憧憬~プレリュード~

shoukei

憧憬~プレリュード~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
ISBN
9784778109745

あらすじ

養父母との関係に悩み、家に己の居場所を見いだせずにいる北園凛。ある日、遊び仲間に襲われ逃げ出した所を憧れの作曲家・蔵元琉聖に助けられる。蔵元の温かさに惹かれ、どうしても彼のそばにいたいと感じた凛は居候を申し込むものの、突然の事に当然蔵元に断られてしまう。だが、少しでも彼に近づきたくて体を差し出す発言をしてしまい……。
(出版社より)

表題作憧憬~プレリュード~

音楽賞を受賞した事もある有名作曲家37・蔵元琉聖
養父母との不和から家に居着けない高三生17・北園凛

評価・レビューする

レビュー投稿数1

悪い大人です

今回は音楽賞を受賞した事もある有名作曲家と
養父母との不和から家に居着けない高校生のお話です。

受様的には
攻様との出会いで自分の居場所を見つけるまで
攻様的には
受様との出会いで新しい恋を手にするまで。

受様は10歳で両親を交通事故で亡くし、
子供のいなかった叔父夫婦に引取られます。

しかし、
二年後に彼らの間に実子が生まれると
二人の愛情は全て実子に向かい
受様は養父母に心を開けなくなっていき
音楽を聴く事だけが心の安らぎになります。

高校三年で就職の道を選ぶと
進学を望む養父母との間は更に悪化、
高校生活そのものを投げだした受様は
素行の悪い不良達とつるむようになります。

そんな夏休みのある日、
受様は飛ばした楽譜を拾った事がきっかけで
憧れていた作曲家と知り合います。
彼が今回の攻様になります♪

この時は一方的に
受様が攻様を知っていただけでしたが
受様が落した携帯を攻様が拾った事から
二人は再び顔を合わせる事になります。

と言え
その再会は穏やかなものではなく、
攻様が受様を探し当てたのは
続き受様が不良達のリーダーに迫られて
逃げ回っている時だったのです!!

言葉巧みに不良を退けた攻様は
殴られて怪我をしていた受様を
手当する為に自宅へと連れ帰ります。

攻様は30才で作曲した
アニメ映画のテーマ曲が音楽賞を受賞、
今では引く手あまたの作曲家ですが
なぜか結婚もせず
大きな洋館に一人で住んでいました。

怪我の手当をされた受様はこのまま
憧れの攻様の傍にいたいと懇願しますが、
攻様は全く聞き入れてくれません。

切羽詰まった受様は
自分を好きにしていいからとまで
言出だしますが

虚勢を見越した攻様は
まずは味見をさせろと詰めよってみせ

キスの経験も無い受様は
攻様に促されるまま足を広げながらも
内心はビクビク。

受様はこのまま攻様に犯されてしまうのか?!

学生時代の恋のトラウマを癒せないアラフォーと
家庭環境の悪化から投げやりに過ごす高校生という
二回りも年の差がある二人のお話になります♪

養父母と上手く関係を築けない受様は
優しく手をのばしてくれた攻様に
元々の憧れもあり急速に懐いていきます。

学生時代の恋の傷が癒えない攻様は
恋愛から遠ざかった暮らしをしていましたが
必死に気に入られようとしている受様に
徐々に独占欲を感じるようになっていきます。

そんなところに
受様を狙っている不良のリーダーが
接触を図ってくるのですが
受様がピンチになる度に
攻様が助けに入るのですよ。

もう嫌でも二人の仲は
深まっていくと言うものですよね。

王道設定なだけに
お約束な展開なので安心して
ハラハラ出来たのが良かったかな♪

但、攻様にアラフォー世代の
大人な男らしさが足りなかったので
「二回りの年の差」の必要性が
あまり感じられなかったのが残念!!

ベットの絡みはとってもエロいのですが
初な高校生相手なので床上手なだけじゃ
大人の証明にはならないな(苦笑)
次作に期待です。

今回は本作同様、
王道な年の差カプで一作
真崎ひかるさんの『硝子の筐』はいかが?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ