ケダモノだから。

ケダモノだから。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832287044

あらすじ

一流企業の優秀な社員である由利秀司の裏の顔は、楢ヶ崎家を守り、仕える忍びの一族。ところが、天然女王様な主人・楢ヶ崎明穂は、秀司が大のお気に入りで、任務中にも拘らず「そんなに思ってるなら、僕の嫁になれ」と隙あらば迫ってくる…。『あんたの性奴じゃないッ!』と心で叫ぶ秀司だが、ふと見せる明穂の切ない表情に、要求を断り切れず肌を重ねてしまうのだった…。そんな2人を引き離そうと、一族の上層部が動き始めて!? 主(ルビ・あるじ)と側近──現代に蘇る愛の主従ラブ! 加筆修正+描き下ろし入り!!

表題作ケダモノだから。

由利秀司
楢ヶ崎明穂

評価・レビューする

レビュー投稿数1

現代の忍びは優秀です

現代にも残るの忍び一族が主を守るお話ですが
下剋上的な内容にはなっていませんでした。
忍びの一族は遠い昔から恩のある主たちに
現代においても仕えているという設定でした。
でも、その一族は主筋よりも表向き大きな大企業
を起こし成功させていましたが裏稼業のように
自分たちの忍び一族を繁栄させてくれた主筋への
恩を現代社会においても忘れずに警護し続けています。
SPみたいな感じなんですが、それ以外にも暗殺部隊も
ある怖い組織でもありましたね。
その一族の社員?の一人と主筋の受け様との
スリリングな恋愛話でした。
主の受け様に迫られ、業務以外だと拒絶する攻め様
でも、仕えているうちに絆されるように関係を持ってしまう。
でも、それは迷惑以外の何物でもないと攻め様苦悩。
受け様から離れ、別の任務を希望しようと思うが・・・
やはり主が大事だと気づいて・・・
コミカルとシュール、シリアスと切なさを合わせた
ような展開のお話でした、最後はコミカルに甘さも
プラスしたラストで締めくくりな内容の1冊です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ