妄想 モノ萌えアンソロジー

世界は萌えでできている(アンソロジー著者等複数)

世界は萌えでできている(アンソロジー著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
25%
媒体
コミック
出版社
学習研究社
シリーズ
発売日
価格
¥952(税抜)  ¥1,028(税込)
ISBN
9784054046375

あらすじ

ピーマン肉詰めの肉とピーマン、どっちが攻めか!?目の前のものでついついそんな妄想をしてしまう乙女の皆さんに朗報!「地球×月」「錆取りスプレー×錆」など、人気漫画家&作家さん総勢41名による「モノ」限定、妄想話オンリーなアンソロジーコミック! 本橋馨子/櫻井しゅしゅしゅ/桜井りょう/いおかいつき/氷堂涼二/カズアキなど豪華執筆陣41名!!

表題作世界は萌えでできている(アンソロジー著者等複数)

アンソロの為割愛
アンソロの為割愛

その他の収録作品

  • 櫻井しゅしゅしゅ「最新型Mac×旧型Mac」/中条亮「ゆ●かもめ×東京ビッ●サイト」
  • Ciel「携帯電話」/氷堂涼二「便利なアイツをヘタレ眼鏡に」
  • 船鬼一夫「スニーカーとローファー」/なえた「洗濯in Wonderland」
  • 9時「重たい教科書」/テクル「搾取するものされるもの」
  • Hoshi「陶磁器でも妄想する」/今本次音「愛のパンツ劇場」
  • ココエ「エレベーターの上り×下りで妄想」/いおかいつき「あらゆるパンは攻めなのだ!!」
  • 日高ジョー「おシゴト妄想展開中!」/桜井りょう「鉛筆君の災難」
  • 吉野ルカ「CoffeとMilkとTeaのトライアングルラブ」「腕時計のレザーベルトとメタルブレスはライバルな恋人」
  • SILVA「ウスターソース×揚げたてコロッケ」/ヒノモト円時「地デジの準備お早目に!」
  • なつ「東京タワーとじゅたんで萌えてみた」/鈴本廃「紫煙の向こう-喫煙室×タバコ-」
  • 本橋馨子「La doice vita 甘い生活」/松本加斎「スマフォ×ガラケー擬人化萌え」
  • 千歳あさひ「誰が為の協奏曲」/いさか十五郎「暮らしを支える妄想」
  • クリヤ「この萌え、どうすればいい」/潤「ちょきちょきちょき」
  • 矢尾勝「擬人化しよう!!/天野塊「クリスタル・ブルー・ロマンス」
  • あすか「真昼の暴走」/楠本弘樹「さて ここで問題ですよ。」
  • なるしげ林平「秘密の花園」/Kyoh「恋の味いろいろ」
  • 左倉都「衛星少年ははやぶさとJAXAさん」/カミシロミドリマル「恋愛ファンデルワールス」
  • スミノヒルネ「ガーデニング妄想」/ユキマル「天体恋愛模様」
  • 柊暁生「イン・ザ・キッチン」/櫻井しゅしゅしゅ「OS妄想」
  • ひらく倁「惹かれる理由はないものねだり」

評価・レビューする

レビュー投稿数3

作者様の妄想がぎっしり!

 他社の「擬人化ナビ」のようにストーリー仕立てではなく、作者様の妄想といったスタイルが多いです。「こういうお題を出されて考えてみた」という正直すぎる作者様もおられました(笑)
 不勉強なため、作品を知っている作者様がほとんどいなかったのですが、作者様がご自身をどうデフォルメされているのかとか面白く読めました。
 お気に入りは、日高ジョーさんの「おシゴト妄想展開中!」です。いつも穴あけパンチ(攻め)の後なので、処女(男)の紙(受け)が来ないと嘆いているファイル(攻め)を不憫に思った作者様がパンチせずに紙を綴じてみたのですが・・・といった話です。
 あとは柊暁生さんの「イン・ザ・キッチン」。意気揚々とやってきたシリコンボウルでしたが、プレゼントされた作者様の母親はいまいち使い勝手が良くないからと早々に食器棚にしまわれ、しょんぼりしているところをステンレスボウルに慰めてもらいます。エロはないですが可愛かったです。
 あとがきで「鉛筆と消しゴムはどっちが受けで攻めかが永遠のテーマ」と問題提起(?)されている方もおり、つい考え込んでしまいました。
楽しかったです。

1

擬人化いいです!!

表紙とタイトルに負けてかってしまいました。
表紙が綺麗過ぎてもう・・・
カラーー絵はCileが書いていたのですが、あんなに綺麗に携帯を擬人化させるのかッと思ってしまいました

ココからはピックアップして書きます。

9時さんですが、絵も綺麗でとてもおもしろかったです。
私もああ結う風に考えて教科書を運ぼうと思いますww

桜井りょうさんの鉛筆×鉛筆けずりはエンピツ削り萌えですって感じでした。

もう少しエロがあってもいい気がしましたがやっぱ擬人化萌えますねww
いい作品これからも出て欲しいです

0

雑然とした妄想ごった煮

まさにアンソロにふさわしく、各作家さんの各妄想がてんこ盛り。
自分の妄想世界ですから、一見ストーリーもありながらエッセイマンガで展開。
対象は、普段自分たちが目にし、手にする身近なモノばかりですから納得や想定内の妄想もあれば、なんやこれ~!?的な妄想もありの、それはバラエティに富んでいます。
しかしながら、実際読み終わってゲップ、、ちょっと疲れちゃいました。
詳しく説明されるより、特徴を抜き出して、読者に妄想の余地を与える作りになっているもののほうが楽しめました。
そういう意味で作り手のエネルギー熱のほうが高くて、自分ついていけなかったかも?

中で一番興味がもてたものが
■ユキマルさんの「天体観測模様」
 地球がドSで月を鎖で縛りつけているという、火星は2人、木星は60人以上囲っているという、くどい説明もなく、さらっとマンガで展開されているので共感率が高かった。
■あすかさんの小説「真昼の暴走」は列車の連結・・・まんま!
 エロ小説風に進む本文、ラストまで彼等が一体何なのかを明かさず、衆人環視プレイ。
これも読者に推測の裁量を与えている分萌えを呼び起こします。続き
■9時さんの「重たい教科書」
 重たい教科書を運ぶのも、教科書があれやこれやに責められ汚されるのを妄想すれば、大事にしてしまう、という学生視点ですね♪

ベタベタなところで、「鉛筆×電動鉛筆けずり」「淫乱な携帯電話」、花と腐葉土の「ガーデニング妄想」
あたりは、何も考えずに楽しめました(妄想が同調)
ええー!?とびっくりしたのが「天然水」これは天野さんがMIXするという技を持っていることだから考えつくカプリング。

中には妄想萌えはわかるけど、ちょっとずれてないか?というのが「靴」、妙に解説ばかりになってしまった「元素」、ケーキはいいけど、どうしていちごショートが総受けでザッハトルテに責められるんだ?という不思議ものも。
いおかいつきさんは、小説というかエッセイでパンの総攻めをかかれていましたが、自分的に今一つ。
先日、無事に帰還した「はやぶさとJAXA」というのもありましたが、これは擬人化解説で止まっており、あ、そう、、という想定内でちょっと拍子抜け。

カプにして攻め受けを明確にしているもの、ただの擬人化で性格付けだけのもの、そんなごった煮状態でしたので、カオスだったかも、、デス

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ