趣味の園芸

趣味の園芸
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
D.M.U.K(どくだみまんぼううにくらげ)<サークル>
ジャンル
南国少年パプワくん(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
20ページ
版型
B5

あらすじ

高松&グンマの本。ほのぼのギャグ。単色綴じ込みポスター付き。

ゲスト:さんしょううおこ

表題作趣味の園芸

高松
グンマ

その他の収録作品

  • 前書き
  • 「生物兵器アワー」神崎らいむ
  • イラスト:さんしょううおこ
  • 「はじめてのH(死語)」神崎らいむ
  • フリートーク
  • 対談
  • 合作落書き
  • 「誰かさんがエッチを描けとうるさいのでとりあえず努力してみた結果。」神崎らいむ
  • 「恋のチャプターAtoZ」神崎らいむ
  • 後書き
  • 「実録劇場」神崎らいむ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

照れるな乙女(敢えて昔を振り返ってみる)

高松&グンマ本。むかーし昔の、絵が好みだった描き手さんの本。当時は買えなかったために今更手に入れてみたんですが…うーん、まず表紙からしてビックリ。いくら何でもグンマの体が軽過ぎだと思う(笑)高松はそんなに力持ちじゃあ無いだろう…

そして、メインの二人がキスすら未遂になっている内容にショック。なんて初々しい…!
私の腐り具合は15年そこら前の自分とは比べ物にならないくらい進んだんだなあと、感慨を覚えましたw当時見てたらどう思ったんだろう、あの頃のピュアなハートなんて全く思い出せません!

他にも描き手さんの照れが何となく透けて見えるような…無理やりなギャグでごまかしたりとか、結局寸止めとか、『描けるのに描かない』んじゃなくて『描けない』んだろうなーと感じる箇所が多々。
その辺りは「照れるならやめとけ!見てるこっちが恥ずかしいから…!!」と指導したくなる勢いのムズ痒さ。まぁその言葉は昔の私にもそのままぶつけてあげたいですので、ドローってコトで…
人間っていつの間にか成長するもんなんですね。自信がつきました!(爽やかに

今の同人界にはこんな初々しさは残っているんだろうか続き…知りたいような知りたくないような、妙な気持ちになりました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ