おとなり

otonari

おとなり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784592870814

あらすじ

久保田博紀は老舗の和菓子屋で評判の孝行息子。久保田家と隣の芳野家とは、ある事件以来犬猿の仲だが、博紀は芳野家の次男で同級生の哲と今も友達付き合いを続けている。「いまどきのバカな高校生」を地でいく哲とはまるで正反対の博紀が、家族に隠れてまで友情を育むワケは…。表題作ほか一編、スイートホームラブストーリー連作書き下ろし。

表題作おとなり

博紀 和菓子屋の評判息子
哲 いまどきのバカな高校生

その他の収録作品

  • 千里同風
  • Every Jack has his Jill

評価・レビューする

レビュー投稿数2

早く出し直してほしいのに

これこそ、個人敵には早くイラストを変えて出し直してほしいんですが、出ないんでしょうか?

一作目は、本当にアホの子が受け?で、天然入ったアホすぎるのがおもしろいし、もう一作は、月村さんお得意のグルグル後ろ向き思考の受けが、強引横暴な攻めに振り回されまくりでおもしろいです。秋霖の攻めを彷彿させますね。

0

相変わらずのじれったラブ

今回は幼なじみをテーマにした2組の恋のお話です^^

□千里同風□
和菓子屋の看板息子博紀と、ノーテンキで今どきのおバカな高校生哲はお隣に住む同い年の幼なじみ。とある理由で両家が仲違いをしている為、登下校に近くの神社で隠れて逢い引きをしている。とは言っても他にもう1人幼なじみが加わってたり、序盤ではまだお互いに恋愛感情を自覚してないので2人の関係は殆ど進展なし。
中盤に入り、哲が女の子と裸でキスしているのを偶然見てしまった博紀が、ようやく彼に対する己の気持ちを自覚する所からお話は急展開し、あとは一気に家族や友達を巻き込んでのドタバタ(?)ほのぼのコメディでございました^^
博紀が哲に告白する所で話は終了するので結局キス止まりなんですが、博紀の策略により哲が落とされる日もそう遠くはないかと…。2人はこのままゆっくり愛を育んでくれればいいと思います^^

□Every jack has his jill□
上のカップルのお兄ちゃんズによるスピンオフのお話です。
博紀の兄(多紀)は弟と違い主体性のない茫洋とした大学生。ある事件がきっかけでセックスにトラウマを持ち、哲の兄である年続き上の高校教師(芳野力)の事を毛嫌いしていた。その理由というのが3年前、憧れの存在だった力にクスリを盛られ強姦されたからで…。

今回も月村節は健在でした(笑)またしても多紀がウジウジのネガタイプ。思い込みも激しい上、すぐ何かに責任転嫁するような性格なもんだから、力からは「うざったくていいとこなしの人間」と称されてました(笑
でもそうゆう力も相当な皮肉屋で底意地の悪い俺様な暴君タイプです。
多紀の事が好きなのは一目瞭然なのにその表現の仕方がとにかくひねくれてて本人には全然伝わらない。つか多紀はレイプされた(結局は誤解だったんだけど)と思い込んでるから逆に神経逆撫でされて益々険悪な結果に…。そんな2人のお話なので意志疎通がなされてからもBL特有の甘々な雰囲気は皆無に等しかったです(>_<)ま、Hになだれ込む直前で話が終わったから仕方ないんですが、こうゆう「後はご想像にお任せします」的な所は月村さんらしいなと思いました^^
タイトルの和訳は「破れ鍋に綴じ蓋」という意味らしく、読み終えて妙に納得(笑
Sの力とMな多紀。
結局はお似合いのカップルって事なんでしょうね。

月村さんには珍しい、S攻めに萌えた作品でございました^^

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ