スイート&キュートなガテンラブv

そんなこととはツユ知らず

そんなこととはツユ知らず
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌14
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
64
評価数
26件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048687607

あらすじ

「俺はセックスも安全第一だ!」
 朋也は失意のなか出会った、青いニッカのガテンな男・葛城に憧れを抱き、鳶になる。仕事の鬼である葛城にしごかれ、優しい言葉に励まされる充実の日々。しかし偶然、男とキスする葛城を目撃した朋也は、ガキには手を出さないから安心しろとオヤジくさく言われ、なぜか傷つき無性にムカつく自分に驚く…。 憧れがいつしか恋に変わる!? そんな朋也のとった行動とは? 働く男のガテンラブv
(出版社より)

表題作そんなこととはツユ知らず

葛城修志 32歳 ベテラン鳶職人
鈴石朋也 24歳 新米鳶職人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

安心して読めます

特定の作家さんに対して固定観念を持たないように、どんな作品でもフラットな気持ちで読むようにしているのですが、この作品はとても意外でした。BL界隈ではマイナーな鳶というお仕事が登場しますが、全体的にほのぼのしていて、平和で、ラブラブです。

鳶×英田サキ…何かシリアスな葛藤が描かれるのでは…!と肩肘を張って読む必要は一切ありませんでした。(表現は悪いですが)片手間で書いたようなやっつけ感はなく、BL的な萌え満載で、強烈な印象はないものの面白かったです。

0

英田作品⁉…サクッと読みたい方にはオススメします‼

英田作品にしては、話の流れはシンプルで、ひねりや凝った演出があるわけでなく、軽めでサクサクっと読めます。

鳶職人が舞台のガテン系王道BLでした。
かといって雄々しいわけでなく、意外と甘めの可愛らしいお話です。

ベテラン鳶職人の葛城 × 鳶見習いの朋也の年の差&年上攻&ノンケ同士の恋‼

朋也は、親友に同棲してた恋人を寝取られ、仕事はクビになりドン底状態。
そんなときに、偶然、鳶職人の葛城と出会います。
その仕事ぶりに憧れを感じた朋也は、葛城に頼み、建設会社に就職することに‼
普段は優しく面倒見がいいのに、仕事にはとても厳しい葛城。
でも、何故か葛城といるとドキドキときめきを感じるようになる朋也。
葛城も、朋也の仕事への意欲や素直さが、段々可愛く思えるようになっていって…‼
お互いに魅かれあってはいるもののノンケ同士‼
そんな簡単には一歩踏み込むことが出来ずに⁉…と
心が通じ合って恋人同士になる…段階をきちんと踏んでいく健全な恋愛ものでした。

その後、無事恋人になってからのお話も入ってます。
朋也の元彼女や葛城の元妻が登場してきて…
しかも、朋続き也の元親友まで乱入してきて、話がどんどん拗れる方向に(笑)
引っ掻き回された事で、お互い後ろ向き姿勢になってしまって、二人の間で疑い心や、迷いが生れてしまうお話でした!

朋也がおバカキャラなんですけど、人の意見にちゃんと聞く耳を持った素直な青年で好感でした。
そして、一途な可愛い受様♡

葛城は、皆に頼りにされる男らしい兄貴肌!
でも、朋也と恋人同士になってからは、大人な分、色々分別が邪魔をして臆病気味になっていった感じが…。
でも、濡れ場では年上攻らしく、オヤジ発言も聞けて美味しかったです♡
自分は、ゲイかもしれないと悩んでDVDを購入しちゃうエピソードはちょっと笑ってしまいましたけど(笑)

私的には、カデン系浜田さんが、凄く気になる存在でした‼

英田先生の他のシリーズものを読んでいると、本当に同じ人が書いたのか不思議に感じるんですけど、内容がライトでも、文章は英田先生らしく、しっかり綺麗に描かれているので、やっぱりそうなのねっといった感じで、あっさり読めてしまいました。

甘めの可愛らしいお話も新鮮で楽しめるんですけど、英田作品だと期待し過ぎて読んでしまうと物足らなさを感じてしまうのは正直なところ。
なので、若干いつもよりは萌を感じる場面が少なく思えたので残念でした。

でも面白い作品なので(矛盾した言い方なんですけど…すみません)
あっさり甘めのお話が読みたい方にはいいかもしれません。

0

さすが英田作品、破たんがない!

あれれれ……なんかみなさん意外に低評価?
いやまぁ、それもわからなくもないんだけど。たしかに「エス」とか「デコイ」とか
重厚かつ広がりのある世界を書く人がこんな超・王道で……ってことですよね?

しかし、自分的には、こういう王道の作品だからこそ英田サキの底力見せつけられたなというか(笑)
これって、中堅未満の作家さんが書いちゃったら、こんな安定感は出ないかもしれない。
しょっぱなから最後まで読ませる力たるや、やっぱりハンパじゃないです。
しかも完璧といっていいほどのリーダビリティ、無駄なセンテンスが極端に少ない。
ちょっとピンとこないかもしれないけれど、ある意味、「美文」です、ここまでくると。
毎度、英田作品で短編~中編を読むと、BL小説の教科書か!?と思うほど
おそろしくキレイにまとまっていますが、これもその一つでしょう。
BL作家目指す方は英田作品を100回ぐらい書写したらいいんじゃないか。いやマジでw

さて、変な褒めたたえ方をしてしまいましたが、肝心の中身もそう悪くはないです。
工事現場のガテン同士のラブ!
いやー、以前「許可証をください」でも書い続きたかも、ですが、モノ作る現場って
いろいろ楽しいんだよね、大変だけど。
英田先生って、どちらかというと職人的な作家さんのような気がいたしますが、
それゆえか、職人魂や仕事の基本に共鳴している視線が見える点、ここがいい。
ガテン同士で恋に落ちるプロセスが「うわ、予定調和だっ!」と思いつつも、
適度な「あるある感」を持って書かれています。
派手な読者裏切りこそないものの、ちょびっとずつドキッとする。
地味な良作。

4

TVドラマみたいな…w

表紙を見たときから、うーん?英田先生とは随分ミスマッチな…とは思ったんですね。
英田先生と言えば、例えばDEADLOCKはまるでハリウッド大作なのような世界…
ですが!
読み始めて間もなく、うん?んんん?どこが悪いとは言わないけれど、この感じは何?と思い、
読み進むうちに、ご飯を食べながらTVドラマをながら見しているような気分になりました。

予定調和、ステレオタイプな人物、ええ、BLらしいって言えばそうなんですけれど、
どこで止めてもOKみたいな感じで、萌えるには気分的に入れ込めず
でもよく出来ている分笑い飛ばしたり、批判したりする気にもなれず、
ものすごくぬるい感じの読後感でした。

個人的には受けのキャラが好きじゃなかったけれど(ガテンだけれど女の子じゃん?と思った)
片手間に適当に読みたい時には、好適品かもしれません。

書き下ろしの攻め視点の『油断も隙もありゃしない』は、
前半がそこまでのストーリーの説明調なのがちょっとだったけれど、脇役の浜野も味があり、
コミカルな感じは悪くなかったかな。

1

ちょwww英田さんwww???

英田先生と英田さんのアイダにある深い溝。と親父ギャクをかましている場合ではなかった。

超王道、超テンプレ、
さすが英田先生、綺麗にまとまっているwww

これは・・・今からBL小説を書く人のための教本なんだ、きっとそうなんだ。
例として書かれた本なんだな、きっと。

ところどころ「どうした?」とツッコミながら、それが楽しくてなんとか読めましたw

自分がそもそもガテンが好きだし、分かりやすいのも好きだから、
先が読めても全然問題なかったです。

完全な作家買い。
表紙とタイトルを見た瞬間から分かっていましたけどね、
きっとライトな英田さんシリーズの一つだとね・・・。

1

ベタベタベタベタ、いろんな意味でベタ。

寝る前、あまり時間がないんだけど…。
読後、すっきり寝たい…。
面白いものが読みたいけど今日はとても疲れてるの…。

そんな方にとてもおススメです。

最近、私は王道な展開や登場人物がよくあるような発言をしたりという、そんなお話のものは途中で読み捨てるか、予め手に取らないようにするかのどちらかでした。
この話も英田さんではなかったら途中で読み巣捨てていたと思いますが、何と言いましょうか。

掛かってしまったのですよ、英田マジックに。

読み進めていけばいくほどベタだ。
何だこの発言をする受けは。
こんな発言をする社会人がいるのか、学生じゃないんだから。

ツッコミたくなるのですが、それ以上にそれらが嫌じゃなかったのです。
展開なんかも分かってしまうのですが、それ以上に面白いと思わせられてしまいました。

英田さんの腕にねじ伏せられてしまった感じです。

こんな職場いい!
葛城さんのような面倒見のいい人がいて、浜野さんのようなまた別の腕の立つ職人さんもいて、暖かい空気の流れる現場…!

難しいこと考えず、さらっと読めます。

1

包容力のある攻めが魅力な年の差カップル!

 彼女に二股をかけられ、仕事も首になった朋也は、そんな失意の中出会った、青いニッカのガテン系の男・葛城に憧れを抱き、同じ会社に就職しようと鳶になった。
 ところが、葛城は仕事の鬼で、厳しい言葉を投げつけられては朋也はへこんでしまう。けれど、プライベートでは優しい言葉に励まされてとても充実した日々を送っていた。
 しかし男とキスする葛城を目撃した朋也は、ショックを受ける。
 おまけに「ガキには手を出さないから安心しろ」と子供扱いされたことに傷付いて……。
 そんな自分にとても驚く朋也。
 どうやら朋也の中で、いつしか憧れが恋に変わって……そのとき朋也のとった行動は……? という話でした。

 朋也は割と、思ったら行動派で、何でも真っ直ぐで素直。
 葛城は、過去にいろいろあった分だけ懐も広くてどっしり構えてる。
 そんな二人のお話でした。
 基本的には、朋也が思いついたらとっとと行動で、当たって砕けろ精神で、葛城の懐に飛び込んで、それを葛城が受け止めるという感じのカップルに最後はなってます。

 そういうほのぼの年の差カップルがお好きな方にはオススメです!

0

うーん。サクっと頂く。

英田先生大好きなんですが、文頭から違和感?
著者名伏せてあったら、英田先生だと気付けないかもと思いました。
全部網羅してるわけではないので、大きなことは言えませんが、
エスシリーズとDEADシリーズが好きな私には、まったく毛色の違う雰囲気にびっくりしました。他のレビューの方に共感。

逆に、英田先生らしさを出さずに描ける英田先生がすごいのかも!?
いろんな術を会得している先生に乾杯w

とてもBLらしいBLストーリーだと思います。
キャラにすごい重い背景はなく、キャラの性格もプラス志向で、
好きだから好きっ!!!的な、ストレートなシナリオ。
当て馬さまも出てきますが、安心して読めます。

キャラが鳶設定にしたからこその、ストレートな分かりやすい心情を描かれたのかなぁーとも思いました。

仕事や家事、恋愛でお疲れの時など、精神的に余裕のないときに、読むのには負担が少なくていいかも♪
そうゆうときにはアッサリ味がいい。

健康で、お腹空きまくりのときは、ガッツリこってり系が食べたくなりますもんね♪

テイストが違うのは健康レベルに合わせてっということ続きで。←なんつー解釈www

0

茶鬼さんに同意

私もリブレ系の英田サキさんにどうも違和感を感じてしまう。
英田さんだけじゃなく、こないだ某作家さんの作品でも同じことを感じたんだけどさ。
なんていうか…個性的な長所殺し、みたいな。個性的な長所を殺して何を持ってくるかというと、「BLのお約束」。
「えーっ。何故そこでBLのお約束!?」って思う箇所がいくつかあって。
まあでも、個性的な長所というのは裏返せば短所(かも)なわけで、作家さんのディープなファンには不満でも、一般的なBLファン(?)にはウケるの…かも。

でも萌えです。
なんだかんだいってもやっぱり英田サキさん大好きだし、面白いし、萌えました。
とくに受けのストレートな性格が可愛くて大好きでした。
後半の攻め視点での焼きもちっぷりにも萌えたし。
ただ後半はもう一歩踏み込んで欲しかったなー。
当て馬が「ザ・当て馬」なのが残念すぎる。行動もBLテンプレの「いきなりレイプしようとする」一辺倒で、しかも常に攻めが助けられる場所にいるのが読み手には見え見えなので、いまいちハラハラしない。
元親友の良介なんて、「親友」だったわけだし、スペックは高いし、美味しい当て馬になる要素を兼ね備えまくっ続きてるから、登場した瞬間にキター!と思ったんだけどなw

私が英田さんのファンになったきっかけはエスシリーズでもデッドロックシリーズでもなく『バカな犬ほど可愛くて』で、今もこよなくこの作品を愛してて、読み返してはニヨニヨしてるもんで、こういう普通(?)のBLを描く英田さんをたくさん読みたいんだよね。
英田さん愛してます。

3

前向きで、素直でイイ子

英田さんって、こんな芸風だったっけ?

ツルッと普通におもしろいけど、英田さんの本としてある種の期待して読むとちょっと肩透かし。
まあ、このタイトル、この表紙、この粗筋からして、そもそもその種の期待はしてないけど…。

受けの子が、なんに付けても前向き、変にひねくれたた考えしない、素直なイイ子。
その子が、いろいろ弱っていた最悪な朝に、ちょっとやさしくしてくれた鳶のオヤジに一目惚れして、鳶の世界に飛び込んで、ついでにオヤジの胸にも飛び込んで、オヤジをメロメロにしちゃうお話。

2話で、お互いの過去絡みでちょっとごたごたするけど、それも何だか「いい話やなぁ」的な毒のないエピソードだし。

オマケの第3話に至っては、浜野ってキャラクターをおいしく出しておきながら、朋也のいい子さ加減と、オヤジメロメロっぷりを溢れかえらせてる。
つか
「……そこは、修志さんに触ってもらう~以下略~」
とか、そんなかわいいこと言って、オヤジ殺す気か!!って、

甘甘BL小説としては、間違いなく充分おもしろいけど、あまりの甘さに、「真夏に読む話じゃねーよ」と思わずやさぐれてしまった。

2

英田さん…?

微妙…?

呑んだくれて潰れてたところに颯爽と現れたカッコイイ男!
一緒に働きながらさらに尊敬して、憧れて、恋になって…と、分かりきった展開でも、受けが攻めに惹かれる気持ちが凄く分かるから、充分楽しめました。前半は。

ただ、当て馬たちが続々と登場する後半が、なんだか微妙?
当て馬たちに真剣みが足りないというか、そもそも当て馬たちが攻めや受けとどうこうなりたいと思っていないからというか(本気も居たのは居たけど迂闊だし)、そんなこんなで、2人のすれ違い方が中途半端だった気がします。
どうせならもっとガッツリ波風が立って、ガッツリ仲直りしてくれたほうがハラハラドキドキできたのになぁ。
「浮気じゃないっしょ」とか思いながらずっと安心して読んでたから、逆に誤解したりグルグルしたりすること自体に「なんで?」と思ってしまいました。

1冊の中に、当て馬が登場しすぎたんじゃないかと推察。
1人登場してサクッと解決、そしたらまた次が出てきて撃退。
だから私のちっこい脳みそだと追いつかなくて、ハラハラしようと準備したところであっさり解決して、「ハラハラしそびれちゃったなぁ」と思っ続きていたところで次が来て、「え?次?ちょっと待って、ハラハラリし直す」とか言ってるうちにまた解決、みたいな感じだった気がします。
1人を掘り下げてくれても良かったかな。

攻め曰く、「受けに骨抜き」らしいのですが、なぜ惚れたのかが最後までわかりませんでした。
今まで散々「俺はそっちのけはない」とか言って積極的なゲイのアプローチを拒み続けていたのに、今更男に惚れた理由が「なんか可愛い」だなんて、ちょっとどうでしょ?
受けが攻めに惚れた気持ちは本当に凄く分かるんだけどなぁ。
せっかくのガテンラブなんだから、もっとガテンガテンしたお仕事ものだったほうが楽しめたかもしれません。
あ、だから前半は楽しめたのかな?

ところで、英田さんのエッチシーンは私かなり好きなんですが、今作でちょっとした発見が。
最中の妙にセリフっぽい言い回しは、監獄やらヤクザやらといった極限の状況だからしっくりくるのだなと思いました。
『DEADLOCK』 では「そうそう!こういうセリフ洋画っぽいよなぁ」と、リアルに感じていたんですが、ほのぼのラブだと合わないなぁ…なんて。



3

読みやすさにも“安全第一”

面倒見のいいオヤジと居場所を見つけた青年とのガテンラブでした。
建築現場を舞台に“安全第一”がテーマのお話なので、小さな誤解や嫉妬などはあるものの、基本ほのぼのとしていて安心して読める内容でした。

2話目では、それぞれの過去のせいで一波乱あるのですが、それも彼らの絆をより深める役に立ったという展開で、ボーっと見ていても大体分かるテレビドラマみたいな感じがしました。

真剣に働く姿やお互いを思いやる気持ちなど、好感が持てるので、もうちょと評価を高くしたいのですが・・・盛り上がりに欠けた気がします。
さらに、イラストがしっくりこない。
受の朋也は問題ないのですが、オヤジ・葛城がいい男過ぎるのです。
もっとごつくて短髪のほうが良かったと思うのですが・・・

しかし、3話目にメインで登場する浜野さんが非常に気になる存在で、ちょっと満足するまでいかなかったメインディッシュのフォローをするデザートな感じで面白かったです。

3

仕事もエチも安全第一w

どうも英田さんの作品はリブレ系のものと、他社ものの落差が大きく、うなることが間々ある。
今回もそうだったのだが・・
可もなく不可もなく、無難に軽めにまとまって、まとまり方は上手いな~とは思うのですが、とても印象に残るかというとそうでもない。
だから悩んじゃうのですよね~

特にやりたいこともなく、何となく流されて生きてきた男が、彼女と友人に裏切られ、落ち込んでいる時に見た鳶のたくましい姿。
そんな姿にあこがれて鳶の世界に足を踏み入れ、仕事のやりがいと恋人を手に入れるお話。

主人公の朋也がやけにかわいい。
24歳の設定で、高校卒業から働いていたにしてはとっても素直な感じがする。
それは、初めて見て憧れたとても頼りになる鳶の先輩・葛城の影響もあるのかもしれないが、それによって朋也が変わったとすれば、それ以前に朋也に関わった人間はあまり良い人達ではなかったのかな?
朋也が真面目に働くのも、葛城に最初から惚れたというベースがあってのこと。
また葛城も最初から朋也が気になる存在で可愛くて仕方がないといったベースがあってのこと。
なんだ~最初から一目惚れじゃん!
とい続きうことで、どんなに現場の安全性について説いてあっても、なんだか少し面白みが半減してしまって。。
一目惚れありきっていう設定が自分には、あまり面白くないのかな?って思いました。

むしろ、恋人になってからの色々彼等に降りかかる出来事で、気持ちが揺れ動いたり、お互いを見つめ直したり、そうして本物の恋人になっていく姿を描いた書き下ろしの方が、とても楽しめたのです。
朋也の元カノや、葛城の元奥さんの登場にそれぞれが動揺したり。
朋也の友人が突然出てきて、本当は朋也が好きだったと言ってみたり。
同僚の浜野さんが、いい登場をして朋也の危機を救ったり。
ハプニングがある分、盛り上がりました。

そこそこにエロさも含んでエンタメ性の高い作品にはしあがっていますが、それで終わってしまっていてちょっと残念。
ガテンものというと、つい鹿乃さんの作品を比較に思いだしてしまうからかもしれない。
葛城が32歳にしては、やけにおやじ臭かったりもするのだが、サクラクヤさんの絵が綺麗過ぎて、あまりガテンのイメージが湧かなかったのもあるかな?
ちょっと印象が薄かったのが残念、悪くはないんだけどなー、、

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ