嵐の夜、別荘で

嵐の夜、別荘で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005718

あらすじ

人気脚本家の椎名は最近スランプ気味。オンエア直前でも筆が進まず焦る椎名は、断崖絶壁に建つ別荘でカンヅメになることに!けれど無人のはずの別荘には、なぜか先客が…!!怯えた様子の美青年・宏実は「匿って」と縋ってくる。その時、宏実を追ってヤクザたちが現れた!宏実を見捨てられず、なりゆきで一緒に別荘に閉じこもるハメになり!?折しも迫る季節外れの嵐―今夜何かが起こる。

表題作嵐の夜、別荘で

スランプ気味なTVドラマの超人気脚本家・椎名龍一郎
攻様の友人別荘に逃げ込んできた訳有り青年・吉野宏美

評価・レビューする

レビュー投稿数1

サスペンス仕立て。

二宮さんの絵にひかれ手に取りました。
愁堂さんのお話は好き嫌いが多少あるのですが、このお話しは面白かったです!
表題作はスランプ状態の脚本家が友人の別荘で缶詰め作業しようとしたら、別荘には友人の元恋人という美少年がいて借金取りに追われていてかくまって欲しいと泣きながら訴えられ、ヤクザや少年の恋人っぽい子が別荘に来たりとあり得ない、まるでドラマのような展開が繰り広げられる。
結局別荘の持ち主である脚本家の友人が、脚本のインスピレーションになればと劇団員などを使い仕組んだことだと判明するが、それまでの過程で美少年の意外な面にひかれたり、美少年も借金を代わりに返済しようとする脚本家に呆れつつも好意を持ち、最後まで致さないもののHをし、仕組まれてたことだと判明した後はこの美少年の為に脚本を書きたいとスランプ脱出。ちなみに美少年は実は26歳(笑)
後半の話しは、付き合い始めた2人は最後までしないものの順調で、その後脚本を書き、美少年を準主役に抜擢し素晴らしい演技をするも主役の俳優が大根で、妬まれ、その関係で2人もギクシャクするものの、脚本家がついつい主役の俳優を怒ってしまい、代わりに美少続き年を主役に脚本を書き直し、見事高視聴率、2人もやっと最後までしてハッピーエンド。

この作家さんのわりにはH少なめで軽いタッチで物語が進みます。前半のドラマみたいな展開も、読者からしてみたらみえみえの展開で微笑ましいし、後半はお仕事メインな感じだけど重くなく、さらっと読めます。
もうちょっとラブを!萌えを!とも思いますが、全体的に見るとあまりBLらしくない感じなので、きっとこのくらいがいい塩梅だと思います。
人によっては軽すぎて物足りないと思うかもだけど、ちょうど重いもの読んだ後だったのもあって、とても楽しめました☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ