすぎたのか、フリトもそのままのテンションで突っ走ってて、なんか平川さんのいつもの喋りかたじゃないのが微笑ましくて可愛かったですw
対照的なのが羽多野さん、ずっと落ち着き払ったキャラなんだけど、萌えツボにクリティカルヒットしたときの反応に笑いました。
お風呂場のシーンは妙に恥ずかしかったです。ただお風呂に入ってふつうに会話してるだけなんだけど、激しいエッチしてるよりもエロス!恥ずかしい~!

他『目蓋の裏にて恋は踊りき』は立花さんと檜山さん。キス止まりなんだけど、これどっちが攻めか気になるわー。
珍しく檜山さんが天然のアホキャラでした。
こっちも面白かったです。
短くてサラッと爽やかだけど、ウィットのきいた作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ