素直になれない男たちの、プライドと純愛。

グレイ・ゾーン 下

gray zone

グレイ・ゾーン 下
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
6件
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
ISBN
9784044380038

あらすじ

体を繋いでも、譲を避けようとする亜久利。彼が身を寄せる美貌の弁護士・由利の許を訪ねた譲は、そこで亜久利が調査員としてある事件に関わっていることを知る。実直な譲は自ら事件に顔を突っ込んでしまうが…。
久能千明が贈る極上ロマンス、上下巻同時発売!

表題作グレイ・ゾーン 下

友人と探偵事務所をしている元警視28・片岡亜久里
攻様に憧れて警察官を目指した警部補23・香坂譲

その他の収録作品

  • インテルメッツォ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

闘いとプライドと、そして純愛と。

相変わらず自分を遠ざけようとする亜久利に、
駆り立てられるようにして潜伏捜査に乗り出す譲。

物語は、エイという得体の知れない少年の登場で動き出す。
エイの恐ろしさに、必死でお互いを守ろうとする亜久利と譲…

結局事件は、「いったん」という感じであっさり終息するが、
本当には何も解決しておらず、巨悪の匂いのする真相に興味を引かれながら読了。
これに関しては、シリーズを全部読んで初めて見えてくることなのだろう。
早速入手しなくっちゃ!!

二人の恋愛は、とりあえず色々と今後も困難はありそうだけれど、まとまりましたw

亜久利の相棒の弁護士由利が、グレイゾーンにいる自分たちを
「隠密同心」と表現していたのに笑った。
「死して屍拾う者なし」って、「大江戸捜査網」だ〜!!
ええ、私は大好きだったTV番組ですが、お若い読者の皆様知らないでしょ〜!?(笑)


*以下、「ボーダーライン」(由利が主役らしい)「ターニングポイント」と
 シリーズは続きますが文庫化はいまのところされていないようです。

1

走り出した男に自制心などない

自制心は品切れだ・・・。
自制心は、亜久利にも譲にもないようです(笑)

譲と亜久利、お互いがお互いを想い欲しがっていることはよ~くわかりますが、どっちもどっちでゆずるということを知らない。

秘密主義の亜久利、譲のことを思えばこそなのですが、跳ねっ返りの譲にそれは通用しません。
亜久利が譲を大切に思うのはわかるけど譲の性格をもっと理解しておくべきでした(笑)

譲は一度痛めにあえばいいよ(エイに痛い目にあわされたむけど)・・・己の立場も考えず、無茶振りする譲には深く反省していただきたい。
キャリアなんだからもう少し冷静に対応してほしいと言いたいです。

亜久利と由利が追いかけているものの正体がわかります。
それに関わる少年、エイが不気味です。
由利の大切な人がとても気になります。

書き下ろしは「インテルメッツォ」事件後・・・かな?

譲と由利。
口八丁手八丁な由利に譲が弄ばれている・・・そんな、ふたりのやりとりが面白いです。
でも、本当は、由利にはそんな余裕はないし、せっぱ詰まっているんだなぁ・・・と。

このお話、最終的には、亜久利と由利続きが追っている事件が鍵になるのかな~と思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ