切ない忘れたいでも愛してる

切ない忘れたいでも愛してる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大誠社
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784904835074

あらすじ

俺達は一度、引き裂かれて。もう二度と愛しあえないと絶望していた──。天使である天祐は、 ただひとりの人、日嵩の願いを叶えるためにその身を砕く。だが、ある恩恵により日嵩の許へと戻ってくる! その頃、天祐によって記憶を 封印されたもう一人の天使、日和は、初めての恋と時折浮かんでくる過去の断片に怯えていた。 優しい恋人、室谷を愛しているのに怖いなんて。 更に、なぜか仕事先のカメラマン、来栖に触ら れると気分が悪い。やがて日和の前に……!?

表題作切ない忘れたいでも愛してる

天使 天祐 / 日嵩の友人 室谷寛
作家 神崎日嵩 / 元天使 日和

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

天使が恋人なら世の中怖いものなし

前作『信じてる愛してるそう言いきれる』の続編です。
こんなに早く出ると思わなかった(汗、)

日嵩の友人・室谷の負のエネルギーに浸食され、天使として瀕死の状態になってしまった日和を救うため、自分の命をひきかえにこの二人を助けた日嵩の天使・天祐。
この天祐が猫のエリザベスの祝福で何とか再生することができ、半年経ち日嵩の元へ戻ってきたその続きからです。
今回は、日和、室谷の封印された記憶を一体どうするのか?
といった内容で進められていきます。

日嵩と天祐はラブラブのバカップルで何だか時間があればエチばかりしてます。
ま、しようがないか~離れてたし、、
でも天祐はすぐ日嵩が望んでるからって押し倒す、天使というよりインキュバスじゃないのか?ってくらい絶倫です。
悲しい記憶を一切なくした室谷と日和だけれど、まっさらな、新しい記憶を植え付けられた状態でも一目惚れの両思い同士になるのです。
しかし、日和は恐怖を感じてしまい、好きなのに室谷とキス以上の関係を結ぶことができない。
そこへ悪魔の化身のカメラマンが日和に近づき、その影響でだんだんと失われた記憶の断片を思い出すよう続きになるのです。

何だか、何でも知っているように天祐が動くのがちょっと不満。
多分、記憶を戻すのも当人達の意思にまかせ、判断と決断は彼らにさせようという意思はまるわかりなんですが、日嵩が、前作に比べて色ボケしてしまったのか、アタフタする人になってしまって、余り賢くない。
日和に近づく魔の者だって、下っ端もいいところのヘでもない魔物ということ。
どんだけ日和は弱いんだ、天祐と同じ天使なのに、、とか。

室谷と日和が過去を克服して結ばれるというのがメインのはずなんでしょうが、彼等が主役ではなく、あくまでも天祐と日嵩が主役のため、アマアマのごちそうさまな作りになっていて、気軽にサラっと読める本にはなっていますが、その分印象は薄く、ちょっとつまらなかったかも?
ラスト、天祐が日嵩に説明するとか言いながら、結局ベッドになだれ込んで、顛末を話さず終わってしまっているし。。。
もちょっとドラマティックにもう一方カプをフューチャーしてほしかったな。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ