最果ての恋

最果ての恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
71
評価数
17件
平均
4.2 / 5
神率
47.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
祥伝社
シリーズ
ボーイズDUOセレクション(コミック・祥伝社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784396700102

あらすじ

女嫌いで内向的な美大予備校教師・北斗は、明るく人なつこい幼なじみ・みなみに子供のころから片想い中。
だが、23歳にしてみなみに彼女ができてしう!
親友として枯れを励ましながら、想いを絶ち切るために一人暮らしを始める北斗。みなみとの関係もぎくしゃくし始め、一方で恩師の風見教授に性癖を知られてしまい・・・?
絶望的な片想いと、甘美な誘い。
限りなく切ない愛を描いた新井サチの意欲作!

表題作最果ての恋

幼馴染の板前 咲田みなみ・23歳
美大予備校講師 間宮北斗・23歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

途中で予想を裏切る良作

地味目健気受けが好きな私はあらすじを読み購入しました。
確かに予想通りの展開で良く言えば不満もなく悪く言えば驚きもなく進んでいきました・・・途中までは!
物語後半でビアンの女の子が登場します。この子がものすごく見た目も言動もワイルドでかっこよく、悲劇のヒロイン真っ只中にいる受けの北斗に一番痛い言葉を突き刺してきます。でも同じマイノリティだからこそ言える言葉でもあります。その子が攻めのみなみの妹に一目ぼれした時北斗と同じ様に骨抜きにされてしまうのが何とも皮肉です。そうですよね、他人事だからかっこよく決めれるものです。
ラスト、覚悟の決まった北斗の行動は清々しく悩んでいる前半部分より涙を誘います。当て馬とぐずぐずの関係にならなかった事もすごくよかったです。
ただ一つ残念なのは、みなみとみくり兄妹が、北斗の家に隣りだからと屋根伝いに渡って来て勝手に家に入り勝手にゲームで遊ぶ部分です。
どんなに北斗が惹かれる要素である天然太陽系だとしても大事な一線というものがあります。この行動だけで後からどんなにいい人だと説明されても納得できなくなります。
その部分だけ星を引かせて頂きました。

0

気持ち押し込め系はBLの覇道

明るい相手に道ならぬ恋と思い込んで気持ちを押し込めて、押し込めて、人知れず爆発させて、そこを足元取られて誤解して、実はお互い思いあっていたのです。

BLの王道やな〜と思うんですけど、その王道を一番描きたい!という情熱を込めて、周りの人たちの考えも込めて、破綻せずに書いてくださる方だな〜。
・・・とこのかたの事を思ってます。

その中でもとびきり新井色を感じました。
細かい筋を書いてどこが良かったと書くのは難しいですが、なんだろう、良かったな!と共感できました。

2

感動してしまいました

表紙を見た時、これは幼馴染の切ないお話なんだろうということは予想がついたのですが、予想以上に切なかったです。
これまで読んできた新井サチさんの作品からはちょっと予想できなかったお話でした。
こういうシリアス系もいいですね。
受け視線で描かれているんですが、幼馴染に対する隠した想いが表に表れないように、攻めから距離を置くようにするのですが、やっぱり離れられない・・・
内向的な受けの性格も手伝って、自分ひとりで苦しんでいる受けを見ているのはこちらも胸が痛かったです。
それに気づいた受けを好きな役も出てきて、どうするんだろうと心配しながら読んだのですが、受けの芯の強さにえらいな~と思いました。
登場する人物たちがそれぞれしっかり役柄をこなしていて、存在感があります。
登場する女の子もいい子達なので、BLで女の子が苦手な方にも安心してお薦めできる作品だと思います。

1

これ…

映画化したらどうだろう?
世の中にばブエノスアイレズも有ることだし…
アンナのくだりの無理矢理っぽさにもう少し手を加えて、大切な部分は残して映えさせたら、もっとすんなり(アンナの存在を)受け止める事ができるのでは?と。
アンナはみくりの将来の為に、多分無くてはならない存在だろうから、必要だろうと…
離れたくない、離したくない人に自分がゲイ(いわゆるレズも含めて)だとカミングアウトする事はとても難しくて苦しいと思うし、好きなのが(愛しているのが)その人だと告白する事も更に難しくて苦しいと思うから、北斗の葛藤は凄くわかるんだ。役割で言えば俺は攻めだけど、俺もそうだっから。
只のマンガでの出来事、だと思えばスルーできるんだろうけど、なし崩し・流れに任せない北斗、ってある意味不憫だろうけど、相手とまだキチンと向き合ってから~、な気持ちの現れだとも思えるから、凄いなぁ、強いなぁ~、って思った。俺はなし崩しで抱いた、勇気のない、弱い奴だから。
でも、だからこそ、様々な事を葛藤して選択し覚悟をしてきただろうアンナの台詞の一つ一つが映えるのでは?と。
人を想う事の苦しさと大切さに気付続きかせてくれる、宝物みたいだと思うから、色々な人々に観て欲しい、そんな作品です。

3

幼馴染同士

帯『いちばん大切な友達は、いちばん好きになっちゃいけない」人…』

いやー、幼馴染モノはやはり良いものですな!

隣に住む双子のみなみ〔攻〕と妹のみくりと、北斗〔受〕は幼馴染同士。
みなみは板前、みくりはパン職人、どちらも明るい兄弟で、いつも笑ってキラキラしている、そんな感じです。
北斗は実はみなみを好きなんだけれど、みなみには彼女も居て。
なので北斗は己の想いを封じ込めて、彼と幼馴染の親友としてふるまっています。
双子の妹のみくりが結構出番が多いのですが、素直に可愛いと思えるキャラなので邪魔くさくない所もいい。
でも結局、みくりの過去のトラウマって何だったのかな?
そこがちょっと気になりました。
まあみくりにも良いお相手が出てきたみたいだし、最後の北斗の描いたヒマワリの絵が、彼ら双子を表しているっていうシーンは成程なーと思ったです。

1

幼馴染みいいわぁ

幼馴染みものが好きなので、面白かったです。
予想通りにストーリーが進んでいくのですが、そこに個性がキラッと光ってました。
苦手な部分がなくもなかったんですけどね。悲しむ場面が微妙に過剰なところとか。恋についての綺麗事を言う登場人物とか。初エッチ、受けがどう言おうが攻めがきちんとゴムつけてくれたほうが萌えたのにな、とか。
でも、そういう苦手を差し引いても余りあるほどの萌えにあふれた作品でした。
やっぱ幼馴染みはいいなァ。ずっと近くにいて、好きなのに気持ちは打ち明けられないでいるっていうの、タマランです。切なさの説得力が半端無いなと思う。

あと、
アンナ×みくるの百合がめちゃくちゃ読みたくなったんですけど…さすがに無理でしょうな…w

0

長い片想いと 

幼馴染で親友で。
まるで向日葵のように明るい男。
ずっとかなわない恋をしている。
告げられない言葉を胸の奥にしまいこんで、けして開かないように鍵をかけた。伝えられないほど苦しい想いはどうなるか・・?!

結論は結局そうなるだろうな~というのがやっぱり恋愛ものなので見えてしまうのは仕方ないにしても、面白かったです。
個人的に新井サンの描く物語や、描き方が好きなだけでもあるんですけどw
好きだからこそ、伝えられないからこそ少し距離を置こうと
頑張る受に対して、ここぞとばかりに詰め寄ってくる攻のバランスがものすごく良かったww
またですか。やっぱりですか!とついつい突っ込みを入れてしまう。
知らないって恐ろしいwwww
でもな、恋愛云々を抜かしても、ここのキャラクターたちは
「好き」って気持ちを全面からストレートに伝わってくるのがすごく魅力だとおもうのです。
だってなんかそういうのってあこがれるっていうかなw

最後
太陽みたいな、向日葵みたいな 大好きな男が
手に入った~のエンディングが凄くよかった
胸がきゅーーんとホッコリしてしまう
あーんなシーンや続き、こーーーんなシーンがなまめかしいwジュルリ
今度は、もっと大人になった二人が見たい気がしなくもない

1

ツボにはまる作品でした

自分が新井サチさん贔屓な部分があるかもしれないが、ちょっと今までの作品とは違う感じの、ちょっと感動モノでした(自分には)
ずっと一緒だった幼馴染への恋心を抑えて、我慢して我慢して、、
そんなネガティブな主人公で、幼なじみモノとしてはある意味鉄板・王道ストーリーかもしれませんが、それでも涙腺が刺激されて、胸がチクチク痛んで、とても心に残る作品ですごく良かったんです!

幼馴染の、みなみ に彼女ができて、北斗は抑え込んでいた気持ちをさらに封印するかのように、こっそり引っ越しをして、みなみから離れて行こうとするのですが、みなみは、そんな北斗の気持ちも知らず、引っ越し先にも追いかけて、何だか今までと何も変えることができないのです。
どんなに拒絶しても、今までと変わらず、むしろ北斗を心配して近づいてくるみなみに、北斗は苦しくて苦しくて、、
教授の風見にそんな気持ちを知られてしまいますが、北斗の気持ちを理解して自分に乗り換えないかと誘ってくる。

北斗の内向的性格が、とにかく、自分も傷つかないように、相手も傷つけないように、そんな方向へ向かっているから、ものすごく鬱積したものになっ続きていて、それがとても切ないのです。
でも、その気持ちわかるんです。
大切な友達だから、その人の幸せを壊しちゃいけない、
それは、臆病ではあるかもしれないけれど大事だからこそ失くしたくない。
風見は決して強引ではないし、北斗に考える時間を与えてくれています。

みなみが、結局お決まりのコースで彼女より北斗を選ぶことになった時、登場する同じゲイ(レズ)のアンナに、何故、こんなところに、こんな人の登場を?と思うのですが、それは、北斗のように悩むのは風見も一緒でしたが、更に性別を超えて、女性の場合でも、マイノリティであることの宿命みたいなものでもあるんだよ。
というダメ出しの登場だったと思うのです。
しかし、ある意味、携帯配信の作品だったことを考えると、女性読者層の幅広い支持を得るための、ツッコミでもあるかな?と多少商業戦略を感じなくもないのですが・・・

彼女が出来たというみなみですが、キスも自分からできないほどの初心いヤツだったので、ニブチンだったというせいもあるかもしれませんが、それだけに一途で真っ直ぐなヤツですから憎めないのです。
向日葵みたいな、周りをあかるくする男が、極北・最果てのガジガジに心を凍らせた男の心を溶かす。
そんな意味を込めた題名だったのですね。
周囲のみんなもあったかくて、悪い人は誰ひとりいなかった。
きれいごと、と言ってしまえば身もふたもないが、それでも、北斗の心の変遷丁寧に丁寧に、綴られて心を動かしたこの作品は、とっても素敵でした♪

2

せつなくて愛しくて…

新井サチ先生、特有の世界観が堪能出来る一冊です。登場人物達の心の変化が、とても丁寧に描かれていて、読み進んで行くうちにいつのまにかストーリーに引き込まれてしまう作品でした。

決して好きになってはいけない親友を好きになってしまい、つらい気持ちを抱えたまま、その親友と友達関係を続けていた北斗。北斗の想いに気付かず彼女を作ってしまっている親友のみなみ。

いつの間にか、恩師の教授と、親友みなみの妹みくりにまで、自分を気持ちを知られてしまいます。でも教授も妹のみくりも、北斗を軽蔑せず、心配して励ましてくれるて良い言葉を言ってくれるんです。
でも実のところ、親友のみなみ自身も人知れず、北斗への気持ちを想いあぐねて悩んでいるんですけどね。
この作品女性キャラもいろいろ登場してきますが、皆さん個性的ですがいい人達ばかり。

恋愛成就へのプロセスとその過程がとても丁寧に描かれていて、読みごたえがありました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ