ままならない大人の恋を描く大人気シリーズ、最終巻!

きみが恋に溺れる 3

kimi ga koi ni oboreru

きみが恋に溺れる 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×210
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
173
評価数
43件
平均
4.1 / 5
神率
44.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048544993

あらすじ

呉服屋・藤乃屋に勤める陣内にとって、上司の礼一郎は可愛い年下の恋人。だが、礼一郎のお見合いをきっかけに二人の心はすれ違うことばかりで…?

表題作きみが恋に溺れる 3

呉服屋副店長 陣内和史
呉服屋店長 主藤礼一郎

その他の収録作品

  • きみが恋に溺れる-epilogue-

評価・レビューする

レビュー投稿数15

別れの危機!?

『きみ恋シリーズ』の第2弾です。『きみが恋に堕ちる』で、春の片思いの相手で司の兄だった礼一郎が主人公の、ちょっと不器用なラブストーリーの3巻になります。

ラブラブな二人かと思いきや、今度は礼一郎の見合い問題が発生します。陣内には、ちゃんと断るから安心してほしいと伝える礼一郎。信じてるけど、不安でいっぱいな陣内。お見合いは、相手の女性が礼一郎を気に入って、陣内が望まない結果になってしまいます。

不安から喧嘩になる二人。礼一郎は礼一郎で、陣内が鬼島と何かあるのではないかと不安になります。そして、いっぱいいっぱいになった陣内は、自分の思いを伝えます。

その後の礼一郎の行動が、カッコ良くて良かったです。親にカミングアウトするとは思わなかったけど、礼一郎の本気が見れて、十分陣内に溺れてるのが分かってニヤニヤします。

意外と好きだったのは、鬼島です。ホント、陣内が鬼島にしておけば苦労しないのに…と。密かに、鬼島と陣内の組み合わせが見たかったです。

1

溺れたのはどっち?

この作品が陣内x礼一郎カプの完結巻になるのかな?
この後に鬼島主役の作品が出ているようですが、そちらはまだ読んでいません。

2巻で結構恋人らしくなった二人ですが、今回は前回にも話題が上がっていた礼一郎のお見合い問題が大きく関わってきます。
礼一郎が社長の長男で跡継ぎだと分かってからは、こういう問題は出てくるよなぁ~とは思っていましたが…。
お見合い相手は取引先の社長令嬢だし、おっとり天然な礼一郎のことだからきつくは断れないだろうし…
もう礼一郎にメロメロな陣内が悩みまくるんですけれど、その嫉妬の仕方には(陣内には悪いけど)萌えてしまいました(笑)。
このシリーズ3巻通して読んでみて、タイトルの「きみ」が指すのは、最初は礼一郎のことかな?と思って読んでいたんですが、どちらかというと陣内の方なんじゃ?と2巻あたりから思いました。
礼一郎も外見からは分かりにくいんですが、結構溺れてるとは思うんですが、陣内の方が激しく溺れてる感じがします。
でも礼一郎の方もこの巻ではとっても男前です。あの潔さはカッコよかったです。^^

1

パート3

丸ごと一冊全部ひとつのストーリーです。

らぶらぶ~な2人ですけど、やっぱりボンには
ボンらしい事情が出てくるんですねw
そりゃぁ、跡取りならしょうがないってもんです。

陣内も理解しつつ嫉妬。
そりゃぁそりゃぁ、嫉妬もしますよ。ウンウン。
挙句、感情コントロールできなくなっちゃうなんて
どっちにもツライ話ですヽ(-_-)ノ

ワタクシとしては、もっと鬼島さんと絡んで
感情をあまり表に出さない礼一郎くんが
別人!?くらいに嫉妬してみせて欲しかった気が・・・ww

さら~りと読めて面白かったです^^

1

溺れても見失わない

恋人のお見合い。
幾ら仕事上仕方がないとは言え、それは頭の中でだけの納得。
気持ちでは絶対に行って欲しくないし、本人だって行きたくない。
そんなジリジリした不安や不満が、徐々に2人の気持ちを曇らせる気がする。

陣内は礼一郎が好きで好きでたまらなくて、でも礼一郎には危機感や考え方が薄っぺらいと思って居る。
礼一郎は礼一郎で、何故にそんなに陣内が自分を信用してくれないのかヤキモキする。
それが衝突して、どうしたらいいか分からなくて、陣内は無理やり礼一郎を抱いて、それでも礼一郎は陣内を責めなくて。

と、何だかこの2人の、本気なだけに上手く回らない歯車に、心が持って行かれました。

好きが故、なんだけれど、陣内はその気持ちが強すぎて本当は一番感じ取らなくちゃいけない礼一郎の気持ちを汲み切れないんだなぁと思いました。
礼一郎より、陣内の方が「恋は盲目」状態を喰らっているなぁと。

でもそんな礼一郎も、陣内の本当の本気を見て、沢山の覚悟を決めます。
いやー…男らしかった礼一郎。
全てがそれで解決する訳じゃないけれど、勇気も居るだろうし、覚悟も必要。
それでも家続き族に打ち明けたのは、陣内と離れたくない気持ちがそうさせたんでしょう。

陣内も言ってますけど、本当、礼一郎の方が胆が据わっています〃


最後の最後には、お互いのマンションが偶然お向かいになったり、幸せのスタートをようやく切れた感じが嬉しかったです。

これからもきっとたくさんの困難や壁が待ち構えているんでしょうけど、2人には絶対に幸せになって貰いたいです。
あ、勿論、鬼島さんも!

2

天然パワーはすごい!

この作品、今さら読んでみました。

全体(1~3巻)を読んで思ったことは、天然パワーはすごい!ということ。礼一郎の天然破壊力は半端じゃないです。
陣内はいつもハラハラして、少し可哀想な気もしますが、でも礼一郎のその無防備なところがたまらなく良いんですよね!分かります!!!


そして両親に、好きな人がいて、その人は男性だと告げる礼一郎は、本当に男前でした。心から陣内のことを想っているのも伝わってきたし、キュンとしました*´∀`*

この2人の話、もっと読みたいよー!(>_<)

1

おもしろいけど・・・

高永先生の作品は大好きです。
絵は綺麗だし、ギャグとシリアスがほどよくミックスされたストーリー展開もいい。
この作品もその例にはもれずなんですが、評価は・・・中立です。

理由は攻めの陣内にあまり魅力を感じられなかったこと。
自分にとってキャラクターが魅力的かどうかは、
この攻めだったら抱かれてみたいとか受けだったらヤッてみたいとか(笑)
感じるかなのですね(かなり不遜ですね。すみません・・)

思うに受けの礼一郎の方に強めの設定(比類なき美形であるとか、社長令息とか、弓道の天才とか・・)が集中してしまっているからだと思うのですが。
社会人攻め、特に陣内の場合かなり年上でもありますから、気持ちの熱さだけではなく
陣内の長所(明るく前向きで仕事がデキる)が描かれたエピソードがもっと欲しかったです。
礼一郎が仕事中の陣内のカッコよさにドキッとしたり、尊敬したりする場面を見たかったな。
そういうメリハリがあってこそ、受けが好きでたまらないグルグルさが生きてくると思いますね。

3

うーん、、、

典型的な引き伸ばし作品に思えました。苦手なタイプの続編。
絵は綺麗だし、ストーリーにもソツはない。
でもすべてがセオリー通りで、恋のハラハラやトキメキは感じず。
当て馬が登場して、嫉妬してぐるぐるして、あいまあいまにエッチして、結局は二人の気持ちはこれっぽっちも揺るがず大円団、という。
もうちょいヒネッて欲しかったし、もうちょいコメディ色が強いほうが良かったなァ。
仕事中に恋愛のことばかりを考えてる攻めにも萎えました。
主役ふたりは個性的な性格してるのに、その個性を生かした続編にも思えなかった。オトナの恋って感じもなかった。

あ、でも「食わえろ」には萌えましたw
キャー///ってなっちゃったよ。

このシリーズは一巻が一番面白かったです。
好きなシリーズだし好きな二人なので萌え評価にしましたが、楽しみにしすぎたからかガッカリだったのは否めない。

2

普通

普通におもしろかったけど、萌える、たまらないってほどではない。
手堅くまとめられてしまったかも。
もう一方のカプのほうが自分としては好みだったので、それでこちらのカプにはあまり思い入れ、萌えがないのかも?
好きは好きだし、続きが出れば読むくらいには先が気になってるんだけど。

でも高永さんも、あちこちでシリーズをやっているので、どれも似たり寄ったりの平均的になってしまうのが残念といえば残念。一番力が入っている作品って、暴君? になるのかな?

2

想い余ってのあのセリフに悶絶wwwww

思った以上に激情家だった陣内君。 最終巻にきて、ヤラレた!!私のツボを突きまくってくれましたよ~。 見合い相手をさっさと断らない礼一郎に対して、イライラ。嫉妬もさることながら、これからの事を考えると礼一郎の煮え切らない態度に想い余った陣内が暴走してくれました!!!
 いや~vv 礼一郎の頭つかんでの 『くわえろ!!』 には悶絶wwwwww 普段からキツイ男ではないだけに、余計に私のツボですよ!! 「今まで誰のことも こんなに酷く抱いたことない・・・」「自分を制御できない」 制御できない・・・ なんて甘美な響きwwwwwww いい大人の男が制御できない!! もうたまらんキタ━━ヽ(*・∀・*)ノ━━!! イイですよ~高永先生。いい仕事してますvvv 最後は、なんだかあっさり礼一郎家出てきちゃって、丸く納まっちゃったけど。もう一展開欲しかったかなぁ。 いえいえコレで満足しろよ!って感じで、堪能させていただきました。

3

シリーズ完結!?

程よく、シリーズ通して甘いイメージの作品だったんですが、今回またひとつ上を行きましたねww
久しぶりに読み応えというか、しっかりしたBLを読んだ感満載な一冊でした。
ようやく決着というところではありますが、鬼嶋くんが何気に好きでした。
ある意味、一度くらいは・・・と思ってみたりしてたんですが、やっぱりココはねぇ。。。だめなんだろうなと。
もしもそうなってしまった場合、やはり鬼嶋は攻手なのでしょうか。
むしろ逆パターンのほうが萌え・・・ry・・・
話がずれました。
今回は礼一郎のお見合い~なお話ですね。
礼一郎が好きすぎてどうしようもない陣内。
はてさてどうなる!?なお話でした。
嫉妬に苦しむのはいいのですが、いい加減過剰ではないかという演出がなんとも~でした。わからなくはない。わからなくはないのですが、自分に経験のないパターンんだとどうにもあれな感じなのが。。
それに対応する礼一郎さん。
この人も、ずいぶん抜けてる~なイメージあるんですが、後半
自分で考えてください~からの結論があまりに極端でちょっと笑ってしまった。
それが可愛い部分なんですけどね( ´艸`続き)ムププ
もひとつ贅沢を言えば、エロシーンがわりと多い雰囲気だったのにもかかわらず、サラッと薄味だったのだけが残念でした。

5

礼一郎の勝ち~(*´∇`*)アハ

溺れるシリーズ完結ですね。ひなこ様にしてはギャグの少ない
シリアス系の話でしたよね~。
暴君の方は以前に初回限定版を狩ってたんですが
今回本屋で通常本の方の帯にアニメ化と書いてあったので
びびったwww アニメ化か~絵が崩れるのは避けてほしぃな~
ひなこ様の絵って難しいから・・・
と溺れるの感想書いてないしwww
今回は陣内も迫られるし 礼一郎も見合いで・・・と
いろいろもめにもめたけど 最期は礼一郎の勝ちって
感じだったなwww≧(´▽`)≦アハハハ
ひなこ様は絵も話もWEB漫画で惚れ込んで
買い出した作家さんです。案外短編で描かれたものが
好きなのが多かったりします。
んでもうひとつ言えるのは、Hシーンがやたらエロィですよねwww
でも嫌味なく綺麗なので 大好きです。(* ̄(エ) ̄*)ポッ
絵でBL漫画を選ぶ人は間違いなくひなこ様は
指定していると思います。(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
作家買いをオススメできる漫画家さんです。

3

礼一郎もステキですが、鬼島もね☆

シリーズ最終巻です。
大分落ち着いた日常を送ってるのかと思いきや、お見合い問題が大きな事態に。
それぞれの気持ちは変わらないのに、周りの環境にいろいろぐるぐる考えて。
それが2人とも同じように考えてたらもっと違ったのかもしれないけれど、礼一郎があんなだから同じようには捉えられてない部分があるように感じたりして。
そのぐるぐるの苛立ちを結果的に礼一郎にぶつけるようなことになって、今後の在り方を憂う陣内。
そんな陣内に比べれば礼一郎の方がまっすぐに自分の思いをぶつける強さとか持ってるようにも感じる。
ただ、天然だし周りの心の機微とかを読めるわけではないのでそこまで及ばない部分があるだけで。
素直というか自分の気持ちに正直な礼一郎は男前だと思う。

一緒に暮らすのかと思ったのに、そうはならなかったことがちょっと意外だったかも。
この後も2人は紆余曲折ありつつもラブラブな日々を送るんだろうな~。
最後まで鬼島がなんかイイヤツでした。
彼の話とかないのかしら?

3

え~~~!!終わりですか!!!

陣内グルグル(笑)
けど、陣内のグルグルの仕方は、「礼一郎が悪いわけじゃない」と分かった上で、それでも自分の中で気持ちが落ち着かなくてのグルグルなので、すごく「愛!」を感じます。

礼一郎さんは、まあチラッと鬼島を気にしたりって場面はあったけど、終始一貫してまっすぐで腹が据わってました!
覚悟を決めると誰にもどうにもできない頑固タイプなんですよね~。
綺麗で素直で可愛いくせに男前!

それにしても…、いろいろあるけど、なんだかんだ言ってこの2人はラブラブだなぁ。
お互い大好きでしょうがなくて、しかも色々壁はあって不安には思っても、相手の気持ちはちっとも疑ってないってところが、凄く好きでした。
エッチも多めですっごい幸せ~な一冊でした。

だけど!だけど!だけどね!
最終巻なのはちょっと寂しい><
大好きなシリーズなので、もちょっと続いて欲しいっ!

そんで、番外編でもなんでもいいから鬼島救済を><
つけこむとか何とか言って陣内にちょっかいはかけますが、なんだかんだで一線は越えないし、ちゃんと陣内の気持ちを立ててあげて。
イイ男です!

あ、展示会で続きは、女子高生たちにおおいに賛同です!
「着物やべ~!ときめいた!」

2

コレで最後の巻なのか~?!

大好きなシリーズなんですが、
帯に(大人気!「溺れる」シリーズ、最終巻!!)って書いてある~(@@;)

さてさて今回もラブラブな雰囲気で、いや見合い話から始まってる訳ですが…
最初は、礼一郎の見合いに小さい嫉妬をしながらも、
送り出す和史だったのですが、
見合い相手にハッキリと断りを入れることが出来ずズルズルしてるうちに、
和史の嫉妬(不安)がMAX!!
ここでのエロは和史の不安が一気に礼一郎に向かった感じ。
そして後悔…

そのまま少し距離を置こうと思う和史に対し礼一郎は?!

こういう人の方が、いざとなると肝が据わるのかな
礼一郎は両親にカミングアウト?!
和史、愛されてる~(^^)
あっ、でも相手が和史だとは知らせてないけどね。

なんだかんだで2人の絆が強くなったみたいで
これから先も、先も…
あ~、終わりなんだよね~このシリーズ。

そうそう鬼島さんにも誰か良い人を!!
本当に鬼島さんも幸せになって欲しいですっ。



4

雨降って地固まる。

待ちに待った陣内×礼一郎第3弾!!
コミックス派なので待ち遠しかった~~~ 
礼一郎の見合い話がきっかけで二人の仲がギクシャクしてしまう今巻。ヤキモキ感がハンパないです。

断る事を前提でお見合いをする事になった礼一郎。礼一郎を信じて見合いに送り出す陣内。口下手な礼一郎なので、なかなかお見合い相手にはっきり断りを入れる事が出来ず、陣内は不安な日々を過ごします。

社長令息の礼一郎と付き合っている限り、今回の様な事が今後も起きるのでは?と不安に思った陣内は礼一郎から離れようと会社に異動願いまで出してしまいます。そして、「自分がどうしたいのか自分で決めろ」と礼一郎を突き放します。陣内のその言葉を受けて、礼一郎はとうとう両親に恋人がいる事、その人が男性である事を打ち明ける。これからも陣内と一緒にいる為、礼一郎が頑張ってます。言葉足らずな礼一郎ですが、本当に陣内の事が好きなんだな~って思いました。そんなに愛されてるのに、陣内ってばもう!!

二人の関係がギクシャクしている所をこれ幸い、と鬼島も登場!凹んでる陣内につけ込んで、モノにしようとグイグイ迫ってます。鬼島と陣内が一緒にい続きるのを目撃し、礼一郎も気になって仕方ない様子。結局陣内は礼一郎を愛している、と鬼島にはっきり伝えて一安心。横やり担当の鬼島ですが、とても好きなキャラなので早く良い人が見つかればいいな~と願ってます。

今回はエチも多くて非常に大満足でした!途中、不安感マックスに達した陣内が礼一郎に無体を働いてますが・・・(笑)
礼一郎が両親に陣内の存在を打ち明けた事で今後も色々大変そうだけど、一つ試練を乗り越え二人の絆がより一層強固なものになっております。

あと、書下ろしショートの二人がとても微笑ましく、今回も思い切り楽しめました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ