追憶

tsuioku

追憶
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立9
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
18
得点
98
評価数
32件
平均
3.3 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862637826

あらすじ

“変人”の異名を持つ官能小説家・霧村の担当となった森山。自堕落な生活を送る霧村に振り回される森山だったが、作家の亡父と彼の編集者の話をした途端、霧村の態度が急変する。荒々しく森山を抱く霧村…彼の瞳に宿る哀しみの意味は…? 陸上部の幼なじみラブ「スタートライン」も同時収録! 霧村&森山、その後の描き下ろしも有v
(出版社より)

表題作追憶

浅井瑛治(官能小説家)
森山智大(編集者)

同時収録作品スタートライン

今野颯人 高1
有馬 圭 高2 陸上部

その他の収録作品

  • 合鍵
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数18

小山田先生のコミックスがあると知り・・・

最近、小山田先生の挿絵にはまった者です。
読んでいて、面白かった~!!と言う小説達が、作者様は異なっていたものの、挿絵家様は偶然にも小山田先生ばかりだったんです。

それで興味をもちまして、そういえばコミックスとかあるのかな?・・・と検索し、この作品と出会いました。

表題作はレトロな香りの漂う時代の物。
小説家と編集者の因縁と憎悪から生まれる恋物語です。しかも、親子2代もの。
お話自体は長くないですし、父親の自殺などもあって暗い面もあるのですが、その若干退廃的な感じが時代背景と合っていて、なかなかに素敵でした。

そして、もう一つの収録作は幼馴染み物です。
受け様が意外とただれていたのには驚きましたが、嫌な感じはなく、幼馴染みの2人がちゃんと心を通わせ合って結ばれて良かった・・・と感じました。

小山田先生の漫画、また読んでみたいです。
次の機会があることを願っています。

2

乱れた着物の美しさよ!

 いつも素晴らしい表紙イラストでくぎ付けにされてしまう、小山田あみ先生が描かれた漫画ということで電子でまずは試し読みを…。そうしたら霧村先生がすっごく格好良くって、そのまま紙版をポチっとしたのでした。
 
 小山田先生の絵柄と時代背景がピッタリで、着物姿の霧村先生の格好良さと言ったらもうっヾ(≧∇≦)ノ" 見た目はもちろん話し方もとても好きです!ストーリーも親同士の因果が子にも…という愛憎渦巻く雰囲気が絵柄にピッタリです。
 ただお話自体が短くて展開が早急なのが気になりました。森山が霧村に犯されるシーンなどは、抵抗らしき抵抗もせず組み敷かれていたりとちょっと不自然で、全体的にコマ割りがとても細かく必要のないコマも多く感じるので、その分をこういう重要なシーンにページを割いて魅せて欲しかったです。
 絵は素晴らしく、特に乱れた着物でのHシーンは流石の美しさです。キャラも魅力的なので、この作品はもっとじっくり描いて欲しかったなぁ。一冊まるごとあってもよかったと思いました。

 同時収録作品の『スタートライン』はストーリーが単純な分、主人公たちの心の動きが分かりやすく、綺麗にまとま続きっています。一番良かったのが有馬が先輩を想って一人でするシーンです。露骨に描かれているわけじゃないのに、小山田先生の絵が美しくアングルも素晴らしくてとても色っぽいです(//∇//)

 小山田先生は絵師様のイメージなのですが、同人では2次創作漫画も描かれているのですね。それで思ったのですが、もしかしたらこのコミックスも同人サイズならもっと光ったのではないかな。大きなサイズなら、コマ割りの細かさが丁度良い感じになるような気がしました。
 私はかなり好きでした。他のコミックスも探してみたのですが見つかりませんでした。もっと小山田先生の漫画が読みたいです。

4

小説家と編集の時代もの

知らなかった!小山田さん、漫画描かれていたのですね。
小説家と編集の時代ものなんて、好物中の好物です!

ああ、やはり絵がしっかりしているといいですね。
皆さんの評価の低さに逆に「え?そうなん?」という感じですが、劇画好きの所為か描き込まれた画面に関しては特に思いませんでした。
話に関しては、確かにお互い家庭がある上で心中とかないよなあと思いますが、親同志の方に重点置きすぎてもメインカプが霞んでしまうし、難しいですね。ただそれぞれの家族に関しては何かあった方が良かったかも。
攻めがこじれるのも仕方ないですやね。
BLとしては糖度が足りない気もしますが、私はこれくらいな方が大人な感じでいいと思います。

もう片方の幼なじみものも、王道で良かったです。

とにかく絵が美しいので、作家ものがお好きな方にはお勧めいたします。

4

キリヱ

>bonnyさん
初めまして!コメント有難うございます。
本当美しいですよね。絵が時代にもあっていて、表題作は特にたまらなかったです。
同じような時期に同じ作品に共感できて嬉しいです!
小山田さんの挿絵はとにかく美しいですが、私ももっとコミックスも読んでみたいです。

bonny

キリヱさま

はじめまして!
bonnyと申します。突然のコメント失礼いたしますm(_ _)m
実はちょうど今、積んでいたこの作品を読み終わったところだったんです!絵の美しさにKOされて伸されてました(笑)

わたしも劇画調に近いかな、と思いましたが、とにかく美しいの一言に尽きますよね。ストーリーも折り目正しく、安心して読める感じが更に好感度アップしてしまいました。イラストだけでなく、もっとコミックも読んでみたいですよね!

ちるちるでレビューを確認しようとしたら、キリヱさまのレビューが挙がっていたので、思わずコメントさせていただきました^^

bonny

即買い

小説の挿絵ではあまりにも有名です。小山田あみさんのオリジナルコミックじたいが貴重ですね。たまたま見つけ、即買いしました。
絵は美麗で力強く、小山田さんの黒髪受けの奥ゆかしさと男らしさに眼福です。
攻め受け両者ともに、男らしい絵とキャラが好きです。
表題作は大正〜昭和初期だと思われる文豪もので、同時収録は幼馴染のアスリートものです。

2

目つきがヤラしいよ……><

小説の挿絵でよく見かける小山田あみさん。
挿絵一本の方かと思っていたら、漫画家さんでいらっしゃったのですね。
すみません~~~><

それにしても色っぽい絵は、漫画の中でも健在です。
是非ともこの色気をみなさまにも堪能していただきたいですね~。

1冊に2編の話が入っていました。

   ◆◆   追憶   ◆◆

傲岸不遜の官能小説家 × 純真な若手編集者

始めは、若手編集者(受け)が、物臭な小説家を
なんとか説得して小説を書かせる…というストーリーかと
思ったのですが、父の代まで謎がある重厚なストーリーでした。

謎が謎を呼ぶミステリアスな話に、目が釘付けになりました。

●攻めの父親と受けの父親は、恋人同士だった。
●受けの父親の余命が幾ばくもないと知った時、
 2人は心中しようと決めた。
●結局、受けの父親はあの世に攻めの父親を連れて行くには
 忍びなく、1人で自害をした。

全ての謎が解けた時、ほっと胸につかえるものが落ちました。

最後は「官能小説」ではなく、「文学」として賞を取る小説家の攻め。
恋人となった編集者と続き二人三脚で歩いていくことでしょう。

エロは、神秘的な目つきが色っぽくうつる、艶めいたシーンでした。

   ◆◆   スタートライン   ◆◆

陸上部で足の早い幼馴染・受けが好き × 陸上部で幼馴染・先輩が好き

幼馴染モノです。
家も隣で、生まれた時から一緒の同級生……ってことなら、
もう両想いでしょう!!と、思ったら違いました…。
受けは、陸上部の先輩に片思い。しかし、攻めは受けのことが好き…
という一方通行。

結局紆余曲折ながら、両想いに。
エッチシーンはエロかった……。
けど、受けの背中がベッドからはみ出て、後頭部をガゴンと
打つところは笑えました。
それでもエッチは続けるという……。さすが10代。
性欲は並々ならぬものがありますねー。 ニヤニヤ。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

勿論話作りもうまかったですけど、
絵が巧いというだけで、ここまでストーリーが違って見えるのか…!と
思い知った作品でした。

絵がホントに色っぽい! 
艶があるんです。
視線がなまめかしいっ!

次作や次の挿絵も期待してます。

5

絵はとても綺麗

1コマ1コマの絵が綺麗でしたね-。
小説の挿し絵を見ているみたい。
さすがは小山田あみさん。

でも・・・表題作、メインカプの恋模様が物足りない。
父上カプの方も描いてたからページ数足りなかったのかしら?
あまり内容が頭に残らないような感じでした・・・すみません。
あぁ・・・でも戸部先輩は気になります。幸せにしてあげて欲しいです。

絵は本当に綺麗で眼福なんですよ!
汗は玉みたいな感じでしたが(何かこう撥水加工されているやつに弾かれているような描き方???)

0

いいイラストレーターがいいマンガ家たりえるかというと

イラストレーターとしては超一流、オレにとっては小山田あみ一択です。

がっ。

小山田作品はやはりイラストとして楽しむべきなんだろうなぁ。
そういう人って時々いますねぇ、たしかに。
絵は文句なしに美しいんだが、美しすぎて、人間くさいドロドロさが薄い。
コマ割も几帳面すぎて、バッ!と読めないところがありまして。

ストーリーのつなぎもなんだかぎこちなさが残りまする。
とくに陸上部モノは、うーん…プロポーションは完璧なんだが
動きに欠けるんだなー。
へぇ…と思ったのは、イラストでは小山田センセイの描く半開きの唇って
異様にエロいんだが、あれをマンガでやるとかえって動きや官能性が削れてしまうのな。
不思議なことに。

コミックはやはりひとつひとつの絵の完成度よりも、
抜くところとギチギチに描くところのバランスや流れが重要なんだと再認識。

2

綺麗です!

小説の挿絵が小山田あみ先生だと、思わず手に取ってしまうくらいの魅惑のイラストレーターさんですが、漫画ということであの綺麗な絵が動くなんて!そして絵を沢山見れる~♪と購入しました。

表題作も面白かったですが、個人的に同時収録の「スタートライン」が好きでした。
受けの有馬に対しては、うーん・・・ちょっと軽くない?と不安に思いましたけど(笑)(^^;)
攻めの颯人が年下攻めらしく(?)一途で追いかけている姿が、可愛くそして格好良かったです。
誰かのために一生懸命頑張る姿って、眩しいなぁと思いました。

特に好きなシーンは、大ゴマを使ってパーンと走るシーン。他のチームの選手も含めて、さすがは、小山田あみ先生。美しいです!!圧倒されます。

ただ絵柄もアングルもしっかりと安定していて、楽しめるのですが、他の方がレビューされているようにコマが小さいのか、ギュッと凝縮され過ぎているかな・・・と少し思いました。1コマ1コマが背景も人物も精密に完璧過ぎて、ちょっと窮屈に感じてしまうのが、もったいないような感じもします。

でも先生の初コミックス、とても楽しく読むことが出来ました!

2

1コマ1コマの完成度が高過ぎ!!

美しすぎて、なんも言えねぇ…という単純な感想ですみません。
背景、アングル、白黒の調和、どれをとっても素晴らしいのに、
そちらに気をとられてしまう所為なのか、物語がぐっとこなかったんです…。
これって贅沢でしょうか…。
本当に、どこもかしこも完璧と言っていい程なのに。

小山田さんの挿絵は、大抵どの作家さんの小説でも
かなりポイント高くなるという魔法ですが、
なーんでか!(古いですね…)

でも、描き下ろしの『合鍵』は萌×2で!!
酔い潰れた時に愛している人が迎えに来てくれたら
とっても倖せなんじゃないかなぁ。
アーンド、手書きのあとがきも可愛らしい。字もイラストも!

小山田さんのお描きになるキャラは、
誰も彼もが女々しさが無く男を感じさせるので大好きです!



2

絵がきれいなのでストーリーに引き込まれてしまう

「追憶」
最初は「なんだこの話?」と理解しきれなかったけど、最終話の描き下ろしまで読んでやっと綺麗にはまりました。
この話は親同士の禁じられた愛に怒り戸惑いながらその立場を逆にしながらも(受け攻めは変わってないか・・・)彼らが最後まで果たせなかった愛と夢を両方手に入れた二人の話だったんだね…。
年の差もあるし立場的にも作家の方がおそらく上のはずなんですが親たちがともに死に、それに伴い家族と別れたわけを霧村の方がはっきり理解しちゃってるんですね。
でも親との関係から霧村の存在を強く意識していたのはおそらく森山の方。今後も抱かれる立場ではありながら何か心折れそうなときにはやはり霧村を抱きしめてあげるんでしょう。
NLはともかく、BLはこうあってくれた方が自分は好きです。

・・・そして霧村は眼鏡をはずした後の方がいいかな、と。

「スタートライン」
人間関係がわかりづらかったなぁ…絵力が追憶ほど自分を引きずり込まなかったからか、何がどう問題なのかいまいち分かりづらかった。

こういう本は、多分何度か読むうちに味が出てくるような気がする。

3

ん~

萌えるか否かというのと、美麗かどうかの境目なのかな。
小説の挿絵ではよく見かける作家さん
小山田さんのコミックス。
出た当初から、読みたかったんだよね。
とか言いながら今頃読んでいるのもどーよと言う話。

お話は、親同士~の因縁にある二人。
二人の父親は、作家と編集な関係だった。
そしてお互いに死んでいる。
その息子たちが、今度はまた作家と編集という形で出会う。
それから~なお話なのであります。

おたがいの父親も、まぁあれですな
愛妻家~でなければ別にありだと思うのだが
なぜそんなふうに死を選んでしまったのか。
その部分をスピンオフで描かれても面白いのかなと思った。
本編に関しては、まぁ、その死~あり、思いありでちょっと重めな雰囲気を感じました。シリアスというかなんというか。
絵柄がすごく綺麗で、魅せる力はやっぱりすごいと思う反面
漫画として読むのには少し硬いきがしなくもないかなと思ってみたり
ここは、読み手の好みの問題かな。。。。
最初の強引に犯されてから、恋に落ちる所以がいまいち

もう一変は、これまたちょっと雰囲気のちがう青春もの。
続き
サラっと読むにはちょっとわかりにくい。
あらためてもう一度読み直そうかなと思いました。

1

ただひたすら、美しい...

の一言に限ります!
小説の挿絵の美しさにホレボレして、ついついジャケ買いしてしまう
3大絵師さんの一人ですが、こうしてマンガになると
どのページを開いてもフェロモン溢れまくりでクラクラしちゃいます★
ちょっとぐらいアレレ?って思うストーリーでも、
十分カバーできちゃう画力ですよねぇ~
あまりの絵の美しさでストーリーにも期待してしまいがち...
なので、評価が厳しくなるとは思うんですが、
個人的には設定もキャラも萌えツボ押さえまくりで
1冊通してニヤニヤしながら読めました♪

『追憶』
官能小説家・霧村の担当となった森山は、
ある日、酔いつぶれた彼に今は亡き父の話をしていた。
すると急に霧村は感情をあらわにし、無理矢理森山を抱いてきた。
気まずさから担当をはずして欲しいと訴えるものの、
編集長に渡された霧村のデビュー作(純文学)を読み衝撃を受ける。
そして、再び霧村の元へ行った森山は、
彼ら2人の父の間に起こったある事件の真相を聞く。

お父さんカップルがですねぇ、大変色っぽくていいんですよぉ~ww
ページ数の少ないペラい本だから、
お父さんカ続きプの描き下ろしも入れて欲しかったなぁ~
特に森山父の着物姿がエロくてたまらんですww
あれを脱がすとこから全部見たかったんだけど、
残念ながら父さんズのカラミは2コマのみ...

『スタートライン』
小さい頃はチビで泣き虫だった幼馴染の颯人は、
高校生になった今、圭の身長を抜かし、
陸上でもかなわないぐらい成長してしまった。
そんな颯人に嫉妬しつつ、陸上部の先輩に恋心を抱いている圭。
でもそんな時、過去に体の関係を持っていた戸部先輩が
再び圭の前に現れる。
色んなことが重なり落ち込む圭を複雑な気持ちのまま慰める颯人に
心を開いていく圭。
そして、一度は離れた陸上に再び戻ってきた颯人と大会を目指すことに。

この大会後のエチがエロくてエロくて...
全身イボだらけ!?ってぐらいの相変わらずの多汗症気味の
あみさんのエチシーンですが、それも気にならないぐらい
受もしっかり筋肉のついた男の体をしてるのがたまらんですww
ちなみに、あとがきで書かれている戸部先輩の話は
もう雑誌に掲載されたのかな?
圭の誘いに乗らず案外いい先輩だと発覚した彼のその後が気になります♪

『合鍵』
『追憶』のその後の話で、霧村視点の描きおろし。
合鍵渡してデレてる霧村と、渡されてデレる森山。
ラブラブですなぁ~★
エチのバックアングルもエロすぎて困りますww

2

同人から追っかけてる作家さんなので、作家買いです。
絵のお上手さは相変わらずで、すんごい艶v
フェチ的な事を言えば、唇。たまらんです。じゅる(^¬^)

二次同人でずっと読んできたので、オリジナルのキャラはどうかな~?
と少し不安もあったんですが…。
官能小説家(変人)×編集、+時代背景&輪廻って設定で、
私的にはもう、ごちそうさま!
っ言うか、ありがとうございます!!って言うか。
おいしすぎるっ。お・・・おなかいっぱい…。

高校生の設定はちょっと意外でしたが
(この人の絵で高校生はちょっとくどいんじゃないかと思って)
こちらも面白かった!
ひとりHネタにドキドキv

待ってて良かった!って感じのコミックスでした。
今後にも期待大です。
割と古風な感じのタイプの絵なので、
これからもっと時代物とか軍服とか描いて欲しい(^-^)

1

あの、挿絵の、小山田さんです

いつも、素晴らしいイラストのお仕事をされている小山田さん。
これが初コミックスだそうで、絵に関しては、文句なく素晴らしいです。
ストーリーも、ある意味、王道ですが、表題作なんかは、絵の雰囲気と、お話の設定が無理なく似合っていて、こんな、小さな版型のコミックスで読むのはもったいないようです。

でも、あんまり萌えないのはなぜ?
っていうか、あまりにも、一つ一つのシーンが止め絵として完璧に美しいので、ストーリーの流れにのって読むっていうより、個々の絵を鑑賞するモードになるっていうか、小説みたいに、ストーリーと絵が、脳内で別々に展開しているっていうか
いったい、どんな偏見なんだかって、自分でも不思議なんだけど、
きれいすぎて、息の抜き所がないから苦しいのかなぁ。

2

微妙……

最初は青年漫画的なタイプの漫画の描き方するんだな~~と思って読んでたんですが、読んでる内にうーん、やっぱコマ詰め込みすぎ感がひしひしと…。
表題作と「スタートライン」の2作入ってるんですが、特にスタートラインのコマ割はこれでもかー!とばかりにギチギチに詰まってます。もうちょっとでも隙間があればそこにコマ入れるよ!!って位の勢いで入ってます。
描き方はやっぱ青年漫画の系統に近いと思うんで、その方面でもっとコマ割に余裕持たせて間とか捨てコマみたいなのを入れてくと読みやすくなるんじゃないかな。
絵も折角漫画なのでバーンと実験や冒険してみてもいいのにな~と、良くも悪くもきっちりまとめてしまってるのでむしろそれで表現が古臭く感じる部分がありました。

話はどちらも普通です、特に目新しさは無し。
もう一捻りした方がいいのか、それともよりストレートにして人物像をはっきりさせていった方がいいのかは分からないけど、合鍵読んだら霧村と森山の2人が可愛く思えてきたので、案外後者の方かもしれないなーと思ったです。

小山田さんの描く黒髪受は好みなのでその点は嬉しかった。
でも評価としては中立続きかな、やっぱり。
次はもっと冒険した小山田さんが見たいなあ、漫画の基本はきっちりしてると思います、きっちりし過ぎてますが~。
小山田さんは感性で描いちゃう位で丁度いい気がします。

2

う、うーん…。

「追憶」
官能小説家・霧村×編集者・森山
父親たちの因縁のある関係。
といっても最初はその因縁を霧村しか知らなくて。
そこへ切り込んでいったために森山は知らされて。
霧村に行為を強いられるのに彼の本来の作品である初期作品に触れて思い直す。
最初の時から霧村が見せていた表情が気になっていた時点でどこか惹かれるものがあったのかな。
もしかしたら、森山の方が霧村より先にちゃんと「相手」として霧村のことを見ていたのかも。
過去に囚われすぎずに。
描き下ろしの「合鍵」では霧村がなかなかかわいくなっててステキでしたv

「スタートライン」
幼馴染み(年下)・今野×幼馴染み(年上)・有馬
幼馴染みに好きだと告白されて。
自分の気持ちはまた別の先輩へと向いていることに気付いて。
けれど、彼女のいる先輩にはっきり告げることもできないまま、今野との関係も妙に揺らいで。
擦れ違ってしまっているようでいて今野の方がひどく有馬を気にかけている部分があったりして。
そんな2人なので戸部のことがあっての部屋での抱擁シーンはなんか好き。
気持ちがそれぞれに違う方向を向いていても包ん続きでくれるのはなかなか大きい人物なんじゃないかと…(それとも役得?)
そうして、ずっとそばに、近くにいすぎたからこそ気付かない部分が有馬にはあったのかもしれないけれど。
この2人にはなんか幸せになって欲しいなぁと思います。
まあ、なるでしょうけど(笑)
あとがきで戸部の物語も考えてあるとおっしゃっていたので、いつかどこかで読めるといいなぁ。

2

絵を楽しむ漫画かも

表題作は官能小説家(攻)と編集者(受)のお話ですが、まあ良くある話です。
受けの父親が作家で、その編集者が官能小説家の父親であり、また親同士も親密な仲であったことから攻めが逆恨みをしてほにゃらららという内容。
(両者の父親はすでに他界、しかも自殺と後追い)

内容はソコソコ面白いんですが、まあ良くある話...に分類されるんじゃないかなと。
また絵が上手い分、漫画としての良さがあまり感じられませんでした。惜しいです。惜しすぎます。
1コマ1コマが挿絵のようなワンカットに感じられ、丁寧に仕上げているのに、それが故に「漫画」らしい「動き」が感じ取れません。惜しい。

美麗な安定した絵の漫画が読みたい!という人は買って損無し。
話が面白い漫画が読みたい!という人には絶賛して進めることはできません。

イラストレーターとしては文句無しですが、漫画家としてはまだまだ今後の成長が楽しみな作家さんです。

1

かっ…かわいい!

「スタートライン」について語ります!
いやぁ~可愛かった。今年の夏は活きのいい年下攻めに出会う率が私の中では高めです。
こちらは、陸上部の中堅・圭ちゃんと、中学時代に大会でメダルを獲るほどの活躍をした幼馴染み・颯人のお話です。なんと言っても、颯人が可愛すぎました…!!!!!!!!!!
圭ちゃんが大好きすぎてガキっぽくなっちゃうところ、圭ちゃんに見てほしくて再び陸上を始めるところ、圭ちゃんに見てほしくて頑張っているところ…全部がかわいくてデレデレしてしまいました!
めっちゃめちゃヤンチャな犬ですよね。先輩にもあんまり敬語を話さないふてぶてしい奴なんですけれど、明るくて憎めません。でもただ明るいだけではなく、圭ちゃんを中心とする世界や陸上にもしっかりと向き合っていて、男に片想いする圭ちゃんにもどかしくなっている姿も萌え萌えしました~ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ

小山田先生の絵の美しさは挿絵などでも充分に味わえていましたが、こうして漫画となって動くキャラを拝見して、こちらでも魅力的な作家さんなのだなぁと思いました。
アングルとトーンのセンスが良すぎます。直接局部が描かれては続きいないのに(そういう意味ではエロは薄めでしょうか?)なんか…ハァハァする…!! 微妙な半ケツ具合や表情がたまらなくエロかったです!本番の絡みではちょっと汗が多め?なのですが、“絡み合ってる”感がすごくある画面で恥ずかしくなっちゃいましたw

これが初コミクスだそうですが、挿絵でもご活躍の小山田先生。これからまんがでも売れっ子さんになりそうです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ