青春ティアーズ

seishun tears

青春ティアーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
5件
平均
4.2 / 5
神率
60%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ウェッジホールディングス(文苑堂)
シリーズ
S-lash2Comics<スラッシュラッシュコミックス・文苑堂>
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904293409

あらすじ

謝んなくてもいいんじゃんッ。
どうせ、両想いでも彼氏でもないんだから・・・。
「ウゼェって嫌われたくない」その一心で、秋史への恋心を抑え込んでいた藤生。友達だから笑いかけてもらえる。この気持ちを伝えてしまうと・・・。
身体は大人、でも心は-?甘くて切ない幼馴染の恋v
他にもキマジメ用務員×年上大好き枯れ専高校生等も収録。
熱くて元気な想いが満載!

表題作青春ティアーズ

腐れ縁硬派同級生 秋史(リバ有)
ずっと片思い 藤生(リバ有)

同時収録作品弾丸PUSH!

坂牧利朗 高校用務員
理壱 高校生

同時収録作品ミッドナイトスター★

市原 高校生
柴田 高校教師

その他の収録作品

  • 手加減してくれ!
  • つけあがんなよ?
  • 春青ティアーズ
  • スイート・クッキング
  • 弾丸ショック
  • ミッドナイト★ショック
  • 青春ショック

評価・レビューする

レビュー投稿数3

アニキ!

クールで硬派!そんなアニキな男と~なお話です。
硬派硬派と、言葉だけはよく聞きますが、アニキで硬派なこのお兄さん・・・ちょっとキュンwww
思わぬリバーシブル設定もウマ~でした。
個人的には、最終的に、これ以上ひっくり返らない気がする。
初めてだけはなれない兄貴に攻めさせて、あとはひっくり返したらもぉ・・
・・な、パターンが希望(←本命

クールで硬派で女なんて邪魔!
そんなアニキが、実は女が怖くてとかwwww
最終的にはなんだか面倒見のいいお母さんみたいで
萌えました。
無我夢中の犬に盛られてる感がまた(*´Д`*)ゥホ

>>弾丸~
なんだ・・・オッサンが受けるんじゃないんだ・・・・
第一に出た言葉がそれって(笑

>>ミッドナイト~
プライベートの方が先生男前だなww
歳若き少年にエロゲロ攻撃とは燃え!
是非、アニキたちと4Pお願いしたいものです

0

頭先行型×体先行型

とにかく今月はリバーシブルを多めに攻めたいというわけで。

好きだの気持ちがエロ方向に暴走しすぎて体験だけ大人になっちゃってる藤生に対し秋史はあまりにもな朴念仁な所がキモですね。幼少の頃からそうで、
「犬は好きなのに猫は好きじゃないんだ、なんでだろう」
・・・思い切り吹きました。なんでだろうじゃないw
そんなやつなのでエッチして両思いになった後ですらどこからそうなったんだ?と感情を証明しようとしだす。
これ、好きとかそういうものをとにかく理屈っぽく考え込んじゃう硬派というよりは「賢いバカ」だなぁと思うのです。思春期の少年のもう一つの典型だなぁ。
そんな秋史だから藤生は本当は思い切りエッチ先行のエロ少年なのにその面を隠さざるを得なかったし、ずっと好きだったことも言えなかったわけです。

そして結局攻めるも受けるも自分からどんどんああしろこうしろと強引に流しにかかるのがかわいいわけです。体のでかい方が流しにかかるのはよくあるんだけど、逆っていうのがいいね。

どういいのか表現しづらいのだけど、私のヘビーローテーションの一角として神をつけるのは躊躇しません。

1

天然ボケ硬派の鈍感が冴えわたる

表紙を見るに、余り派手でもないし、かわいいってわけでもないし、左側の少年なんか、ちょっと強面だし、正直余り期待してなかったんですが、読みだしたら面白い事このうえない!!
基本コメディですが、お話が進むにつれて、どんどん出てくるあれやこれやが、ちょっとしんみりさせてみたり、抱腹絶倒を誘ってみたり、きれいで済まされない青春っていうのもあったりしてみたり、本当、読んでて飽きない表題作でした。
学園モノは苦労する自分にもこれなら全然OK♪

体育祭で応援団をやってから急にモテ始めた幼馴染の秋史のことが好きでしようがない藤生。
その日も女子に告られて、「ウゼェ!」と思いっきり振る秋史ですが、振られた女子が自分に見えて、自分の恋心も否定されるような悲しい気持ちになってしまった藤生は突然泣き出してしまい、何が起きたか分からずボーゼンとする秋史を押し倒してキス&フェラをしてしまうのです。
藤生の告白に、うろたえて「嫌いにはなれねぇよ」という返事をポジティブに受け止めた藤生。
そして、ここから二人の珍交際がスタートするのですww

硬派の秋史が全くの天然!
ツンデレと言う前に鈍感ヘタ続きレの照れ隠しとでもいいましょうか、とにかくニブチンなんですよ。
しかも言葉が足りないから、藤生との会話にすれ違いが多々発生。
また藤生もヤンチャな普通の男子高生かと思いきや、すぐ泣く泣き虫なところが、勢いがあって、面白可愛い☆
秋史が言葉下手なだけに、藤生が一人でキリキリマイしながらも、優位に自分のペースに秋史をひきこんでいくのですが、それはまだはっきりしない鈍な秋史には丁度好さそうです。
幼馴染みで、いつも一緒にいるのに藤生に、自分の知らない面があるのを知った時、彼のいつも行く店というのへ連れて行けと強引に同行すると、そこは何とゲイバー!!
そこで、藤生の初めてを指導した全く空気の読めないアホ大人(何でこんな人に藤生はてほどきうけちゃったのかしら?)長嶺が登場し、二人の間にひと悶着をおこすのですが、それが、二人を本物の恋人にするのです。
この長嶺については、表紙カバーをはずした本体表紙にもクローズアップして、いかに嫌われているか(!?)が描かれているので、笑ってやりましょうww
恋人になっても、まだ「オレはお前のどこがすきなんだろう」とつぶやいている秋史、そりゃ童貞でしたから、身体じゃない?って・・・ww
ラストのローションプレイは、さすが、藤生は体験の先輩だけあってバリエーション豊かに・・・!?
忘れてました!最初は秋史が攻め(初めての童貞だからね)、二回目は藤生が攻めのリバ有なので、リバ苦手の方注意です。

あと、高校生とワケアリ元教師の用務員さんとの歳の差ラブ。
やってしまった酔っぱらいは新任の先生だったという、生徒×先生。
のお話が同時収録。
今回のチャレンジは成功して満足なのです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ