愛しの暴君

愛しの暴君
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199600906

あらすじ

僕、長瀬和也(ながせかずや)の恋人は、 担任の桂木(かつらぎ)先生。 化学教師なのに、実体は、怪しい実験ばかりしてる 自称マッドサイエンティスト。 だけど、実験の後始末はいつも僕…。 キスとH?で言うことをきかされ、 もしかして僕って都合のいい、小間使い!? 僕、先生に愛されているの?  意地悪な先生に身も心も振り回されて…。

表題作愛しの暴君

化学教師
高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほぼ、あらすじの通り

長瀬和也が入学したばかりの頃に桂木先生に押し倒されて、その後の話が描かれています。桂木先生は骸骨や雪の兎を動かす等の錬金術の研究をしている化学教師で、旧校舎で実験を繰り返し、幽霊騒動などを引き起こしますが、後始末や口止めとして長瀬を抱いて丸め込みます。受の長瀬和也はおとなしく泣き虫です。
先生の方は自信家で長瀬を信じ切っていますが、長瀬の側はいい加減な先生に不安だらけで揺れたりするけれど、いつも抱かれて丸め込まれます。
ただ、後半になってくると長瀬を取り合うライバルが出現するなどして、先生の方も慌てたり独占欲を見せたりします。
ある意味無難でテンプレ的な話かな?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ